西部の岸が10勝目を挙げマー君と並びました。マー君は残り2試合は対戦相手が相手ですので最悪このまま10勝止まりだとして、岸がさらに勝ったら新人王は岸だと思いますか。他の成績も岸の方が良いですね。そこの所も影響あるのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

勝敗が同等ぐらいなら、まず田中が新人王になるかと想います。



田中が有利な点

1.スター性が岸より上。
新人王は記者の投票によって決まります。
世間受けがいい方が有利になるのは今まででもよくあった。

2.奪三振が多い。
ルーキーとして歴代9位の奪三振数。
奪三振率(1試合平均奪三振)が9,00以上。
これを保持すれば球界初となる。

3.高卒1年目
岸投手は大卒1年目。
やはり経験少ない高卒1年目ということに大きなアドバンテージが出る。
昨年のセ・リーグの新人王争いは、高卒4年目の選手と社会人出身1年目の選手の争いでした。
新人王を獲ったのは社会人出身1年目の選手。
プロでの経験がまったくなかったのが大きなアドバンテージになっていたと想います。
今年の場合は岸投手が大学4年間分多く経験があることになる。


4.楽天の選手
20年以上Aクラスの強豪球団・西武と、2年連続最下位の楽天という所属球団の差。
人情的に「楽天の投手なのに凄い」という思いを持つ人が多そう。

気になるのは防御率が悪いこと。
あと1勝をあげ、防御率がもう少し改善できれば新人王当確と思えます。

この回答への補足

ありがとうございました。11勝目を完投しました!

補足日時:2007/10/03 21:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もどうあってもあと一つは勝たせたいです。その1勝が一番難しい相手でして・・・・マー君は死ぬ気で抑え、打者の皆さんは死ぬ気で打って、守ってもらいたいです。
本当に神の子であると信じます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/24 00:59

私も心配しています 自分のブログでも 少し批判めいたことを書いたのですが 残り試合 ダルビッシュ選手とのガチンコ勝負はやめてほしいです。

 勝てばそれに越したことは無いですが ダルビッシュ選手から勝をとるのはどの球団でもかなり難しいです。まー君のおかげで楽天は強くなった、野球界が盛り上がっていることには間違いありません まー君に勝ち星が付くように ローテや 中継ぎへの継投 考えてほしいです。まー君が岸選手より1勝 多く付けば 全会一致で 新人王 でしょう とにかく お願いしたいですね。

この回答への補足

ありがとうございました。11勝目を完投しました!

補足日時:2007/10/03 21:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

26日のマー君はすばらしかったですね。いっぱい泣けましたけど。
新人王、今はやや安心しています。試合中の解説者の話を聞いているとどの解説者もNo.5の方の1.3.4の理由で新人王はまずマー君だと言っています。特にインパクトがある点を上げています。
ローテの事は私も同じ事を考えましたがそれはマー君自身が応じないでしょう。それとダルビッシュさんの相手は打者の皆さんで、そちらにしっかり立ち向かって頂かないと。マー君には最高投球してもらう事です。でも一番いいのはダルビッシュさんが一日ずれる事ですよね。
マー君と記者さんを信じましょう。ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/28 20:01

私は新人王のマー君が心配です。

 

こんにちは。 私は1940年代から野球を見続けて60年、大の野球ファンです。 私はマー君が新人王にならなければ良いなあと思っています。 歴史の長いアメリカの大リーグでは1949年に初の黒人大リーガーになったジャッキーロビンソンを記念して設けられた賞です。 

初めの頃は後に有名ななった選手が受賞しています。 しかし、これはニグロリーグの大選手がじゅしょうしているからです。 ちょうど、日本のイチロー選手が大リーグに移籍して、一年目から大活躍したようなもの。 

さらに、その後は実績のある中南米の選手がアメリカに来て成績を残して受賞しています。 高校を卒業したばかりで受賞したピッチャーも何人かいますが、彼らのその後は必ずしもうまくいっていません。 

