足の皮膚に炎症が出始めてから10年にもなります。その間多数の病院で診てもらいましたが、これは「貨幣状湿疹」と言うもので完璧な治療方法は無くその都度対処療法により症状を緩和させる程度しか方法が無いと言われていました。最近は永年続いたその貨幣状のものが出なくなり、代わって点状の発疹が手足に出るようになりました。病院で診てもらったところこれは、多分「種痘様水泡症」というもので遺伝性のものであることも考えられるとのこと、詳しくは血液検査、皮膚組織検査等精密検査の必要があると診断され、副腎皮質ホルモン塗り薬を与えられました。尚、父もずっと以前に「貨幣状湿疹」といわれたものと同じものができていたが、今は完治してます。この発疹について治療方法等の情報がいただけないでしょうか?尚、その発疹は大きなものは5ミリ程度で、じゅくじゅくとしていて汁が出痒くてたまりません。なにかの拍子で治っても黒い点状痕が残ります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こちらをどうぞ。


貨幣状湿疹、結節性痒疹、いずれにしてもアレルギーと関係していて体質の意味合いは強いです。
結節性痒疹は虫刺されからひどくなりますので、刺されない工夫をして、湿疹ができたら掻かないようにすぐ薬を塗り、早めに治すことが重要です。

参考URL:http://health.goo.ne.jp/medical/search/10O20200. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 大変よく解りました。ご親切感謝致します。

お礼日時:2007/10/13 12:41

種痘様水泡症の説明が載っているサイトをあげておきます。


 日光過敏症と呼ばれるものの一種で日の光(紫外線)にあたることで皮膚に湿疹ができる病気です。湿疹は日のあたる所にできてますか?
 治療はという項目にいくつか書いてありますが、貨幣状と同様ステロイド剤は塗っていただくことになりますし保湿も同様になります。
 そして「種痘様水泡症」かどうかをしっかり判断してもらうことが重要になります。結果は出ましたか?

参考URL:http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/nikkkoukabi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとう御座います。今回行った病院では「結節性痒疹」と診断されました。以前診てもらった近くの小さな医院でも同じ病名を言われ、ステロイド剤を塗っていましたが今回は、塗り薬では深部に届かないとかで湿布薬のようなものと飲み薬を頂きました。この病名が説明されているサイトがありましたら教えて下さい。

お礼日時:2007/09/29 15:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 痒疹、ストロフルス、固定じんま疹(結節性痒疹)<皮膚の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    痒疹、ストロフルス、固定じんま疹(結節性痒疹)とはどんな病気か  強いかゆみを伴う皮膚の炎症反応形式のひとつです。大豆くらいまでの大きさの塊が皮膚に多数でき、長い場合は数年にわたり続きます。1カ月以内に治るものを急性痒疹、数カ月以上にわたって続く場合を慢性痒疹と分類します。  急性痒疹は、主として5歳以下の幼少児に起こり、ストロフルスとも呼ばれます。慢性痒疹には、固定じんま疹(結節性痒疹)や多形...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貨幣状湿疹

貨幣状湿疹

今日皮膚科へ行ったら、貨幣状湿疹と言われました。

今から2年半前に突然、片方の手のひら部分に湿疹が出ました。
その後、もう片方の手のひらにも湿疹が出てました。
始めに手のひらにだけ出た状態から手のひら全体に広がり、手の甲迄湿疹が出て、2年の間に手から腕迄湿疹が広がりました。

近所の開業医に通院して、保湿クリームとリンでロンを処方され、ずっと、毎日、夜ふろ上がりにそれを塗り、塗った上にはリント布で覆い、テープでとめ、その上からずれないようにネットをかけ、寝ています。
流石に2年半経っても治るどころか、ひどくなる、広がる一方なので、今日は総合病院の中にある皮膚科を受診しました。

貨幣状湿疹と言う名前だけは始めてわかりました。
処方された薬はリンでロンでなく、アンティベートと保湿クリーム。それから、朝、仕事に出かける時にはオリーブ油で縫った薬をふき取る様に、オリーブ油もくれました。

顕微鏡検査で何かの細菌でもいるか?検査しましたが、何も菌はありませんでした。
人には感染しないと言われました。

内服はアレグラです。開業医もアレグラでした。
一体、この湿疹は治るのか?かなり不安になってきました。毎晩、仕事から帰ると、湿疹から液が出て、べたべたしています。ひび割れて、所どころの皮膚から血も出ます。

手のひらのほんの一部から広がった厄介な湿疹です。
治すのにいい方法があったら教えてください。

貨幣状湿疹

今日皮膚科へ行ったら、貨幣状湿疹と言われました。

今から2年半前に突然、片方の手のひら部分に湿疹が出ました。
その後、もう片方の手のひらにも湿疹が出てました。
始めに手のひらにだけ出た状態から手のひら全体に広がり、手の甲迄湿疹が出て、2年の間に手から腕迄湿疹が広がりました。

近所の開業医に通院して、保湿クリームとリンでロンを処方され、ずっと、毎日、夜ふろ上がりにそれを塗り、塗った上にはリント布で覆い、テープでとめ、その上からずれないようにネットをかけ、寝ています。
...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1です。
ベトベトの患部は強い臭いがありませんか。湿疹の滲出液、ひび割れ、出血からすると、今の状態は皮膚に沈着したステロイドが酸化しておこるステロイド皮膚炎の可能性があります。元の湿疹ではなく、酸化したステロイドそのものを体が排泄しようとしておこす炎症です。
ステロイドが原因の炎症を抑えるためにさらにステロイドを使って抑えようとしている状態でしょう。これでは治癒にむかうどころか悪化の一途です。アレグラも治癒反応を抑える薬物ですから、使い続けるほど治癒を遅延させます。

湿潤面の細菌感染を防ぐことだけ考えて、治療されると良いでしょう。 いままでステロイドを使ってきて良くなっていないどころか悪化してきていますので、ステロイドは積極的に減らす方向です。酸化したステロイドを体が異物、毒と判断して排泄しようとしていますので、それを薬物で止めてはいけません。辛い症状ですが、沈着した毒が排泄され減ってくれば症状は徐々に改善されます。患部から出てきた液をこまめに綺麗に拭き取る、このスタンスを続けることでしょう。


質問者さんは湿疹の本質を見据えてご自分で治療するという主体性が必要です。特に慢性的な疾患は医者と薬に全てを預けると治療に失敗します。
体から毒を出す反応には、嘔吐、下痢がありますが、忘れてならないのは皮膚という排泄器官を使う湿疹です。溜めておいては不利になる毒を皮膚から洗い流そうとするとき体は自ら湿疹という手段をとります。
基本的には体が必死に毒を出してるのですから症状は辛くてもそれを阻止してはならないのです。しつこくて時間がかかる場合もありますが、毒が出れば治ります。
毒の排出が終わるまでに湿疹は次第にその姿を変化させますが、最後には消えて元の皮膚に戻ります。初期の紅斑、丘疹(発赤、腫脹をともなう炎症)から始まり、水疱期、膿疱期、びらん期を経て乾燥、結痂期(かさぶた)となり落屑して治癒、という姿をみせます。つまりこういう過程を経ないと毒の排泄は終りません。

湿疹は体の毒出し反応、つまり防衛反応です。
全て出し切る、出るに任せる、それを応援することが治療です。前回言いましたように体質改善も合わせて必要です。いずれにせよ、治療の主体はあくまで本人です。

ステロイドの使用期間が長いほど酸化ステロイドの炎症は長引きますが、それをまたステロイドで抑えようとすると悪循環で治療が破綻していきます。暫く不快で辛い症状と向き合うことになりますが、辛抱です。

NO.1です。
ベトベトの患部は強い臭いがありませんか。湿疹の滲出液、ひび割れ、出血からすると、今の状態は皮膚に沈着したステロイドが酸化しておこるステロイド皮膚炎の可能性があります。元の湿疹ではなく、酸化したステロイドそのものを体が排泄しようとしておこす炎症です。
ステロイドが原因の炎症を抑えるためにさらにステロイドを使って抑えようとしている状態でしょう。これでは治癒にむかうどころか悪化の一途です。アレグラも治癒反応を抑える薬物ですから、使い続けるほど治癒を遅延させます。

