151cm、69kg、28歳の女性です。
1999年に初めて一人暮らしを始めた時に、仕事がすごくハードだったのもあり、半年ほどで約8kg痩せて45kgの時がありました。
すぐに高熱が出たり、あばらが見えていたり、完全に不健康な痩せ方でした。
その後、仕事が楽になったせいか、太り始めてしまい、2004年に結婚式に向けて、耳つぼダイエットをし、3ヶ月で10kgの減量に成功し、53kgになりました。
それでも、私の身長から考えたら細くはないのですが。。。結婚式から1年後には約10kgリバウンドして、そのまま太り続けて今に至ります。
お酒も飲まないですし、間食もしない、ドカ食いをするわけでもないのですが、太り続けています。
確かに、専業主婦になったので、家事をするぐらいで運動はほとんどしていません。
食事もバランスよく気を付けて食べている訳ではないので、その2つが太り続ける理由なんだと思います。
でも、同じような環境でも全く太らない方も周りにいます。
私はもともとからの太りやすい体質なのでしょうか??小さい頃から学生時代はずっと痩せていたので、
自分がこんなに太ってしまうとは思わなかったのです。
昔の不健康な痩せ方や、耳つぼダイエットなどが何か影響しているのでしょうか??
結婚して3年、そろそろ赤ちゃんがほしいのですが、今の自分のまま妊娠するのは怖いです。
ダイエットしてから妊娠したいのですが、どうすれば健康に減量できるのでしょうか??
やっぱり歩くのがいいんでしょうか??、妊娠の事を考えても無理なダイエットはしたくありません。
耳つぼダイエットのように、お金をかけないとダイエットはできないのでしょうか??
本気で悩んでいます。いい方法を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご質問者様が太る原因は、ご質問者様が考えられているとおりです。



運動不足と食べ過ぎ これ以外に太る原因はありません…

同じような環境でも太らないという人でも、実際にはいろいろな条件が異なります。

多分一番大きな要因は基礎代謝量の違いが考えられます…
人間は一日寝て過ごしたとしてもエネルギーを消費します。例えば心臓の鼓動や呼吸をするさいに横隔膜を動かしたりするためです。
基礎代謝量が多いほど、1日に消費するエネルギーが大きくなるわけですから太りにくい身体であると言えるのです。
この基礎代謝量は筋肉量が多い人ほど多くなりますが、ご質問者様が以前行っていた方法によって、筋肉量をかなり落としてしまった可能性があります。そのため、基礎代謝量が他の人と比べて少なく、太りやすい体質になっている可能性が高いと思われます。

また、同じような環境に居たとしても、ちょっとしたことで動く人とぐうたらしている人では生活強度が変わります。ご質問者様は失礼ながら後者ではないでしょうか?

痩せるための大原則は普段の生活において
 摂取エネルギー < 消費エネルギー の関係をつくり、それを継続させることです。
難しい話のようですが、実はそれほど難しくはありません…
現代人は飽食しすぎているだけなのです…
・栄養のバランスよく、三食きっちり食べる。
・食事は腹八分目
・間食はしない
・朝多く、夜少なめ
ファーストフードやスナック菓子は栄養のバランスを崩す大きな要因です。
あとはこれに加えて適度な運動をすれば、大概の人は消費エネルギーが摂取エネルギーを上回ります。

基礎代謝が低く、消費エネルギーが大きくならないようであれあ、歩く、走るなどの有酸素運動をしたり、食事量をもう少し減らすなどすればいいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しく、わかり易く、教えて頂き、ありがとうございます!!
言われている通り、私はぐうたらしていると思います。
生活習慣をもう一度見直してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/12 18:56

 これだけ太るのは、間違いなくカロリー摂取過剰(つまり食べ過ぎ)とカロリー消費不足(運動不足)です。


 「お金をかけないとダイエットはできないのでしょうか??」→いいえ、食事量を減らして食生活を改善すれば、解決しますし、そうすれば買い物が減ってお金を使わずにすみ、その分を貯金できますよ。ホントのダイエットはエコになり、得するんですよ。健康になれば医者も薬も要りませんし。

 「同じような環境でも全く太らない方も周りにいます」→はい、そういう人はいます。現に、私の娘(30代前半)は細身で(163cmで、たぶん45kgくらいではないかと思います)すが、大食漢です。2人前も食べて、スイーツの間食もして、寝る前には夜食も食べます。私たち家族は彼女のことを「痩せの大食い」と呼んでいます。でも、ジーンズのパンツはものすごく細いです。
 どうも栄養を吸収する小腸には小さな栄養吸収孔があって、体がカロリー摂取コントロールできる人は、食べた食事のカロリーが過剰になれば栄養吸収孔が閉じるようなのです(このあたりはまだ研究中?)。彼女はそのような恵まれた体質なんでしょう。彼女の悩みは幾ら食べても太れないことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!
やはり運動不足なんですね。
貯金もできるように食事も減らして、運動もしっかりするように努力します。
ありがとうございました!!

お礼日時:2007/09/12 18:52

最初に書かれた不健康なやせ方で、筋肉が落ちてしまったせいで、熱を作り出す効率が悪くなっていることも在るとは思いますが、基本的には単純に、今の体には過剰にご飯を食べているのと、運動をしないのと、2つの原因だけだと思います。


乳児~高校生ぐらいは体を作るためにエネルギーが使われますし、少なくとも週に何度かの体育の授業がありますから、それなりにカロリーを消費します。代謝が落ちて、運動をしなくなって、女性は20代半ば、男性は20代後半~30あたりで、何か太り始めた!と自覚するタイミングがくるように思います。
どのぐらいの量をどか食いだととらえていらっしゃるのかはわかりませんが、↓で基礎代謝や1日に必要なカロリーを計算した上で、食べ物日記(?)をつけて、カロリーを見直してみてください。
http://www.e-uruoi.net/about/index3.htm

ダイエットは、妊娠しても続けられることというとウォーキングとか、踏み台昇降とかになると思いますが、その前にある程度筋肉をつけて、運動をして体を活性化させておけば、ウォーキングだけでも今よりは効率が上がるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂き、ありがとうございます!!
まず筋肉を付ける事が大切なんですね。
簡単な運動から、始めようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/12 18:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング