FXをするときに、これだけは読んでおけという名著を教えてください。アマゾンとかで検索しても1000円前後で、これで○億円儲けた!とか毎日を給料日にする!みたいなクズ本しか出てこないので・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1,000円 前後のクズ本と思われるかは!?



今、最大のチャンス到来 【FXで大金持ち】 完璧プラン

話題のFX(外国為替証拠金取引)で人生変える
必勝情報 マル秘ノウハウの『すべて』を一挙紹介!

エン・スパ

¥en_SPA!'07秋
■週刊SPA! 10/19号 臨時増刊
■定価/750円(税込)
■2007年9月19日発売

http://spa.fusosha.co.jp/spa0008/ent_2971.php
    • good
    • 0

名著と言うなら、「マーケットの魔術師」と「新マーケットの魔術師」をおススメします。

これだけは読んでおけというならば、この2冊のうちどちらか1冊です。また「生き残りのディーリング決定版(矢口新)」と「世紀の相場師ジェシーリバモア(リチャードスミッテン)」も名著の部類に入ります。
 最近のおススメは「元プロ・ディーラーが明かす外為FX勝者の条件(山口祐介)」。前出の諸名著にある投資のエッセンスがスッキリまとめられていて、しかも読みやすい。初心者の方には「マーケットの魔術師」よりもこちらの方が理解しやすいと思います。
 今井さんの「外国為替トレード-勝利の方程式」は名著と呼ぶにはやや物足りない気がしますが、FXを始めて1~2年の間は何かと拠り所になる良著です。こちらも手元に置いておけば有益な一冊ですね。
    • good
    • 0

N0.2 の方が挙げられた「今井雅人: 外国為替トレード勝利の方程式」は私も良い本だと思います。

トレードテクニックそのものが書かれているわけではありませんが、FX の舞台裏のことが詳しく紹介されていて大変参考になります。何度読み直しても退屈しない本です。
 もうひとつ「キャシー・リーエン: FXトレーディング」という翻訳本があります。新人トレーダのための導入教科書として書かれたものではないでしょうか。大まかなトレード戦略について分かりやすく解説してあります。そこらへんに多くあるFXの本とくらべてかなり品格が高い、という感じがします。
    • good
    • 0

私、2005年よりFXをしているものです。

その間、購入した関係本35冊!
その大半はKITAOSHINEさんのおっしゃるようにくず本でした・・・・。

でもその中でも初めのころに買った「今井雅人 著 外国為替トレード勝利の方程式」
をことあるごとに繰り返し読みます。最初、よくわからないころは、この本を読んでも
特に感じ入ったところはありませんでした。

ところが日を追うごとにこの本に書いてあることは
真実だろう、と思うようになりました。いまでもそうです。そしてわかったことは、本の題名のように「勝利の方程式のようなものはないのだ」ということと「相場に負けるのではなく、自分に負けるのだ」ということをこの本は教えてくれます。

もしKITAOSHINEサンがもう読んでいるのでしたら余計なおせわになりますね!もしまだ読んでないのでしたら、この本を推薦します。
    • good
    • 0

月並みですが、



【マーケットの魔術師】

でしょうか。

FXに限らず、全ての投資に使えます。

『使える』という表現はおかしいですかね。手法とかは全く乗っていませんから。どちらかと言うと『精神論』的本です。良本です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング