絶対音感があるとか、ないとかいいますよね。

この能力って幼児期にしか身につかないものなんですか?

勿論、僕にはなさそうです。

ですので、絶対音感がある人がどのようにしてそれを身につけたのか、
やはり興味があります。

よろしくお願いしますね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中11~18件)

ある楽曲を聴いて、それが音楽に聞こえれば、広い意味で相対音感が


あると言っていいのだと思います。ドレミ(移調ド)の音名を割り当てて
歌えるならば、まさに確実です。その音楽の調性がCなのかEなのか、
といったことが問題になる人は少ないんじゃないでしょうか?
あるピッチの音を聞いたときに、それがA(440 KHz) であるなどという
能力をもって、音楽に必要な絶対音感を持っていると讃えてしまうのは
あやしい気がします。同じAでも歴史的に徐々に高くなってきたのですし。
いわゆる絶対音感のある音楽家が、例えば半音ずつ低く調弦された楽器や
楽曲を聴いて苦しむという事実もありません。音楽に必要なのは
相対音感だからです。
    • good
    • 0

絶対音感は、本来生まれつきのものです。


clownさんの、身につける、という意味からですと、相対音感の方だと思います。
これは大人になっても身に付きます。
でも、幼児期に身に付いた音感は確かに三つ子の魂百までですが、大人は常に磨きをかけるよう意識しないと、日常から消えていってしまうようです。
ただ、しばらく音楽から遠ざかっていた私ですが、長女がやりだしてから、また勘が戻ってきました。
私の場合は、ピアノをやってたのに音感が無く、10代の頃に自分で相対音感を身につけたんです。
ですが、子供の音の取り方とか、凄いですよね、横で見てて感心します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

相対音感、がんばってチャレンジしてみます♪
(すっごく、大変そうですが・・・)

少し芸術的な能力を磨きたいなって思っていますので。
(この場合は時間芸術の範疇でしょうか?)

でも、大丈夫かな~ (^^;)


しかし、確かに
子供には時々凄い能力を見せ付けられますね。

僕の場合はTVゲームとかで、ですが。

erimegさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/12 19:17

以前、テレビでやっていたので参考までに。


絶対音感とは、楽器で奏でられた音だけでなく、グラスをたたいた音、車のエンジン音等の音ですら音階として認識できる能力の事らしいです。
そして、絶対音感は子供のころ、7歳までに音楽教育を徹底することにより誰にでも身につくものであると言っていました。
 ちなみに、私は4歳からピアノを習っていましたが、14年後の今絶対音感はありません。個人差はあると思いますが、レッスン程度ピアノを習うだけでは身につかないようです。ヤマハなど、有名なところではその辺り徹底的にやるようですが。
    • good
    • 0

ノンフィクションで


最相葉月著「絶対音感」
という本があります。

日本の絶対音感教育の歴史とか、絶対音感を持つ人へのインタビューなど、絶対音感のすべてがわかると言ってもいい本です。

読み物としても面白いですよ。

書評のページ
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~kamimura/absolute.htm

書評(本の装丁の写真あり)
http://hiwa003.s.kanazawa-u.ac.jp/~takasu/hon1/9 …

絶対音感の掲示板なんてのもあります
http://www6.big.or.jp/~sofy/cgi/tnote/tnote.cgi? …

絶対音感のメーリングリストもあります(笑)
http://www.freeml.com/regist.cgi?ml=onkan
    • good
    • 1

以前、質問から議論になったことがありますので参考にしてください↓



「絶対音感」というのはある1つの能力を指す言葉ではなくてごく曖昧
なものだと私は思います。

平均律の音階を当てられるだけの音感は万能ではありません。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=25822
    • good
    • 0

絶対音感というのは、音をラベリングする、という意味で用いられる場合が多いので、それを前提に回答させていただきます。


私は絶対音感があります。なぜ身に付いたか?といいますと、なぜだろう?と考えちゃいます。特別、英才教育を受けた覚えはありません。ただ、幼いころからピアノは習っていました。しかしピアノを弾くことだけで、絶対音感の教育は全くしていません。ピアノを習っているうちに身に付いたのでしょう。
絶対音感ははっきり解明されてはいないはずです。先天的な遺伝、というのが大きいらしいですけど、後天的な教育によって、身につけることができる、ということもあります。私の友達は中学校で管楽器を習っているうちに、絶対音感を身につけた人がいます。(特異な例なのかもしれません)
ちなみに日本人には絶対音感がある人が多いそうです。教育が行き渡っている証拠ともいえるかもしれませんね。
それと、音楽家にとって必要なのは「絶対音感」よりも「相対音感」である、といいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり必ずしも『何か特別な教育を受けないと身につかない』と
いうものではないようですね。

