『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

1980年においてと言うとき
In 1980

1980年代と言うとき
In the 1980s

といいますが

後者でtheはなぜはいるのでしょうか?

よろしくおねがいします。

A 回答 (3件)

年代にかならずtheがつくと思っているのであれば、それは違います。


それは文脈によります。

年代を語る多くの文章や会話では、その国や地域に特有の話題にふれていることが多いので、80年代といったとき何を指しているかがわかります。そのためtheがついています。
例えば、80年代の日本のバブル経済に触れるようなとき
the bubble of the 80s
のように言います。

しかし普遍的なもの、例えば
I like 80s music. 「私は80年代の音楽が好きだ」
Dance music in 80s  「80年代のダンスミュージック」
のようにもいえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すべては文脈しだいで、
特定(国、地域など)=the
一般(全般、世界全体?)=いらない
ということなのですね。

お礼日時:2007/09/16 16:37

>後者でtheはなぜはいるのでしょうか?



それが特定のものであることを明確に示したいからです。

まず、in 1980ではtheが要らない理由です。
1980という名詞は、たいへん頻繁に用いられるためまた4桁の特徴のある数であるため、固有名詞に近いものであると感じられるので、theを付ける必要が感じられないからです。TokyoやLincolnにtheを付ける必要が感じられないのと似た理由です。

次に、in the 1980sではtheが要る理由です。
1980sという名詞は、1980に比べるとさほど頻繁に用いられずまた末尾にsが付いているので聞き手は「なぜsが付いているのだろう。たくさんある(つまり、複数の)1980って何だろう。」などと思うため、聞き手にとっては、1980程には、固有名詞に近いものだとは感じられません。そのため、話し手は「他にも1980sと言われるものはたくさんあるかもしれないけど、この1980sはそんなもののことじゃないよ。分かってるよね、例の特定の1980sのことだよ。1980年代のことだよ。」と明示しなければなりません。この「例の特定の」という意味を表すためにtheが必要だからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
場合分けされており、すごく分かりやすいです。

お礼日時:2007/09/16 16:38

うまく説明ができるかどうか、、、。



Grahamは固有名詞だから普通’The'はつきませんよね。
でも、グラハム一家となると’The Grahams'と’The' をつけ、名前を複数形にすることが可能になります。そのときは、グラハム家の誰か特定の人ではなく、グラハム家の家族全員をさしています。
そういう時は’The'をつけるのが普通なのです。
1980年というと、1980年だけを指していますよね。でも1980年代だと1980年から1989年の10年間のまとまりを指しています。つまり,”The Grahams'と同じ発想になります。

おわかりいただけましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、1つのもの(人)の固有名詞またはそれに類するものなら
単独(Theを付けない)で用いるが

複数になるときはTheを付け複数にするわけですね。

この場合、
ほかの文ですが、同じような理由で
「Japanese」と「The Japanese」というのを日本人という意味で使っているときは

前者は1人の日本人、後者は複数の日本人と解釈していいのでしょうか?

お礼日時:2007/09/16 10:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語での西暦の読み方について

こんにちは。
1999年を英語で声に出して読むとき、nineteen ninety-nineと、4桁の数字を2桁に区切って読みますが、
2000年はtwo thousand、
2005年はtwo thousand fiveと、4桁で読みますよね?
このように、2桁区切りをするときと4桁読みをするときとで基準のようなものはあるのでしょうか?

具体的に読み方がよくわからない年号を並べてみます。
1801年はeighteen oneですか、それともa thousand eigh hundred oneですか?
1001年はten oneですか、a thousand oneですか?
2010年はtwenty tenですか、two thousand tenですか?
2100年はtwo thousand a hundredですか?
2111年はtwenty-one elevenですか?
650年はsix hundred fiftyでよいでしょうか?

以上、知っている方のご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

しゃべる人によって個人差はあるようですが、
基本的には4桁を2桁に区切って読みます。
また、1801など100の倍数と一桁のとき~hundereds and oneとなることもあります。
1801年はeighteen zero one、またはeighteen hundreds and one
1001年はone thousand and one
2010年はtwenty ten
2100年はtwenty one hundereds
2111年はtwenty-one eleven
650年はsix hundreds and fifty

2000年以降はどうするかという問題は英語圏でも揉めたようで、
基本的には、2009まではtwo thousand nineと、例外で行き
2010から2桁区切りが復活するようです。

Q「~年代」の読み方

例えば1960年代なら「1960s」と書いて、「nineteen sixties」と読みますが、1900年代なら、1900sと書いて、どう読むのが普通でしょうか?又2000年代はどうでしょうか?

Aベストアンサー

1900sと書いた場合2つの意味があります。

1)1900年~1909年まで
2)1901年~2000年まで

1)の場合は、例えば1910s、1920sとか、kounatsuさんが言っておられるように1960sのように10年区切りの呼び方です。

これと混同しないように、1900年代のことは通常20th Centuryを使います。同じように2000年代も、2000sといった場合、2000年~2009年までを指す場合があるので、普通は21st Centuryを使います。

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q年代の表記について。

「○○年代」と英語で表現するには「○○’s」ですか、「○○th」ですか?そして、通常こういった表記は西暦にしか使えないのでしょうか?「昭和○○’s」や「昭和○○th」と言う表現は存在しないのでしょうか?

Aベストアンサー

○○年代は、○○s または○○'s です。

日本にしか存在をしないものを、英語で語ることは
多々あるでしょう。

Showa era 40s, 40s of Showa era(昭和40年代)
47th Year of Showa (era) (昭和47年)

1926 is the first year of Showa.
61st Year of Showa is equivalent to 1986 等

日本の年号(時には歴史)でも説明するとき以外は、滅多に使わないですが、それでも相手が日本通でなければ元号制度の補足が必要でしょう。

Q60' or '60 アポストロフィーの正しい位置は?

英語で、西暦の下二桁のみを表す際の、
アポストロフィーの位置なんですが、、
右、左どちらが正しいのでしょうか?
例えば、1960年の場合、60' '60
検索しても両方でてくるので、、
どちらでもいいのかな?と思ったリもします。

どちらが正しいのでしょう?

Aベストアンサー

英語では原則はアポストロフィーを付けない(出来る限り4桁で書いたり 1978-79, 1978-9 などとします)のですが、'98-Proceedings などと前に付けることがあります。

Qsame with と same as の詳細な違いとは

タイトルのとおりです。
どのような場合にこれらの言葉を使い分ければいいのか、
確信のあるかた、または経験上こういえるのではないか、
といえる方、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも、「~と同じである、~も同然{どうぜん}である」といった訳になるかと思いますが、"same with"は、「行動・態度などについて」いう場合に使われ、"same as"は、それ以外の場合に使うという違いがあります。

Q「これらのことから~と考えました。」を英語でどういえばよいでしょうか。

文章の最後に「これらのことから~と考えました。」と述べたいのですが、「これらのことから」は英語でどのように言えばよいでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

えっと、これは「英語」教科での、作文でしょうか?
もし、そうでしたら次のような書き方がお薦めです。

In conclusion, I think that........ because .........
   ↑      ↑        ↑
(All in all) (my opinion is) (since)
(Indeed)
(In Brief)
(In summary)
(To sum up)
...........

英語のパラグラフでは最後の結論の一文に
the concluding sentence が必要です。
そして、それは conclusion signalが文の最初に必要でです。
このシグナルを使う事によって、読み手は「これが結論」だと
判断出来るわけです。そして結論の理由をbecauseやsinceを
使って繋げてあげると、複文(complex sentence)として
すっきり美しい文になります。カッコ内は置き換え可能な表現。
他にもありますが参考までに。。お好みのものを使ってくださいね。

他の教科(例えば歴史とか科学とか)だと形式が
違うかも知れませんが、私は知りません。。ごめん。

少しでもお役に立てたら幸いです。

えっと、これは「英語」教科での、作文でしょうか?
もし、そうでしたら次のような書き方がお薦めです。

In conclusion, I think that........ because .........
   ↑      ↑        ↑
(All in all) (my opinion is) (since)
(Indeed)
(In Brief)
(In summary)
(To sum up)
...........

英語のパラグラフでは最後の結論の一文に
the concluding sentence が必要です。
そして、それは conclusion signalが文の最初に必要でです。
このシグナルを使う事によって、読み手...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qtoward と towardsの違い。

例えば、彼女に対してという時は、toward herでいいのでしょうか?

どういうときに、towardsを使いますか?

Aベストアンサー

towardはアメリカ英語、towardsはイギリス英語です。

基本的な意味は「~の方へ」「~に対して」という方向を表わします。

She was so kind toward(s) me.「彼女は私に対してとても親切だった」 のように、良い意味でも使えますし、
They took cruel measures toward(s) their colonies. 「彼らは植民地に対してひどい手段をとった」のようなagainst的な使い方もできます。

Go toward(s) the door.
であれば、「ドアの方へ行け」です。

the first step toward(s) world peace だと、「世界平和への第一歩」です。


人気Q&Aランキング