『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

20年くらい前の大阪の番組で‘プラスα‘と言う、TV番組があったらしいのですが、稲川淳二さんが出演した時、実際に心霊現象が起こり、生放送が大変な事態になったらしいのですが詳しい事をご存知の方、教えて下さい。また、当時の映像を見る方法があれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以前に、似た質問とこのような回答がありましたよ。


よろしければ、ご覧になってみてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1484279.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q稲川淳二の「生き人形」って本当に実話なんですか?

稲川淳二の怖い話の中に、生き人形というのがあります。
真偽を訪ねる前に、簡単に言われている内容を言います。

20年以上も前に、TVの生放送中に、幽霊が映った話らしいのです。たしか「プラスα」という番組らしいのですが、稲川淳二と霊能力者とその他の方が出演されてた番組で、おそらく霊に関する番組だったんだと思います。そこで、まず番組の段取りとして予定外なのですが、霊能力者の人が、「男の子の霊がいます」と言い出します。そこからパニックが起こります。スタジオの観客席の上にある照明のクサリか何かが、突然ガシャーンと音を立てて揺れ始めます。誰もそんな部分を揺らすなどしてるはずはないのに・・・。その時点で、観客はパニックです。その上、生放送を見ていた視聴者からは、スタジオにいるはずの無い霊が見えると電話が殺到し、実際スタッフが確認してみると、カメラにモニターに男の子の霊が映っているのです。そして、原因不明のガシャーンなどという音が鳴り続き、番組のスタジオはTV関係者も含めてパニック状態だったそうです。

以上のような内容です。今でもその当時のビデオはタブーとされているらしいです。21歳の自分には勿論その頃まだ生まれているかどうかも分からないぐらい前という事です。なので、この話が本当ならば、おそらく見ていた可能性があるのは30代ぐらいの方になるかと思います。心霊系の掲示板などでは、「リアルタイムで見てた」という書き込みがありますが、ああいうサイトでは、脅かそうと思って書いてる可能性もあるので、あえてここで本当の事を聞きたいんです。ここでは怖がらせようとかそういうの無しで、あくまで「本当にこの番組を確かに見た」という人にお聞きしたいのです。この番組、そしてこの話は本当にあったんでしょうか?別に嘘だったからといってがっかりするものでもないので真実が知りたいです。是非教えてください。

稲川淳二の怖い話の中に、生き人形というのがあります。
真偽を訪ねる前に、簡単に言われている内容を言います。

20年以上も前に、TVの生放送中に、幽霊が映った話らしいのです。たしか「プラスα」という番組らしいのですが、稲川淳二と霊能力者とその他の方が出演されてた番組で、おそらく霊に関する番組だったんだと思います。そこで、まず番組の段取りとして予定外なのですが、霊能力者の人が、「男の子の霊がいます」と言い出します。そこからパニックが起こります。スタジオの観客席の上にある照明のク...続きを読む

Aベストアンサー

見てました『プラスα』。

関西ローカルの午後2時からの番組です。
当時小学生で、怖い話を半分聞き流しながらテレビを
見ていたんですが、
突然スタジオの観客のおばちゃん達がパニック状態に
なって、
カメラが天井で揺れているライト(スタジオのでっかいやつ)を映し、
視聴者からは「あの人形のそばの子どもは誰!?」って
ガンガン電話がかかったそうです。
(これはテレビで言ってた、私には子どもの姿は見えませんでした)
…今のは何だったんだ?とか思っていて。

数年後。あの時の話でセンターに座っていたのが
稲川淳二と知ったのは。

♯1さんの『生き人形』をコミック化した
漫画家の永久保さんは、
書いてる最中にいろいろあったようですね。
後日談が収録されているのを読みました。
まさか、こんなに怖い話になるとは…(^^;)