しかし、中学生時代に見につけた方がいらっしゃるのですか。
なんか、励みになるような・・・。

あと、音楽家にとって必要なのが
絶対音感よりも相対音感だというのは知りませんでした。

もう少し、その辺りも勉強しないと・・・

ti-koroさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/12 19:09

絶対音感とは言語中枢で音階を処理してしまう能力といわれ


ています。そこから類推すると、大人になってからのバイリ
ンガルに困難を伴うのと同じような事がありそうだなと思い
ます。時々テレビで見掛ける音感の英才教育ってそういえば
子供の英会話教室に似ているようにも見えますね。

marimo
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、言われてみると言語の習得に近いものを感じます。

絶対音感って具体的には
『言語中枢で音階を処理してしまう能力』なんですか。

のうみその事もそんなに知らないのですが、覚えておきますー。

marimo_cxさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/04 18:01

私は音楽の勉強をしている友達に絶対音感があると言われましたが、


あんまり自覚はありません。
どのようにして身につけたのかも、よくわからないのですが、
まだお腹にいる時に母親がよく音楽を聴いていたそうです。
もちろん生まれてからも。
特に音楽教育を受けたこともないので、
考えられるのはこんなことなんですが・・・。
ちなみに私の兄弟全員あるそうです。
答えになっていないかも・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

兄弟全員ってすごいですね!

やっぱり、育った環境によるのでしょうかね。

特に音楽能力を伸ばす為の訓練を受けた事がないというのは
意外なお話でした。

sugamoさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/04 17:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一音会、江口メソードの絶対音感プログラムについて

3歳の娘がピアノと絶対音感のトレーニングをはじめて半年になります。
始めるにあたり、江口寿子さんの「新・絶対音感プログラム」やピアノレッスンを変えるシリーズを数冊読み、非常に共感し、江口メソードで習うことを決めました。
一音会に通いたかったのですが距離的に難しく、江口メソードで教えている先生を探しに探して、現在電車で1時間かけて通っています。

毎日絶対音感のトレーニングの旗のお稽古をしていて、現在6本目です。
楽譜はピアノだいすきから始め、「どれみふぁどんぐり」を終えて「おんぷの学校(4)」に入りました。

始めた当初は楽しんでいた娘ですが、最近、ハタのお稽古で間違いが増えて嫌がるようになってしまいました。
またピアノの練習も、「かたまり読み」という独特の方法なのですが、ドミソ、ファラド、ソシレとそれぞれひとつずつの曲は弾けたのですが、混ざるとわからないようで、やりたくないと言い出しました。

周りに一音会に通っている方や、絶対音感プログラムでトレーニングされている方がおらず、本当にこのままでよいのか不安になってきました。
近所にたくさんピアノ教室があるのに、どうして1時間もかけて通っているの?と不思議がられますし、往復の送迎が負担でもあります。

絶対音感は身につくのか、独特の楽譜の読み方などは本当に役立つのか、このまま頑張って通ってよいものか、悩んでおります。

一音会に通ったご経験のある方、江口メソードでピアノを習ったことのある方、絶対音感の旗のお稽古に取り組んだ経験のある方など、ぜひ感想をお聞きしたいと思い、質問させて頂きました。
どうぞよろしくお願いします。

3歳の娘がピアノと絶対音感のトレーニングをはじめて半年になります。
始めるにあたり、江口寿子さんの「新・絶対音感プログラム」やピアノレッスンを変えるシリーズを数冊読み、非常に共感し、江口メソードで習うことを決めました。
一音会に通いたかったのですが距離的に難しく、江口メソードで教えている先生を探しに探して、現在電車で1時間かけて通っています。

毎日絶対音感のトレーニングの旗のお稽古をしていて、現在6本目です。
楽譜はピアノだいすきから始め、「どれみふぁどんぐり」を終えて「おん...続きを読む

Aベストアンサー

娘が一音会に通って4年になります。1時間以上かけて毎週通っております。

ハタは1年で全部揃い、その後白鍵の絶対音感は付き、現在は黒鍵の単音分化をしています。
ハタが揃うまでの1年間は本当に親子共に苦労しました。
「こんなに苦しい思いをしてまで絶対音感は必要なのか」とか、お決まりの思考にも陥りましたし(笑)。

しかし、今はやっていて本当によかったと思っています。

ピアノの方も順調に進んでいて、幼稚園の間に「ぴあのの学校」が終わりそうで、ブルグミュラーなんかも併用しています。

かたまり読みに関しては娘にはとてもよかったみたいで、現在譜読みも一人で出来、架線の音符なんかもすぐに読めます。
かたまり読みカードはお持ちですか?
フラッシュカードみたいなものですが、いつも持ち歩き、外食する時の料理が運ばれてくる間の時間とかに遊び感覚でやっていました。

絶対音感がついている生徒さんの演奏とかを聴くと、本当にすばらしく、また、そういった生徒さんがごろごろいるので、私はやっぱりピアノの上手な条件として「耳」が大きく関係していると思っています。
江口メソードもすばらしいと思いますし、私は時間をかけて通う価値が十分あるお教室だと思っております。

