インターネット上の取引は日本では訪問販売法という法律によって規定されている
1、はい
2、いいえ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

いいえ


無店舗・・・・届出です。
インターネットでは顧客の所に訪問なんてできないでしょう?
    • good
    • 0

 似た質問がこちらにあります。


 カテゴリーは法律になると思いますよ。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=33683
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません未熟者で
有難うございました

お礼日時:2001/01/29 18:28

ここで「訪問販売法」を検索しても10件出てきます。


自分で探して下さい、人に聞くような内容とは到底思えません。

marimo_
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/01/29 18:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインターネット上の書籍販売について知りたいのですが・・・

インターネット上で紀伊国屋やアマゾンなど色々な書籍販売の会社があるのですが、どれもクレジットカードの支払いのものばかりです。クレジットカードの番号を入力しなければ、購入できないシステムになっているようなのですが、悪用されそうで恐いので、現金着払いなど、クレジットカード以外の支払いができるインターネット書籍販売の本屋さんがあれば教えてください。

Aベストアンサー

BOLなら、コンビニか郵便局での支払いが出来ます。
後払いで、しかも支払うまでの期限が1ヶ月と長いので、すごくありがたいです。
送料は、国内なら一律250円で(出荷が分割になっても、送料は250円のみです)、
1回につき3,500円以上注文すると無料になります。

参考URL:http://www.jp.bol.com/

Q購入したPCに販売員のデ-タがはいってた

1年前に地元の家電量販店で現品限りのノ-トPCを購入。

最近、エクセルを使用し、保存しようとしたら、見知らぬファイルがあり、あけてみたら、購入した家電量販店の販売員の売上デ-タのファイルだったのですが、現品限りなの商品だとこういうことは、よくあるのでしょうか?

また、現品限りの商品に会社でつかってたPCをだすこともあるのでしょうか?


あと、家電量販店にいったほうが、よいのでしょうか?

Aベストアンサー

買ったのは1年も前の話でしょ?
現品限りってことは既にモデルチェンジも行われてるだろうから同等品への交換に応じるとも思えない。
ダメもとでクレーム付けるのはいいと思うけど、当時の担当者がいるかどうかも判らない。
クレーム付けるなら、まず自分でどうしたいのかと落としどころを明確にしてからにしましょう。
例えば「未開封新品への交換を要求」するが「お店のポイントか商品券」で手を打つ、とか。

> 現品限りなの商品だとこういうことは、よくあるのでしょうか?

店頭展示されていたものなら、電源が入ってて誰が何をしてるか判らない状態です。
普通はリカバリした上で電源を入れずに販売すると思いますが、怠慢な店ではそれをしないかも。
リカバリは自己責任でやってねって‥‥ちょっとひどいな。

> また、現品限りの商品に会社でつかってたPCをだすこともあるのでしょうか?

これは何ともいいがたい。店しだいかな。

Q「web上」と「インターネット上」は同じ意味ですか?

今更ですが「web上」と「インターネット上」と言った場合、意味は同じですか?
私は同じ意味として解釈していますが、微妙な違いなどあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「インターネット上」の方が「web上」よりも、広い意味になります
「web上」はインターネットの一部という事です
インターネットは、いろいろなデーターを送受信する取り決め(プロトコルと言う)の総称で、web 以外にもFTPやSMTP等のプロトコルが有ります

http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/netpro00/netpro01.html

Q訪問販売のクーリングオフについて

クーリングオフについての質問です。 昨日訪問販売にてエコキュート、とIHの取り付け契約してしまいました。 一晩考えましてやはり値段も高額なためクーリングオフしようと思っています。 訪問販売の方は今日も家の近くを回っているようなので連絡したら一度伺いますとのことでした。
そこで契約書を返却してもらうことができたら。 クーリングオフは成立するのでしょうか? やはり内容証明郵便などを送る必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

「契約書を返却」してもらうのは、法律上は合意による契約解除と解釈されます。クーリングオフとは別次元の問題となります。
クーリングオフというのは、いったん成立した契約を、消費者の側から一方的に解除できる権利のことです。合意による契約解除は「じゃあせめて経費ぐらいは払ってください」と事業者が要求してくることを法律上は許します。クーリングオフは、そういった損害賠償的な請求も認めない、消費者にとって強い権利ですので、オススメです。
「一度伺います」にはご注意ください。良心的な事業者なら親身に事情を聞いてくれるでしょうが、悪質な事業者なら、その場で契約解除の意思を言葉巧みに撤回させるとか、別の契約をさせるということがあるようです。
クーリングオフは書面で行う必要があります。裁判を覚悟するなら、口頭でも構いません。
最近知人に紹介されたサイトに、自分で書面を書く上でのポイントが紹介されています。参考URLに記しておきますので、ご参照ください。

参考URL:http://cooling-off.ktz.jp/?cid=3576

Q訪問販売法に基づく表示

ホームページで自分の作ったもの(衣類)を販売したいのですが、同様なHPでは訪問販売法に基づく表示というのが使われている場合があり、その決まりなど教えていただきたいのです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

昨日似たような質問に答えたので引用します。(URLは下記)

改正訪販法では、「電話勧誘販売」も「訪問販売」と同様に書面交付義務
(違反は50万円以下の罰金刑)等の規制が強化され、クーリングオフを認める
[訪販法9条の6,7]ことになりましたが、「電話勧誘販売」にはファクシミリ、
パソコン通信、インターネット通信などのニューメディアを利用した取引は
現在含まれていません。
ただし顧客サービスとして任意でクーリングオフを設定することはできます。
ちなみにゲートウェイは以前30日間だったものを10日に短縮しました。

ちなみに「訪問販売法」で検索すると他にも出てくると思いますよ。

osapi124でした。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=26433


人気Q&Aランキング

おすすめ情報