私は今、大学3年生です。これから将来、美術関係の仕事をやっていきたいと思っているのですが、その基礎がありません。(大学では、全く違うことを勉強しています)
中でも西洋美術史などを中心に学んでいきたいのですが、どのような方法がありますか??

誰か教えてくださーい。
美術史というのをできたら働きながら(アルバイトでも)学んでいきたいのですが・・・。それが難しいのならば、学ぶことを中心におくこともできます。
こんな要望がかなう学校等ないでしょうか。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

美術史を学びたいのか、美術関係の仕事に就きたいのかによって違ってくると思います。



大学で美術史を学びたいのでしたら、東大・東芸大・早稲田・学習院・慶応などに専門学科があります。
ただ、最低でも修士課程を出ていないとお話になりません。仕事も美術関係に粘れば就けますが、研究の延長みたいなお仕事が多いです。
あくまで研究者養成と思ってもらえれば間違いないです。

あとお金と時間に余裕があるなら、パリのエコール・ド・ルーブルという学芸員養成所みたいのがあります。
アテネ・フランセや日仏学院に問い合わせれば、過去問の手に入れ方を教えてもらえると思います。

現代美術のスペースとかで働きたいなら、あまり学歴は必要としません。美術史の知識より英語とフランス語が出来ると有利だと思います。
あとはコネとタイミング!これは美術関係なら全てにあてはまると思います。
    • good
    • 0

美術関係の仕事に就きたいとのことですが


具体的にはどんなお仕事でしょうか?
確かに美術史を学んで就ける仕事というのはそう多くないし、
求人もあまりなさそうです。
これから美術方面の仕事で求人が増えそうなのは
やはりインターネット関係だと思われます。
    • good
    • 0

某大学、哲学科です。


大学では、史学などもやってると思いますが
哲学では美学でやってることも結構いい感じです。
美学は基本的に歴史を追わなきゃいけないので、
いろんな出来事や、美術の運動、いろんな人の芸術観、
芸術と社会との変遷などをやりました。
卒論は特定の画家をあげてかいてる人が多いです。
実技がともなわないと美術は意外と美学の領域内です。
また教養でやってることも多いのでもぐりを薦めます。
うちもありましたし、確か早稲田の教養にもあった。
結構、あるんじゃないかと思います。
ただ、教養程度だったら独学でいけるんじゃないかと思います。
で、基礎知識ができたら、学会誌などを読んだりしたらどうでしょう。
あとは図像学という特殊な分野もありますが、これはちょっと違うかな?

学芸員は友達がとってますが、かなり単位も多く必要で
実習など盛りだくさん、そのうえ求人がほとんどないそうです。
プーになって何年もねばってチャンスがあるかどうか・・・。
趣味の資格になりつつある現状です。

参考URL:http://www.ipe.tsukuba.ac.jp/~s972104/artlink/ga …
    • good
    • 0

美術系の大学でなくても、学芸員養成課程に西洋美術史があれば4単位ぐらいで学芸員になれるような記憶があります。


学芸員になれれば、美術館等で働く道も拓けると思います。
    • good
    • 0

美術館などでやっている市民講座のようなのに行って見たら良いのではないでしょうか。

それからよく展覧会にあわせてレクチャーなどもやっていますよ。
あと大学の公開講座を受けるとか、通信講座なんかもあるんじゃないかな。多磨美大や武蔵野美大なんかでもやってたような気がしますが。
まずは美術館に足を運んで情報を仕入れることですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西洋美術史を学びたいのですが・・・

現在、大学で学芸員の資格を取得している大学生なのですが、学芸員になるために大学院進学を考えています。
専門として西洋美術史(特に図像学や図像解釈学)を学びたいと考えているのですが、どの大学院が良いでしょうか。今のところ、日本大学大学院や大阪大学大学院の文学研究科などを考えていますが、実際のところよく分からず決めかねています。
国公立・私立、地域は問いません。教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

現在美術史で大学院に通っている者です。
学校名ではなく、自分がやりたい専門に強い教授を探して
そこへ習いに行くのが当然・・・
というかそれ以外行く意味ないと言っても過言ではないです。
特に大学院は大学のネームバリューよりも
先生の個人的な人脈に頼るところが非常に大きいのですから。
そこから将来にもつながっていきます。

k62988さんの場合はそれほど人気の高い領域ではありませんから、
数も限られると思いますので、それほど絞るのは
難しくないと思います。(ルネサンス以降といったらもう・・・)
自分が影響を受けた著書や論文をお書きになった
先生から辿っていくのが確実ですよ!

Q博物館学、近代美術史、現代美術論の試験

博物館学、近代美術史、現代美術論の試験を受けます。
内容が全く分からないのでご存知の方が居られたら教えて下さい。
ちなみに、今は、博物館学と美術史の本を読んで準備しています。

Aベストアンサー

質問が情報不足過ぎます。博物館学と美術史があるので「学芸員」資格試験ですか?ただ、美術史の本を読んでるとの事から、「大学教養課程で卒業単位取得科目としてのの試験」「大学専門課程で卒業単位科目としての試験で専門以外の科目試験」「大学専門課程で専門科目の試験&大学院過程の試験」などのケース想定可能も、最後の専門課程生なら、教授陣の傾向などをサーチしますから、恐らくあなたは、美術史・博物館学専攻の学生では無いでしょう。(もし、そうなら質問先は教授室などになるはずです)
で、博物館学・美術史専攻以外で試験を受けるのでしたら(読んでる本が試験出題者なら別も)漠然と本を読んでも全く無駄でしょう。(冷たいですが)
博物館学はともかく、美術史が近代・現代に限定されてるのも気になりますが、学科試験なら一般教養の美術の本など意味無しです。(冷たいですが、事実です)
美術史専攻で大学院卒で、美術館や博物館に就職口を求める人(学芸員資格取得者)もたくさんいますが、採用は非常に困難なのが実態ですから。(上が支えてる・年長職員に欠員が出来にくい状況なので)
質問をもっと、詳細にしなおして下されば回答可能かと思います。(美術史専攻院卒生より)

質問が情報不足過ぎます。博物館学と美術史があるので「学芸員」資格試験ですか?ただ、美術史の本を読んでるとの事から、「大学教養課程で卒業単位取得科目としてのの試験」「大学専門課程で卒業単位科目としての試験で専門以外の科目試験」「大学専門課程で専門科目の試験&大学院過程の試験」などのケース想定可能も、最後の専門課程生なら、教授陣の傾向などをサーチしますから、恐らくあなたは、美術史・博物館学専攻の学生では無いでしょう。(もし、そうなら質問先は教授室などになるはずです)
で、博物...続きを読む

Q西洋美術史の近代の前と後ではどう違うのか?

1週間で西洋美術史の範囲で
近代より前と後ではどのようにかわったのか?違いがあるのか?
をまとめると言うレポートを書いております。
私はまだ中3なので知識がなく
図書館の本で調べているのですが、
あまりよい本もなく途方にくれております。
少しでも知識がほしいです。
色々教えてください。

Aベストアンサー

♯2です。補足します。

 確かに、自由な芸術作品というのは、特にフランス革命を待たずとも、いくらでも存在していました。
 ボスにしたって、ダ・ヴィンチにしたって、どの時代にもあらゆる自由意志によって制作する権利は有していたと僕も思います。例えばルネサンス以前を暗黒時代なんて呼びますが、当時の人々が自由意志を略奪されており、日々封建体制に束縛されて幸福感を感じることすらできなかった、なんてことはありえないのと同じことです。実際、作品も残っています。
 
 フランス革命以後だって、ブルボン復古王朝が成立しますし、急に時代に線を画したように様式が変化することなどありえません。歴史は単線で語れるものではありません。ヨーロッパ全土をひとくくりに考えるなんて無理な話ですから。また、近代の線をどこに引くか、というのも大きな問題です。
 僕が書いた考えは、それを無理に単線にしてかなり単純化したものです。ですから、単にひとつの手掛かりとして考えてください。ひとつの意見だけに偏るのは危険なことですから。

>近代の芸術の顕著な特徴は、創作者自身の
様式への意識の芽生えだと思っています
♯3さんのこの意見には僕も賛成です。これを頭の片隅に置きながら調べていけば、ariarimikaさんのレポートの方向性がだんだん見えてくると思いますよ。

♯2です。補足します。

 確かに、自由な芸術作品というのは、特にフランス革命を待たずとも、いくらでも存在していました。
 ボスにしたって、ダ・ヴィンチにしたって、どの時代にもあらゆる自由意志によって制作する権利は有していたと僕も思います。例えばルネサンス以前を暗黒時代なんて呼びますが、当時の人々が自由意志を略奪されており、日々封建体制に束縛されて幸福感を感じることすらできなかった、なんてことはありえないのと同じことです。実際、作品も残っています。
 
 フランス革命以後だ...続きを読む

Q西洋の美術史or宗教史に詳しい方、教えて下さい

 先日ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』を見ていてふと感じた疑問について、質問させてください。

 当時(AC1500年ころ)のイタリアって、たしかキリスト教圏でしたよね。
 でもヴィーナスって、ギリシャ神話の女神ですよね?
 キリストやマリアの絵を描くのなら分かるのですが、なぜギリシャの神様を描いているのでしょうか。
 ボッティチェリに限らず、ルネサンス期にはたくさんの画家がギリシャ神話の絵を描いていたと思うのですが、どういう理由からなのでしょう。