娘が一音会に通って4年になります。1時間以上かけて毎週通っております。

ハタは1年で全部揃い、その後白鍵の絶対音感は付き、現在は黒鍵の単音分化をしています。
ハタが揃うまでの1年間は本当に親子共に苦労しました。
「こんなに苦しい思いをしてまで絶対音感は必要なのか」とか、お決まりの思考にも陥りましたし(笑)。

しかし、今はやっていて本当によかったと思っています。

ピアノの方も順調に進んでいて、幼稚園の間に「ぴあのの学校」が終わりそうで、ブルグミュラーなんかも併用しています。

かた...続きを読む

Q電子ピアノを買ったのですが、だめだったんでしょうか。

6歳の娘がヤマハ音楽教室に通っている時、電子ピアノのクラビノーバCLP-120を買いました。(今年の4月)8月に入って個人で教えている先生のピアノ教室に変わったんですが、その先生から電子ピアノで練習している子とピアノで練習している子では差がで出てくるから折角買うならピアノにすればよかったね~と言われました。

私はピアノに全く無知で、クラビノーバを買うときは、続くかどうかわからないし、もし続けばその時ピアノを買えばいいや。位の軽い気持ちだったんです。

先生のお話を聞くうちに小さい時も大切なんだということがわかってきましたが、クラビノーバを買ったばかりなのでまた買い換えるのももったいない気もします。

現在1年生ですが、最悪何年生位を目安にピアノに変えたら良いでしょうか。
また、うちはマンションですが騒音面でも気になっています。今クラビノーバは角部屋なのでどことも隣接していない壁面に置いています。げたばきマンションの2階なので下は駐車場です。
あわせてアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしていたので、試験勉強で追いつめられた時も、朝の3,4時にピアノを練習することがありました。なので、電子ピアノも使いようによっては、便利なものになります(私はその後、音大に行ったので、高3の時にアプライトを売り、グランドピアノを買いました)。

電子ピアノをアプライトピアノやグランドピアノに切り替える時期ですが、中学生くらいまでは電子ピアノで様子をみてもいいのではないでしょうか。
その子の上達の度合にもよりますが、もしその子がいつまでもピアノが好きで、これからもずっと続けたという意志を強く持っているなら、いつの日か、その子の方から、電子ピアノではもう自分の表現したいことを表現しきれないから新しいピアノを買って欲しい、という風に言う時が、必ず来ると思います。そうしたら、その時に、買ってあげればいいと思いますよ。
また、それが音大受験にまでつながる情熱と能力である場合には、アプライトではなく、グランドピアノが必要になります。

お子様の上達に合わせて、その子の方から、新しいピアノが欲しいと思えるような、そういう実力がついたときに、買ってあげてください。
私の場合は、高校生の時にすでに、アプライトピアノでも響きに不満を感じるようになって、自然にグランドピアノを求めるようになりました。中学の時まではアプライトで十分に満足していて最高のピアノだと思っていたのですが、自分の力が上達していくと、自然に新しいピアノを求めるようになるものです。

ピアノが上達する鍵は、ジャンルを問わず、多くの音楽をCD,DVDで聴くことです。そして、川の流れをみても、山にいっても、海に行っても、自然そのものに音楽を感じられるようになる力をつけることです。
いろいろな音楽をたくさん聴いて、いろいろなところに旅行することも、ピアノの上達につながります。さらうことだけではないということを、どうか忘れないでください。

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしてい...続きを読む

Q幼児の絶対音感教育について。

こんにちは。
現在幼児教育学科の2回生をしています。
最近幼児の絶対音感教育が流行っているように思います。
書店に行っても、絶対音感のCD付きの本が売られていたり、ピアノ教室でも絶対音感つけます!みたいなコースがあります。
私は絶対音感を持っています。
利点もあれば、欠点もあります。
そこで考えました。
幼児に絶対音感教育は必要なのでしょうか?
また絶対音感教育を幼稚園や保育園でやって欲しいですか?
いろいろなご意見お待ちしていますo(_ _*)o
過去に絶対音感の利点についても質問させていただきました↓
http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2090179

Aベストアンサー

 こんにちは、前回の「絶対音感の利点は?」の質問に答えたNo.#8の妻の方です。

 夫が書いていたとおり、今息子に(4歳)ピアノを習わせているのですが、私は自分が知らない間に絶対音感を身につけていたので息子にも身につけさせてあげたいと思っていたのですが、あるホームページで絶対音感を持っている方がブラスバンドで移調楽器を引く時に苦労したと書いてあるのを見て、迷ってしまいました。私はピアノしか弾いたことがなかったので、移調楽器の事など考えた事もありませんでしたから・・・。

 そこでとくに訓練をせず身につくかどうかは本人次第でいいかとほっておきました。

 今日主人が電子ピアノのトランスポーズをふざけて半音上げて息子に「ピアノ弾いてみて」と言いました。息子はピアノに触れた途端「あれ?あれ?」と言ってしまいには泣き出してしまいました。そして「ピアノが壊れた」と言ったのです。おそらく絶対音感が身についてきたのでしょう。

 私は息子が絶対音感を身につけつつある事が正直嬉しかったです。

 確かに困ることもあるけれど、だからって身につけられるチャンスがあるならば身につけさせてあげた方がいいと思います。(親の押し付けではなく訓練を本人が楽しめれば・・・)。

 絶対音感はなくても音楽を楽しむ事に支障はないけれど、絶対音感を持っている人に「絶対音感があってよかったですか?」と質問したらほとんどの人が「イエス」と答えると思います。絶対音感を持っていない音楽家に「絶対音感がほしいですか?」と聞けばほとんどの人が「イエス」と答えるのではないでしょうか?

 幼児に絶対音感が必要かどうかはわからないけれど、幼児期にしか身につかないものだから、恐らく親なら身につけられるのならば身につけさせたいと思うのが本音ではないでしょうか?

 ただ、もしも、幼稚園や保育園の園児全員を対象に絶対音感教育をするという事でしたら話は違います。なぜなら選択が出来ないからです。少数派だとは思いますが中には絶対音感を身につけさせたくない親もいるはずです。私も迷いました。100パーセント利点ばかりではないので、中には身についてしまった子供を悲しむ人もいるかもしれません。

 身につけさせたい人にだけ絶対音感教育をしてあげるのがベストなのではないでしょうか?

 こんにちは、前回の「絶対音感の利点は?」の質問に答えたNo.#8の妻の方です。

 夫が書いていたとおり、今息子に(4歳)ピアノを習わせているのですが、私は自分が知らない間に絶対音感を身につけていたので息子にも身につけさせてあげたいと思っていたのですが、あるホームページで絶対音感を持っている方がブラスバンドで移調楽器を引く時に苦労したと書いてあるのを見て、迷ってしまいました。私はピアノしか弾いたことがなかったので、移調楽器の事など考えた事もありませんでしたから・・・。

 そ...続きを読む

Q乳児期と臨界期

乳児期は形態的成長や、精神運動機能の発達が著しいです。臨界期は成長と発達に決定的な時期がある時期のことです。乳児期と臨界期は同じ時期と考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
臨界期といいますのは「学習臨界期」のことであり、これは幼児期の脳の発達に伴うものです。赤ちゃんは脳が未発達な状態で生まれてきます。そして、脳機能が最終的に成人に達するまでには誰でも15~20年の歳月を要するわけですが、生後3~4歳までの期間はこの脳の発達が極めて集中的に行われる時期と考えられています。
中でも、視覚、聴覚、運動の中枢といいますのは末梢神経を介して外界と接触するものです。このため、赤ちゃんは自分の見たもの触ったものなどの体験に基づいてこれを完成させようとします。このようなものが未発達であるというのは、結果的には、それは自分が生まれた環境に適応した神経機能を獲得するためです。
例えば、日本語環境に生まれたならば日本語を習得しなければなりません。ですから、このようなことを生まれる前から決めてしまうわけにはゆかないわけです。そして、言語学習臨界期を過ぎますと、それ以降は外国語を母国語として習得することができなくなります。

臨界期といいますのは、ある時期までに訓練学習の必要があり、それを過ぎると習得、変更ができなくなるというものです。視覚や聴覚に臨界期があるのは、赤ちゃんは脳は生後環境から頻繁に入力される情報を基にその部分の神経接続を強化してゆくためと考えられています。これにより、与えられた生後環境に適した脳が効率良く作られます。ですが、それは必ずしも乳児期ということではなく、決して決定的なものでもありません。
例えば、
「視覚、聴覚、運動:4歳」
「言語:8歳」
「数字:4歳」といったものが紹介されていますが、人間の赤ちゃんでこれを実験するというのは許されることではありませんので、未だ科学的に立証することはできず、各書籍でも解釈は大幅に異なります。
ただひとつはっきりと言えることは、このような能力は「普通の環境」が与えられるならば自然に獲得されるものであり、臨界期があるからといってわざわざ親が支援をしてあげる必要は全くないということです。もちろん、言葉を教えるというのは親の役目かも知れません。ですが、赤ちゃんにとって必要なのは言葉を覚えることではなく、言語中枢を活発に働かせるということなんです。
確かに4歳頃までの基本的な発達はたいへん重要です。例えば、この時期に眼帯で目を治療するとか、ギブスで手足が固定されるというのはあまり良いことではありません。ただ、それが直ちに発達を阻害するというわけではありませんし、長期間に渡る病気療養などといったことはよほど特別な事態です。ならば、そのようなことを避けるためにも当然、赤ちゃんの健康や栄養といったものはたいへ重要ということになるわけです。

やらなければ習得できないものとしましては、
「絶対音感:4歳」
「バイリンガル:5歳」といったものがあります。このようなものは結果として検証が可能であるため比較的信憑性は高いのですが、習得できなかったからといって日常生活で特に支障はありません。
遅ければ手遅れ、早ければ天才的な能力が身に付けられるといったことは、これはほとんどが「早期教育教材」などを販売する側の宣伝であり、科学的な根拠は何処にもありません。むしろ、視覚、聴覚なとの基本的な機能を正常に発達させた上で、最も重要なのはそれらを統合して考えたり創造したりする「前頭葉」の機能です。これが未発達では、仮に天才的な能力といえど何の役にも立たないわけです。加えて、前頭葉を健全に発達させるためには、その後15~20年というたいへん大切な期間があります。

私は、個人的には学習臨界期仮説に基づく早期教育にほとんど重要性はないと考えます。むしろ、子供にはきちんと成長するまで十分な環境を与え、周りがその無限の可能性をしっかりと見守ってあげることだと思います。

こんにちは。
臨界期といいますのは「学習臨界期」のことであり、これは幼児期の脳の発達に伴うものです。赤ちゃんは脳が未発達な状態で生まれてきます。そして、脳機能が最終的に成人に達するまでには誰でも15~20年の歳月を要するわけですが、生後3~4歳までの期間はこの脳の発達が極めて集中的に行われる時期と考えられています。
中でも、視覚、聴覚、運動の中枢といいますのは末梢神経を介して外界と接触するものです。このため、赤ちゃんは自分の見たもの触ったものなどの体験に基づいてこれを完成さ...続きを読む

Q絶対音感は訓練しないと身に付かない?

絶対音感は幼少期に特別な訓練を受けないと絶対に身に付かないよく言われますが、果たして本当にそうなのでしょうか?実際、自分は何の訓練も受けていないのに絶対音感があります。知人にも訓練を受けていないのにあると言う人が居ますが、その人は音楽をやっていたそうなのです。音楽をやっていると、身に付く可能性もあると言う説もありますが、自分は音楽すらやっていませんでした。小学1年の時から、聴いた曲を簡単に再現(単音)する事ができ、小学4年の時、音楽の授業で課題の曲のCDを聞いた後、すぐに手持ちの笛で再現した事から、音楽専科の先生に「絶対音感があるのでは」と言われ、授業が終わった後に音当てテストを受け、全問正解した事から、「これは正しく絶対音感。何か音楽とかやってた?」と聴かれ、「何もしてない」と答えると、驚いていました。やはり、何もしてないのに実に付いたと言う事は、「奇跡」なのでしょうか?

Aベストアンサー

絶対音感あります。音楽に小さいころから興味を示したのでピアノを習わせてもらいました。小学校の時にはすでに聞いた曲を適当に伴奏を自分でつけて弾くこともできました。(ピアノの腕前は趣味程度でしたが。)人間ってみんなそうだと思ったらそうでないと知ってピアノを習ってたからかな、と思いました。中学のときピアノを習っている子でも絶対音感ない子が何人かいて、またびっくりしました。
もともと生まれつき素養として持っている人とそうでない人がいると思います。音楽に親しんでいるとその素養が伸びやすいというのはあるでしょう。また幼少時に特殊な訓練をすればかなりの確率で身につくようで、これは母国語を話せるようになる時期と一致するそうです。

絶対音感というとき、能動的絶対音感と受動的絶対音感があるそうです。「ラの音をください」と言われてその音を出せる人(だいたい合っているのひと、440Hzをきっちり感じて出せるひとぐらいの差はある)が能動的。聞いた音が何の音かわかるけど、自分が出すと曖昧というのが受動的だそうです。ガラスが割れる音もドアがバタンと閉まる音もドレミで聞こえる人がいるそうですが、私はそれは「雑音」として聞こえます。

ただ、昨今絶対音感がもてはやされていますが、音楽を専門にやる人以外には特に「得をすること」はありません。音楽を専門にしている人にしても、「あれば便利だけど、あったからといって一流になれるわけではない」のが定説です。指揮者や作曲家の場合は絶対音感が必要です。一般の人でもっていると、何かと楽しいことはあると思います。大人になってから趣味でピアノや歌を習い始めるとき、絶対音感をたまたまもっている人のほうが進歩が楽だったり速かったり、というのはありそうですよ。

絶対音感あります。音楽に小さいころから興味を示したのでピアノを習わせてもらいました。小学校の時にはすでに聞いた曲を適当に伴奏を自分でつけて弾くこともできました。(ピアノの腕前は趣味程度でしたが。)人間ってみんなそうだと思ったらそうでないと知ってピアノを習ってたからかな、と思いました。中学のときピアノを習っている子でも絶対音感ない子が何人かいて、またびっくりしました。
もともと生まれつき素養として持っている人とそうでない人がいると思います。音楽に親しんでいるとその素養が伸び...続きを読む

Q「大人」になってから「絶対音感」を身につけられた方

「大人」になってから「絶対音感」を身につけられた方は、おられますでしょうか?