それは、余りにも若くして有名になり過ぎて、慢心してしまったからです。 ですから、18や19才の若さで華やかなスポットライトを浴びることが心配です。

今年、MLBした松坂大輔投手と同い年の投手にサバシアという左腕投手がいます。 2000年のシドニー五輪に優勝したアメリカチームのエースでした。 2メートルを越す長身から投げ下ろす剛速球で頭角を現しました。 しかし、体重が130kgを越え、もうひとつ大成しません。 

チームのコーチも厳しくウェイトコントロールするようにいうのですが、なかなかいうことを聞きません。 若くして名を成すと、どうしても慢心してしまうのです。 マー君の才能に疑いを持つ人はいないと思います。 逆に彼の大成を願うチーム関係者は新人王なんて狙っていないと思います。

昨今の大リーグでは、十代で頭角を現しても、デビューさせるのを控えたりするくらいです。 どの世界でも《大器晩成》を良しとしているのです。 大切なのは今年マー君が新人王を取ることではなく、彼が200勝も300勝もしてくれる大投手になってくれることではないでしょうか。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/MLB_Rookie_of_the_Y …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにご回答は理解できます。
ほかの栄誉はこれからいくらでも取れる人ですのでそれは楽しみですが新人王は今回しか得られないし、せっかく設けられた栄誉ですのでファンとしては、相当苦しんでここまで来た彼に是非取ってもらいたいです。
「余りにも若くして有名になり過ぎて」
彼はすでにかなり有名ですが、彼の望みは注目される事より自分の腕を磨く事のようです。
「マー君の才能に疑いを持つ人はいないと思います」
プロ野球観戦一年生の私はやっぱりそうなのかととてもうれしいです。

お礼日時:2007/09/25 00:24

 あくまで個人的な見解ですが・・・



 どちらの選手も1年目ですが、岸選手は大卒希望枠で入団した選手、
マー君は高卒ですよね。成績に大きな差がなければマー君だと思うの
ですが・・・ 私はこの差が記者投票の結果に結構影響するような気
がします。

この回答への補足

ありがとうございました。11勝目を完投しました!

補足日時:2007/10/03 21:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。気が楽になりました。

お礼日時:2007/09/24 00:50

勝ち星が同じであれば田中選手で間違いないでしょう。


話題性はもちろん、奪三振数も多いし、楽天球団の躍進の原動力になったと考えれば。
ただ、勝ち数が逆転されてしまうと厳しいかも。
記者の投票ですので、田中選手の方が有利だと思いますが、勝利数を上回っている新人がいれば、そちらを選出した場合「なぜ?」ということにもなりますし。
すっきり決めるために田中選手にがんばってもらいましょう。

この回答への補足

ありがとうございました。11勝目を完投しました!

補足日時:2007/10/03 21:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2007/09/24 00:48

どうもこんにちは!




現時点での両投手の主な成績は、

◎岸孝之投手 = 出場22試合、登板141回、10勝7敗、防御率3.45、奪三振125、完投2、完封2

◎田中将大投手 = 出場26試合、登板169回、10勝6敗、防御率4.05、奪三振175、完投2、完封1

勝星は並びましたが、防御率は岸投手が上で完封も2つあるのに対して、田中投手は負数が
1つ少なく、奪三振数も現在3位と目立っています。
防御率4点台というのはちょっと厳しいですね。

かなりのデッド・ヒートとなりそうですが、最終的には勝ち星の数で決まりそうな感じです。
田中投手が勝ち星で上回れば、防御率に関係なく当確だと思いますが、もし勝ち星が並んだま
まなら、防御率・勝率で優る方が新人王(最優秀新人)を取るのではないでしょうか。

マー君の知名度は抜群ですが、新人王を選ぶのは5年以上プロ野球を担当しているベテラン記
者の方達ですから、逆に成績にはシビアになるのでは、と思います。
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/p_era/


ご参考まで

この回答への補足

ありがとうございました。11勝目を完投しました!

