今月末で70歳になる父が食道ガンと診断されました。
I期の後期の状態とのことで、内視鏡手術はもうできないと言われました。リンパ節等への転移はしていないとのことです。
別に胃ガンも発見され(食道ガンの転移ではないそうです)、こちらは胃を全摘することが決まっています。(すでに過去に胃潰瘍で胃を4分の3切除しているので・・・)

食道ガンの治療法について、手術と化学療法のどちらにするか選択するよう言われました。
手術の場合、食道と胃を摘出してしまうので、腸を食道の部分まで引っ張ることになり、かなりの大手術になり、予後の負担も大きいと言われています。
化学療法には当然再発の危険があり、治癒率は70%くらい、と言われています。
自分で色々調べた結果、食道ガンの場合は他のガンに比べて手術しても取り残す可能性があるということ、放射線の効果が他のガンに比べて高いこと、それによって手術と放射線治療の優劣が今のところはっきりしていない、ということがわかりました。
ただ、病院によってはI期くらいなら選択の余地なく手術、というところもあるらしく、当然再発の可能性も放射線治療よりはかなり低くなるはずだし、手術でよいのでは、という気もします。父の体力的にも、手術には十分耐えうると思います。
しかし一方で、食道を取ってしまうことで(胃はどのみち取ってしまうのですが)、食事などの負担が大きくなることも心配で、迷っています。

また、手術をする場合、現在診療を受けている大学病院よりも、がんセンターなど手術例が多い病院に転院した方が良いのではないか、ということも気になっています。
現在診療を受けている病院は食道ガンの手術件数は年間10件台くらいのようです。
今から転院する場合、時間がかかることでのガンの進行も気になります。

決断をするのは結局自分たちだということはわかっていますが、判断材料が少しでも多く欲しいので、経験のある方のお話を伺えたらと思い、質問してみました。
手術か放射線治療か、手術する場合、時間がかかっても手術件数の多い病院に転院するべきか。
ご意見を伺えると嬉しいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

診断 胃がん」に関するQ&A: 胃がんの事教えてください。 昨日、父親が胃がんと診断され、転移が一ヶ所見つかったため、レベルⅣと宣告

A 回答 (2件)

満76歳の父親が、7月末に、手術をしました。



朝9時~翌朝3時まで18時間です。
当初の予定では12時間だったのですが、12年前に胃がんで胃を摘出しており、癒着が酷く6時間余計にかかってしまいました。
胃がないので大腸の一部切除して移植のような形で食道再建をしました。
手術後は、ICUにて、人工呼吸器やら点滴やら設置に1時間半も要しました。
約3日間、麻酔をかけたまま人工呼吸器を付けたまま眠っていました。
(術後の安定、縫合不全を防ぐためらしいです)

ものすごく大掛かりな手術で驚いてしまったのですが、食道がんの手術は、場所的に(からだの中心なので)
難易度が高い手術らしいですよね。
父親は地元の公立病院で、年間手術件数一桁の病院だったので心配したのですが、
執刀医師はじめスタッフは、大学病院の派遣医師でした。

転移が見られないこと、想定される合併症(肺炎、縫合不全)も起きず、食事は2週間めくらいから。
プリンのようなものを最初は試したようです。
重湯→お粥という感じです。

術後の麻酔が長時間にわたったせいか、歩行困難になったので病院内で歩行リハビリをして、
やはり麻酔のせいか(脳梗塞などはおこしていません)認知症では?と思われるそぶりもありましたが、
手術後、36日めに退院しました。
食事は少量です、お粥と本人が希望して食べられそうなものは何でも。
今では、週に1回、病院へ歩行のリハビリ(必要ないと思うのですが)に通っています。
日常生活は、家の中では以前と変わりなく、近所へ歩いて行ったりしています。

調べてみて、治療方法も手術も手術後も入院期間も、病院によってずいぶん違うなぁと驚きました。

こちらが参考になるかと思いますが。
http://www.m-clinic.jp/shokudougann.htm

わたしはこちらがわかりやすかったです。
http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/surg2.dir/esophag …

・いちばん新しい食道がんの本 (名医が答える)
幕内 博 二見書房 (2004/05)

・ がん治療総決算 (文春文庫 (こ22-7)) 近藤 誠
(文庫 - 2007/9/4)

近藤医師の本は文庫本発売になったばかりなので、買ってきて読みましたが、読みやすかったですよ。
手術と放射線(化学療法)のメリットデメリット生存率の比較など。

信頼できる病院・医師が見つかるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な体験談をありがとうございました。
やはり大変な手術になるのですね。胃を摘出するだけでも8時間くらいかかったりしますものね・・・
参考URLも大変参考になりました。本も読んでみようと思います。
父は結局手術を選択し、がんセンターに転院の方向になりました。
お話を読むと今の病院でもいいかな、とも思うのですが、父の友人や親類に勧められていまして、父もその気になりましたので。
非常に参考になりました。ありがとうございました。
お父様もどうぞお大事に・・・

お礼日時:2007/09/15 20:00

一例として、参考までに。



50代後半の友人が、末期の食道がんで手術を受けました。
胃を吊り上げて食道の代わりにする手術でした。
手術後2年強で亡くなりました。
肺への転移があったそうです。

胃を吊り上げて食道の代わりにする手術は、例えば食道の変わりにチューブを入れる手術よりは体に適応していたので、順応性があったようですが、食道そのものとは働きが違うので、食べたものがストンと胃に落ちてしまうとのことでした。食事の後は、すぐ横になる、一度にたくさんのものが食べられない、などの問題は常にあったようです。

腸を吊り上げる場合はどうなのでしょうか。
胃を吊り上げる以上に、消化には問題があるかと個人的には思います。

ドクターとよく相談された上で、本人の意見を尊重されるのがいちばんかと思います。友人は、がんセンターにお世話になっていました。

手術を受けるなら、やはり手術例が多い病院を選ばれるのが賢明かと思いますが、本人にとってはゆっくりできる自宅にいる時間が多いことがいちばんリラックスできると思います。自宅と病院の距離、本人と担当医の相性、本人がそのドクターをどれくらい信頼できるかなど、患者さん本人の心理面がかなり影響するかと思います。

いずれにしても、最良の治療が行われ、ご本人が最大限充実した人生を送られることを願っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
腸を吊り上げる場合、消化には問題あるでしょうね。胃がないと空腹を感じないので、時間を決めて食事を取ったりしないといけないようです。
また、技術的にも、単に引っ張りあげるだけでなく、それぞれの臓器にリンパ腺などがつながっているので、難しい手術になるのだそうです。
父の場合、ガンの進度のわりに、化学療法の選択も進められたのは、胃も取らなければならないということがネックだったのでしょうね。
結局、再発の危険がより少ない手術を選択することにし、病院もがんセンターへ転院の方向で話を進めることになりました。
今の病院の先生が信用できないわけではないのですが、父の友人や親類などからもがんセンターを勧められていて、家から遠くても、より手術に信頼がおける病院がいいと父本人が決めたので・・・
貴重なお話をありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2007/09/15 19:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食道癌について

最近、有名人、芸能人が食道がんで亡くなった、治った等のニュ一スが
目につきますが、私も昨年の10月に内視鏡検査で食道が少し荒れていると
言われ、気になっています。先生には年一回の内視鏡検査を受ければ良いと言
われました。私は現在66歳の男性です。
食道がんについて、罹かる原因、症状、予防法等教えていただければと思います。

Aベストアンサー

http://syokudo.web.fc2.com/
パソコンサイトですが・・・

Q乳がん再発 化学療法 70代

2週間前、乳がんの再発で外来の化学療法で治療中の叔母が亡くなりました。78歳でした。10年前に乳がんを発症し、その乳がんの再発で骨と肝臓に転移していました。今年の5月から毎週1回パクリタキセル3週間に1回アバスチンの抗がん剤を投与していました。治療を続け3ヶ月後には腫瘍マーカーの数値は正常値になりました。治療中は、白血球が減少したり、爪が欠けやすくなったり、脱毛と副作用はありましたが元気に通院していました。数値が正常値になった後も、主治医の話では「薬が利き続けている限りはずっとこの治療を続けます。」と言われました。主治医にそう言われ叔母はその後も同じ頻度で抗がん剤を投与し続けました。亡くなる前日まで病院に行っていたのに、翌日の午後には亡くなったのです。叔母は床に倒れた状態で死後3日が経っていました。高齢者の叔母に化学療法の治療をべきでなかったのか。直前まで元気だったのになぜ急に亡くなってしまったのか。その事を思うと悔やまれてなりません。叔母がなぜこんな状態で亡くなったのかが知りたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.3です。
突然死は心臓に関する病気が6~7割で、あとは脳血管障害と消化器疾患。
心筋梗塞、脳梗塞などお聞きになったことはあると思います。
癌以外の病気や、生活習慣病はお持ちではなかったでしょうか?
治療中の血圧とか、コレストロール値とかはどうだったのでしょうか?
また私の身内のように貧血などで倒れ、その際の打ち所が悪くということもあるでしょう。
抗がん剤によって体が弱ることは否めませんから、体の状態について医師から注意などもあったと思います。
叔母様の近しい者として医師と面識があるならば、今からでも聞けば説明してもらえるのではないでしょうか。

ですが、医師と面識がなく、質問者様が叔母様の健康状態や医師からの注意事項を把握していなかった、治療中の各種検査結果なども確認していなかったということならば、残念ながらそこまでしか関わりを持っていなかったということ。
大変申し訳ないですが、今になって騒いでも・・・と思います。
解剖をしないという判断をされたなら、あとは叔母様のご冥福を祈ることが一番かと。

Q都内で食道癌(ヨード液)検査をしている場所

はじめまして

食道癌検査をしてもらおうと、癌センターに
電話で、問い合わせをしたのですが、断られてしまいました。

その後、多数の病院に電話で問い合わせをしたのですが
うちでは、やっておりませんと言われてしまいました。

東京で食道がん検査(ヨード液)が出来る病院を
教えて下さい。

病院名(私立病院)

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「ためしてガッテン」からの情報でしょうか

ヨード液に限らず内視鏡のCMでも出てくるNBI法などもあります
これは基幹病院ではかなり導入されています

何より内視鏡では胃の観察が中心になりがちですが食道の観察も充分に行うことが肝腎なことです

これは何か食道についてご心配な場合はそのことを内視鏡担当医にじゅうぶん伝えることです


なお、がんセンターは一般病院で対処できないレベルの疾患を扱うための施設ですから
検診などは行わないものです

参考URL:http://www.hirahata-clinic.or.jp/blog/2010/07/20100630.html

Q高齢者に対するガンの術後補助化学療法

70代前半の叔父が大腸がんの手術をしました。
術後約1ヶ月経ち、少しずつ体重も戻って来て体調も良くなってます。
ただ、術後の補助化学療法するほうが良いとの主治医からの提案でFOLFOXという抗がん剤治療を行うことになりました。

本人は再発や転移の確立が少しでも下がってくれたら嬉しいと言ってますが、近所の70代の方が抗がん剤での治療中に、食欲不振や吐き気から食べることが出来なくなり、治療を中止したものの体力が戻らず、抵抗力の低下もあってか亡くなってしまいました。

そのような例が身近にあるので、せっかく手術が上手くいって、現在は散歩したり好きなお菓子を食べたりして元の生活に戻りつつある中、副作用が強い補助化学療法が元でかえって寿命を縮めるようなことになるのではないかと思うと、高齢の叔父が同じような事にならないか心配です。

Aベストアンサー

抗がん剤治療は、一部の分子標的治療薬などの最先端の
抗がん剤を除けば、それこそ、賭け以外の何ものでもありません。

大体、抗がん剤の有効率は、3割と思って良い。
残りの7割は、有効性がなく、副作用だけ、ということ。
では、そんな薬をどうして使うのか?
それは、使った患者と使わなかった患者の統計値の差があるからです。
例えば、癌の手術をして、5年以内に9割の人が亡くなるとします。
そのような癌に、上記のような有効率3割の抗がん剤を投与すると、
亡くなる患者の9割中、3割に効くと言うことになります。
つまり、約2.7割。
9割-2.7割=6.3割の人にとっては、役に立たない薬です。
でも、2.7割の人には、有効性があり、さらに、そのうちの数割の人は、
5年以上生存する……という統計値が、投与の理由になっています。

