生きている限りみんな同じように
苦しくて耐えがたい目にあうのに、
どうして鬱病になる人とならない人がいるのでしょうか?


鬱病になる人は、
心の整理が下手なのか。
嫌なコトを忘れることがで下手なのか。
ただ弱いだけなのか。
苦労をせず生きてきたから、心の筋肉がついていないのか。
やさしい性格の持ち主なのか。

鬱病にならない人は、
気持ちの切り替えがうまいのか。
生まれ持った心の強さを持っているのか。
揺るぎ無い自信が備わっているのか。
器が大きいから小さいことにこだわらないのか。
傲慢な性格の持ち主なのか。
ただ鈍感なのか。


みなさんは、どう考えますか?

もちろん鬱は10人10色だから
ひとつだけの確固たる正解はないのだろうけど、
鬱の人も、鬱だった人も、
周りに鬱の方がいる人も、
まったく無縁な人も、

それぞれ個人的な意見を書いていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

#7です。



ご回答ありがとうございました。
質問された意味を知ることが出来、安心しています。

私はうつ病を再発して5回目となり、今は回復段階で通院中です。

心の病は『完治』とはされず『寛解』と表現されていることからも判断することが難しい病気だと思います。
それは、うつ病の一般的な定義のひとつとして『憂鬱な気分の状態が2週間以上続く』となっており、この憂鬱な気分は誰もが持っているものだからです。

多分質問者様は、うつ病にならないようにするには何をすべきかと考えられていると想定し、私なりの取り組みを書かせてもらいます。
 (1)ひとつのことだけを考え(目標とする)、他のことを考えないようにする。
   人は同時に2つ以上のことを同時には考えられないから。
   (これは主治医の先生から毎回言われていることです)
 (2)完璧主義を捨て80点主義に考え方を変えていく
   (今も私にはなかなか達成出来ないことで、後で振り返ると完璧主義だったと感じています)
 (3)不安や疑問はマイナス要因となりやすいため、その時に解決をして後に引きずらないよう努力することを心掛けています。
   (理解していないことを悟られないように頷くことを止め、その場で理解することを大切にしています)
 (3)生活リズムを出来るだけ崩さずにある程度(大雑把)規則正しい生活に心掛けています。
   (出来なくても自分を責めることだけはしないようにしています。)
 (4)ストレス発散するアイテム(散歩・ドライブ・テニス等)を見つけ、気持ちをリフレッシュさせようとしています。
  *個々人により、アイテムは異なると思っています。
   (私のアイテムは未だ見つかっていませんが、散歩、読書等を始めています)
 (5)出来たことの大小に関係なく、その時に自分を褒めてあげることにしています。
   (ご褒美に缶コーヒーを飲んだりしています)
 (6)『焦らずにゆっくりと』と自分に言い聞かせ、無意味なオーバーペースにはならないように気を付けています。
 (7)考えるだけでなく、行動することを大切としています。
   (「行動すれば新しい発見が出来るかも」と思いチャレンジしています)
 (8)自信を持つこが大切だと思っています。 etc
   (簡単には得られないことだと思っているので、結果として自信が持てるようになればと気長に構えています)

これは私の考え方や取り組みであり、皆さんの考え方や取り組みも色々あると思います。
質問者様にご参考になればと思い書きました。

<追記>
私は癌を経験したことがありません。
癌に対して死に至る可能性を秘めた病気で、抗癌剤により苦しんでいる人がいること等、客観的なことしか知りません。
経験者でないと本当の辛さは理解出来ないもので、うつ病に限らず全ての病気に対して同じことが言えると感じています。

人が平等であることは理想ですが、とても素晴らしいことだと思います。
ただ現実ではなく理想だと思っています。
私もうつ病でこの病気の苦しさを経験し知ることが出来ました。
またこの病気で失ったことも多々ありますが、得たことも多々あります。
考え方を少し変えるだけでプラスに機能させれますよ。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご理解いただけたようで安心しました。
うつを再発させないための取り組み、大変参考になりました。
自分を愛して、許してあげる。これが一番むつかしいんですよね。

自分では自分を愛せないから、自分を肯定する機能として他人に依存する。
その繰り返しのような気がします。

回答ありがとうございました。sky_blue77さんもご自愛ください。

お礼日時:2007/09/23 19:45

ストレスや不安などの気持ちを入れられる容器が、人により大きさが違うと言われています。

同じ会社で同じようなストレスがあっても大丈夫な方もいれば、うつになってしまう方もおられます。容器が小さかければ、すぐに溢れてしますのです。この容器は、一生変わらないものではなく、人の成長と共に変化するものです。昔なら、きっともうダメ!と言っていた仕事の状態でも今は平気で、頑張っていたりするのも成長しているからです。今 相手の容器の大きさを考えながらストレスコントロールしていくことが重要かもしれません。
    • good
    • 2

専門家紹介

専門家プロファイル_丸本敏久

職業:心理カウンセラー

マクドナルドの現場で 様々なお客様 スタッフと対応組織をまとめ 育て 成長させていくノウハウだけでなく、カウンセラーとしての知識経験が更に人を成長させる!プライベートでも 仕事でも人に関わることのご相談や現場対応を行っております。

詳しくはこちら

専門家

うつ病になるかならないかは結果論だと思います。


それは、今までの患者の性格や考え方等により統計学的に言われているだけのように感じます。
*うつ病を事前に回避していくための指標として活用することは、とても良いことだと思います。
  ただ完璧な回避策はないと思います。
  もし存在するのであれば、うつ病を撲滅するまでは難しいと思いますが、低減はされていると考えていますがどうでしょうか。
  年々うつ病患者は増加していることも事実ですから。

現代社会はストレス社会であり、このストレスをゼロにすることは出来ません。
このストレスがある限り、誰もがうつ病になる危険性を伴っていると思います。
うつ病になることは体質もひとつの要因として関係しているかもしれませんが、体質が強くてもタイミングや環境等によってはうつ病になってしまう可能性はあると思います。
この様に考える理由は、『誰にでも憂鬱な気分になることがある』ということです。
だから質問者様が書かれた「うつ病にならない人」の考え方は存在しないと思います。
うつ病の人は、うつ病になりたくてなっている訳ではありません。
風邪と同じで、病気になりたくてなろうとしている人は皆無とは言いませんが基本的にいないと思います。
うつ病もひとつの病気なだけです。

所感として、確かにうつ病の認知度は上がっています。
しかし未だに病気に関する実態等を知っている人も少なく、偏見を持っている人も少なからずいるのが現実だと感じています。
*うつ病は心の病で本人しかわからない症状が多く、外観からは判断出来辛いことが影響していると思います。
  うつ病患者は、甘えではなく『やりたくても出来ない状態』であることを多くの人に理解し頂けたらと思っています。
  周りから見れば『何もしていない』等と感じてしまうと思いますが、うつ病患者は必死に格闘しています。
  光の見えない闇の中で葛藤しながら・・・。

また今更何を言っても仕方ありませんが、人間は科学を進歩させることで大きな利便性等を得た反面、ストレス社会等を生み出す等の新たな危険性を創り出してしまいました。
何が正しいとか間違っているということではなく、これも現実だと受け入れなければなりません。
この現代社会において誰もがうつ病になる危険性があると思いますので、日頃からストレス発散等を心掛けることもひとつの対策となるかもしれません。

最後に疑問として、『質問者様が何故このような質問をされたのか』を教えて頂ければと思っています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

sky_blue77さま回答ありがとうございます。
気分を悪くされたみたいで、申し訳ありません。

私も7年前、鬱を発病しました。
指一本さえ動かすのも億劫で寝てばかりの日が数ヶ月つづきました。
しかしこのままでは死か絶望の未来しか待っていないと思い、
調子のいいときに布団の中で延々と、
うつから脱出する方法を考えたのです。

まず「自分はなぜ苦しいのか」を整理し、
次に「その原因はなんなのか」を考え、
最後に「解決するにはどうすればいいのか」を。

答えを自分なりにみつけ、幸い若かったこともあり、
自分の環境を大幅に変えることで
少しずつですが症状は緩和して今にいたります。
完全に治ったとは言えませんが日常生活に支障はありません。

そこで最近頻繁に振り返って、
あの当時のことを考えるようになったのです。
「なぜ、自分は鬱になったのか?」
「もしかして鬱になったのは自分に責任があるのではない」と。
その原因をつきとめることが再発を防ぐ助けになるのではないか
と考えて、このような質問をいたしました。

ご気分を悪くされましたこと、重ねてお詫びいたします。

私も周囲から理解を得られず、大変苦しい想いをしました。
あの苦しみは、鬱そのものの苦しみと同じくらい大きなものですよね。

sky_blue77さまの「タイミングもある」という考え方は
私の中では新しい発見です。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/21 20:25

