忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

いつも親切なご回答いただきありがとうございます。

義父が今年の5月に単車で事故に遭い、【胸骨骨折】【肺挫傷】他、肋骨等も骨折し入院・手術しました。7月末に退院し、今は毎日リハビリに通っています。

現状胸骨は針金で留めてあり(?)それがものすごく痛むので、10月にはその針金を抜く手術をする予定です。胸の部分をみると、ボコっと突き出た感じになっております。

この状態だと後遺障害が認められるのでしょうか・・?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

裸になった時に胸骨の奇形が明らかに分る程度のものは12級に該当します。


躊躇わずに申請して下さい。
    • good
    • 0

必ず、後遺障害診断書を発行してもらいなさい。

    • good
    • 0

書き忘れましたが


鎖骨、肋骨、肩甲骨も下記の裸になった時に奇形が明らかに分る程度のものは認定されます。
2箇所であれば併合され11級です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慰謝料は通院回数以外認められないのか

交通事故の慰謝料について質問です。

6/1~7/14まで約1月半の間が治療期間ですが、
実質病院には7回。

保険会社から提示されたのは
5200×7×2=72800

確かに病院には7回、これは平日は通えず土曜日だけで
日曜日は病院が休みのためですが、ここで質問です。

(1)1ヶ月半首が痛い状況は続いていたわけですが、それでも
通院回数でしか認められないのでしょうか。
7日毎日通って完治したのと1月半も痛い思いしたものが同じ
評価というのが納得できないので何がしかの根拠が欲しいのです。

(2)5200円という基準額は妥当なものでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通るか通らないか、等級によりますが、「日弁連基準」これで知るだけで金額が変わります。
勿論全て日弁連基準で計算して請求です!
保険会社の意味不明な自社基準に従う理由は、どこにもありません。
むちうちの一番下の14級でも日弁連基準なら慰謝料や逸失利益含めて数百万、12級なら一千万近くになります。
後遺症認定には、医師が必要ですから医師と良好な関係を築き必ず整形外科に通院です。
整骨院だと医師でないので後遺症認定の書類が書けないのです。


私は、10、0のオカマ事故被害者で「バックミラー見てなくて怪我したのが悪い」ってニュアンスの言い方するような保険会社を相手にもう話し合う気すらないので弁護士に依頼して訴訟して闘います。
後遺症残った場合など全て日弁連基準で取れるなら仮に借金しても着手金払う価値ありますから(弁護士特約付いてるなら使えますが私付け忘れてた…、これを期に特約付けました)。
ついでに忘れがちなのが生命保険、交通事故通院で出るか確認して忘れずにきっちり請求しましょう。

知ってる弁護士が有り難い事に相談料金無料にしてくれ、「等級決まったら正式依頼で着手金だけ先に払ってね、取れるだけ取りますよー、成功報酬は貰うけど(笑)」と言ってくれてますから、面倒くさい紛争センターより私は、こちらを選びます。

必ず慰謝料は、日弁連基準請求で!これが基本です。
「裁判にならないと日弁連基準適応されない」なんて保険会社の大嘘信じたらダメですよ。

頑張って下さいね。
お大事に。

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通る...続きを読む

Q交通事故でのリハビリ期間と症状固定時期について

交通事故をもらい、全身打撲と足などを骨折しました。

医療費など全額相手方の任意保険会社負担となっております。入院し退院したあとは、ほぼ毎日通院(リハビリと、痛み止めの飲み薬を処方)し、事故から約180日たった頃に、突然、医師からリハビリ終了と症状固定の話をされました。

医療保険では、国によって150日ないしは180日などリハビリの期限があることはいろいろ調べて判ったのですが、自賠責や任意保険でもリハビリ期限や治療期間が決められているのでしょうか?

私としては、まだ足の痛みがあり杖歩行をしていますが、長い目でみると少しづつ回復してきており、治療をあきらめたくありません。ゆくゆくは大好きなランニングも出来ると信じていますので、リハビリ終了と症状固定の話が出たときは絶望感に駆られました。整形外科の他にも事故原因で整形外科以外の医療機関に通っていますが、そちらの主治医からは何も言われてません。

ちなみに、相手保険会社には何年かかっても一方的に示談を迫らないことを強く確認しているので、
保険会社から主治医への働きかけはないと思います。
いろいろネットや相談機関に電話して調べたのですが、なかなかわかりませんでした。

もう一度、主治医とお話する機会を設けようとは思っていますが、そのまえに国の制度ともし何か助言が得られればと思い質問させていただきました。どうぞ宜しくお願い致します。

交通事故をもらい、全身打撲と足などを骨折しました。

医療費など全額相手方の任意保険会社負担となっております。入院し退院したあとは、ほぼ毎日通院(リハビリと、痛み止めの飲み薬を処方)し、事故から約180日たった頃に、突然、医師からリハビリ終了と症状固定の話をされました。

医療保険では、国によって150日ないしは180日などリハビリの期限があることはいろいろ調べて判ったのですが、自賠責や任意保険でもリハビリ期限や治療期間が決められているのでしょうか?

私としては、まだ足の痛みが...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です。補足ありがとうございます。中心になって診ている整形外科の医師から症状固定の話が出ているなら、そろそろ症状固定を行うべき状態なのかもしれません。症状固定は、症状が完全に治りましたという意味ではなく、症状があまり変わらなくなったときに行います。そのような状態になりつつあると担当の先生が判断されているということなのだと思います。

ただ、毎日通院していた状態から急に通院がゼロになるのは、患者さん側からすると不安だと思います。通院の頻度を少しずつ減らしつつ、自宅で自分でできるようなリハビリや運動を習っていくように提案するのもよいかもしれません。担当の先生と相談しましょう。

ネットなどで、症状が残っていることを保険会社に対して強く主張して打ち切られないように戦っていきましょうという意見をよく見かけますが、私はその意見には賛同できません。

以下は私見ですが、事故の相手や保険会社と強く戦うことは症状の改善についてはいい影響を与えないと思っています。

症状が残っている -> 症状固定されずに受診を続けたい -> 症状がまだあることを相手に伝えなければならない -> 症状を強く意識する -> 症状が残っている -> ・・・・

という悪循環に陥ってしまっている患者さんを時々見かけます。担当の先生と相談しながら、どのようなペースで病院から巣立っていくかを少しずつ考えていきましょう。

あと、PTSDについてですが、私にはPTSDを伴った交通事故の患者さんを治療した経験がないので、はっきりしたことは言えません。PTSDの治療を任意保険で続けられるかについては心療内科の医師に相談すべきだと思います。お大事にして下さい。

No.3です。補足ありがとうございます。中心になって診ている整形外科の医師から症状固定の話が出ているなら、そろそろ症状固定を行うべき状態なのかもしれません。症状固定は、症状が完全に治りましたという意味ではなく、症状があまり変わらなくなったときに行います。そのような状態になりつつあると担当の先生が判断されているということなのだと思います。

ただ、毎日通院していた状態から急に通院がゼロになるのは、患者さん側からすると不安だと思います。通院の頻度を少しずつ減らしつつ、自宅で自分でで...続きを読む

Q交通事故の慰謝料の計算方法

5月1日に交通事故に肋骨3本骨折しました。通院についてですが、肋骨の場合、完治までに3~4日しか通院しないと思うのですが、慰謝料の計算方法から行くと、治療期間にではなく実際通院した日数×4200円×2となり、余りにも少ないと思うのですが。どなたかこのようなケースの事例を御存知ならば教えて下さい。

Aベストアンサー

この場合、自賠責基準の計算なら「実通院日数×4200×2」です。

もっと慰謝料が欲しいなら通院日数を増やす事ですが、医師は、どれくらい通院やリハビリに通いなさいって言ってますか?
必ず「医師の指示通り」に通院して下さい。
でないと、保険会社が色々言ってきますよ。

後は、保険会社の使う自賠責基準でなく、弁護士が使う地裁基準で計算し請求する事です。
当然に保険会社は、認めませんから弁護士に頼む事になります。
弁護士特約あるなら使えますが無ければ着手金と成功報酬は、自腹です。
そして示談が長引きます。

まぁ、弁護士なら請求出来る物は、全てきちんと計算して請求してくれますよ。
後は、無料の紛争センターもありますよ、地裁基準の80パーセント程度になる事が多いそうです。


人気Q&Aランキング