以前、バイオリンをやっていたのですが、今は、
趣味で、作曲をしています。

普段は、頭の中の音は、Pianoで確認しながら、音をひろっています。
また、「耳コピ(採譜)」も、なんども、繰り返し時間をかければ、そこそこできるのですが・・・

やはり、絶対音感があると、その点、いいなあ。と思います。
多少、2つの音くらいは、音程をある程度の時間、おぼえられる感じなのですが、時間がたつとわからなくなります。

■もし、「★大人」になってから「絶対音感」を身につけられた方がおりましたら、経験談など、お聴きしたいのですが。

どんな風に、練習したのか? とか
どの程度の期間で、できるようになった? とか・・・

参考にお願いします。

Aベストアンサー

tom0120さんは「固定ド」ではなく「移動ド」で音を聴いてらっしゃるということでしょうか?
私は大人の方にピアノを教えていますが、大人になってからでは「絶対音感」をつけるのは一部の天才を除いてほぼ不可能だと思います。
でも「相対音感」ならある程度つきます。
「相対音感」とは例えば「ド」の音だけ聴いてもそれがドだとはわからないけど、「ドレ」と聴いて、最初の音が「ド」とわかれば、次の音も「レ」とわかるというものです。(少し乱暴な説明ですが)
tom0120さんの質問を読むとこの「相対音感」はおありなんだと思います。その力をもっと伸ばすことに力を注がれるといいと思います。
まずドレミファソ(レミファ#ソラでもかまいませんが)の5音を1つの音だけ出して後は音なしで歌ってみてください。(例えば、ドミソファミレド~♪)
それが出来たら音の幅をドからドというように広げてみてください。これは単純ですが、いい訓練です。

あと大事なのは、音を出す前にどんな曲かを創造することです。楽譜を見て、すぐに音を試しに出していませんか?楽譜に限らず、音のないところで、音を頭の中で創造することで、音への敏感な耳が育ちます。

「絶対音感」の定義は広いです。もし興味がおありなら「絶対音感 最相葉月 著」を読まれるといいと思いますが、決していい事ばかりの能力ではありませんし、絶対音感をもたない作曲家も多くいます。音楽大学に行っても、絶対音感を持っている人は実際少ないです。音楽をやる上で絶対音感は便利な面もありますが、必需品ではありません。
それよりもtom0120さんが、心に浮かんだ美しい音を時間をかけても形にしていこうという、その気持ちがなによりもすばらしい能力だと思います。

tom0120さんは「固定ド」ではなく「移動ド」で音を聴いてらっしゃるということでしょうか?
私は大人の方にピアノを教えていますが、大人になってからでは「絶対音感」をつけるのは一部の天才を除いてほぼ不可能だと思います。
でも「相対音感」ならある程度つきます。
「相対音感」とは例えば「ド」の音だけ聴いてもそれがドだとはわからないけど、「ドレ」と聴いて、最初の音が「ド」とわかれば、次の音も「レ」とわかるというものです。(少し乱暴な説明ですが)
tom0120さんの質問を読むとこの「相対音感...続きを読む

Q「ピアノに向かない手」

「ピアノに向かない手」

私が子供の頃、ピアノを長い間習っていた先生と先日久しぶりに
お会いしました。

その際、先生から、
「今だから言えるけど○○ちゃん(私)は、ピアノに向かない手だなあ
って思ってたのよ」
と、笑いながら言われました。

ショックでしたが、もう私も大人なので、そこは笑って流しました。
そこで、質問なのですが

1、ピアノにむかない手というのはあると思いますか。あるとしたら
どんな手でしょうか。

2.ピアノがうまい人の最大の要因は何でしょうか。
(手の形?指が器用に動く事?それとも才能??)

3.ピアノを一生懸命練習しても上達できない人って、(手の形なども
含めて)才能がないのだと思いますか?

