人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

いつも大変お世話になっております。質問ですが、間違って、クエン酸を購入したつもりが、くえん酸一水和物を購入してしまいました。クエン酸と、くえん酸一水和物の違いをお教え下さい。どうぞ宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

水和物か無水物か、だけです。



何に使うつもりですか?
水溶液にしてしまうなら、どちらも一緒です。

この回答への補足

ご回答大変有り難うございます。
主にアルカリの中和に使います。また、飲用は可能でしょうか?どうぞ宜しくお願いいたします。

補足日時:2007/09/11 22:39
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変参考になりました。本当に有り難うございました。

お礼日時:2007/09/15 22:16

>飲用は可能でしょうか?



試薬用で売られていた場合、飲んでも大丈夫という回答は試薬メーカーの方でも出来ないでしょうから、飲用にされるなら「食品添加物用」にしてください。

または日本薬局方のクエン酸でしたら用途に「矯味剤」と書いてあると思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクエン酸無水物って何ですか

クエン酸無水物とは一体何ですか?
ここの「無水物」はanhydrideですか、それともanhydrousですか?
クエン酸無水物と無水クエン酸は同じものですか?

Aベストアンサー

森北出版の化学辞典では
「水から再結晶すると1分子の結晶水を含む無色の柱状結晶となるが75℃に加熱するか、濃硫酸デシケータ中に放置すると結晶水を失う。」
という文章の続きに「無水物の融点153℃(分解)」という文章があります。この「無水物」は結晶水の取れたものanhydrousという意味になります。
東京化学同人の化学辞典でも同じ使い方をしています。

クエン酸では酸無水物anhydrideが出来ないからではないでしょうか。

「(クエン酸を)175℃に加熱するとアコニット酸になる」
「(アコニット酸は)クエン酸を硫酸で脱水すると得られる」
という文章があります。
クエン酸からの脱水はCOOHからではなくてOHで起こるようです。

クエン酸
CH2COOH

CH(OH)COOH

CH2COOH

アコニット酸(アコニチン酸)
CHCOOH

CCOOH

CH2COOH

アコニチン酸に酸無水物があるかないかについては分かりません。
「融点まで加熱すると無水イタコン酸になり、水と180℃にまで加熱するとイタコン酸と二酸化炭素を生じる。」という文章があります。
この無水はanhydrideです。

イタコン酸
CH2

CCOOH

CH2COOH

森北出版の化学辞典では
「水から再結晶すると1分子の結晶水を含む無色の柱状結晶となるが75℃に加熱するか、濃硫酸デシケータ中に放置すると結晶水を失う。」
という文章の続きに「無水物の融点153℃(分解)」という文章があります。この「無水物」は結晶水の取れたものanhydrousという意味になります。
東京化学同人の化学辞典でも同じ使い方をしています。

クエン酸では酸無水物anhydrideが出来ないからではないでしょうか。

「(クエン酸を)175℃に加熱するとアコニット酸...続きを読む

Q脱イオン水、MilliQ、蒸留水 の違いを教えて下さい

こんにちは。お世話になります。

バイオ、生化学系の実験に従事しているものですが「水」について教えて下さい。

水道水、脱イオン水、MilliQ、蒸留水(二段蒸留水)、超純水の違いを教えて下さい。
お互いの関係などありましたら(○○を~すると△△になる等)教えていただけると
わかりやすいかもしれません。

また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は除けません。

蒸留法は水を蒸留することで不純物を除く方法です。イオン交換法と組み合わせて2回蒸留することが一般的です。一般的な2次蒸留水の比抵抗は数MΩ・cmでバイオ・生化学関係には十分な純度です。動物培養細胞にも使用可能です。エンドトキシンも完全にフリーとまではいかないけれどもある程度の除去はできています。蒸留法は多くの不純物を除去可能ですが100度付近の沸点を持つ物質は除けません。

逆浸透法は半透膜に圧力をかけて精製する方法です。

限外濾過法は限外濾過膜を通す方法です。孔径は半透膜が数十nmに対し、限外濾過膜は数nmです。それゆえ、数kDa以上の分子であれば、限外濾過法で除けますので、エンドトキシンやRNaseなども除去できます。本当にエンドトキシンフリーな水が必要でしたら限外濾過法を行った水が必須です。ただ、普通のCOSとかHEKとかの動物細胞培養でしたら2次蒸留水でも十分です。蛍光検出用のマイクロアレイなんかは限外濾過水が必須なようです。

超純水は十数MΩ・cmの水のことです。MilliQはミリポア社の超純水装置を用いて作った水で比抵抗は15MΩ・cm以上と高純度の水です。MilliQに関してはイオン交換樹脂を通し、逆浸透法、限外濾過法を用いて精製しているようです。