...続きを読む

Q貨幣状湿疹の治療について

3月に貨幣状湿疹を発疹。以来、ステイロイド剤を処方され塗布も一向に治りません。全身に発疹が広がり、かゆみも大変です。どなたか、よい治療法をご存知の方がおられましたらご教示ください。現在処方されている薬は、アンテベートクリーム(0.05%)、アレロック錠(5ミリ)、セレスタミン配合錠の三種です。

Aベストアンサー

わたしの場合、原因が2つありました。
(1)石鹸で毎日全身を洗っていた
(2)お風呂の蛇口に汚れが溜まっていた

解決策としては、
(1)毎日マルセイユ石鹸で気になるところだけ洗い、腕などは流すだけ
(2)蛇口の掃除をして、塩素除去カートリッジ&シャワーヘッドを取り付ける
(冬場など、お湯の温度をあげるとその分塩素が強くなるみたいです。それが原因の場合もあります。)
(3)熱すぎるお風呂には入らない
です。

たまに少しでますが、これで大分楽になりますよ。

Q湿疹に水虫の薬

1年くらい前から、四肢に赤いポツポツができて、痒かったり、そうでもなかったりしていました。毛穴のところに出ているように見えます。部分的に密集していて、そのようになっているところが、何箇所かあります。皮膚科に行ったところ「水虫がいると思います」ということで、アトラントクリームを処方されました。処方どおり、使用しているにもかかわらず、少しよくなったり、悪くなったりの繰り返し。その状態で10ヶ月。「この頃の水虫の薬は良いのが出ているので、塗り始めて2週間くらいで、きれいになったようにみえるけど、症状が消えても、しばらく塗り続けるべき」みたいな話をよくききますが、私の場合、薬が効いている感じ、全くありませんでした。
今日、別な皮膚科に行ったところ「貨幣状湿疹」といわれま、スチブロン軟膏を処方されました。
どちらの皮膚科でも、白癬菌の検査をしたわけではないし、今日、別な皮膚科に行ったばかりなので、どちらの医師の診断が正しいかは、まだわかりません。
そこで質問ですが
(1)湿疹に抗真菌剤をつける
(2)水虫にステロイド剤をつける
このような薬の使い方をすると、症状がむしろ悪化するということはありますか?
念のため、両方つけたらどうでしょう?
アドバイスお願いします。

1年くらい前から、四肢に赤いポツポツができて、痒かったり、そうでもなかったりしていました。毛穴のところに出ているように見えます。部分的に密集していて、そのようになっているところが、何箇所かあります。皮膚科に行ったところ「水虫がいると思います」ということで、アトラントクリームを処方されました。処方どおり、使用しているにもかかわらず、少しよくなったり、悪くなったりの繰り返し。その状態で10ヶ月。「この頃の水虫の薬は良いのが出ているので、塗り始めて2週間くらいで、きれいになった...続きを読む

Aベストアンサー

(1)良くなる事もありますが、(例えば、水虫とは別の原因で出来た
 湿疹の悪化に白癬菌が加担していた場合)、明確に治癒に向かう
 事はありませんし、丁度これまでのkasuteraさんのような経過を
 たどることも考えられます。
(2)悪化するでしょう。
(3)(併用)貨幣状湿疹なら、抗真菌剤が特に治癒の妨げになる事は
 ないでしょうが、治癒が遅れる可能性も否定できません。
 水虫なら、充分な妨げになります。

しかし、いくら水虫の治療が長期に及ぶとはいえ、それが水虫
である限り、表面的(皮膚所見)はすぐに改善するものですよ。
で、安心してクスリをやめると再発する、というのがよくある
ケースで、kasuteraさんの経過には、僕も違和感を覚えます。

ゆえに最初の診断を疑う余地はありそうですが、今回の診断を
疑う根拠は、今の所何も無いという事は言えそうですね。

何と言っても、現在の皮膚の状態を知る医者が、正しい診断に
一番近い立場のヒトなのですから。

貨幣状湿疹も完治までには根気を必要としますが、1~2週間の
経過で改善が感じられるはずです。

 

(1)良くなる事もありますが、(例えば、水虫とは別の原因で出来た
 湿疹の悪化に白癬菌が加担していた場合)、明確に治癒に向かう
 事はありませんし、丁度これまでのkasuteraさんのような経過を
 たどることも考えられます。
(2)悪化するでしょう。
(3)(併用)貨幣状湿疹なら、抗真菌剤が特に治癒の妨げになる事は
 ないでしょうが、治癒が遅れる可能性も否定できません。
 水虫なら、充分な妨げになります。

しかし、いくら水虫の治療が長期に及ぶとはいえ、それが水虫
である限り、表面的(皮...続きを読む

Q貨幣状湿疹のステロイド治療

2週間前、貨幣状湿疹と診断され、以来ステロイド軟膏(アンテベート)を塗っています。
幸い症状は軽かったようで、今では痒みも無くなり、薄茶色に色素沈着が残るのみで、それも日を追うごとに薄くなってきました。

再診の結果、担当医には“念のためもう少し色素が薄れるぐらいまで、ステロイド軟膏を塗り続ける”よう指示されました。

ただ一般的には、ステロイドはあまり長く使い続けない方が良い、と耳にしたことがあるので不安です。
一方で、しっかり完治するまでステロイドで集中的に治療することも必要なのでは、という気もします。

今の病状からいって、この先そう長くは塗り続ける必要はなさそうですが、すでに2週間継続して使用しているので少し心配です。
あまり軟膏を塗りたくるのは良くないと思い、痒みが無くなった現在はごく薄塗りで塗るようにしています。

このまま1~2週間ほど継続して使用しても体に害はないのでしょうか?

Aベストアンサー

質問文の通りに使用されているとしたら、用法は寧ろベストかと
思います。外用ステロイドは塗布する厚みによってその効果は
変わりません。(吸収率は部位によって変わりますが)

ご質問の期間のことですが、今ご自分の判断でやめて悪化した場合の
責任の行方はどうなりますか?

アンテベートという薬は・・・
尋常性乾癬及びアトピー性皮膚炎53 例に本剤の軟膏、クリームを、1 日平均投与量約4.4g、平均投与期間約74.7 日間投与した結果から、長期投与においても全身への影響が弱く、臨床効果に優れ、有用性の高い薬剤であることが認められた。(メーカーHPより)

とのことです。ステロイドは体の部位によって吸収率がかなり違うので
塗布する場所が顔でもない限り医師の指示通り続けるべきでしょう。

私は保湿剤を併用するようにしているのですが、処方されていませんか?

Q痒みを伴う赤い湿疹(水泡)について

教えて頂けましたら幸いです。

2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。

2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。

赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。

一度病院に行きましたが、外用副腎皮質ホルモン剤「アンテベート」を処方され、毎日きちんと塗っています。また、飲み薬「タリオン錠」も頂き、毎日2回しっかり飲んでいます。

が、治るどころかむしろ広がって行くんです。

これってなんの病気なのでしょうか?
じんましん?アレルギー?

2か月前にインドネシアに行った際、虫にさされたのが原因ですかね?過去にストロフルスにかかったこともあります。

毎日痒いうえ、薬を全身に塗ってガーゼをするのがかなり面倒で、早く治したいのですが…

詳しい方、教えてください!!困っています…

教えて頂けましたら幸いです。

2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。

2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。

赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。
...続きを読む

Aベストアンサー

私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。(長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい)

単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。
日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。

今から8年くらい前にパン屋で働いていました。丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さい水泡ができ、潰すと中からトロっとした水のような物が出てきました。だんだんと他の指にも出来始め、急いで皮膚科に行きました。

皮 膚科では、仕事や家事で水を多くつかっている事が原因の主婦湿疹ですね。と言われステロイドの塗り薬をもらいました。使い始めてすぐに一度、良くなり、 あぁ~治ったか、と安心していたのもつかの間、また新しい水泡が出来て、痒くてかくと皮がやぶれ。といった事の繰り返しで、どんどんと悪化していきまし た。
ネットで調べたところ、ステロイドを使うと一瞬は治っても次に出来る皮が薄くなるとのこと。皮が薄くなった分、水泡ができた時にやぶれやすくなると思い、すぐに使用を止めました。

それからは極力、水に直で触れないように食器を洗う時、料理をする時、お風呂に入る時、常にゴム手袋をし、寝る時にはワセリンを塗って、手袋をして保湿して寝る。という生活が始まりました。
その後、パン屋でのバイトを辞めるとだんだんと状態が良くなってきました。
やはり水仕事が原因だったか。とその時は思いました。

完治することはなく、2008年に留学のためアメリカに移り住むことになりました。丁度、アメリカに来て2年目の夏くらいにまた、再発したのです。
以 前は指だけだった水泡が手のひらや手の甲にまで広がり、とにかく痒くて痒くて、夜も眠れない事もありました。水仕事はしていないのに、おかしい。と疑問を 抱きながら生活をしていたある日、チャイナタウンにある小さな漢方のお店が目に入りました。中に70歳くらいのおばぁちゃんが座っているのが見えました。 もしかしたら?と思い、中に入って手を見せました。おばぁちゃんは何も言わずに小さな箱を投げてきたのです。ずいぶんぶっきらぼうだな。と帰ろうとも思い ましたが、ワラにもすがりたいような状態だったので、とりあえず試してみる事にしました。
使い始めてから2週間で、一気に治ったのです!

その薬の成分の所に『ケトコナゾール』と書いてありました。

そ こから、私のリサーチが始まりました。ケトコナゾールとはフケや脂漏性皮膚炎、水虫などに効く抗真菌薬と書いてありました。それらの原因である真菌に効果 がある塗り薬のようです。その中でカンジダ菌という文字が目につきました。もっと調べていくうちに、このカンジダ菌とはパンを作る時に使う『イースト菌』 の一種だというところまで辿りつきました。『イースト菌』という文字を見た時に、すべての事が繋がっていきました。8年前にパン屋で働いていた時は仕事が ら一日3食パンを食べていたこともあった。一時は米食に戻っていたが、アメリカに来てから、またパンを食べる事が増えた、などです。このケトコナゾールは 以前に使っていたステロイドのクリームとは違い、治った後に皮が薄くならないように私は感じました。ネットでもステロイド剤のような副作用が無い。と書い てあります。

このクリームを使うようになってから、水泡が手に広がる事もなくなり、とても楽になりました。しかし、それでも水泡が手からまったく無くなるという事はありませんでした。そこで、今度はカンジダ菌を身体の中から追い出す方法はないものか?と探しはじめたのです。

そして見つけたのがアシドフィルス菌(Acidophilus)というプロバイオティクスでした。これはヨーグルト等に入っているビフィズス菌のような物です。
この良い菌を身体のなかで定住させると、カンジダ菌が住みずらい環境になるそうです。それを飲み続ける事と、カンジダ菌であるイースト菌の摂取をやめました。約1ヶ月ほどで手のひら、指から一切の水泡は消え、とてもキレイになりました。
アシドフィルスは薬とは違い、腸内環境を保つのに良い菌です。なので、サプリメントとして今でも飲んでいます。ちなみに、アシドフィルスは日本の薬局などでは販売されていないようなので、ネットからの注文しかないと思います。
カンジダ菌はストレスや、疲れている時など、抵抗力が下がった時に繁殖するそうです。また、人間の免疫細胞の約80%は消化器官にあるそうです。つまり、日頃から腸内環境を良い状態にしておく事、ストレスが溜まった時に上手に発散する(ストレスが身体に与える影響は予想以上に大きいと思います)事が病気にならない一番の秘訣なのだと私は思います。

以上、長々と書きました。すべてが私の経験と、ネットなどのリサーチをもとに出てきた考えでありますので、もちろん、医学的に証明された物ではありません。病気の名称もわかりません。また、あなたの水泡の原因は、別のものかもしれません。
でも、何件も医者を回ってもなかなか治らない。いったいコレはなんだろう?と辛い思いをしている方が居ましたら、是非とも試してみて下さい。

私の説明では解りづらい点もあると思うので、『カンジダ』『イースト菌』『アシドフィルス』などのキーワードでより詳しく調べてみることをオススメします。一人でも多くの方が、あの辛い症状から解放される事を祈ってます。

私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。(長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい)

単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。
日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。

今から8年くらい前にパン屋で働いていました。丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さ...続きを読む


人気Q&Aランキング