Aベストアンサー

1、ピアノに向かない手
・指が短い
・指が曲がっている
・指が細い
・手が小さい
・指が開かない
等があります。プロになっても手が小さいや指が曲がっているなど、身体的な特徴に不満を持っている方がいます。
女性の場合特に1オクターブぎりぎりもしくは届かないだとベートーヴェンなどのピアノソナタの一部に支障が生じるため、選曲の自由にやや不自由な箇所が生じてしまいます。

2、ピアノがうまい人
やはり初心者の方がピアノを聞いた時、難しい曲の方が弾ける方がすごい人だと思います。
よって複雑な曲を素早く弾ける人が初心者や一般人が考えるうまい人なんだとおもいます。
玄人の場合いかに表現するかが焦点になることが多く、深い悲しみや愛といった感情を上手に表現出来る方がうまいと思います。
よって1オクターブ以上届く手、1オクターブの間ならどの鍵盤でも押せる操作性は貴重だと思います。
そして指が早く動けばそれだけテンポを上げることが出来るので運動性を感じることができます。

そして才能というものは難しいところですが、子供のうちから音楽に触れることが許された人間にはそれだけ時間の猶予が与えられているので、育った環境というものは無視出来ません。
音楽を好きになった人間はそれだけ多くの脳細胞を音楽のために捧げるので、無理やりやった人間と楽しんでやった人間では上達に差が生まれます。

3、うまくなれない人
1オクターブ届かなければ、ベートーヴェンのピアノソナタなどを弾く際どうしても弾けない箇所が出てしまいます。これが嫌というのであれば手の形、大きさによって制約が生まれます。
小指や薬指が自由に動かせなければ、ベートーヴェンピアノソナタ32番2楽章の後半に出てくるトリルは出来ないでしょう。これも制約としか言えません。
しかし結局のところ上達というものは必ずしています。
ただあなたが目先の音符しか見ていないから上達を感じることが出来ないのでしょう。

あなたの技術がどの程度かは知りませんが、今バイエルを弾いたらどうでしょうか?ソナチネは?ソナタは?
気がつかないだけで、あなたは相当上達したはずです。今譜面を見ても余裕で弾けるとおもいます。昔初めてソナタやエチュードを見たときに感じた難しさを感じることはないと思います。

結論
手の形によって完璧に弾けない譜面は存在します。
指が早く動かなければ、ショパンのエチュードやリストなどの曲をピアニストのようには弾けません。
しかしハノンやチェルニー等で努力することは可能ですし、表現性については自分の人生経験、本などによる勉強、他者の演奏を聴く等の行為によりよりレベルが上がります。
時代の流行りも少なからずあります。あなたの感性が受け入れられないのかも知れません。
人によってとらえ方が変わるのであなたと先生の間では価値観が違い、受け入れられないのかも知れません。

音楽は未知数ですので、一言にうまい、下手とは言えません。
しかしあくまでも譜面に書かれているように演奏することは可能ですので、いかに正確に譜面を弾けるか、は簡単に評価することが出来ます。

1、ピアノに向かない手
・指が短い
・指が曲がっている
・指が細い
・手が小さい
・指が開かない
等があります。プロになっても手が小さいや指が曲がっているなど、身体的な特徴に不満を持っている方がいます。
女性の場合特に1オクターブぎりぎりもしくは届かないだとベートーヴェンなどのピアノソナタの一部に支障が生じるため、選曲の自由にやや不自由な箇所が生じてしまいます。

2、ピアノがうまい人
やはり初心者の方がピアノを聞いた時、難しい曲の方が弾ける方がすごい人だと思います。
よって複雑な曲...続きを読む

Q6歳の娘のピアノ・・・このままで上達しますか?

年長になる娘がおります。今6歳で3月からピアノを始めました
私自身がピアノの経験がなく子供の頃から習いたいとずっと思っていましたが習えずでした
娘にはピアノを弾ける子になってほしいと思っていて娘も是非やりたいと言ったので習うことにしました

今行っているピアノ教室は30分の時間です
幼稚園児では30分が限界だそうです(確かに途中あくびをしたりしています・・)
まず音階を歌って、先生のピアノの通り弾いて、教材の楽譜を先生が一度弾いてそれを娘が2度ほど弾いてあとはうちで練習してきて下さい
これで終わりです
え?これだけ?毎回そんな感じです
私はピアノをやったことがないのでよくわからないのですが、うちで練習しなければ全く進まないはずです
娘は飲み込みも遅く楽譜がいまいちわかっていないようで記号の意味もわかっていないと思います
たいして弾けてもいないのに上手に弾けました!と言われてシールをもらうのですがシール選びに時間がかかっています・・・
30分しかないのに・・・

先生にこれで本当に弾けるようになるのですか?とは聞けません
なんとなく失礼かと思いまして・・・

当の娘は嫌いではないようでとりあえず練習したら?と言えば練習して1回弾けたらおしまいみたいな感じです
楽譜もいまいち読めてないのでしどろもどろに弾いている感じです
水泳をやりたいと言われピアノやめるならいいよと言えばピアノをやめる!と言う始末です
でも今日はピアノだよと言うとはりきります

そこで、ピアノを習っていた方にお聞きしたいのですが、最初はみんなこんな感じでレッスンするのでしょうか?
レッスンを続けていくと誰でも両手で弾けるようになるのでしょうか?楽譜も自然とわかるようになるのでしょうか
本人のやる気が一番だとは思いますが・・・
娘のピアノ教室について行ってわたしが家で練習したりしていますが私も弾けるようになるといいなと思っていますがそれは無理な話でしょうか
未知すぎるピアノについて教えて下さい

よろしくお願いします

年長になる娘がおります。今6歳で3月からピアノを始めました
私自身がピアノの経験がなく子供の頃から習いたいとずっと思っていましたが習えずでした
娘にはピアノを弾ける子になってほしいと思っていて娘も是非やりたいと言ったので習うことにしました

今行っているピアノ教室は30分の時間です
幼稚園児では30分が限界だそうです(確かに途中あくびをしたりしています・・)
まず音階を歌って、先生のピアノの通り弾いて、教材の楽譜を先生が一度弾いてそれを娘が2度ほど弾いてあとはうちで練習してきて下さい
...続きを読む

Aベストアンサー

ピアノを教えている者です。
6歳と言うことですが、1年生ですか?それとも年長さんですか?
もし1年生だったら他の教室に変えたほうがいいかもしれませんね。
普通ピアノは先生が弾いてあげてはいけません。
なぜなら譜読みの力がつかないからです。
子供は耳が良いので何度か聞けば楽譜が読めなくても弾けてしまいます。
ですからその指導法で楽譜が読めないのは当たり前です。
もしかしたら昔ヤマハに勤めていた先生かもしれませんね。
ヤマハは耳から入りますから。

あとは先生にも考えがあって1年生になったら、もしくは習い始めて半年経ったら譜読みを始めるという指導法なのかもしれません。まあ普通その年の場合、初めから読ませますが。
その様子だと手の形などの指導もなさそうですね。
少し様子を見て他の教室に変えたほうが良いかもしれません。

Q子供のピアノの先生からやめてくださいといわれました

お知恵をお貸しください。
妹の幼稚園生の子供が、通っているピアノの先生から、お子さんの態度が悪いのでやめてくださいと言われました。
妹は、ピアノのレッスンを続けさせたいのと、そのような理由でやめさせられると今後どこの教室も受け入れてはもらえないだろうと大変悩んでいます。
妹の子供はそもそも音楽に興味がないようですが、妹はどうしてもピアノが出来る人になって欲しいようです。子供の方はレッスン中も落ち着かず、家でも練習してこなかったようなので、もしかしたらやめたいのかもしれませんが・・・
教室ではすでにうわさが広まってしまいました。

早急に答えを出さなくてはいけない様子です。

このような場合、ピアノの先生のお怒りを静めるよい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

うちの子も幼稚園の頃からピアノを習わせています。男の子ですから、まあ女の子に比べれば態度が悪いようです(ピアノの先生ご自身が男の子の母親なので理解があるようで、続けられているようです)

ただ、質問者様の内容で
>子供の方はレッスン中も落ち着かず、家でも練習してこなかったようなので、もしかしたらやめたいのかもしれませんが・・・

中の「家でも練習してこない」というのが気になります。

ピアノの先生が問題視しているのは、子供のほうではなく親(質問者の妹さん)のほうなのではないでしょうか。

そもそも子供自ら「ピアノやりたい!」というのは多いとはいえません。他の習い事も含めて「親のエゴ」であることが多いですし、幼児にレッスンをつけている先生もその点はよくご存知ですし、工夫もしていらっしゃいます。

それでもなお「この子に教えることが出来ない」と感じるのは、子供の適性というよりも「親も含めた学習の意欲・本気度」ではないでしょうか。

また子供も親の期待を敏感に感じますので、本当に嫌なら自分から「やめたい」というものだったりします。

質問の内容を見てみると、お母様が先生に預けっぱなしで自分が参加していないように見受けられます。

生徒の態度が悪く、宿題も(自宅練習)もやってこない、親も一生懸命習わせようとしているように見えない、ならどんな先生でも「これ以上教えるのは無理だ」とお感じになるでしょう。

そういう感じはありませんか?

うちの子も幼稚園の頃からピアノを習わせています。男の子ですから、まあ女の子に比べれば態度が悪いようです(ピアノの先生ご自身が男の子の母親なので理解があるようで、続けられているようです)

ただ、質問者様の内容で
>子供の方はレッスン中も落ち着かず、家でも練習してこなかったようなので、もしかしたらやめたいのかもしれませんが・・・

中の「家でも練習してこない」というのが気になります。

ピアノの先生が問題視しているのは、子供のほうではなく親(質問者の妹さん)のほうなのではないでしょ...続きを読む

Q大人(20代)でも絶対音感はつく?

音楽は聴くだけの人間だったのですが最近演奏もしたいと思うようになってきました。
そこで質問なのですが、大人になって楽器を初めても絶対音感はつくものなのでしょうか?

Aベストアンサー

もしかしたらその人次第で出来るかもしれませんね。
あくまで「・・かも」ですが(^^;

参考URL:http://www.tama.or.jp/~tane/zettaionkan/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報