火山は地下深くから、金やウランなどのめずらしい物質を
くみ上げますね。そして、地球全体でこのような活動が
続き、地下深くの岩石と地表付近の岩石では、金やウランの
こさが違ってきましたよね!?

で、疑問です。

地球の歴史を通じて、その金やウランは、増え続けたのですか!?
それとも減り続けたのですか!?はたまた、変わらなかったり、
増減を繰り返したのでしょうか!?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ん~,最近物理学の方で非常によく似た質問が出ているけど.


火山活動で,しかも物質が金とウラン?
物質がちょうど2つとも一致するなんて,偶然とは思えませんが...
しかも,たった2日違い.
これ,ひょっとしてどこかのレポート問題?
そうじゃなかったら失礼.
    • good
    • 0

んー、どのような観点で答えれば良いのでしょう?


元素の総量なら目立って変わる事はありません、時々いん石の分だけ増えるだけ。(笑)

marimo
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報