その一方では、副作用のために、寿命を縮める危険もあるのも事実。

だから、抗がん剤の専門医にかかると、副作用があると、
休薬したり、投与を中止したり、さじ加減できますが、実は、
この専門家が少ないのが問題なのです。
手術の専門医=抗がん剤の専門医 ではないのです。
それが、今の、日本の抗がん剤医療の問題点です。
http://www.jsmo.or.jp/system/pdf/senmon.pdf

どうするか、先生と良く、話し合ってください。
上記の先生のアドバイスを受けるのも一つの方法です。
セカンドオピニオンとして、受けることが可能ですが、
自費なので、数万円かかります。

抗がん剤治療は、一部の分子標的治療薬などの最先端の
抗がん剤を除けば、それこそ、賭け以外の何ものでもありません。

大体、抗がん剤の有効率は、3割と思って良い。
残りの7割は、有効性がなく、副作用だけ、ということ。
では、そんな薬をどうして使うのか?
それは、使った患者と使わなかった患者の統計値の差があるからです。
例えば、癌の手術をして、5年以内に9割の人が亡くなるとします。
そのような癌に、上記のような有効率3割の抗がん剤を投与すると、
亡くなる患者の9割中、3割に効くと言うこ...続きを読む

Q食道癌(がん)と逆流性食道炎

食道癌(がん)と逆流性食道炎は、症状(自覚症状)に違いはあるのでしょうか。

インターネットで検索すると、嚥下障害、胸痛、胸焼け・・・と症状が似通っているのですが・・・

Aベストアンサー

食道癌の痛みを知らず、胃癌切除の痛みを知り現在
逆流性食道炎に悩まされている人間の答えです。

私の胃癌発見は可也小さい嚥下障害を食道で感じ検診の結果胃癌を切除しました。玄人考えに、胃と食道の境界線の土手が無くなり空腹時に胸焼が起こり、

そして就寝時、濃い強烈な胃酸が逆流して喉の痰が停滞する近辺まで襲います。

言い回しは工業用に使う皮膚おも溶かす塩酸が付着したように咽喉部の奥が強烈に痛みます。堪えられない不快感です。

食道癌が、おありなら当然嚥下障害あるはずです。嚥下障害は食物が食道で停滞したり、食物の通過が食道壁の摩擦で落下が感じられますよ。

胃癌の痛みは知ってるけど食道癌は知らないのです。
回答になりますでしょうか。ご判断下さい。お大事に。

Q乳ガン 化学療法スケジュールの変更と癌への影響について

母(63歳)の乳ガンの治療について質問させていただきたく存じます。
化学療法(エピルビシン+シクロフォスファミド)、タキソールの投与を行ってしこりを小さくしてから手術する予定でした。
抗ガン剤治療中に体調を崩して(腸炎)入院したり、投与するにつれ買い物等の日常生活の中で息苦しさを感じたりといった症状が見られるようになり、
予定されていた抗ガン剤治療を一部止めて手術を先に行い、その後抗ガン剤治療を進めることを提案されました。
しかし、主治医も不明な症状や、治療方針についても知識が無くどのように選択したら良いのか分からないのが現状です。
以下にこれまでの経過、主治医の意見、質問事項をまとめましたので、専門医の方あるいは御経験のある方の御意見、御助言をお願いいたします。
--
・この夏、浸潤性乳ガン、リンパ節に10箇所の転移あり(体には転移なし)、大きさは3cm×5cm、レベルは3aと診断される
・化学療法で腫瘍を小さくしてから、手術し、その後放射線治療を行うことを提案される
 治療方針は(エピルビシン+シクロフォスファミド)を3週毎に4回、その後タキソールを毎週24週、その後に手術、放射線治療の予定だった 
・8月6日に化学療法を開始(当時、乳房にはしこり、腫れ、皮膚表面の赤み、痛み、微熱があった)

現在までの経過
・化学療法前にあった乳房のしこり、腫れ、皮膚表面の赤み、痛み、微熱が化学療法前にあり心配だったが、抗ガン剤2回投与後(8月27日)には全て気にならなくなり、しこりが柔らかくなった
・3回目(9月18日予定)を受ける前日に熱を出し、腸炎を患い入院したため3回目の投与が受けられなかった
・体調が回復してから3回目の投与を10月9日に行った(結局2回目と3回目の投与期間が6週間あきました)
・4回目の投与を10月30日に行う予定だったが、これまでになかった症状で、買い物等の帰りに時々息苦しい(胸が締め付けられるような痛みは無し)、だるさが3週間残るといった症状が見られるようになり、担当医に相談したところ、4回目の治療を中止(延期)
・他に現在見られる症状として、治療を始めてから柔らかくなったしこりが固く、微熱を持つようになり、皮膚表面も赤みを増すようなった
(現在のしこりを触った感じは、化学療法を始める前と同じような感触だと本人は言っています)


主治医の意見
日常の買い物等の帰りに時々息苦しい、だるさが3週間残るといった症状から、抗ガン剤が強過ぎるか合わない可能性があるため、
現行の治療(エピルビジン+シクロフォスファミド)3回で終了し、
1)タキソールでの治療に進み、その後手術を行う、あるいは、
2)手術を先に行い、その後タキソールの治療を進めるか、
どちらか治療方法を提案された。
また、しこりが再び固くなる等の症状は、予定通りに治療できなかった例はあまりないため、間隔があくことによる治療効果への影響との関係はわからないとうことでした。


質問
(1)(エピルビジン+シクロフォスファミド)の治療を途中で止めてしまって効果が十分でないのではないか
(2)治療が予定通りに行かず、間があいてしまった事による癌への影響(固くなった)はあるか
(3)手術前と手術後に化学療法を行う事の違い(目的の違いなど)

(1)(2)については、予定通りに治療できなかった例はあまりないため、間隔があくことによるが治療効果への影響はわからないと主治医に言われました。専門医間での会議の結果、詳しく治療方針を11月7日に提案されることになっているのですが、本人側でもある程度の知ったうえで治療方針を決めて行きたいと考えています。
以上3点について御存じなことがありましたら、専門医の方あるいは御経験のある方の御意見、御助言をお願いいたします。

母(63歳)の乳ガンの治療について質問させていただきたく存じます。
化学療法(エピルビシン+シクロフォスファミド)、タキソールの投与を行ってしこりを小さくしてから手術する予定でした。
抗ガン剤治療中に体調を崩して(腸炎)入院したり、投与するにつれ買い物等の日常生活の中で息苦しさを感じたりといった症状が見られるようになり、
予定されていた抗ガン剤治療を一部止めて手術を先に行い、その後抗ガン剤治療を進めることを提案されました。
しかし、主治医も不明な症状や、治療方針についても...続きを読む

Aベストアンサー

(1)仰るとおり、その可能性はあります。現に、腫瘍も悪化傾向を示していることもそれを支持すると思います。
(2)これは難しいところかもしれません。やわらかくなったものが再度硬くなったということは、おそらく腫瘍の増大によるものだと思います。この縮小から増大に向かわせた原因は、(1)治療中断の影響、(2)抗がん剤に感受性が高い癌細胞が駆逐され、抵抗性のものだけが残り、増大してきた、これらが考えられますが、これを検証するには再び同じ抗癌剤治療を行う必要があります。
(3)手術前に行う化学療法は、がんが縮小することで、手術しやすくなるようにすることが目的です。言い換えると、ステージIIIaをステージIIにするのが目的です。乳房やその他の機能を極力残す為、切除しなければいけない部分を小さくしたいということです。一方で手術後に行うのは、取りきれなかったかもしれない癌細胞が増殖してこないように、可能ならばそれらが死滅するように期待した治療になります。癌細胞を死滅させることには変わりませんが、意図が違ってきます。

専門家の意見を十分に聞き、しっかりと質問できるようになる為には、ある程度の予備知識をつけておくことが必要と思います。納得した上で治療法の選択ができるよう、しっかりと勉強なさってください。

(1)仰るとおり、その可能性はあります。現に、腫瘍も悪化傾向を示していることもそれを支持すると思います。
(2)これは難しいところかもしれません。やわらかくなったものが再度硬くなったということは、おそらく腫瘍の増大によるものだと思います。この縮小から増大に向かわせた原因は、(1)治療中断の影響、(2)抗がん剤に感受性が高い癌細胞が駆逐され、抵抗性のものだけが残り、増大してきた、これらが考えられますが、これを検証するには再び同じ抗癌剤治療を行う必要があります。
(3)手術前に行う化学療法は...続きを読む

Q食道癌と逆流性食道炎

食道癌と逆流性食道炎
こんにちは。食道癌と逆流性食道炎の症状の違いは何かありますか?
(体重の減少・吐血を除いて)。

Aベストアンサー

それを除けば、「鑑別」できるほどの決定的な差はあまりありません。

それどころか、完治が望める早期であれば食道癌の方がはるかに症状が少ない可能性が高いです。

なお、逆流性食道炎も食道癌の原因となるため、

逆流性食道炎なし、食道癌あり=症状が非常に少ない

逆流性食道炎あり、食道癌あり=逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎あり、食道癌なし=逆流性食道炎の症状

ということになりますので、症状で早期の食道癌の有無を区別するのは事実上不可能ということになります。

Q胃ガン検診で食道ガン検診も兼ねる事は出来ませんか?

胃ガン検診の施設は比較的沢山紹介されているのに食道がんの検診は

ネットなどでもなかなか紹介されていないように思います。

同じ消化器系で内視鏡の検査をするので一度に兼ねる事が出来ると思うのですが

胃がん検診の際に食道がんを発見することはできないのでしょうか?

当方、40歳手前で症状も特にないのですが会社の年に1回の健康診断で行われる

レントゲン(肺がんの発見のみに効果?)だけでなく他のも受けてみようかと思いまして。

アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

(Q)胃がん検診の際に食道がんを発見することはできないのでしょうか?
(A)もちろん、胃の検診の時には、
同時に、食道の検査もしています。
従って、検診で、食道がんも発見できます。

ただし、胃のバリウムの検診の場合には、胃を膨らませて、
バリウムを停滞させて、じっくりと観察できますが、
食道は、あっと言う間に通過してしまいます。
従って、小さな病変は、見逃される危険が大きいと言えます。

胃カメラの場合は、そんなことはないので、
ちゃんと診てもらえます。

Q食道癌

家族のことで気になることがあり質問させて頂きます。

会社の健康診断でのレントゲンで、食道癌は発見できますか?
このレントゲンは、バリウムを飲んだりせずに普通の(?)レントゲンです。

数ヶ月前の健康診断のレントゲンでは異常は見られませんでした。
しかしいろいろと調べていたら、家族の者が食道癌の症状に似ているようなので気になっています。

2年程前に、食事を取る際に喉がしみると言ってました。
ここ最近はそれはないようです。

もし食道癌であれば、初期症状からどれくらいの期間でひどい症状が出てくるものでしょうか。
やはり個人差があるのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

咳があるから食道癌、ではなく、咳の出る食道癌もあるというのが正解です。

英雄色を好むは、古くからある言い回しですが、だからといって色を好む人は英雄である、ということにはなりません。

咳やしみるような症状から病気を決めようと言うのは、同じことです。
このような症状が出る病気はたくさんあり、その他の病気にはこのような症状(検査)が出るはずで、現在はそのような症状(検査)の結果ではない、だから食道癌しかないというようなプロセスが、診断には必ず必要なのです。膨大な専門知識が必要ですから、やはり素人判断で心配するより専門家(医師)に診てもらうのが良いでしょう。

百聞は一見にしかず、ということです。

Q食道ガンが心配です。

一週間前に胃カメラを飲みました。
理由はげっぷがよくでる、ヒリヒリする感じがあると言う理由です。
結果は異常なしと診断されました。

昨日から熱いものや辛いものが食道にしみる気がして(辛いものは喉の奥から胸にかけてピリピリします)食道ガンが不安になりました。
一週間前に胃カメラをしているので大丈夫ですかね?食道をしっかり見て下さい!と言ってないので、見落としなんじゃないかとかまで考えてしまいます。神経質や不安になりすぎでしょうか?食道に炎症があるかも…みたいな事をちょっと言っていたんですが、それが癌って事はありますかね?炎症は炎症ですよね?

私は20代、女です。

Aベストアンサー

胃カメラを飲まれたのですよね?ならば大丈夫ですよ,食堂も検査していますから。貴女は神経質になり過ぎです。「病は気から」ですよ,神経から炎症を誘発することがありますから,心配は全くいりません。トレーニングジムで毎日汗をかけば全て解決しますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報