これからの季節に親子でハイキング! >>

経常収支+資本収支+外貨準備増減はどうしてゼロになるのでしょうか??
色々調べてみましたが複式簿記の原理上との説明しかないところが多く、もっと詳しく知りたいです。
どなたかご存知の方がいましたらどうか教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず外貨をドル、自国通貨を円とします。


経常収支+資本収支=国内外の金の出入りです。
次に、国に金が入るにはドルを円に変えなければいけません。国から金が出て行くには円をドルに変えなければいけません。
円が欲しいという人は円を売ってくれる人が居なければ円を手に入れられませんし、ドルが欲しい人もドルを売ってくれる人が居なければドルが手に入らないので、両者が丁度吊り合う状況(経常収支+資本収支=+-0)以外になりえないのです。
ですから、もし政府の介入しないのでしたら、常に経常収支+資本収支=+-0となります。

次にどのようにして、丁度0になるように調整されているかというと為替レート(ドルと円の価格)の変動によって調整されています。
経常黒字や資本流入が増えれば円の需要増→円高ドル安になりそれらが抑制され、経常赤字や資本流出が増えればドルの需要増→円安ドル高になりそれらが抑制されるわけです。
コレが変動相場制です。
ちなみに現在の日本は経常黒字と資本流出(海外投資)がセットになっているので、為替が動かないわけです。

しかしここで政府が介入すれば話は別です。
政府が介入してドルを売った分だけ、経常収支+資本収支=マイナスになりますし、ドルを買った分だけ経常収支+資本収支=プラスになります。
ちなみに、国内外の金の出入りを為替レートの変動ではなく、政府の介入だけで解決するのが固定相場制です。したがって、固定相場制の下では経常収支+資本収支=外貨準備増減につながります。
(事実上の固定相場制を敷いている中国の外貨準備が異常なほど急速に増加しているのはこの為です(貿易黒字=外貨準備増という構図))

ですから正確には、『経常収支+資本収支=外貨準備増減』であり『経常収支+資本収支-外貨準備増減=0』だと思うのですが、どうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすいです。
ありがとうございました!!

お礼日時:2007/10/04 04:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経常収支+資本収支=0がわかりません。最近円高、つまり資本収支がプラス

経常収支+資本収支=0がわかりません。最近円高、つまり資本収支がプラスの方向に動いていますが、そうなると上の数式上なぜ経常収支がマイナスになるのかがわかりません。というか感覚的に納得できません。どなたかご回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

> 経常収支+資本収支=0がわかりません。

外貨準備高が変化しなければ、会計上常に成り立ちます。
簡単にいえば、経常収支は貿易からの収支であり、資本収支はお金そのものの収支です。
貿易で輸出した分を、相手国の資本(株式など)でもらう、という場合、輸出した分ともらえる分は、金額は等しくなり、方向は逆になります。したがって、一方がプラスならもう一方はマイナスなので、結局足し合わせるとゼロになります。

> 最近円高、つまり資本収支がプラスの方向に動いていますが、そうなると上の数式上なぜ経常収支がマイナスになるのかがわかりません。

円高になると、100ドルのものを売ったときにもらえる円の量はへります。したがって、輸出額は減りますから、マイナス方向に動きます。


この辺りは感覚的には掴みにくい所ですが、輸出した額と受け取ることができるお金の額、輸入した額と支払うべきお金の額に着目すれば、それほど面倒な話ではありません。


人気Q&Aランキング