電波少年というTV番組を見ていたところ、あるコーナー(華原朋美の全米デビューのコーナー)で、ボイストレーニング中の華原朋美がトレーナーから「炭酸類は飲んじゃダメよ。ミルクもだめ!歌手にとってミルクは毒よ!」と言われていました。
牛乳は体にとって良い効果しかないと信じていましたので、ちょっとびっくりです。
実際のところ、牛乳が体にどのような悪影響を与えるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

昔、声楽をやっていた時に、特にコンクールなどに出る直前は


「乳製品(特に牛乳やヨーグルト)は歌う前には口にしないこと」
と先生に言われました。
牛乳を飲んだ時に口の中がちょっとねちゃねちゃしますよね?
あんな感じでのどに膜が張るため、思うように声が出なかったり、
高い声が出なくなったり、声の大きさがコントロールできなくなったり…
…ということがあるからだそうです。
そうは行っても、食事で一切摂らないとなると、カルシウムの摂取が
難しくなるので、普段の食事にまでは言及はされませんでしたけど。
給食で牛乳出されてたしなぁ…

余談ですが…
「ふーん」と思ってから数年後、今度は音大で本格的に勉強してる人から
「実は“のど飴”も歌う前は禁止なんだよ」と言われてオドロキました。
のど飴は「ウォーミングアップ済の暖まった喉をクールダウンさせてしまう」
働きがあるので歌う前は厳禁なんだそうです。

ということで、牛乳が体に悪い訳ではないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
何がどう悪いのか、想像もつかなかったのですが、納得しました。

お礼日時:2001/01/28 21:39

あの方々は、声や歌唱力だけじゃなくて、体形で売っているようなものですから、



<牛乳は体にとって良い効果しかないと>いう程の栄養のある牛乳は、血となり肉となりやすく、体形を崩すので

<歌手にとってミルクは毒よ!」>

ということではないでしょうか?

われわれ庶民にとっては、ひじょ~によい栄養源であります。

ちなみに、先日大騒ぎになった雪印の創始者は、歴史的に有名な足尾鉱毒事件で救済した多くの農民や、鉱夫たちの劣悪な栄養状態を改善するために、牛乳が栄養価が高く、生産や普及も容易なことを知り、全国に普及すべく創業したそうです。
そんな理念が今も生きてればあんな事件は起こらなかったろうに・・・
きっと草葉の陰で創業者が泣いてますね。

あ、それから、カルシウムの吸収は本当にいいらしく、私の知人で、毎日数リットル飲みつづけてた人で、関節にカルシウムが沈着しちゃって偽性通風になっちゃった人がいます。でもこんな極端なことやらなきゃ大丈夫ですよ。

何事も過ぎたるは及ばざるが如し・・・
    • good
    • 0

飲みすぎれば脂肪の取り過ぎになっちゃいます、そういう事ですかね?


私も飲み過ぎで医者に忠告された事があります。(笑)

marimo
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報