先日まで急性肝炎で、入院しておりました。
今後この病気で、生命保険の加入に問題は在るでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

可能性としてのお話しですが、完治しているのであれば主治医に「完治証明」を一筆書いてもらってはいかがでしょうか?


完治証明してもらえるのであれば、加入できる可能性は高まります。

まずは営業の方に相談してみては?
    • good
    • 0

私の経験上から言うと5年間はまず無理だと思います。


またそれは完治して治療を受けなくなってから5年です。

それまでは通常の生命保険には加入できませんのでご注意下さい。

ただし入院を除く死亡補償を希望するのであれば「弱体者保険」というものもありますので参考にしてみてください。

参考URL:http://www.alico.co.jp/syohin/hokken.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2001/01/30 21:44

新規に加入となると、生命保険会社では、既往症の告知の段階で不可になる可能性があります。

ただし、条件付きで、加入できることもあるかと思いますので、営業担当者に相談されてはどうでしょう。
また最近では、損害保険会社でも生命保険と同等の商品を発売しているようですので、こちらの方が有利かと思います。
新聞広告にも載っていますので、参考にされては如何ですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/30 21:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qがん保険、半年前に急性肝炎(入院なし)加入可?

がん保険の加入を考えているのですが、半年前に急性肝炎にかかっており、加入できるか心配です。

詳しい経緯を以下に記載しましたが、拒否の可能性や告知書の書き方などが伺えればと質問させて頂きました。

【経緯】
約半年前に、発熱が1週間ほど続いた為、個人内科を受診。
血液検査の結果異性リンパの値が基準値を超えており、肝炎(おそらくEBウィルス性だろうと)の可能性があると言われました。ただし解熱剤等で症状を押さえつつ数日安静にしていれば治るだろうとのこと。
デスクワークなら出勤も可とのことでした。
数日後、再度血液検査の結果EBウィルスでは無かったようなのですが、異性リンパの値は正常値に近づいており、発熱も落ち着いていたことから自然治癒ということでその後は特に症状がなければ再診の必要はないとの結果。
それ以後は、発熱が続くこともなく半年ほどたちました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

ご質問の件は、告知の質問内容によります。
がん保険でも、会社によって、がん保険によって
告知の質問が異なるので、契約できる・できないを
断定的に述べることはできません。

一般的には、急性のウィルス性肝炎で、通院のみで完治した
場合には、問題になりません。
(告知の質問がないので、答える必要がない)
完治とは、その後のフォローも不要という意味です。

Q保険加入時に、検診で<病気の疑い>が出ている場合、入院保険は支払われるのでしょう

保険に詳しい方がいらっしゃたら、教えて頂けるととても助かります。
最近、女性のための保険 、というもの(主に婦人病の入院などをカバーする)を知り、加入しようと考えていたのですが、その矢先、婦人科の検診で、<腫瘍疑い>、と出てしまいました。
まだ疑い、で決定ではないのですが、この場合、もしも加入をしたとしても、入院保険は出ないのでしょうか?あるいは、加入自体が出来ないのでしょうか?
無知で申し訳ないのですが、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
<腫瘍疑い>と出てしまったのですね。
この状態での保険加入はchocorocoさんにとってかなり不利な結果となります。
担当者さんやコールセンターに確認してみてください。
健康状態に不明瞭なところがありますと保険会社の判断では加入をお断りする例も多々あります。
その腫瘍が良性か否かの結果後、保険申し込みなさるよう、どちらの保険会社でもアドバイスされると思います。

Q【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってま

【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか?

もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか?

生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

Aベストアンサー

ほとんどの保険会社が、免責期間を3年、、と決めています。

自殺する場合は、3年は踏みとどまりましょう。

それ以前に死ぬと無駄死になります。

ただ、病気とかで、生きていくのが嫌になったりした場合の自殺は

3年以内でも、支払われる「場合」もありますが、、、。

Q夫の生命保険保険等加入について(現在未加入、長文です)

結婚を機に今まで任意保険にまったく未加入だった
夫に保険に入ってもらおうかと考えましたが、現在
資産が5000万以上あるため、何かあったらこれで大
丈夫だろうといわれました。
ただ、このほとんどが株等なのと、現在持ち家がない事、
子供はいなく今後その予定がないので相続等を考えると
不安があります。

また、自分がパート勤めなので、夫が病気で働けな
くなったりしたときなど備え(入院や手術等は貯金で
十分カバーできるので健康保険の障害年金のような保険)
で、保険料が高額でなければ加入しても良いかなと夫は
言います。

一般的に考えてこれは何も保険に入らなくてもよい
状況なのでしょうか。また、もし入るとしたらどの
ような保険が適切でしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、死亡保障保険には絶対に加入しなければならない必然性は低いと思います。けれども、保険というのは「安心」を得る心情的なものでもあるので、あったほうがより望ましいは間違いありません。
有価証券は将来価値が不明なので、いざという時の生活保障としては確実性が欠けていますし、持ち家の維持には別途お金が必要なのも事実です。ローンを組んだ場合では死亡時にはローン残債が免除されるローン保険に加入するものなので(団信と呼ばれる)保険自体は必要ないですが、一括で払ったりするのであればその分、生活保障原資としての資産は減少します。

相続については子供のあるなしに関係なく妻の場合、1億6000万までの夫の相続資産は非課税なので心配はないでしょうが、現状のような状況で保険を用意するとなれば、終身保険が良いと思われます。
掛け金は掛け捨て保険に比べて高いですが、これは将来の貯蓄的なものとして考えれば良いでしょう。介護に応用も可能です。
もし可能であれば、ガンなど高額な医療がかかる可能性があり資産を食い潰してしまいかねない病気に対する備えにもなる「特定疾病保障」型の終身保険のほうがより適合しているかと思います。
特定疾病保障(3大成人病保険)については各社とも扱っています。特約としての取り扱いや定期保険型しかなかったりと色々ですが、単品販売は外資系、損保系、通販系などで扱っています。商品については以下のURを参照して下さい。割高ではありますが、それだけの価値はあります。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/kazunasemi/insu/type/19.html
安いものなら加入してもよい、とご主人さんが言ってくれたのなら、損保の所得保障保険なども良いでしょう。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9620.htm
ご参考までに。

まず、死亡保障保険には絶対に加入しなければならない必然性は低いと思います。けれども、保険というのは「安心」を得る心情的なものでもあるので、あったほうがより望ましいは間違いありません。
有価証券は将来価値が不明なので、いざという時の生活保障としては確実性が欠けていますし、持ち家の維持には別途お金が必要なのも事実です。ローンを組んだ場合では死亡時にはローン残債が免除されるローン保険に加入するものなので(団信と呼ばれる)保険自体は必要ないですが、一括で払ったりするのであればその...続きを読む

Q息子が保険に加入 しました。 彼女は保険外交員です、、 日本生命にて勤務してます。 加入の際に、彼女

息子が保険に加入
しました。
彼女は保険外交員です、、
日本生命にて勤務してます。
加入の際に、彼女の職域である
???自動車に、、勝手に変更
どの様な罪になりますか?
彼女は、、
心配です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

息子さんが了解済みなら問題ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報