お世話になります。

昨日金曜は、MSQですたが先物のポジションは全て返済しないといけません。(9月限)
そこで、質問ですが
ここ↓ では売買枚数が毎日書いてあります。

http://www.traders.co.jp/investment/tool/futures …


毎日、嘘の枚数を書かない限りMSQは6月からの枚数の
積み重ね分を返済することになるはずです。
6月に遡り買い枚数と売り枚数の合計がMSQの売買枚数となるはずです。
ところが、絶対そのような数字にならないですよね。
(CSを例えにして 昨日 3502の買い)
(9月限の売りがこれだけのはずはないです)

そのような数字にならないのは、何故ですか?
納得できる回答お願いします。

少ない枚数は毎日省かれて書かれているからというのは納得いきませんが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

SQまで3日間の「日経先物取引」があったとします。

わかりやすくするため、抽象化、簡略化していまちゅ。

例1
売買初日
 A君:10,000円で1枚買い⇔B君:10,000円で1枚売り 売買高=1枚
2日目
 日経先物終値±0円、A君、B君、売買せず、様子見
3日目(SQ前日、売買最終日)
 日経先物終値±0円、A君、B君、売買せず、再び様子見
4日目(SQの日)
 日経平均の全構成銘柄の寄付値でSQ算出、SQ値=10,100円

しゃて、この場合、この限月ものの全売買高=1枚、SQ前日の取引終了時に建てたままの枚数=2枚(A君:買いで1枚、B君:売りで1枚)、
取引所の清算機構は、B君から100円を取り立てて、それをA君にわたす。

例2
売買初日
 A君:10,000円で1枚買い⇔B君:10,000円で1枚売り 売買高=1枚
2日目
 日経先物終値±500円:10,500円、
 A君、にんまりと10,500円で1枚売り⇔C君、まだまだ騰がると思い10,500円で1枚買い、
 B君は、塩漬けは、今日1日のことだけ、明日になれば、また暴落して福神漬けになるさ(^ε^)、と我慢の子、
 A君には、取引所の清算機構から、儲けの500円が即振り込まれる(^^。
 2日目の売買高=1枚
3日目(SQ前日、売買最終日)
 日経先物終値▲200円:10,300円、C君、B君、売買せず、
4日目(SQの日)
 日経平均の全構成銘柄の寄付値でSQ算出、SQ値=10,100円

しゃて、この場合、この限月ものの全売買高=2枚、SQ前日の取引終了時に建てたままの枚数=2枚(C君:買いで1枚、B君:売りで1枚)、
取引所の清算機構は、B君から100円を取り立て;(--、C君から400円を取り立てる;(--。

例3
売買初日
 A君:10,000円で1枚買い⇔B君:10,000円で1枚売り 売買高=1枚
2日目
 日経先物終値±500円:10,500円、
 A君、にんまりと10,500円で1枚売り⇔C君、まだまだ騰がると思い10,500円で1枚買い
 B君、上昇過程のザラ場中、恐怖心に耐えられず、10,300円で1枚買戻し⇔D君、10,300円で1枚売り、
 A君には、取引所の清算機構から、儲けの500円が即振り込まれ(^^、B君は300円を取り立てられる;(--。
 2日目の売買高=2枚
3日目(SQ前日、売買最終日)
 日経先物終値▲200円:10,300円、C君、D君、売買せず、
4日目(SQの日)
 日経平均の全構成銘柄の寄付値でSQ算出、SQ値=10,100円

しゃて、この場合、この限月ものの全売買高=3枚、SQ前日の取引終了時に建てたままの枚数=2枚(C君:買いで1枚、D君:売りで1枚)
取引所の清算機構は、C君から400円を取り立て;(--、D君は儲けの200円が振り込まれる。(^^


そう、そうなんです、
(1)先物のある限月の売買初日から売買最終日(SQ前日)までの全売買高とSQに持ち込まれる枚数とは、関係ありましぇん。
(2)SQに持ち込まれる枚数は、売買最終日の取引終了時に、反対売買されずに建てたままの枚数でごわす。
(3)この枚数は、当然、買い建てのままの枚数と売り建てのままの枚数とは、等しくなっていましゅ。
(4)計算すると、一目瞭然、取引所の清算機構は、1円も損をしていません、誰かの損失を誰かの儲けに付け替えているだけです。
例では、取引所の清算機構が、立て替えて支払い・徴収をしていますが、実際は、日々、取引終了後、
値洗いを行い、日々帳尻を合わせています。

この回答への補足

sannsyokupannさん
わかりやすく丁寧にお答え頂き
本当にありがとうございます。
ようするに、MSQ前日までが実際に売買された枚数であり、
MSQの朝まで持ち越した枚数は売買数にカウントされないのですね。

MSQの日、夕方にわかる枚数は、持ち越してきた枚数の決済された分
(枚数)ではなく、次の月限の初日目売買枚数ということですね。

こんな理解でいいですか?。

補足日時:2007/09/17 23:48
    • good
    • 0

まず、事実の確認が足りないようなので、以下2点ご確認ください。



MSQの日(例えば9月14日(金))の取引枚数には、9月物の枚数はないはずです。ありますか?

昨日のCSの3502枚の買いは、12月限の買いの枚数であって9月限の買いの枚数ではないと思いますが、いかがでしょうか?

>買った10枚という枚数は、存在しないのですか?

最終売買日(SQの前日)までは買いとか売りがありますが、SQの日以降は売買の概念はありません。SQ時点で存在する残高については、買いが存在しないことになることを心配したり、返済売りをするとかいうことを考える必要はないのです。

仮に12月物を昨日(9月14日)に16050円で10枚買って、12月のMSQまで他には売買一切せず、12月のSQは17050だったとすると、ただ単に12月SQ後に取引所から(17050-16050)x1000x10=10,000,000円もらえるだけです。

>普通に考えると、利益の増減もある

正しいです。利益の増減がなければ、誰も先物なんてやりません。

>普通に考えると、…買っていたなら10枚の売り枚数も存在する

それは先物では普通ではありません。

先物というものは、八百屋の店先の大根や現物株と違って実体のあるものではないので、買ったら必ずいつか売らなくてはいけないものではありません。先物は単なる約束にすぎないのです。最終売買日までは売買の価格の差でお金がもらえたり取られたりする、SQの日には買いやら売りやらの残高と価格に応じて、精算金がもらえたり払わなければいけなかったりする、という約束があるだけのことです。

だからといって何も不利益・不都合はありません。10枚買っていたからこそ、上の例のような清算(1000万円ゲット!)をしてくれるのです。
    • good
    • 1

補足です。



>6月に遡り買い枚数と売り枚数の合計がMSQの売買枚数となるはずです。

6月が今年の6月を指しているのだとしたら、これも正確ではありません。確かにこの9月限の先物の取引が一番盛り上がるのは今年の6月からですが、この先物は今年の6月より前から取引ができます(昨年の6月9日取引開始らしいです)。
    • good
    • 1

>昨日金曜は、MSQですたが先物のポジションは全て返済しないといけません。

(9月限)

>MSQは6月からの枚数の積み重ね分を返済することになるはずです。

↑これら2つの理解が間違っています。

先物は、SQの日までに返済しなくてもいいのです。ポジションを持ったままSQを迎えると、SQと約定指数との差額を授受することになります。

参考:大阪証券取引所資料
「株価指数先物取引のすべて(平成17年10月現在)」http://www.ose.or.jp/futures/doc_punf/pu_sa.pdf
-- p.33 VI 建玉及び決済について (3) 最終決済
http://www.ose.or.jp/futures/ind_fu.html からたどって行けます。

この回答への補足


ということは、例えば
gookkjさんが来週9月25日火曜日に10枚買ったとする。(12月限り)
そして12月のMSQが来るまで一度も売買しなかったとする。
そうしたら、MSQ当日の朝SQ値が確定した瞬間に
利益の増減はあるが、売買数自体は、ゼロということですか?
買った10枚という枚数は、存在しないのですか?

普通に考えると、利益の増減もあるし買っていたなら10枚の売り
枚数も存在するのではないかと、違うのですか?

補足日時:2007/09/15 16:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

大阪 証券」に関するQ&A: 貸借銘柄に選定

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qループ売買、乗換え売買、信用では大丈夫?

お世話になります。

現物では、同日(同受渡日)の同銘柄の同一資金による「売却⇒買付⇒売却」は差金決済
にあたることになると思います。
と、いうことは、
現物では、同日(同受渡日)の同銘柄の同一資金による「売却⇒買付」までしかできませんね。

そこで、質問です。

(1) 信用取引では、どうなのでしょうか?
  やっぱり、同日(同受渡日)の同銘柄の同一資金による「売却⇒買付」までしかできない
  のでしょうか?
  それとも、同日(同受渡日)の同銘柄の同一資金による「売却⇒買付⇒売却⇒買付⇒売却⇒買付⇒・・・」
  と、ループ売買可能なのでしょうか?



また、現物でも、同日(同受渡日)の別銘柄の同一資金による乗換売買は、可能になっています。

他銘柄への乗換売買・・・「A買付⇒A売却⇒B買付⇒B売却⇒C買付⇒C売却」については注文可能!
(Eトレの場合可能)(カブコムは、できなかったはず?ですよね?)



そこで、質問です。

(2) 信用取引では、どうなのでしょうか?
  同じように他銘柄への乗換えなら同日(同受渡日)の別銘柄の同一資金による乗換売買は、可能でしょうか?

(3) 乗換え売買できないネット証券は、カブコムの他には、どこがあてはまりますか?


よろしくお願いします。

お世話になります。

現物では、同日(同受渡日)の同銘柄の同一資金による「売却⇒買付⇒売却」は差金決済
にあたることになると思います。
と、いうことは、
現物では、同日(同受渡日)の同銘柄の同一資金による「売却⇒買付」までしかできませんね。

そこで、質問です。

(1) 信用取引では、どうなのでしょうか?
  やっぱり、同日(同受渡日)の同銘柄の同一資金による「売却⇒買付」までしかできない
  のでしょうか?
  それとも、同日(同受渡日)の同銘柄の同一資金による「売却⇒買付⇒売...続きを読む

Aベストアンサー

(1)信用取引では同日(同受渡日)の同銘柄の同一資金によるループ売買はできません。しかし、「売却⇒買付⇒売却⇒買付⇒売却⇒買付⇒・・・」と、同一銘柄を何回でも取引できます。ただし、新規建て余力の範囲内で。

(2)同じように他銘柄への乗換えなら同日(同受渡日)の別銘柄の同一資金による乗換売買は、日計りでない分について出来ます。

(3)私の知っている限りでは、乗換え売買できないネット証券は、カブコムの他には知りません。



↓参考までに
Eトレード証券信用取引Q&A


取引

Q 信用で日計り取引(デイトレード)はできますか?
A 信用取引における同日中の同一銘柄の売買(日計り取引)は可能です。同じ建て余力の範囲内で考えますと、「信用新規(買建て・売建て)」→「信用返済(売返済・買返済)」まで、あるいは「信用返済」→「信用新規」→「信用返済」までとなります。
また、「現引」「現渡」が絡む場合は、「現引」を「現物買い」、また「現渡」を「現物売り」と置き換えて、現物における日計り取引のルールに準じます。


Q 建玉を返済した場合に建余力は増えますか?
A 反対売買による返済の場合…基本的には、建余力は返済した建玉に相当する分増えます。ただし、日計りの場合は当日ご利用できません。
現引・現渡により決済の場合…当該現引・現渡に係る余力の回復は通常翌々営業日となります。


※権利落ち日の場合は上記の場合と異なる場合がございます。


URL:
https://newtrading.etrade.ne.jp/ETGate

参考URL:http://ex3.2ch.net/test/read.cgi/stock/1080038076/l50

(1)信用取引では同日(同受渡日)の同銘柄の同一資金によるループ売買はできません。しかし、「売却⇒買付⇒売却⇒買付⇒売却⇒買付⇒・・・」と、同一銘柄を何回でも取引できます。ただし、新規建て余力の範囲内で。

(2)同じように他銘柄への乗換えなら同日(同受渡日)の別銘柄の同一資金による乗換売買は、日計りでない分について出来ます。

(3)私の知っている限りでは、乗換え売買できないネット証券は、カブコムの他には知りません。



↓参考までに
Eトレード証券信用取引Q&A


取引 ...続きを読む

Q売買する株数が多くなると売買しにくくなりますか?

株の売買について質問があります。

あるA社の株を1000株売ろうとしたとき、1000株買いたいという人がいるときのみ売買が成立するのですか?仮に、100株を買いたいという人が10人いた場合、売買は成立しますか?

株の売買の優先順位は速い者順ですか?
たとえば500円で売りたい人が100人いたとして、
自分も500円で売りたい場合100人の人の
売買が成立した後に自分の株も売買されるのですか?

そのほか、株価の変わり方や板の見方について
説明されているホームページがありましたら
教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>あるA社の株を1000株売ろうとしたとき、1000株買いたいという人がいるときのみ売買が成立するのですか?

100株買いたい人が10人であっても成立します。しかし、これは売買単位が100株であった場合ですね。銘柄によって売買単位(単元株数)は異なっています。(例えば、ソニーは100株単位ですが、シャープは1000株単位)
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=6758%2C6753&d=t&k=c3&h=on&z=m

>自分も500円で売りたい場合100人の人の売買が成立した後に自分の株も売買されるのですか?

基本的にはその通りです。500人で売りたい人の列に並ぶのと同じです。それを待てない場合、499円で売りに出せば500円の人よりは優先されます。

>そのほか、株価の変わり方や板の見方について説明されているホームページがありましたら教えてください。

下記を参考にしてください
http://www.kabudream.com/hajimete/hajimete2_5.html

Q株式枚数の発行が増える意味とは

株式枚数の発行が増えることには
どのような意味があるのでしょうか。
企業にとってのメリット・デメリット、
株の価値の増減など、様々なご意見を
お願いいたします。

Aベストアンサー

>>株式枚数の発行が増えることには
>>どのような意味があるのでしょうか。

1.増資をすれば発行数が増えます。
2.転換社債が株式に転換されることで発行数が増えます。

>>企業にとってのメリット・デメリット
>>株の価値の増減など、様々なご意見を

株の価値と言う意味では一株当りの指数が低下しましから
株価の引下げ要因にあります。

転社の場合、株価が低迷すると転換が進みません。転社の性格上
社債利回りが低いので転換されずに期日になれば安い金利で
資金調達が出来たことになります。しかし、株価が低迷する
ことは企業イメージが悪いくなると考えます。

Q売気配株数と買気配枚数の関係について

株初心者です。よろしくお願いします。
Eトレードで口座を開設し、ある株を毎日チェックしています。
朝8時過ぎになると「板」と呼ばれるところで売気配と買気配の枚数をみることができます。
株の一般論(?)として、売りが買いを上回れば下落、買いが売りを上回れば上昇と思っていました。
ですが先日私のチェックしている朝8時過ぎの段階の成り行きの数で買いより売りが4倍近く上回っていたのにもかかわらず9時過ぎには(9時ちょうどの値は見られませんでしたが)前日比をはるかに上回る値が付いていました。
その日に材料となるニュースは入ってきませんでした。
 
この状況はそもそも私が前述の通り思っていた一般論が間違っているのでしょうか?
もちろん朝の成り行きの買い気配、売り気配数だけで一日の相場の予想がつくとは思っていませんが、売りのほうが4倍以上あるのに株価が上昇する理由が良くわからず投稿しました。

初心者の漠然とした質問で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

8時の時点でどのような関係になっていたとしても、
9時の時点で買い数のほうが多ければ気配は騰がってゆきますよ
あなたと同じように8時の時点で気配値を見た人が「買い時だ」 と思って、多く買い注文を出した可能性もあります


9時過ぎに見たとのことですが、寄り付いた後であれば、買いが多く入ればどんどん騰がってゆきます

Q信用売りの逆日歩の最高限度額

信用売りの逆日歩の最高限度額はどのようにして
計算すればいいですか?

Aベストアンサー

終値 2250円 ⇒ 4円(?)×10 最高40円(?)

については、5円で間違いないです。
ですので5円×10倍で最高額は50円ですね。

権利付最終日の取引の場合にはSkyNetLabさんのNo.3の逆日歩は最低2日分、今年の3月なら4日分かかりますので、1株あたり200円です。という回答のとおりになります。
ただし、権利付最終日の取引以外の日には1日1株あたりの最高逆日歩は50円という考えで結構です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報