ラテン語の有声破裂音はゲルマン語で無声破裂音になると聞きました(グリムの法則)。
では、この具体例をちょっとこの耳に囁いていただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ラテン語」に関するQ&A: ラテン語について

A 回答 (1件)

こちらに例が出ていました。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA% …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学校で教えているのはアメリカ英語?

こんにちは。学校で教えている英語はアメリカ英語らしいですが、疑問を感じます。というのは、例えば、アメリカ英語では hotという単語ではoが「ア」の音になって「ハット」のようになると思うんですが、学校の英語の先生は「ホット」と発音しますし、waterという単語なら aは「ア」でtはdのように濁り、しかも破裂音も弱くなり「ワラ」のように聞こえるはずなんですが、これも先生は「ウォーター」のように発音します。多分、先生のはイギリス式の発音に近いんだと思います。
そこで質問ですが、学校で教わる英語って 本当にアメリカ英語なんでしょうか?

Aベストアンサー

ご指摘のアメリカ英語の発音は、東部海岸、NYあたりの発音です。
映画などでは、NYが舞台になりやすく、また、日本に来ているアメリカ人もその辺が多め。なので、アメリカ人の英語発音となるその辺のイメージなる。
教科書では、中西部をスタンダードにしているので、NYの英語とはまた別となっております

Qドイツ語・ラテン語・イタリア語で訳してくださいませ

【気概】【思い込み】【自己暗示】の3つの日本語をドイツ語・ラテン語・イタリア語で、書きと読みを教えてください。
【気概】はそのままの意味で良いのですが、【思い込み】意味は「決めつけてかかる」などの意味合いではなく「自分に言い聞かせる」といったプラス思考の意味合いで使いたいので、もし複数あるようでしたらそちらの意味で教えていただけると幸いです。【自己暗示】も思い込みに近い意味合いで質問に加えました。
可能であれば熟語や文章ではなく、単語でお答えいただけると助かります。又、【気概】【思い込み】は単語でお答えいただけるかもしれませんが、【自己暗示】は熟語的な回答になってしまうかもしれませんが、その場合はそれで結構でございます。

色々と条件提示して大変恐縮でありますが、どうかご回答いただけますようお願いいたします。

Aベストアンサー

気概
ラテン語 animus アニムス または mores モーレース
ドイツ語 (der) (starke) Geist (デア)(シュタルケ)ガイスト ※ der は定冠詞
「(その)(強い)心・精神」ということ

思い込み・自己暗示
ラテン語 名詞 (ad)monitus sui (アド)モニトゥス・スイー/ 動詞 suum (ad)monere スウム・アドモネーレ
ドイツ語 (die) Autosuggestion (ディ)アウトズゲスティオーン

※ ラテン語は「自分に言い聞かせる・念を押す(こと)」という意味ですが、一語では表現できません。またドイツ語・ラテン語には語形変化があり、ここに書いたのは「原形」のようなものと考えて結構です。そのため目的が何かは存じませんがそのままでは “使えない” ことが多いのも注意です。

ラテン語で suimonitus スイーモニトゥス「自分に念を押すこと」という名詞を作ってしまう方法もあります(今のところ使用例なし)。どうせ古典期にはなかったものですから造語しても仕方ありません。suicide「自殺」という単語が suicidium という “新しく作られた単語” に由来するのと同じです。

また、autosuggestion という現代のラテン系単語(たいていのヨーロッパ語では似たような形です)を “古典語式に綴り直す” のも一方法です。autosuggestio アウトスッゲスティオー。 ただし auto- は本来ギリシア語の要素なので古典語式と言うと少々違和感あり。

気概
ラテン語 animus アニムス または mores モーレース
ドイツ語 (der) (starke) Geist (デア)(シュタルケ)ガイスト ※ der は定冠詞
「(その)(強い)心・精神」ということ

思い込み・自己暗示
ラテン語 名詞 (ad)monitus sui (アド)モニトゥス・スイー/ 動詞 suum (ad)monere スウム・アドモネーレ
ドイツ語 (die) Autosuggestion (ディ)アウトズゲスティオーン

※ ラテン語は「自分に言い聞かせる・念を押す(こと)」という意味ですが、一語では表現できません。またドイツ語・ラテン語には語形変...続きを読む

Qラテン語の有声破裂音はゲルマン語で無声破裂音になると聞きました

ラテン語の有声破裂音はゲルマン語で無声破裂音になると聞きました(グリムの法則)。
では、この具体例をちょっとこの耳に囁いていただけませんか?

Aベストアンサー

こちらに例が出ていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

Qスイス語 スイスではドイツ語、フランス語、イタリア語、そしてロマンス語

スイス語 スイスではドイツ語、フランス語、イタリア語、そしてロマンス語?があると聞きましたがこの最後のは現在も使われているのでしょうか?どの辺の地域(町)で使われている(いた)のでしょうか?あと、スイス人全員が全部を話せるのですか?それともスイス人同士でも言葉が通じないことがあるんですか?

Aベストアンサー

 下記に方言の地図と情報があります。

 話し手は約二万、ドイツ語とバイリンガルの人が多く。スイスの公用語4つの一つなので、政府にロマンス語で文書を出せば、ロマンス語で返事がもらえる。ただしこの特権はロマンス語の話し手に限られるそうです。

 http://en.wikipedia.org/wiki/Romansh_language

http://www.infoplease.com/ce6/society/A0841684.html

 ドイツ語、フランス語、イタリア語は、全部話せる人は少なくないようですが、いちばん購読者数の多いのはドイツ語の Tages-Anzeiger と Neue Z?rcher Zeitung NZZ ついでフランス語の Le Temps だそうです。

Q口唇破裂音

マ行、パ行などを口唇破裂音とよびますがそのほかの
発音(カ、サ行~)はそれぞれなんと呼びますか?
詳しいサイトがあったら教えてgoo

Aベストアンサー

こんにちは。

【カ行】は、
 『カ』『ク』『ケ』『コ』が軟口蓋破裂音(無声)
 『キ』が硬口蓋破裂音(無声)
【サ行】は、
 『サ』『ス』『セ』『ソ』が歯茎摩擦音(無声)
 『シ』が歯茎硬口蓋摩擦音(無声)
【タ行】は、
 『タ』『テ』『ト』が歯茎破裂音(無声)
 『チ』が歯茎硬口蓋破擦音(無声)
【ナ行】は、
 『ナ』『ヌ』『ネ』『ノ』が歯茎鼻音(有声)
 『ニ』が歯茎硬口蓋鼻音(有声)
【ハ行】は、
 『ハ』『ヘ』『ホ』が声門摩擦音(無声)
 『ヒ』が硬口蓋摩擦音(無声)
 『フ』が両唇摩擦音(無声)
【マ行】は、
 すべて両唇鼻音(有声)
【ヤ行】は、
 歯茎硬口蓋接近音(有声)
【ラ行】は、
 すべて歯茎弾き音(有声)
【ワ行】は、
 両唇接近音(有声)

【ガ行(語頭)】は、
 『ガ』『グ』『ゲ』『ゴ』が軟口蓋破裂音(有声)
 『ギ』が硬口蓋破裂音(有声)
【ガ行(語中:いわゆる鼻濁音)】は、
 『ガ』『グ』『ゲ』『ゴ』が軟口蓋鼻音(有声)
 『ギ』が硬口蓋鼻音(有声)
【ザ行】は、
 『ザ』『ズ』『ゼ』『ゾ』が歯茎摩擦音(有声)
 『ジ』が歯茎硬口蓋破擦音(有声)
【ダ行】は、
 『ダ』『デ』『ド』が歯茎破裂音(有声)
【バ行】は、
 すべて両唇破裂音(有声)
【パ行】は、
 すべて両唇破裂音(無声)

【拗音】については、
 『キャ』『キュ』『キョ』は硬口蓋破裂音(無声)
 『ギャ』『ギュ』『ギョ』(語頭)は同(有性)
 『ギャ』『ギュ』『ギョ』(鼻濁音)は硬口蓋鼻音
 『シャ』『シュ』『ショ』は歯茎硬口蓋摩擦音(無声)
 『ジャ』『ジュ』『ジョ』は同(有声)あるいは、歯茎硬口蓋破擦音(有声)
 『チャ』『チュ』『チョ』は歯茎硬口蓋破擦音(無声)
 『ニャ』『ニュ』『ニョ』は歯茎硬口蓋鼻音(有声)
 『ヒャ』『ヒュ』『ヒョ』は硬口蓋摩擦音(有声)
 『ビャ』『ビュ』『ビョ』は両唇破裂音(有声)
 『ピャ』『ピュ』『ピョ』は同(無声)
 『ミャ』『ミュ』『ミョ』は両唇鼻音(有声)

とよばれます。
ただし、『カ』『ク』『ケ』『コ』『キャ』と『キ』『キュ』『キョ』は調音点が前後に幅があり、
同様に、『ガ』『グ』『ゲ』『ゴ』と『ギャ』『ギ』『ギュ』『ギョ』、
鼻音の『ガ』『グ』『ゲ』『ゴ』と『ギャ』『ギ』『ギュ』『ギョ』、
鼻音の『ギョ』『ギ』『ギュ』『ギョ』と『ニャ』『ニ』『ニュ』『ニョ』も調音点が前後に幅を持っています。
同じ『行』でも、どの母音を伴うかによって調音はことなります。
そのほかに、方言によっては違った調音もあるようです。

『両唇音』とか『歯茎音』とかいうのは、『調音点』といい、日本語では、『両唇音』『歯茎音』『歯茎硬口蓋音』『硬口蓋音』『軟口蓋音』『声門音』を用います。
『摩擦音』とか『破裂音』とかいうのは、『調音法』といい、「息の流れをどのように妨げるか」の近いです。
『有声音』『無声音』に関しては、声帯振動があるものを『有声音』、ないものを『無声音』をいいます。

不明な点は補足します。
それでは。

こんにちは。

【カ行】は、
 『カ』『ク』『ケ』『コ』が軟口蓋破裂音(無声)
 『キ』が硬口蓋破裂音(無声)
【サ行】は、
 『サ』『ス』『セ』『ソ』が歯茎摩擦音(無声)
 『シ』が歯茎硬口蓋摩擦音(無声)
【タ行】は、
 『タ』『テ』『ト』が歯茎破裂音(無声)
 『チ』が歯茎硬口蓋破擦音(無声)
【ナ行】は、
 『ナ』『ヌ』『ネ』『ノ』が歯茎鼻音(有声)
 『ニ』が歯茎硬口蓋鼻音(有声)
【ハ行】は、
 『ハ』『ヘ』『ホ』が声門摩擦音(無声)
 『ヒ』が硬口蓋摩擦音(...続きを読む

Qfranciaというラテン語が羅語辞典にないのは何故?

ラテン語に不案内でお尋ねします。
historia franciaという書があるので、そういう語が辞典の見出し語に
あっていいはずと思うのですが。

Aベストアンサー

historia francica なら正しい形です。前にも書いたように古典期に「フランス」という国がなかったので Francia という国名と形容詞は「新しい」ラテン語であり辞書では扱っていないことが多いのです。また辞書では形容詞は「男性単数主格」で引かないといけないので見出しになるのは francicus という形です。この辺の約束事を知らないとラテン語の辞書は引けません。
類例 Japonia - japonicus(日本-日本の)
古典期の人が日本の存在を知ることはないのでこれも新しい単語です。

ラテン語は日常的に使われなくなってからも長いこと学問の言葉として使われたためこういう新しい単語がたくさんあります。

Q電子レンジ内での破裂音について

ラップをかけたものを
電子レンジで加熱しているときに、
なかで「ポン!」と破裂音のようなものがするときがあります。
しかし、取り出してみるとラップが破けているわけでもありません。
あの音の正体は何でしょうか。

Aベストアンサー

食材に破裂跡が見られなければ、空気の膨張です。

空気は温められると膨張=体積が増えるので
ラップがドーム状に膨らんで、逃げ場を失った空気が
ラップの端から「ボン」と音を立てて抜けます。
空気が一気に抜ける穴は小さいので、そのまま抜けきってしまうと
何事もなかった様に、元の状態と変わりない状態に戻ります。

逆に、ラップが容器に密着し過ぎてる場合は、ラップに亀裂が入った状態で破れ
特に冷蔵庫で長い時間冷やされてると、この膨張も大きくなります。
只、音の大きさは、空気量とラップの密着具合によります。

Qドイツ語の有声閉鎖音について

今ドイツ語の有声閉鎖音についての論文を書こうと思ってるんですが、
音節の「coda」の位置に有声閉鎖音(b、d、g)があるとき、その有声閉鎖音が無声(p、t、k)になるんですが、
音節の「onset」の位置に有声閉鎖音がきても
無声になる例はありますか?

知っていらっしゃる方がおられましたら、
教えてほしいです。

Aベストアンサー

makowestさん!ご存知とは思いますが,ドイツ語の発音特に b, d, g の発音に関する限り,No.1 のkankororin さんの言われている通り辞書(Siebs, Vietor, Duden)などで"正式(?)”と記述されている通りに発音する人は,ドイツ語を公用語とする諸国には一人としていないと言われております。音節の”onset"とは音節の”初め”と思います。「辞書的」には無声音はならない筈です。しかし,実際の発音ではあり得ます。が地方的あるいはその個人的なものであると思います。学生時代,修道院にいた若いドイツ人が,”Sie kommt ohne Begleitung. とか "Sie kommt ohne Bekleidung."なんて冗談に言っておりました。意味はお分かりと思います。ドイツ音声学の日本語で書かれた参考書としては,"ドイツ語音声学序説”と"ドイツ語の発音の研究”と言うのがありますが,おそらく絶版と思います。大学の図書館などで捜してみて下さい。なお,"無声音”ではなく"半有声音”(有声音が弱くなったもの)と考える学者もいるようですが。回答にならなくて申し分けありません。ドイツ語で書かれた研究書ならば数多くありますが。。。

makowestさん!ご存知とは思いますが,ドイツ語の発音特に b, d, g の発音に関する限り,No.1 のkankororin さんの言われている通り辞書(Siebs, Vietor, Duden)などで"正式(?)”と記述されている通りに発音する人は,ドイツ語を公用語とする諸国には一人としていないと言われております。音節の”onset"とは音節の”初め”と思います。「辞書的」には無声音はならない筈です。しかし,実際の発音ではあり得ます。が地方的あるいはその個人的なものであると思います。学生時代,修道院にいた若いドイツ人が,”Sie ...続きを読む

Q日本語の「フ」と「タ行」発音が破裂音になってしまう。

外人の友達に指摘されたのですが、私の日本語の発音で「フ」と「タ行」発音が破裂音になって別の音に聞こえてしまうそうです。日本人同士の会話では問題ないと思うのですが、これから日本語教師になりたいと思っている自分には問題なんです。

音を直す方法は何かあるでしょうか。ご教授ください。

Aベストアンサー

大学で音声学をやったことがある程度の者です。

kumayujieさんの文章を読んで、まず自分の知識をうがったので、まずは確認させてください。

1、タ行のタ・チ・ツ・テ・トの全ての音が破裂音になっている、ということですか?(タ・テ・トはもともと破裂音ですので、チとツが破裂音になっている、といいたい?)
2、フを発音するとき、「どこで」発音されているか分かりますか?(つまり、どこで破裂させているか)

タ行は破裂音として発音しても聞いたら認識は可能かもしれないですが、フを破裂させたら、「フ」と聞こえない気がするんですが。

どちらにせよ、周りの発音を聞いて覚えて育ったと思うので、まずはご両親に協力していただいて、発音するのをよくみることだと思います。
破裂させないようにするのは、それほど難しくないと思うので、まねてやってみてください。
もしご両親もあなたと同じ発音をしているのであれば、友達に協力してもらいましょう。
ご両親(または育ての親とか親代わりとか)の発音が違うのであれば、あなたは生育の過程で一度は正しい発音をしていたと考えられますので、直すのはそれほど難しくないと思いますし、最初からずっとその発音であったとしても、子供の頃から正しいといわれる音だって聞いて育っているでしょうから、大丈夫ですよ。
外国語で全く知らない音ではないので。

大学で音声学をやったことがある程度の者です。

kumayujieさんの文章を読んで、まず自分の知識をうがったので、まずは確認させてください。

1、タ行のタ・チ・ツ・テ・トの全ての音が破裂音になっている、ということですか?(タ・テ・トはもともと破裂音ですので、チとツが破裂音になっている、といいたい?)
2、フを発音するとき、「どこで」発音されているか分かりますか?(つまり、どこで破裂させているか)

タ行は破裂音として発音しても聞いたら認識は可能かもしれないですが、フを破裂させた...続きを読む

Qラテン語について

今,医学ラテン語について勉強しています。それでどうしても分からないことがあったので質問します。
奇静脈という静脈があり,ラテン語はVena azygosと書いてありました。azygosという語は名詞の後にあり形容詞のような感じもするのですが,語尾から考えても第1変化形容詞でも第2変化形容詞でもなさそうです。
azygosの品詞と,その活用を教えていただけると幸いです。
ご教授よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

No.2です。

前回の回答でどうも引っかかるのでギリシャ語の大きい方の辞書(Liddell&Scott Greek-English Lexicon)を確認したら、αζυξの属格のαζυγοsとは別に、形容詞でαζυγοs(azygos)という語が記載されているのを見つけました。φλεψ αζυγοs vena azygos という用例が Gal.15.529 とありますからこれはガレーノス のことでしょう。

つまり、No.2での第3変化のαζυξの属格という回答は間違いでした。

azygosは形容詞の単数主格です。ギリシャ語のこのタイプの形容詞(つまり否定のa-で始まる)は男女同形(この場合は文法的には女性)です。「結びつきの無い」「未婚の」「(二つ一組にならず)単独の」という意味です。「奇妙なつながり方をした」という見方も出来ます。

以上訂正します。申し訳ありませんでした。

phleps azygosというギリシャ語をラテン語に翻訳してvena azygos となったのです。おそらくいくつかの理由でazygosは訳しにくかったのでしょう、ギリシャ語そのままの形で残ることになりました。

それにしてもガレーノスは紀元後2世紀の人です。その用語が今でも使われているとは!

医学ラテン語については特に専門的に勉強したことはありません。たまに翻訳の仕事で必要なのでステッドマンと看護学生向けの解剖学書は一冊持っていますが。結局のところ古典語の文法と語彙をしっかり身に付けるのが遠回りでも一番よい方法だと思います。なかなか時間をかけるのが難しいのですが。

ところでNo.3さんのインターネット検索でヒット数が少ないという件について少々。

「教えてgoo」「OKWeb」ではギリシャ語の気息記号・アクセント記号付きの文字は文字化けを起こすので記号を省略表記することにしています。本来αζυξの先頭のαには左向きの気息記号と鋭アクセントが付いています。unicodeで0x1f04です。これを補えばazyxは100件以上、azygosも各変化形合わせて同じくらいの数のヒットがあるはずです。

No.2です。

前回の回答でどうも引っかかるのでギリシャ語の大きい方の辞書(Liddell&Scott Greek-English Lexicon)を確認したら、αζυξの属格のαζυγοsとは別に、形容詞でαζυγοs(azygos)という語が記載されているのを見つけました。φλεψ αζυγοs vena azygos という用例が Gal.15.529 とありますからこれはガレーノス のことでしょう。

つまり、No.2での第3変化のαζυξの属格という回答は間違いでした。

azygosは形容詞の単数主格です。ギリシャ語のこのタイプの形容詞(つまり否定のa-で始まる)は男...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報