>また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
これに関しては上で書いたように限外濾過膜で精製した水です。MilliQが当てはまるでしょう。(超純水も一般的には限外濾過をしているのでこれも当てはまりますかね。)

>動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?
これは、2次蒸留水以上の純度があれば十分です。2次蒸留水、MilliQ水、超純水が使用できます。

ただ、水関係の装置は日頃のメンテナンスが重要でイオン交換樹脂とか水を貯めるタンク、蛇口に汚染がないかは確認する必要があります。

実験書には必ずはじめのほうに書いてあることですので、pinokoBBさん自身でなにか実験書をご参照ください。

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は...続きを読む

Qクエン酸緩衝液の理論計算

0.1Mクエン酸ナトリウム緩衝液(pH 4.0)を作っています。

クエン酸一水和物とクエン酸三ナトリウム二水和物使って、理論値を求めたいのですが、Henderson-Hasselbalch式への当てはめ方がわかりません。ちなみにクエン酸のpKa=3.13、4.76、6.40です。

どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

pH4 の緩衝液を作るのだから,クエン酸についてはpKa2 が重要.あとは,まあ,とりあえずはどうでもよい.
ということは,Henderson-Hasselbalch 式の Ca とはクエン酸1Na であり,Cb とはクエン酸2Na である.
#4 の計算をそのまま流用すると,クエン酸1Na 85 mmol/L にクエン酸2Naが15 mmol/L となればよいことになる.
これと同じ組成になるようにクエン酸とクエン酸3Naを配合すればよい.
この場合の Na+ 濃度は 85+2×15=115 mmol/L で,これが 3Na塩から供給される必要があるから,3Na塩は 38mmol/L,残りをクエン酸にすればいいのでこっちは62 mmol/L ってところか.
#4 より 3Na塩が増える分 pH が高くなるはずだから,まあもっともらしいのでは?

Qクエン酸水のpH

手作り化粧水を作ろうと思い、任意のpHになるようなクエン酸水を作りたいのですが、数学・化学に疎く、計算方法がわかりません。

クエン酸はpKa = 2.87だそうです(Wikipediaより)。

簡単に計算できるのであれば教えていただきたいですが、理系に疎い私なのでややこしいようでしたら、

水100mLに対して、

pH = 3、
pH = 4、
pH = 5、

それぞれ何gのクエン酸を入れればよいかを、教えていただきたいです。

それとも、pH試験紙を用いながら調整したほうが無難でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確に調製したいならpHメーター等を使う必要がありますが、

およそでよいなら次の式で近似出来ると思います。


クエン酸は3価の酸ですが、

pK1=3.13、pK2=4.76、pK3=6.40 (25℃)

第2解離以降を無視すると、

濃度:C≒10^(pK1-2pH)+10^(-pH) より、

クエン酸 0.1・C・M (g) に純水を加えて100mlに調製したらよいと思います。

クエン酸が無水物の場合なら M=192、1水塩の場合なら M=210 で計算します。
(※ pK1は温度により変わります。)


尚、かなり微量になりそうなので、10倍量を加えて1Lにした方が誤差は小さくなるでしょう。

Q百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…

はじめまして、お世話になります。

百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…
どれも計算方法が同じなら、細かな意味まで覚えない良いような気がしますが^^;この場合W=質量 Vは体積でなない…?

このややこしい3つを分かりやすく記してるHP、又教えてくださる方はないでしょうか。覚えにくくて…TT

よろしくお願い致しますTwT

Aベストアンサー

こんにちは。WとVはそれでいいのではないでしょうか。

W/V%は、
溶液100ミリリットル中に溶質(溶けてる物)が何グラム入ってるか。

W/W%は、
溶液100グラム中に溶質が何グラム入ってるか。

V/V%は、
溶質が液体の場合に使われます。
溶液100ミリリットル中に溶質が何ミリリットル入ってるか。

という事になります。

Q比重の計算

本当にバカな質問してすいません。

ある溶剤の比重が1.2とします

10ml取った場合は12グラムでいいでしょうか?


もう一つ比重が0.8とします

10ml取った場合8グラムでいいのでしょうか?

バカな質問ですいません。頭がこんがらがってきました。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 合ってますよ^^

 比重の単位は、g/cm3です。
 cm3とmlは同じ単位ですから、g/mlと置き換えてもかまいません。


>ある溶剤の比重が1.2とします
>10ml取った場合は12グラムでいいでしょうか?

さて、こういう場合は、単位もまとめて計算するといいです。

10ml×1.2g/ml = 12g

「ml」に「g/ml」をかけるということは、
「ml」に「g」をかけて「ml」で割るということです。
「g」だけが残りますよね。

0.8の場合も正解です。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。


人気Q&Aランキング