ビノスガイがもっとも大きく成長する時期(季節)は、いつですか?
私は考古学を学んでいる者ですが、北海道のある縄文時代の遺跡からビノスガイで作られた装飾品が大量に出土しました。しかしその発掘調査の報告書(北海道礼文町教育委員会『礼文町船泊遺跡発掘調査報告書-平成10年度発掘調査の報告』2000年刊)には、ビノスガイの生息域について記述が見られるものの、成長過程については言及していません。形が定型的であること、決まった場所(作業場)で作り、決まった道具を使っていたらしいこと、などを考慮すれば、その遺跡に暮らしていた人々は、おそらくビノスガイの貝殻が最も加工しやすい大きさに達する時期(季節)になってから集約的に採取していた可能性があると考えているのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

美之主貝ですネ。


ハマグリに近い貝でマルスダレガイ科のMercenaria stmpsoni ですネ。
殻の部分を見ていただければ分かりますが、年輪のようになっていますネ。徐々に大きくなっていったことを示します。最終的に最大サイズである約10cmに成長しますから、そういうサイズのものを中心に集めたりしたのではないでしょうか。
北海道ですから、赤潮の季節もないので、年中捕食は可能な筈です。ただし、冬季の海は冷たすぎて入れないでしょう。また、ハマグリに近い貝ですから、保存技術のなかった古代には真夏の採取も少なかったでしょう。
とすると、春と秋の2シーズンに主として採っていたのではないかと推測できます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え、具体的でたいへん分かりやすかったです。
「春と秋」というお答えはたいへんおもしろいです。
といいますのも、この遺跡から出土した動物の骨を見ると、
冬季に回遊してきたであろうアザラシの骨がないのです。
また秋に近くの河へ遡上してきたであろう鮭の骨も少ない。
それに対して産卵期(春)のニシンの骨が魚のなかでは
飛びぬけて多く出土しました。
骨のサンプル採取の方法の問題、
特定の種の動物の狩猟はタブーであったという宗教的な事情
(民族例によく見られます)なども加味しなければなりませんが、
以上のデータから、おそらくこの遺跡は毎年春~夏にかけて
限定的に居住したキャンプだったように判断されます。
そうした意味で、kawakawaさんの具体的な回答は、
とても興味深いものとなりました、ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/31 00:04

私は遺跡とかには興味がないのですが、


化石とかならちょっと詳しいです。

たいていの貝は一年で大きくなるのではなく、
何年もかけて大きくなります。
ビノスガイも同様で、もっとも加工しやすい大きさになる、
特定の時期というようものはないと思います。
浅い海で採れる貝なので、食用として採集して、
年間を通じて貝殻は入手できたのではないでしょうか。

カキのようにもっともおいしい貝もいますが、
岩にくっついていたら装飾品にはできないでしょう。
ホタテガイは縄文時代には採る術がなさそうだし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
「年間を通じて入手でき」「浅い海で採れる」ビノスガイは、
この遺跡を形成した縄文人にとって、おそらくもっとも重要で手近な動物資源となっていたのでしょうね。
ところでビノスガイは、現在の日本では食用とされていないそうですが、どうしてなんでしょうね、この遺跡ではおそらく「主食」であった可能性もあるのに…。
カキやホタテのように美味しくないのでしょうか。
もしもチャンスがあったら、一度食べてみたいものです。

お礼日時:2001/01/31 00:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビノスガイって美味しいですか?

ハマグリの仲間で、通年浅い海で比較的手近に採れるという「ビノスガイ」について興味があります。類似種が北米ではけっこう人気のある食材であると聞いておりますが、日本では近海に生息しているにもかかわらず食用とはされていないそうです。単純に、これは日本人にとってこの貝がマズイ、つまり和食文化に適さないからなのでしょうか。
もしもビノスガイを召し上がったことのある方がいらっしゃいましたら、(1)その味について、(2)召し上がったことのある料理の調理法と各調理方法による味のちがい、などについて教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

dragon-2さんの回答から「クラムチャウダー」に入っている貝ではと思い、調べてみました。ご存知でしょうが結構ポプラーではないでしょうか?

「ビノスガイ」で検索すると、化石との言葉も出てきますので古代人(縄文人?)は食していたのでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.pockyboston.com/ryori/ryori.html#soup

Q貝殻はどうやって出来るのかな?