補足日時:2007/10/03 21:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。マー君が抜群の知名度と言う事の一つには所属するチームの中での活躍の度合いと言う事もあると思うのでベテラン記者さんにはそこも見てもらえると信じます。ですが勝ち星が多い選手に取らせなかったら問題になっちゃうでしょうね。

お礼日時:2007/09/22 15:08

http://baseball.yahoo.co.jp/npb/stats/stats_p_pi …

2勝離されれば厳しいですが、1勝差なら田中君で固いのではないかと思います。
防御率は僅差です。
投票は記者です。
パリーグの話題作りに貢献したと思っており記者は田中贔屓です。
そのほうが紙面が作れ、新聞が売れます。

この回答への補足

ありがとうございました。11勝目を完投しました!

補足日時:2007/10/03 21:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私は西部と言うチームがどういうチームかほとんど知りませんが楽天の事はマー君を応援していて理解しました。試合内容というかチームが楽天だと言う事も記者の皆さんが考慮していただけるとマー君もうれしいと思います。プロ野球はすごく面白いですがクールな世界ですね。

お礼日時:2007/09/22 14:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマー君と坂本の対戦

野球中継の時、楽天のマー君と巨人の坂本が交流戦で激突と出ていましたが本当にそういう予定なのですか。

Aベストアンサー

まあそういうチャンスがあるということでしょうね。
今年は坂本がレギュラーに定着した為に、先発として登板の可能性があれば当然マー君と対戦する事になる訳で☆

Q西部 ルーキー岸投手 昨日の紅白戦のミス アウトカウントを勘違い?

スポーツニュースでなんとなく聞いていただけなので、いまいち状況が理解できなかったのですが、

ランナー1塁3塁の場面で、岸投手がピッチャーゴロをキャッチ。
1アウトだったから、本来は2塁→1塁とボール投げてゲッツーにしなければ
いけなかったのに、2アウトと思い込んでいて、いきなり1塁にボールを投げてしまった
ということでしょうか?

Aベストアンサー

昨日スポルトで映像を見ましたが、その通りだと思います。

ワンバウンドで岸投手のグローブにボールが入り、一瞬間が有りました。
後で言っていた事は「一瞬頭の中が真っ白になった」と言っていましたので
何も考えずに一塁に送球した感じだと思います。

Qマー君、来オフにもメジャーへ

とうとう・・・楽天のマー君(田中将大)までが、来期オフにポスティングにてメジャー挑戦らしいです(@_@)

またまた「日本の宝」が海外流出となりそうですが、ダルビッシュ・黒田と並んで日本プロ野球選手のレベルの高さをメジャーに見せつけて欲しいものです(*^_^*)

それはさておき・・・皆さんは田中将大投手が現在のメジャーで活躍している日本人選手と比べて、どれくらい活躍出来ると考えますか?

たとえば、「松坂<田中≦黒田」とか「岩隈<田中<ダルビッシュ」など他選手と対比して貰えると助かります(^_^;)

私的には、故障が無ければ「黒田≦田中≦ダルビッシュ」かと・・・(*^_^*)

でも・・・一番心配なのは奥さんの「里田まい」が外国で生活できるかどうかです(笑)

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

知り合いの元プロ野球選手(松坂投手もダルビッシュ投手、田中投手などと同時期に現役でした)。詳細は選手が特定されるので控えますが・・・。

松坂投手が日本にいたときは球威、きれともに特急品だったそうです。
田中投手は球威は松坂投手以上、切れは及ばない、でも球質の重さはすごいそうです
ダルビッシュ投手は切れが格段にすごかったそうです。ただ、球質は案外軽いといっていました。

勝手に判断すると、
元気なままだっただったら
松坂投手>田中投手>ダルビッシュ投手
ではないかと推察します。

入る球団にもよりますが、田中投手が強いチームに入れば、15勝ぐらいはすると思います。

その後は、黒田投手やイチロー選手のように節制して、松坂投手のような関取体型にならなければ活躍し続けられると思います。

ワールドシリーズで日本人同士の投げ合いがあったらすごいですよね。

Qマー君、投球練習開始!

ニューヨークヤンキースの、田中投手が、右肘のじん帯部分断裂で、戦線離脱していましたが、いよいよ復帰に向け、投球練習を開始するようです。当方は、詳しく無いのですが、田中投手は、まだ25歳との事で、この歳でのじん帯の故障と言うのは、いささか早い印象を受けるのですが、こんなものでしょうか?後、8年、出来れば10年、15年位は一線で頑張って欲しいものですが、この故障は、選手生命を縮める事になるのでしょうか?それとも、技、投球術を覚え、今後に活かすには、良い機会だったのでしょうか?

Aベストアンサー

>マー君、投球練習開始!
田中投手は、まだ25歳との事で、この歳でのじん帯の故障と言うのは、いささか早い印象を受けるのですが、こんなものでしょうか?

原因は、高校野球や日本シリーズでの異常な投球数に代表されるような酷使、成れぬMLBのボールやパワーヒッターへの対応にスプリット等の腕の振りやしなりを伴う投球と筋肉の負担疲労が一因だとも言われています。

年齢的には10年余の経歴が有り、ひじや肩への負担と消耗も活躍の反面、影響代償も大きいと思われ、個人差や投球フォームや肉体構造、メンテナンスの問題等もあり、一概に25歳が危険年齢とか早すぎるとかは一概に言えないように思います。

>後、8年、出来れば10年、15年位は一線で頑張って欲しいものですが、この故障は、選手生命を縮める事になるのでしょうか?それとも、技、投球術を覚え、今後に活かすには、良い機会だったのでしょうか?

そうですね・・・日本人・NPBの誇りであり、MLBでの活躍を喜び楽しみにしています。
「災い転じて福となす」とか「雨降って地固まる」という諺が有りますが、故障者リスト入りとじん帯トラブルを危険信号として用心する中で、フォームや投球術や得意球の工夫、故障なく長く活躍出来ればと思います。
何よりも、無理しての再発悪化が怖いし、トラウマに成っての投球フォームやボールに萎縮がないことを祈っています。

良い機会(警鐘・早目のドクターストップ・手術の回避)だったかどうかは、これからの彼の努力や工夫や節制に依るでしょうが
良い機会(休養・点検・色んな体験はっけん)に成ったと言えるようにしてほしい、そんな事もあったと言える&語り継がれるような今後の大活躍を期待祈念しております。

>マー君、投球練習開始!
田中投手は、まだ25歳との事で、この歳でのじん帯の故障と言うのは、いささか早い印象を受けるのですが、こんなものでしょうか?

原因は、高校野球や日本シリーズでの異常な投球数に代表されるような酷使、成れぬMLBのボールやパワーヒッターへの対応にスプリット等の腕の振りやしなりを伴う投球と筋肉の負担疲労が一因だとも言われています。

年齢的には10年余の経歴が有り、ひじや肩への負担と消耗も活躍の反面、影響代償も大きいと思われ、個人差や投球フォームや肉体構造、メ...続きを読む

Qマー君のガッツポーズ、そんなに悪いの

マー君のガッツポーズ、何が問題なのですか?
皆さんもご存知の事とは思いますが、日本シリーズ第2戦、マー君がロペス選手から三振を奪った時のガッツポーズ+雄たけびが多少、問題になっております。メジャーでは相手へのリスペクトに反する侮辱行為になると・・・でも、私にはメジャーだろうが、日本だろうが、何故、侮辱行為になるのか分りません。もし、侮辱行為になるのなら、ホームランなど得点を上げた時もガッツポーズをしたり雄たけびを上げたら駄目なのですか。以前、ポストシーズンでヤンキース松井選手が塁からホームに帰ってきた時に、ホームベース上でガッツポーズ、雄たけびを上げた事がありました。マー君の行為が侮辱行為になるのなら、松井選手の行為も侮辱行為でしょう。いや、選手だけではなく、星野監督の様にベンチで叫ぶのも相手に対する侮辱行為でしょ。メジャーのベンチではガッツポーズや雄たけびをする人はいないのですか?また、ラミレス選手の「ラミちゃん、ぺ」や「アイーン」、掛布さんが指摘された様に、ホームランを打った後、選手が指を応援席に向ける行為も問題ありでしょう。これらの行為は自然に出るガッツポーズや雄たけびと違い、明らかに意識してやっている訳だから・・・。
それに相手に対するリスペクトと言うのなら、メジャーは野次も飛ばさないのですか。日本では川籐選手の様に野次将軍もいました。その中には相手に対する野次もあったと思います。それらを全て否定するのなら、感情を抑えるお行儀の良い選手ばかりになると思いますが、実際にはそんな事はありません。

書き殴ってしまい申し訳ありませんが、私には理解出来ないのです。皆様の意見をお聞かせ頂きたいと思います。お願いします。

マー君のガッツポーズ、何が問題なのですか?
皆さんもご存知の事とは思いますが、日本シリーズ第2戦、マー君がロペス選手から三振を奪った時のガッツポーズ+雄たけびが多少、問題になっております。メジャーでは相手へのリスペクトに反する侮辱行為になると・・・でも、私にはメジャーだろうが、日本だろうが、何故、侮辱行為になるのか分りません。もし、侮辱行為になるのなら、ホームランなど得点を上げた時もガッツポーズをしたり雄たけびを上げたら駄目なのですか。以前、ポストシーズンでヤンキース松井選...続きを読む

Aベストアンサー

まず、大前提として書かせていただくと…。

「プロスポーツは生活を賭けた戦い。」

アマチュアスポーツなら、礼節に則って…結構なことです。

というより、かつてのプロ野球は投手も打者も相手への敬意・リスペクトは決して忘れてはいませんでした。過度のパフォーマンスにより相手選手の気持ちを害するなどとんでもない。

ただ、そういう意識が徐々に欠けてきて、おまけに妙に感情を表に出す、ある種のアメリカナイズされた選手ばかりがプロ野球を席巻し始めると、そこに歪みが生じてきます。

アメリカで相手選手にガッツポーズや暴言、それこそ○指立てたりF○○Kと叫ぶのは、ないわけではありません。むしろ頻繁にあります。でも、彼らにはその言動すべてに”覚悟”があります。簡単に言えば、報復やむなしの意識です。やられたら倍返し、倍返しには3倍返しが常識のMLBです。言葉やゼスチャーによる挑発行為(これはやった本人の意識などどうでもいい。見せられた側が挑発と受け止めればそれは挑発。この辺りの意識が昨今の日本人に欠けていますね)には、まずは危険球で応戦。危険球で収まらなければ、今度は乱闘。MLBの報復はこういう”システム的”になっています。

無論、相手にしない選択肢もありますが、そうなると今度その選手に付けられる球界の評価は”腰抜け”。最悪、報復行動を取らなかっただけでマイナー落ちです。メジャーリーガーには、最低でもやられたらやり返せるだけの度胸が必要ということです。

マー君の何がいけないか。というより、MLB挑戦を公言する日本人の何が問題なのか。日本人投手や打者にとって、口ではMLB挑戦とか移籍とか言っていますが、まともに成功した人数が片手の指ほどしかいない。それは、すべてこの”MLBの戦闘意欲”を頭で理解出来なかった結果。向こうでは、ガッツポーズ、手を叩く、指でアウトカウントをゼスチャーで見せるなどは絶対禁止。かといって例えば打者にとっては背中に通された速球には乱闘で応戦しなければいけない。MLBの印象として派手なポーズなどを想像する方もいるかも知れませんが、それはあくまでも前述の通り、

「報復されても文句なし。その代わり、来たら応戦するぜ?」

この意思表示と受け止められるものです。つまり、MLBでガッツポーズは何を意味するか。

「悔しかったらかかってこい。」

こういう意味になります。殴られても誰もかばってはくれません。援護として乱闘に参加は当然するでしょうが(むしろ義務)。

日本プロ野球とアメリカMLBは違います。もちろん、それを勘違いする助っ人外人の乱闘も過去には多くありましたし、それに嫌悪感を示す日本プロ野球ファンも多かった(乱闘が楽しみと言えて初めて本当のファンですが)。でも、マー君に限ればシーズン当初から来季のMLB挑戦を半ば公言していた。そしてガッツポーズしたのはMLB経験者。

そもそも当事者の巨人・ロペスも、現在の世論でマー君のガッツポーズに反対する自分を含めてのファンも、日本で悪いとは言うつもりはありません。それでも抑えてくれるくらいが大事なのですが。ただ、アメリカに行こうかという選手が、いくら大事な試合で興奮状態とは言えあれは将来的によろしくない。ロペスではないですが、向こうでは暴言の応酬なら軽いもの、ガッツポーズの瞬間に打者がヘルメット・バットを投げ捨てて拳を握って駆け寄ってきても(これがMLBの乱闘の流儀。絶対に武器を持って殴り合わない。無論、応戦する投手もグローブは捨てます)、誰も批判が出来ません。それが向こうの暗黙です。

マー君に輪をかけて激昂型だったダルビッシュが、MLB移籍の2年で怒りを露わにしたことがありますか?唯一あったのは今季中盤、それも相手ではなく味方の捕手ピアジンスキーとのマウンド上での罵り合い、この程度です。
※乱闘にブルペンから参加し損ねて罰金食らったことはあるようですが。MLBはブルペンが外野スタンド前にあるケースもあり、間に合わないのは分かっていたのですが。

あのダルビッシュでさえ、アメリカでの乱闘の危険性を認識した上でおとなしくしているわけですから(どれだけ三振を奪ってもろくに感情を見せずにプイと背中を向けるのは印象的。背中を見せる限り挑発行為にはなりませんから)、マー君もMLBに行く気が本当にあるなら、あちらの流儀・危機管理についても多少勉強すべきだと思いますよ。やられてからでは遅いのだから。あのイチローの打席での投手に向けてバットを立ててのあの仕草も、1年目は露骨な挑発行為と受け止められて危険球の標的にされています。オールスター出場後にあのポーズの理由(バットとバックスクリーンに焦点を動かすことで動体視力を一時的に高める、らしい。本当か?)を取材対応で公表したからこそ、現在は普通にこなせていますが。

とりあえずマー君はMLBに行くなら、吠える・騒ぐ・派手な身振りは慎むべきでしょうね。はたしていつまで我慢出来るでしょうか。だからこそ、個人的には田中将大投手のMLBでの活躍は正直「?」なのですが。

※ちなみに、質問者様のいう”松井秀喜選手のホームイン時の派手なジャンプ&ガッツポーズ”ですが、なぜあれに批判が出なかったか。理由は至極単純です。

「あの後、ヤンキースは”負けて”ますから。」

当該の試合、レッドソックスとのリーグ優勝決定戦はギリギリで勝ち抜けたのですが、結局ワールドシリーズではフロリダ(現マイアミ)・マーリンズに一敗地に塗れました。その上、当時の松井選手のあのプレーは、打者でも投手でもなく”走者”だったこと。自分の打席では当然感情を爆発などさせていませんし、ようやくの勝ち越し点を上げた”得点者”としての感情大爆発なので、正直守備側にしても”誰に怒りをぶつければいいのか分からない”状況ではあったはず(ましてあのプレーは守備側の返球ミスもあったので、ゴジラに報復の理由がない)。よって、報復の心配も侮辱行為もなし。まして入団1年目から地元ニューヨークで人格者と認識されていたゴジラ松井です、むしろ新聞1面に掲載されるほどの賞賛されるポーズだったわけです。感情の出しどころを間違えない、さすがの松井秀喜といったところでしょうか。

まず、大前提として書かせていただくと…。

「プロスポーツは生活を賭けた戦い。」

アマチュアスポーツなら、礼節に則って…結構なことです。

というより、かつてのプロ野球は投手も打者も相手への敬意・リスペクトは決して忘れてはいませんでした。過度のパフォーマンスにより相手選手の気持ちを害するなどとんでもない。

ただ、そういう意識が徐々に欠けてきて、おまけに妙に感情を表に出す、ある種のアメリカナイズされた選手ばかりがプロ野球を席巻し始めると、そこに歪みが生じてきます。

アメリカで相手...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報