あくまでこれは私の個人的な考えですが、


なりやすいタイプ(性格傾向)というのは確かにあります。
ただし、比較的なりにくいと考えられるような人も
その人を取り巻く環境の影響、ストレスの大きさなど
複雑な要因でなることもあります。
うつは誰でもなる可能性がある、と言われるとおりですね。

最近増えているのは、世の中が複雑化・細分化(高度な専門化)したり
成果主義のために神経をすり減らしてしまい、
抱え込んだストレスが処理しきれなくなって、
燃え尽きるように病気になってしまうパターンでしょうか。
こころの強さ・弱さはさておき、その人の抱えたストレスが
あまりに大きくて「許容量オーバー」になってしまうんですよね。
ハイスペックなPCでも、あまりに複雑で容量の大きいデータ処理を
させるとフリーズすることがあるのと同じような感じですね。
学生や子どもたちも、大人たちの抱える閉塞感や不安定な社会に
影響されてしまい、自分の気持ちをありのままに
誰かにぶつけられなかったり過剰なストレスを抱えてしまっている
こともあるかもしれませんね。メンタルヘルス対策が整い、
理解が進んだとはいえ、大人にも子どもにも
「精神的な問題は自分で処理するべき」
という誤った価値観が根強いのも、影響しているかもしれません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

maremareさん回答ありがとうございます。

最近はやはり仕事によるストレスで鬱になる人が多いように感じます。
私は仕事に関してはちゃらんぽらんなので、仕事のストレスで鬱になること
はないと思っていましたが、maremareさんの回答を見て、
あんあまり楽観視できないかもな。と思いました。

「精神的な問題は自分で処理すべき」という自己責任の考え方は
人間がすべてをコントロールできる。という考えが前提になっている
ように思えて、私としてもすこし「?」な感じです。

回答ありがとうございました。参考になりました!

お礼日時:2007/09/21 20:37

こんにちは。



私は科学者でも医師でもありませんから、断定はできないので、聞いた話としてさらに参考にでもなればと思い書きました。

一般的に日本人の遺伝子を調べると、セロトニン云々はSS型といって比較的セロトニンが少ない、しかも日本人全員ではありませんが、比較的おとなしい人が多いですよね。

欧米人はLS型といって、上記とは少し違って活発でアクティブな人がおおいのもセロトニン分泌などの面で少し性質が違うとのこと。

日本人の約8割がSS型らしいです。

最近では様々な研究が治療に役立つものとして研究されているかとおもいます。こういう科学的な側面から治療に早く結びつくことをだだ祈るばかりです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
セロトニンですか。
やはり脳の病なんでしょうか。

でも、もし、脳の病だとしたら医学が進歩すれば
鬱は亡くなるのかもしれませんね。

そういう時代がくることを祈っています。

お礼日時:2007/09/21 20:30

・ナイーブな人がうつ病になりやすいように思います。

体質も多少関係しておるようにも思います。後は考え方もあるかも思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

yakushimasさん回答ありがとうございます。
確かにナイーブなど、性格に起因するところが多いのかもしれませんね。
参考になりました!

お礼日時:2007/09/21 14:40

私は自分として生きている時間をどのくらい持っているかということではないかと思います。

いわゆるやる気とか意欲というのはほとんど自分という言葉と同じ意味があります。やる気とか意欲を自分を殺してというように考えるひとは危ないのではないでしょうか。逆説ですがこういうひとは自分として生きる時間を与えられると何もできなくなってしまうと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

kaitara1さん、回答ありがとうございます。。
自分の存在価値を他人や社会ではなく、
自分自身の中に持ち合わせている、という意味ですよね。

逆説も含めて納得できるものがあります。
0から1を生み出すことは、僕も大変苦手です。

お礼日時:2007/09/21 14:43

不祥事ばかりの警察やNHK、


年金着服の社会保険庁、
虐待をする親、親を殺す子供、
妻や彼女がいても平気で浮気をする人、
挨拶を返す事もできない近所の住民、
ネットでしか人と関われない人、
お礼もできないこのサイトの(一部の)質問者・・・。

挙げればキリがないですが、腐った世の中だと思います。
この腐った世の中を生き抜くには、真面目な人間には難しいかと。
世の中が腐る=真面目な人間は考える=うつ病、
ではないかと思います。

自分の意思を持たず、流れ流され生きていくような人は、うつにはならないと思います。
一人一人が思いやりを持って、町行く人みんな笑顔で暮らせる社会になって欲しいですね。

とんでもなく自由な発言ですみません・・・。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

hideto0605さん回答ありがとうございます。
そうですね。鬱になる原因の根底には、
「信用ならない社会」から受けるストレスが大きく
あるのかもしれませんね。

また、価値観が多様化して正解がなくなったことが
人のこころを不安にしているかもしれないと思います。

自分は正しいのか、間違っているのか。
いつも葛藤しながら生きて行くのは辛いですもん。

ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/21 14:55

こんばんは。



今や社会人の10人にひとりがうつ病というかうつ状態にあると聞きます。

聞いた話ですが、日本人の遺伝子はセロトニンという神経伝達物質をつかさどる所がもともと少なく、活発な欧米人とは科学的にも立証されているように、セロトニンの分泌が少ないのでうつ状態になる可能性がたかく、とくに真面目で几帳面、完璧主義の人は「NO」と言えない人がもともと多く、セロトニンを再取り込みすることを防止する抗うつ薬もありますが、2週間以上しないと効きがでないともいいます。

すなわちSSRIというものがありますが、これも神経伝達物質のセロトニンを再取り込みすることをブロックすることで、見かけだけでも流れを良くすることによりうつ状態を緩和される作用があります。

私は医師でも何でもないので効果などは個人差もあり、断定してはいけないので、詳細は書けませんが、もともと日本人の気質などうつになりやすい遺伝子が多いかとおもいます。

あまり深く考えない人は比較的そういう状態にはならない場合もあります。真面目な人が頑張りすぎるといつそうなるかわかりません。

気分転換の苦手な人もそうかと思います。

しかし個人差などがあるので断定はできませんが、心の風邪みたいなものでしっかり治療を続ければ必ず治る病気でありことは間違いありません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

こんばんわ。
takuya1663さん回答ありがとうございます。

日本人はそういう傾向があるのですか。なるほど。
脳のセロトニンのこと、興味が湧きましたの少し調べてみようと思います。

ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2007/09/21 15:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鬱病のせい?それともただの怠け?

 私は25歳の既婚女性です。以前からこちらでお世話になっています。

 私は鬱歴3年で、今年の2,3月に鬱病の悪化で入院しました。そのことがきっかけで会社を辞めることになりました。2ヶ月入院して、ずっと通院して服薬しています。仕事をすることはドクターストップがかかっていて、いまだ就職活動もしていません。それに体力的に以前のように仕事ができる状態ではありません。

 以前より、うつ状態の波がゆるやかになってきたのですが、冬の寒さからか、また体調が悪くなってきています。(ここは寒いし、雪もかなり降ります)

 私は主人と二人で生活しています。主人はSEで残業が多く、最近も帰宅が次の日になることが多く、休日も仕事です。寂しいし、つらいです。私は一日中誰と話すこともなく、買い物もできず、家事もできず、ただひたすら時間を潰すためだけに寝ています。周りのことに興味ももてず、全く意欲がわきません。

 これは鬱病のせいなのでしょうか、それとも私が怠けているだけなのでしょうか。もうどうしたらいいのかわかりません。

Aベストアンサー

お辛い状況をお察し致します。
通院歴・入院歴がお有りですし、文面からも、まだまだ十分に治りきらない
うつ病ではないでしょうか。
怠けているわけではなく、うつ病の症状だろうと思いますので、どうか
ご自分を責めたり卑下なさいませぬように。

秋期から冬季は、日照時間が短くなりますから、夏期に比べるとどうしても
抑うつ状態にはなりやすいものです。
また、健康な人でも寒さのために身体を動かすのが億劫になるものです。

うつ病は、早期発見と的確な診断と適切な処方で治る病気ではありますが、
気分変調性障害(慢性うつ病)の場合には、「治った!」というすっきりした
感覚が得られないままに軽度~中度の症状が続くものです。
また、薬物療法で薬の服用量が十分でなかったり、服用期間が短いと、
軽症化と再燃/再発を繰り返しやすくなります。

処方されている薬があればきちんと服用し、規則正しい生活を心がけ、
睡眠や栄養(特にビタミンB群)を十分にとるようになさってくださいね。

私は現在通院中で、入院したこともあります。
それでもなんとかやっております。 傍目にはどこも悪くないように見える
ようですが、苦しいながらも生活しております。

どうか、回復を信じて治療をお続けください。 おだいじに。

お辛い状況をお察し致します。
通院歴・入院歴がお有りですし、文面からも、まだまだ十分に治りきらない
うつ病ではないでしょうか。
怠けているわけではなく、うつ病の症状だろうと思いますので、どうか
ご自分を責めたり卑下なさいませぬように。

秋期から冬季は、日照時間が短くなりますから、夏期に比べるとどうしても
抑うつ状態にはなりやすいものです。
また、健康な人でも寒さのために身体を動かすのが億劫になるものです。

うつ病は、早期発見と的確な診断と適切な処方で治る病気ではありま...続きを読む

Q鬱か、ただの怠けなのか

4ヶ月前に半欝状態になり体調を崩して仕事を辞めました。その後、週3回病院で筋肉をほぐすマッサージや温熱療法に通院していますが、なかなか改善せず、医者からは「気長に」と言われますが自分的に「一体いつになったら」という気持ちで一杯です。また、気持ちが沈む日のほうが多く、時間はあり余っているのに何もする気になれない事も多く、気分転換に街に買い物に行っても、買う気になれなかったり人ごみに嫌気がさして帰ってきます。考えても仕方ないとわかっているのに、ああでもないこうでもないと色々考え込んでしまい、その結果朝まで眠れなかったり、何もかもが嫌になってしまいます。最近は、まともにぐっすり眠れたためしがなく、通院するのでさえ面倒で憂鬱に感じます。体調を良くしたいと思う一方で、「もういいや、どうだって」という諦めの気持ちもあります。もう25なのに、安定した生活を送れない自分にも嫌気がさしています。思えば仕事を辞めてからずっと、なんだかんだ自分を責めてきて、こうして仕事をしていなくても少しも気が楽にはなっていないなと痛感しました。昔の元気だった頃の自分を、もう忘れてしまいました。私は、ただ怠けているだけなんでしょうか

4ヶ月前に半欝状態になり体調を崩して仕事を辞めました。その後、週3回病院で筋肉をほぐすマッサージや温熱療法に通院していますが、なかなか改善せず、医者からは「気長に」と言われますが自分的に「一体いつになったら」という気持ちで一杯です。また、気持ちが沈む日のほうが多く、時間はあり余っているのに何もする気になれない事も多く、気分転換に街に買い物に行っても、買う気になれなかったり人ごみに嫌気がさして帰ってきます。考えても仕方ないとわかっているのに、ああでもないこうでもないと色々考...続きを読む

Aベストアンサー

病気の時、回復を願う気持ちは誰にでもありますね。
よくわかります。ただ、あせったから早く治るわけではありません。治療には薬と休養が大切だそうです。

病気は一時的なものですから、無理をせず治療をつづけてはいかがですか。
治ればまたもとの生活に戻れます。まだ若いのですから。

まじめな方がうつになる場合が多いことを考えると、たいていは本当に回復し元気になっているなら、自然と動けるようになるのではないかと思います。

まだ本調子ではないのかもしれませんから あまりご自分を責めてはかわいそうです。

無理をなさらず、医師の意見を聞きながら治療を進めていかれるのがいいのではないでしょうか。

私はウェブドラマでうつを理解する助けをいただきました。パキシルの会社のものです。

それからまだごらんになったことがないようなら、うつネットも助けになると思います。経験者のコメントもあります。
http://www.utu-net.com/

参考URL:http://utsu.jp/drama/index.html

Q鬱で太ってしまいました。55キロから62キロに。1ヶ月で太りました。鬱歴10年で大鬱は何度か。 大概

鬱で太ってしまいました。55キロから62キロに。1ヶ月で太りました。鬱歴10年で大鬱は何度か。
大概痩せますが今回は太りました。
特にお腹と下半身…
抗うつ剤と、元気が出る抗うつ剤、安定剤2種類、眠剤3種類出てます。
食べる量は同じです。
会社は2ヶ月休んで来月から復帰しますが、鬱でも本当に太るのでしょうか?
1ヶ月だけの体験エステも行ってますがそのときは少し痩せますが元に戻ります
お酒も3本飲んでたのを1本にしてます。
薬を止めると痩せると言う話は聞いたこと有りますが怖くてやめれません。
本当に言うと仕事も怖いんです。でも生活のために仕事はしなきゃいけないので来月から復帰します。担当医はまた大鬱になるよ、と言ってますがどうすれば良いか分かりません。先月と今月は健康保険の方から傷病手当てを貰う予定です。
太ったのか鬱のせいなのかわからないんです。
毎日エアロバイクを30分×2セット、腹筋を50回やってますが効果ありません。
もうどうしたら良いのか分からないので質問させていただきました。
乱文ですみません

Aベストアンサー

向精神薬は服用すると太りやすいという副作用があります。エアロバイク30分×2セットと腹筋50回では消費カロリーは僅かで、やらないよりはマシですが、痩せる効果は微々たるものです。運動で消費するカロリーは、その苦労の割には大したことがありません。食べるほうをコントロールしないと。

Q鬱を薬以外で治す方法2年ほど前から抑鬱状態で波があります。お盆明けから鬱が酷くなり、毎日死にた

鬱を薬以外で治す方法

2年ほど前から抑鬱状態で波があります。
お盆明けから鬱が酷くなり、毎日死にたいと考えてしまいます。
もともとはアウトドアなのですが最近は外に出るのも億劫です。
出掛けたほうが気晴らしになるし楽しいとも思うのですが、なんとなく引きこもりたくなってしまいます。
仕事は毎日行っており、物凄く辛いこともありませんが、仕事が終わるとどっと疲れます。

抗鬱剤に抵抗があるため飲みたくないですが、流石に酷いので3日前からデプロメールを服用し始めました。
抗鬱剤以外にどうすれば良い方向に向かうかアドバイス頂きたいです。
また心療内科のカウンセリングか個人のカウンセリングを受けようか悩んでいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経験者です。
地獄の鬱を経験しました。
薬は本当は嫌だけど、頼らざるを得ない、というの、分かります。

薬以外では、、、

・認知行動療法(トレーニングで、考え方の癖を変化させていく)
・マインドフルネス
・農業体験
・動物セラピー


病院において~~

・精神科の薬を勝手にやめたり飲んだりしてはダメ。処方した医師が、薬の危機を判断できなくなるから。
・同じ薬で2~3週間しても聞かなければ、薬を変えてもらう。合わない薬は毒になるだけ。鬱をひどくさせる。今の状態はこれかもしれない。
・精神科のドクターは、症状に合わせて薬を出すだけなので、症状を的確に伝えるために、ノートに書いていく。
・精神科のドクターは、カウンセリングをしてくれる人ではないから、カウンセラーのところに行こうという計画は良いと思う。

※ 鬱状態が長いので抗うつ剤を飲み続けても、実は躁うつ病(双極性障害)だったという人(=私。)がとても多いです。
「そう」状態が出現しないとわからないので難しいのですが、主治医に「躁うつ病の可能性はありませんか」と聞いてみてください。

Q躁鬱の鬱状態なのでしょうか?

躁鬱の鬱状態なのでしょうか?

こんばんは、
私はひと月前医師から躁鬱と診断されました。
最近薬の作用で朝疲労感が多く通学が苦になっています。
そして最近鬱っぽい症状がてできました。
なにもやるきをおこさなくなぅたり、死にたいと思えたり、とにかく生きているのがめんどくさいです。
でもお医者さんがおっしゃるには鬱な人はご飯もろくに食べれないと言っておられました。
今私は医師の指示どうりに薬をのんでいるんですけど、
正直、学校へはいかず入院したいです。
けど親もそんなお金はありません。
しばらく、休学して休養をを取る方がいいのでしょうか?
でも親を困らせたくありません、どうしたらいいでしょう?

Aベストアンサー

躁うつ・不眠などを患ってもうじき15年のおばさんです。

薬を飲み始めてまだ1ヶ月ですか。
副作用が出始めてちょっと辛い時期ですね。
やる気が起きない、めんどくさい。良く解ります。
ただ、食欲に関しては「ろくに食べれない」人もいますし、
不安から過食に走ってしまう人もいます。

1~2回目の処方はまだ「試し」の部分もあります。
どんなに良い薬でも、体質によって「合う・合わない」が
あります。途中で薬が変わるのもよくある事です。
余りにお辛いようでしたら、主治医に相談して薬を変えて
もらっても良いと思いますよ。
とりあえず、医師と納得いくまで相談してみて下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報