海にはたくさんの貝がいますよね。
芸術のようにものすごく美しい貝殻やサザエなどの尖ったような貝殻など、
これらの貝殻はどうやってできるのか、なぜアワビはアワビ、サザエはサザエなど生物によって同じ貝殻が出来るのか、そのメカニズムを知りたいです。
分かる方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

う~ん難しいですね。

DNAに書いてあるからとしか言いようがない…と言ったらアレなんで、

貝殻は、巻き貝(アワビは巻き貝の一種です)の場合は先端から口の方に向かって、二枚貝の場合はちょうつがいの真ん中から外側に向かって(中身の成長に合わせて)成長するん(外套膜と言う所からの分泌物によって作られます)ですが、その時に種によって「癖」があって、そのように成長するんです。
ちなみにサザエの「角」は、貝殻のふちのそばに外套膜をのばして、そこで、作られるようです。

Q化石の発掘場所

中国地方在住です。
関西・中国近辺で化石を拾えるような(できれば子供向けの)場所をお教え願えませんでしょうか。
子供が興味を持っているようなので、是非探しに連れて行ってやりたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

検索のヒントをいくつか書いておきます。
1.Amazon.co.jpでカテゴリー:和書、キーワード:化石 採集 で出てくる本を
図書館で借りるか、購入する。

2.Yahooオークションカテゴりー: アンティーク、コレクション > 科学、自然
http://list5.auctions.yahoo.co.jp/jp/20764-category.html?alocale=0jp
ここで都道府県を入れて検索すると、鉱物や化石の採集地点のある程度の
場所が書いてある事があります。

3.検索キーワード:化石 岡山県 巻貝 出た検索結果を参考URLとしました。
採集地リストなどが参考になると思います。

4.化石ではありませんが、キーワード:ペグマタイト で検索すると水晶とか
ザクロ石や鉱物などの話が出てきます。
ペグマタイトは結晶の大きい花崗岩のことです。
詳細は書けませんが、キーワード:ペグマタイト 化石 をしてみてください。
Googleなら検索1ページ目。

参考URL:http://members13.tsukaeru.net/skcollfossil/index.htm

検索のヒントをいくつか書いておきます。
1.Amazon.co.jpでカテゴリー:和書、キーワード:化石 採集 で出てくる本を
図書館で借りるか、購入する。

2.Yahooオークションカテゴりー: アンティーク、コレクション > 科学、自然
http://list5.auctions.yahoo.co.jp/jp/20764-category.html?alocale=0jp
ここで都道府県を入れて検索すると、鉱物や化石の採集地点のある程度の
場所が書いてある事があります。

3.検索キーワード:化石 岡山県 巻貝 出た検索結果を参考URLとしました。
採...続きを読む

Q日本における恐竜の発掘数について

 今現在までに日本で発掘された恐竜の総数を知りたいのですが、できましたら、どの地域でどんな恐竜が何体発掘されたのかをお教え願えれば助かります。難しい質問だとは思いますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLに「恐竜マップ」がありますので見て下さい。
発掘数は明確ではありませんが、日本国内の発掘場所や
種類がまとめてあります。

参考URLは次のURLの一部です。
http://www.wnn.or.jp/

参考URL:http://www.wnn.or.jp/wnn-z/dino/

Q日本でマンモスの化石が発掘されたことはこれまでにあるのでしょうか?

日本でマンモスの化石が発掘されたことはこれまでにあるのでしょうか?

野尻湖のナウマン象の化石というのは有名な話ですが、マンモスの化石が日本で発掘されたことは今までにあったのでしょうか?
マンモスという定義については、自分はマンモスとナウマン象は属が違うとの見解です。

日本の歴史の参考書を読んでいて、「氷河期で海面が100メートル以上低くなり、大陸と陸続きになり、北からはヘラジカやマンモスが南下」「南からはナウマン象やオオツノジカが北上」と書いてあるのを見て、マンモスの化石が日本で発掘されたかどうかを、どうしても知りたくなりました。

詳しい方、そうかよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

http://www.old.rulez.jp/old/mos.htm
http://blog.q-q.jp/200904/article_2.html
http://www.kumagaya.or.jp/~sizensi/print/bul/b_17/bu17_b.html
いたらしい


人気Q&Aランキング

おすすめ情報