 ギリシャの神様を信仰していたわけではないんですよね?(キリスト教圏ですものね)
 当時の人々のあいだでギリシャ神話が(聖書的な意味でなく)物語として大流行していたということでしょうか?
 それとも、女性のヌードを描くのには、ギリシャ女神の存在がちょうど良かったということでしょうか?(普通の女性のヌードを描くのは不道徳、でも神様的な人のヌードなら神聖なものだから描いてもOK。とは言えやっぱり聖母マリアみたいな信仰の対象のヌードを描くのは気が引ける。そこで他宗教の女神が採用された……みたいな感じでしょうか? でもこの説だと女神限定の話になってしまいますね)
 あるいは、とにかく古代ギリシャの作品の真似をしたかった、ということなのでしょうか?(ルネサンスって古代ギリシャ芸術とかを復興させるのが流行ってた時期のことですよね? 古代ギリシャ人は普通に信仰の対象としてギリシャの神々を描いて、ルネサンス期の人はそれを真似てみたってことなのでしょうか)

 長くなりましたが、質問を一言にまとめると「なんでキリスト教徒がギリシャ神話の絵を描く必要があったのか?」ということです。

 私は美術の知識も宗教の知識もほとんどないので、あまり難しい言葉は使わず、簡単におおざっぱに説明してもらえると嬉しいです。
 また、質問文中で見当違いなこと・勘違いなことも言っているとは思いますが、どうか多めに見て、細かい間違いは流してやってください。
 よろしくお願いします。

 先日ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』を見ていてふと感じた疑問について、質問させてください。

 当時(AC1500年ころ)のイタリアって、たしかキリスト教圏でしたよね。
 でもヴィーナスって、ギリシャ神話の女神ですよね?
 キリストやマリアの絵を描くのなら分かるのですが、なぜギリシャの神様を描いているのでしょうか。
 ボッティチェリに限らず、ルネサンス期にはたくさんの画家がギリシャ神話の絵を描いていたと思うのですが、どういう理由からなのでしょう。

 ギリシャの神様を信仰していたわ...続きを読む

Aベストアンサー

この問題は「美術史」や「宗教史」という狭い範囲で考える方が、分からなくなると思います。

おっしゃるようにボッティチェリは、ルネサンス時代の人です。
ルネサンスというのは、それまでキリスト教でがんじがらめになっていた精神を解放しようとか、古典古代の文化の中に人間らしさを見出そうという人文主義が花を開いた時代です。

ルネサンス期までの絵画というものは、技術的なレベルが低かったというのもそうですが、題材が基本的にキリスト教に関係したものばかりだったんですね。そうではなく、宗教に捉われない自由な題材を芸術として表そうとしたわけです。
しかもこの時代は、キリスト教が生まれる前の古典古代の文化への興味が強まった時代でもあります。
この二つの理由を考えれば、ギリシャ神話などが芸術の対象になるのは、むしろ自然の流れではないでしょうか。

この時代の芸術家や人文主義者というのは、古いキリスト教の思想などに対して懐疑的・批判的な面があったと同時に、古典古代の文化に対して憧れのようなものがあったと思います。決して宗教としてギリシャ神話を信仰したりしていたわけではないと思います。「神」というものが出てはきますが、ギリシャ神話は「神話」であって、「宗教」とは捉えていなかったと思いますよ。

ちなみにボッティチェリの後半生は、宗教画ばかり描いていたそうです。サボナローラという宗教家の影響で、「ヴィーナスの誕生」や「春」のような絵は描かなくなり、過去に描いたキリスト教的でないものの多くは焼いたと言われています。
なので、これらはとても貴重な絵なんですね。蛇足かもしれませんが…。

この問題は「美術史」や「宗教史」という狭い範囲で考える方が、分からなくなると思います。

おっしゃるようにボッティチェリは、ルネサンス時代の人です。
ルネサンスというのは、それまでキリスト教でがんじがらめになっていた精神を解放しようとか、古典古代の文化の中に人間らしさを見出そうという人文主義が花を開いた時代です。

ルネサンス期までの絵画というものは、技術的なレベルが低かったというのもそうですが、題材が基本的にキリスト教に関係したものばかりだったんですね。そうではなく、宗教に捉...続きを読む

Q西洋美術史について解説しているサイトや書籍

西洋美術に興味はあるのですが、印象主義や新古典主義、ルネサンスなどの大まかな流れがよく分かりません。

西洋美術史を解説しているサイトや書籍を教えていただけると有難いです。

Aベストアンサー

ウィキペディアなら何でも載っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%B4%8B%E7%BE%8E%E8%A1%93%E5%8F%B2
他にもhttp://giggurat.vivian.jp/art/
また、書籍をお探しでしたらこんなのは?
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E7%89%88-%E8%A5%BF%E6%B4%8B%E7%BE%8E%E8%A1%93%E5%8F%B2-%E9%AB%98%E9%9A%8E-%E7%A7%80%E7%88%BE/dp/4568400643


人気Q&Aランキング

おすすめ情報