Q四国の怪奇現象が起きる家。その後をご存じの方、お教え下さい。

何年か前えに、怪奇現象を題材にしたテレビのスペシャル番組で、「四国の燃える家」というようなタイトルのドキュメンタリーが放映されました。
有名な女性祈祷師が除霊にいくと言う流れで、完結せずに終わりました。(次回があるような終わり方)
ずっと気になって、続きを待っているのですが、放映されません。
ひょっとして放映されたのかも知れません。
どなたかその後、その家がどうなったか教えていただきたいのですが・・・・
「ヤラセ」と言われればそれまでですが、「ヤラセ」として扱うにはかなり強力な話しでした。
一応、放送内容を下記に記載しますが、霊能力者の名前はわかりません。(よくこの類の番組で出演される祈祷師です。)
私の記憶を元に話しますが、期間が経っていますので、細かい部分で多少間違っているかも知れませんのでご了承下さい。
--------------------------------------------------
四国のある村の大きな古家に核家族(おばあさん・長男とその家族・近くには親戚多数)が住んでいます。
その家(本家)は、昔から怪奇現象が起き、住んでいる家族を苦しめています。
先祖代々の土地・家屋なのか、安易に手放すことができない事情があるようです。
ひとつの怪奇現象は「発火」です。
火のない所に突然「発火」するのです。
燃えた部分(コタツ)を番組で科学的に検証していましたが、人為的やショートなどの電気的な原因による「発火」ではないとの結論でした。
いきなり考えられないような高温で自然発火したようなものだと言うことでした。
また、もうひとつの現象は、「勝手に文字が刻まれる」というものです。
一夜のうちに、階段の上や、簡単に人の手の届かない箇所の板張の壁に1行の文章や単語が彫られるのです。
これも番組で検証していましたが、筆跡がどの家族の者でもなく一風変わったクセがあるとの結果でした。
そこへ、有名な祈祷師が参上するのですが、最初はその先生(祈祷師)は他の用事で多忙であり、その弟子(男性)が現地に赴きます。
ところが現地の検証を終えると、その弟子は「私には手が負えない」と言うのです。
そこで話は一旦区切りがつきます。
数ヶ月後、ようやく弟子達を引き連れて先生(祈祷師)がやって来ます。
いつものように単純に結論が出せないのか、かなり苦悩されていました。
そこで、弟子数名と祈祷を行うのですが、その最中先生が「あなたに力があるのなら、前に2本ある蝋燭のうち、左の1本の蝋燭の炎をさらに燃えさせて見ろ!」と言います。
カメラはカットなしにじっと2本の蝋燭をとらえています。
炎の動きから全く風がないのがわかります。しばらくすると、左の蝋燭がいきなりボッ!と燃え上がったのです。
しして、天井から「ドタドタドタ・・・・」と走る足跡が聞こえたのです。
立ち会った家族や身内のみんなも、一斉に天井を見上げ、音の過ぎ去る方向の頭を動かしました。
そこで番組のナレーターが言うのです。「祈祷している場所には2階はなく、屋根裏には人が立ち入る隙間もない・・・」
その日の夜、祈祷師達が帰った後、家に手紙が届きます。
届くと言っても、ポストに配達されたのではありません。
朝主人が仏壇の間に行くと、くしゃくしゃに丸めた紙片が畳の上に落ちていたのです。
紙片を広げると、文章が書き殴られていました。
その手紙が主人から番組に送られて来ました。
壁に浮き出た字と同じ筆跡で、「よくもあの女を呼んだな!お前らは皆殺しにしてやる」と書かれていたのです。
祈祷師は「またあの家に行かねばなりませんね。」と言って終わります。

何年か前えに、怪奇現象を題材にしたテレビのスペシャル番組で、「四国の燃える家」というようなタイトルのドキュメンタリーが放映されました。
有名な女性祈祷師が除霊にいくと言う流れで、完結せずに終わりました。(次回があるような終わり方)
ずっと気になって、続きを待っているのですが、放映されません。
ひょっとして放映されたのかも知れません。
どなたかその後、その家がどうなったか教えていただきたいのですが・・・・
「ヤラセ」と言われればそれまでですが、「ヤラセ」として扱うにはかなり...続きを読む

Aベストアンサー

何年か前ならば、その放映を調べてTV局の公式HPに問合
せ等されたらどうでしょうか?その件の所、週刊誌には
載った事がないのでしょうか?
それから、TV放映ってあんまり怖い映像が撮れていたら
放映しないそうですよ。今迄、売れてないタレントを起用
して有名ホラー・スポットに行かせて番組を作ったけど
そのタレントが憑かれて死んだ事件、少なくとも2ツあっ
たと。
あとでプロデューサーが変わったらその方面の番組の放映
がなくなってしまったという事情もあったかも。たけしの
【アンビリーバブル】がその例だと、TVをよく見る人が言
ってました。(プロデューサーが心霊番組キライなんだと)


人気Q&Aランキング