過去Q&Aを検索したのですが、見つけられませんでしたので質問させてください。
どなたか分かる方がいらっしゃいましたら、是非お教え願います。

セフェム系抗生物質を処方されました。
少し調べたら、アルコール(アルデヒド)を分解する触媒作用を阻害して
致死的状態になるため、飲酒はしないほうが良いとわかりました。
ただ、この阻害する現象がいつまで影響するのかわかりません。
抗生物質を最後に服用してから、何時間経てば飲酒OKなのでしょうか?
翌日でしたら問題ないのでしょうか?
個々のアルコール耐性にも関係あるのでしょうか・・・。

それとも逆ですか!?
飲酒した翌日に服用したらNGなのでしょうか・・・?

どうしても外せないお酒の席がありまして
量はいつもより控えるつもりですが、全く飲まないわけにはいかないのです。
現在、セフェム系抗生物質を服用しておりますが
状況によっては当日及び前日の服用は避けたいと考えております。

申し訳ありませんが、ご回答お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

服用してってことは、経口の薬ですね


セフェム系の全部が全部アルコール代謝を阻害するわけでは
ないので、よく調べたほうがいいようなきがします。
阻害するのはほとんど点滴のほうです。
    • good
    • 3

それ以前にアルコールがご病気の治療に邪魔はしないのですね


ANo.1のかたが書かれているのはお読みだと思います
処方された薬特に抗生剤は決められた期間飲まれるように
説明されたはずです
一応検索して見て見つかりましたので参考に

>薬剤投与中及び投与後72時間はアルコール摂取を避ける
安全を見ての時間でしょうが
ここで聞いて安全といわれても個体差ありますので

参考URL:http://square.umin.ac.jp/jin/text/int-alcohol.html
    • good
    • 1

こんにちは。


日本はこういう国だから困るのですよね。

抗生物質の影響そのものは丸1日見ればいいでしょう。
1日では多少影響が残る場合もありますが、酔いが早い、悪酔いしやすくなる程度でしょう。

ただし、抗生物質を中断する事は治療上は非常にいけない事なのです。
抗生物質は何らかの細菌などを退治するために使うのですが、途中で中断すると、菌がその抗生物質に耐性を持ってしまい、抗生物質が効かなくなる事が多いのです。

>どうしてもはずせない・・・
つまり治療より優先するのですね。
恐ろしい国です。

以上を参考に、後はご自分で判断してください。
医者から診断書を貰って提出し、その日は休ませてもらうというのも一案かもしれません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルコール度数の高いお酒は?

アルコール度数が高いのって、ウイスキーとか焼酎ですよね。ウイスキーと焼酎ではどっちの方が高いんですか?それよりもきついお酒ってあるんですか?

Aベストアンサー

製品によって製造工程が異なるので何ともいえませんが、
一般的なウイスキーと焼酎だと大体40度くらいで似たようなもんだと思います。

それよりもきついお酒は結構あります。
96度のウォッカなんてのもあったりします。
製品名は「スピリタス」です。

Qマクロライド系抗生物質の長期投与とは

特養の看護師です。
エリスロマイシン(マクロライド系抗生物質)を年単位で長期服用中の利用者さんが数人居ます。
時おり熱発し、補水対応や他の抗生物質を臨時処方することで解熱します。
そもそもマクロライド系抗生物質の長期投与とはどれくらいの期間が適切なのでしょうか?

Aベストアンサー

ほぼ、永久的

Qカロリーが少ないけどアルコール度数が高い酒。

ちょっと自分でも矛盾してるような気がしますが、カロリーが少ないけどアルコール度数が高い酒ってありますか?

カロリーを出来るだけ取らず、酔いたいです

Aベストアンサー

アルコール度を抜きにしたカロリーの回答まで出て「カロリーが少ないけどアルコール度数が高い酒」は何なのか、ハッキリしませんね。ここは正面突破の回答を出しましょう。

以下はアルコール1%あたりのカロリー(100ml)です。
赤ワイン 5.8
焼酎 5.6
ビール 8.4(アサヒ本生は7.8)
日本酒 7.0
ウィスキー 5.8

ただし銘柄によって多少違います。こうやって見ると、どのアルコールでも大きな差異はなく(ビールがやや高めですが)、銘柄によっては逆転しますから、自分が気持ちよく酔えるアルコールをお値段と相談しながら決めるのが宜しいかと....。

Qセフェム系静注薬ロセフィンの薬疹について

細菌性髄膜炎で2週間の入院中ロセフィンの静注を受け、赤色発疹が全身にでました。昨日退院しましたが、現在痒みを伴い、なかなか引いてくれません。痒み止めの内服薬をもらっていますが、どの程度で収まるか、また、抗生物質としては一般的との説明を受けたので今後、注意すべき点などありましたら教えてください。発疹は色もそうですが、若干の腫れが伴い、大きな部位とぽつんとした小さなものとが混在しています。そして全身が痒いです。

Aベストアンサー

細菌性髄膜炎は死ぬこともある病気ですから退院なさってなによりです。
ロセフィンは第3世代セフェム系といわれる抗生物質の仲間で髄液移行率が高いと言うのが「売り」の薬剤ですので細菌性髄膜炎などに良い適応がある薬です。
薬疹の方はもうロセフィンをやめているわけですし時間がたてば症状は改善すると思いますのであまり心配なさらないでください。
これからの注意ですが病院で抗生剤を処方もしくは注射されるような場合には必ずロセフィンで薬疹がでたと言うことを主治医に言う様にしてください。ひとによってロセフィンだけだめな人もいますしセフェム全体で薬疹がでる人、またペニシリンとセフェム両方ともだめな人まで様々あるのでその時の症状などを考慮して一番安心できる薬を主治医が選択すると思います。
ご自愛ください。

Qアルコール度数の高い焼酎

前にテレビでチラッと見たのですが、アルコール度数の高い焼酎は零度でも凍らないと言っていました。
そんな焼酎が飲んでみたいのですが、なんと言う焼酎か分かりません。
知っている方がいましたら、教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハナタレではないでしょうか。
ただ45度くらいでしたので気温によっては凍るかと。
絶対凍らないのはウオッカの「スピリタス」ですね。
アルコール度数96%という凶暴な飲み物です。

Qデング熱と性病抗生物質

細菌性の性病にかかり、婦人科から抗生物質が処方されました。

今夜飲む予定なんですが、ここ2、3日、何となく体がダルくて通勤先が新宿なので、もしかしたらデング熱に感染してしまったのかと疑っており、このうような時に抗生物質を飲んでも良いのかと不安です。

抗生物質を飲むと抵抗力が下がるなど聞きますが、仮にデング熱に感染してたとしたら重症化の心配はないでしょうか?

不安で今日飲もうか悩んでいます。よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

(Q)抗生物質を飲むと抵抗力が下がるなど聞きます
(A)根拠ない。
そもそも、抗生物質を飲むのは、細菌に対する抵抗力を
増すためです。

(Q)仮にデング熱に感染してたとしたら重症化の心配はないでしょうか?
(A)デング熱と性感染症は、別問題でしょう。

No.1の方がコメントしているように、
デング熱の特徴は、38度以上の高熱、関節痛、筋肉痛、頭痛
そして、眼窩痛(目の奥が痛くなる)、発疹です。
なんとなく……ならば、可能性は低い。

そもそも、蚊に刺されたのでしょうか?

Qアルコール度数の高いカクテルは?

居酒屋でダイニングバーなどにあるカクテルなどで、
アルコール度数の高いカクテルなどの甘いお酒を
教えてください。

当方なかなか酔っ払わないほうなんで面白みがあまりないんでw

Aベストアンサー

『XYZ』と『スクリュードライバー(レディーキラー)』ですかね。
言ってさっと思いつくのは。
確か、二つとも、25度くらいですね。
カクテルの中では、高い方です。

他は、チョコ系のリキュールは、それなりに高くて甘くて飲みやすいですね。

ご参考までに。

Q抗生物質について

感染があり、ミノマイシン錠を2週間飲みましたが、まだ治らないのでまた処方してもらおうと病院に行ったら、今度は別の抗生物質、ペングッド錠を処方されました。ミノマイシン錠とペングッド錠とはどこが、どうちがうのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
全く系列の違う抗生物質です。
ミノマイシン:テトラサイクリン系
ペングット錠:バカンピシリン→ペニシリン系

抗生物質は2週間続けて効果がないという事は原因となった菌にあっていない事を意味するので、抗生物質の種類を変えたのだと思います。
これ以上、同じ薬を続けても効果は認められないと考えられますから妥当な判断だと思いますよ。

Q何故アルコール度数が高い甲類焼酎は売られてないの?

ソーダメーカーを購入し、自家製チューハイ・ハイボールを作り楽しんでいます。
現在は、サントリー角40度、甲類焼酎25度をアルコール度数7-9度になる程度で、果汁と炭酸水で割っています。
この場合では炭酸を濃いものにしないと、いまいちピリピリしません。
(個人的にキンキンにきいた炭酸が好みです。)
そこで質問なのですが、なぜアルコール度数の高い(50~90度)甲類焼酎は販売されていないのでしょうか。

甲類焼酎は連続式蒸留機で精製したアルコールを水でうすめて25度(ないし果実酒用の35度)にしているのですよね。それなら工業的な意味でつくれないはずはないですよね。販売されていないのは、法令もしくは経済的な理由があるのでしょうか。

Aベストアンサー

>やはり利益の面でおいしくないのでしょうか
メーカーとしては、質問者様が仰るように希釈して飲める回数が増えるほど、買い替え頻度は少なくなります。
それと、そもそも甲類焼酎というのは気軽に割って飲めることをコンセプトにしていますから、アルコールが高くなってくると単にアルコール臭ばかりが強くなって、味や風味ともに割るバランスが崩れてきます。
あとはそのくらい度数が上がってしまうと、他の競合酒(ウイスキーやウォッカ、テキーラ・・)などとの差別化が難しくなってくる、要するに手間ひまがかかっていない工業酒となってしまうので、あえてそういう分野には参入しないということもあります。

Qサイネスインフェクションで抗生物質

オーストラリア在住です。
先日、高温とひどい鼻水(色のある)が続き、風邪薬を5日ほど飲みましたが改善せず、病院へ行きました。細菌性のサイネスインフェクションだと診察され、抗生物質を1日2錠、5日分処方されました。あと3錠分残っています。今まで約3日、抗生物質を飲んで、初めはアスピリンで抑えていた熱は平熱に、ひどかった頭痛もだいぶよくなりました。ただ首のリンパの腫れと痛みが増しているのと、左側こめかみから目の上あたりまでの圧迫感がまだあります。
明日、土曜日に処方された5日分の抗生物質が飲み終わるのですが、熱が下がり鼻水も少なくなってきたということで、飲むのを止めても、まだあるリンパの痛みや頭痛もこれから回復していくでしょうか?
それとも、もう一回分(5日分)を薬局でもらって日曜から再び続けて飲んだほうがよいでしょうか?
初めの5日分の終わりがちょうど土曜の夜になってしまうので、もしも続けるのなら月曜に病院で聞いてからでなく、日曜日からの方がよいかなと思うのですが。。
もらった時点で医師に確認しておけばよかったのですが、よくならないようならまた来るようにということしか聞いていません。処方箋は5日分の抗生物質が2回分、受け取れるようになっています。
アドバイス、よろしくお願いいたします。

オーストラリア在住です。
先日、高温とひどい鼻水(色のある)が続き、風邪薬を5日ほど飲みましたが改善せず、病院へ行きました。細菌性のサイネスインフェクションだと診察され、抗生物質を1日2錠、5日分処方されました。あと3錠分残っています。今まで約3日、抗生物質を飲んで、初めはアスピリンで抑えていた熱は平熱に、ひどかった頭痛もだいぶよくなりました。ただ首のリンパの腫れと痛みが増しているのと、左側こめかみから目の上あたりまでの圧迫感がまだあります。
明日、土曜日に処方された5日分の抗...続きを読む

Aベストアンサー

私は医師ではありませんので、個人的な感想ですが、
リンパの腫れや痛みが治っていないのでしたら、私なら抗生物質を受け取り、
月曜日に病院で確認するまでの間は継続しますね。
一旦服用を止めてしまうと、耐性菌が出来たりぶり返したりする
可能性があるからです。
医師の判断を仰ぐまでは飲み続けます、私なら。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報