【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

かぼちゃの語源はカンボジアだそうですが
何度かカンボジアを旅行した事があるにも関わらず
一度もカンボジアでかぼちゃ料理を食べた事がありません。
カンボジアにかぼちゃ料理は存在するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

市場にかぼちゃはたくさん売っています。

オレンジ色のしらっちゃけたような色で、でこぼこで、巨大なのが多いです。

料理ですが、たぶんあるんですけどおかずではまだ食べたことがありません。よく見るのが、デザートの分野に入るかぼちゃプリンです。かぼちゃの中心(種のとこ)をくりぬいた皮と実の中にプリンの部分が詰まっていて、切り分けた様子は一見期待しますが、実際は日本人の女性が想像したお味とは違ってしまうようです。デザートというより、おかずのひとつのような味にかんじました。ほとんど甘くないですし。

西洋人や日本人が食べることを前提とした、わざわざアレンジしてあるお店のは、おいしいです。ああ、プリンを食べた、と思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはりあるんですね。

それはどういったお店で食べれるのでしょうか?
英語で「パンプキン・プディン」で通じますか?
クメール語でなんと言うのでしょうか?

お礼日時:2007/09/18 22:10

こんにちは。

#2です。遅くなりましてすみません。
クメール語では、 ラパウ ソンクチャー  というらしいです。
私は数回食べましたが、カンボジア人に頂いたのと(おそらく道で売ってるもの)、ホテルのブッフェでカンボジア風デザートコーナーに並んでいたものです。

ホテルのものの方が、若干びちゃびちゃした水っぽい感じがなかったですが、基本的には似たようなものでした。意外と甘くなく、ぼやけたようなあじ・・・。ヘルシーといえばヘルシーかもしれないです。
かぼちゃの種類が、日本風に煮物にしたとしても、ほくほくしたあの、くりかぼちゃの感じは出せない、水っぽいやつなのだろうと確信してますが。ホテルはプノンペンのプノンペンホテル、シェムリアプのアプサラ・アンコールなどです。

で、肝心な美味しかったものですが、デザインは前記したものとは違い、洋菓子のプディング風になっていて、やはり ラパウソンクチャーとは言わないのだろうと思われます。あの、くり抜いた中にプデイングが入ってる状態を差しての名前だったら、違いますしね・・。
食べたのはどこかホテルの、ブッフェではない、コーヒーラウンジみたいなところでの注文です。きっと英語のメニューを見たんだろうと思います。

ローカルなデザートと、西洋風なものと、わけて考えて食べようとしないと、ウチにはないですよ、という感じなのかも・・・と思いました。すみません、#2の話が下手で私がいっしょにしてしまいましたので・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
必ず探し出して食べてみます。

お礼日時:2007/09/24 23:39

ありま酢よ~♪


カボチャの元は、中南米からきたもので酢

カンボジアのカボチャはごつい大きいぞ~♪

私は、海外旅行は、32ヶ国に行きました。
タイには、20回以上は行っています。
カンボジアにはたしか三回は行っていま酢(●^o^●)
いろんな経験をしているからこそ分かるのですよ♪

この回答への補足

なんかおもしろい人ですねぇ~。

そうやってだれかれ構わず同じ文章をコピペしてるんですね。
もうやめれば?

補足日時:2007/09/21 23:15
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング