どうすると監察医ってなれるんですか?
なんか,推理みたいな,奥が深いみたい,やりがいみたいなのにあこがれて,将来の夢っていうか,なりたいなって思ってます。
医学部出ればいいんですよね。
で,なれるものなんでしょうか。
採用数とか。
だいたい,全国に何人ぐらいいるものなのかしらない。
お願いします,教えてください。
知っている人がいるとうれしいな。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 kawakawaさんの回答に一つだけ付け加えますと、医師の資格だけでは監察医務院では勤まりません。

検死だけなら医師の資格で充分ですが、解剖するためにはそれなりの資格が必要です。基本的には、病理学教室か法医学教室などに入って50例だったか100例だったか忘れましたが、専門医について解剖し、その資格をとらなければ医師というだけでは解剖はできません。もしも解剖医の資格を持たずに解剖すれば遺体損壊の罪に問われます。
 おそらく、テレビの監察医のドラマでも見てのことと思いますが現実はそんなにきれいな世界じゃありません。交通事故で損壊の激しい遺体とか、死後長時間経った腐乱死体とか、なかなか大変なせかいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうか,やっぱり,大変な世界だとは思っていましたけど。
原因不明なのを明らかにするんですもんね,やっぱり,損壊の激しい遺体とか、死後長時間経った腐乱死体とかが多いですよね。ちょっと考えちゃいます。甘かったです。
資格とかでも大変なんですね。
いろいろと考えてみます。すごく参考になりました。

お礼日時:2001/01/30 21:18

アメリカでいう検死官が日本の監察医に相当します。


勿論、医師免許が必要ですので、医学部を卒業し、医師国家試験に合格し、医師名簿に登録しなければなりません。
監察医については、『監察医を置くべき地域を定める政令』で;
内閣は、死体解剖保存法(昭和二十四年法律第二百四号)第八条第一項の規定に基き、この政令を制定する。
死体解剖保存法第八条第一項の規定に基き、次の地域を定める。
東京都の区の存する区域、大阪市、横浜市、名古屋市及び神戸市
とされており、これらの地区には監察医が任命されています。
実際には犯罪の場合、被害者の外傷観察までの業務は一般の警官が行い、司法解剖については監察医が行い、犯罪に無関係である場合には行政解剖が監察医によって行われます。
また、専属の監察医は少なく、通常は警察病院や大学病院の医師が非常勤の監察医として登録されています。
都道府県知事が委嘱するものですが、契約期間や条件の設定は基本的に行われません。
解剖費用は1件あたり5万円程度で、遺族が負担しますが、監察医の遺体解剖報酬は年間数千万円に及ぶ場合があります。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか,なるのがむずかしそうですね。
うーん,ちょっと悩みです。
よーく考えてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/28 23:47

「監察医制度」とは、死体解剖保存法に基づいて、伝染病や災害、死因不明の


死体について、死因解明のために都道府県知事が監察医を置き、検案、解剖を
させることのできる制度です。

例えば東京都監察医務院は毎年1万体近い死体の死因を調べ、うち二千体以上
を解剖しています。

行政解剖は日本では、東京都に監察医務院、大阪府、兵庫県及び神奈川県横浜市に
監察医事務所が設置され、制度として行われていますが、他の都道府県では、
この様な行政施設がなく、大学の法医学教室等で類似の解剖が行われているのが、
貧弱な現状です。
(監察医制度のない地域では,発見された死体は,主に警察に嘱託された臨床医が
検案することになっています)

驚くことに「監察医制度」は、敗戦時、昭和21年、GHQの命令で設置された
ものであり、日本人の意志で行われるようになったのではないのです。

ですから「監察医」になれる人は少なく、また定期的に採用がされているわけでも
ないようですよ。

前述の通り、大学の法医学教室などでも同様の行政解剖などを実施することが
ありますので、興味があればそちらを志望されたらどうでしょうか?

でも最初はその気でも、晴れて医学部に入学できると、もっと日のあたる分野
(外科とかの臨床系)に行ってしまう学生が多く、法医学分野は人材難らしいです。

希望に向かって是非頑張ってくださいね。

osapi124でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うー。なるのが大変そうですね。
でも,すごくていねいにありがとうございます。
励ましてくれたり,ほんと感謝です。
よく考えてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/28 23:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行政解剖と司法解剖はどのように異なるのでしょうか。

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

病院通院或は入院中でなく例えば道を歩いていて

急に倒れて死亡された方は死亡診断書が発行できない。

なくなられた方の死因が不詳の場合

行政解剖 或は 司法解剖 が行われるそうですが。

行政解剖と司法解剖はどのように異なるのでしょうか。

要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

 簡単に言えば、犯罪捜査の一環としてなされるのが司法解剖で、それ以外の場合が行政解剖です。
 死体を見つけた警察が「こりゃ殺人だべ」と思ったら司法解剖となり、「行き倒れだな」ということになったら(死体解剖保存法上の)行政解剖となります。解剖のための要件・手続き等は異なりますが、実際に行われることは、要は死因究明であり、それほど違いはありません。もちろん、司法解剖であれば、例えば、傷口の形から他殺か自殺かを検討したりすることが重要になります。

(1)司法解剖
 犯罪による死亡の疑いがある場合に、必要に応じて、捜査官が裁判所に令状を請求して(*1)、鑑定医に行わせる解剖です(刑事訴訟法165条,168条,225条)。
 これは逮捕や家宅捜索と同じような意味で(*2)、強制的な公権力の発動であり、遺族の同意は不要です。
(2)行政解剖
★食品衛生法
 食品等による中毒死の疑いがある場合に、必要に応じて、知事や市長等が、解剖医に行わせる解剖です(食品衛生法28条)。
 原則として遺族の同意が必要ですが(同条1項)、重大な被害発生の虞があれば不要です(同条2項)。
★検疫法
 船や飛行機における死体で、伝染病による死亡の疑いがある場合に、必要に応じて、検疫所長が、検疫官等に行わせる解剖です(検疫法13条2項)。
 原則として遺族の同意が必要ですが、遺族の所在が不明・連絡不能の場合などには不要です(同条項後段)。
★死体解剖保存法
 以上の事由以外で必要がある場合に、保健所の許可を得る(*3)などして行う解剖です(死体解剖保存法7条,*4)。病院で死んだ場合でも、死因を特定するために解剖を行う場合はこの法律に基づきます(*5)。
 原則として遺族の同意が必要ですが、遺族の所在が不明・連絡不能等の場合(同条1号2号)、および監察医制度が置かれている特定の大都市(同法8条,*6)では不要です。

(*1)条文上は、裁判所自身も司法解剖を行なうことができることになっています。
(*2)正確には「鑑定」という処分なので、精神鑑定などと同じ手続きなります。
(*3)監察医等、死体解剖資格者は保健所の許可は不要です。
(*4)これを他の行政解剖とは区別して「承諾解剖」とも言います。
(*5)これを他の承諾解剖とは区別して「病理解剖」とも言います。
(*5)監察医制度のある地域では、一般の医師は異状死体を解剖できません。

 簡単に言えば、犯罪捜査の一環としてなされるのが司法解剖で、それ以外の場合が行政解剖です。
 死体を見つけた警察が「こりゃ殺人だべ」と思ったら司法解剖となり、「行き倒れだな」ということになったら(死体解剖保存法上の)行政解剖となります。解剖のための要件・手続き等は異なりますが、実際に行われることは、要は死因究明であり、それほど違いはありません。もちろん、司法解剖であれば、例えば、傷口の形から他殺か自殺かを検討したりすることが重要になります。

(1)司法解剖
 犯罪による死亡の...続きを読む

Q監察医について

僕は監察医になりたくて、現在医学部に入るため勉強しています。

監察医になるためには医学部に入るのが確実な条件だと思っていますが、少し分からないことがあるので質問させてください。

監察医として働いてお給料が頂けるまで、大学に入ってから通算何年かかるのでしょうか?

(1)医学部の修業年限は6年で、そのあとすぐに監察医として働けるのか。
(2)それとも大学院に進学しなければならないのか。
(3)↑で言う大学院とは法医学教室のことなのか。
(4)大学院〈法医学教室?)に進学するとしたら何年間勉強するのか。

これらのことをご存知の方は、どうかご回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

法医学者というのは博士を持った経験豊富な方たちです。
最初の回答で大学院=法医学教室とはいえないと書きましたが、医学大学院は各専門部で分かれてあり、その中の法医学を専門とする部門が法医学教室と呼ばれています。
医学院には医学部の方のみならず、薬学・理学など、さまざまな部から編入して研究される方も多いです。

教室にはやはり、大学卒業後院生として入られ、研究をされ博士を取り運がよければそのまま院に助教授として残るか、他の大学院から仕事のオファーがくるかのどちらかとお思います。

法医学教室の院生は年に3人いれば多い方です。多くの方は院を卒業後臨床医に戻ります。
大学での司法・行政解剖の多いところとなると最初に書いた5都市を除くといいです。(山口大は年間80体と聞いています。月平均6~7体ですか?多分全国の中でも多い方に入るのでは?)
多くの症状を見ることはできますがその分忙しいかもしれませんね。
私から言えるのはこれくらいです。

まずは医学部!!頑張ってください!!応援してます!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報