人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

県職員になりたいなぁと考えている大学生です。
しかし、まだ何も分からず、どんな問題集でどのような勉強をしたらいいのか
そして、どのような試験があるのか?ということ、
何も分からないので、分かる方に教えていただきたいと
思っています。
県庁で働くには地方公務員の上級を受けないとならないのですか?
ほんとう、何も分からないので恥ずかしいですが、
お伺いします。
どなたか分かる方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.県庁職員の職種は、確か次のような職があったのではないかと思います。


 (職種は、まだ他にもありますが、代表的なものだけ記載しています。)
  (1)事務職  一般事務(知事部局)、学校事務(教育庁関係)、警察事務等
  (2)技術職  土木、建築、農業等
  (3)現業職  道路の維持管理、公用車の運転手等
  (4)医療職  医学部(医師の資格が必要)
2.試験(例:事務職)
  (1)から(3)の試験がありますが、大学卒業者の者は上級と中級を受験する
資格があります。試験日が違うため、両方受験することも可能だと思います。
   (1)上級 
   (2)中級
   (3)初級
  試験は、一次試験(筆記試験)と二次試験(面接試験)があります。
3.試験科目
 上級の試験科目
  政治学、行政学、憲法、行政法、民法、刑法、労働法、経済学、財政学、
経営学、社会政策、国際関係
 中級の試験科目
  政治学、行政学、憲法、行政法、民法、労働法、経済学、財政学、社会学、
社会事情、国際関係
4.職場(例:事務職)
  (1)県  庁  県庁には約100以上の課があります。
         各都道府県の規模によって県庁内に勤務している者だけで
         数千人から1万人程度?(東京都)。県庁外勤務となる出先
機関は、その何倍かの職員がいます。
  (2)出先機関  県税事務所、保健所、福祉事務所、土木事務所等
   転勤があるため、県庁、出先機関を行き来します。 
5.専門学校に行くのが一番近道かも。? 
   この他にも、通信教育の講座もよく新聞等に掲載されていますよ。
(これも案外良いと聞きますでしゅよ。)
   試験科目が多いため、専門学校か、通信教育等の教材がベストだと
   思いましゅよ。 
6.県庁を受験したいのなら、各都道分県ともホームページを持っています
 ので、○○県と入力したら、試験日等が記載されていますよ。
  参考までに福岡県のホームページをみてくだしゃんせ。。

  私の親戚が県庁に勤務していますので、間違いないと思います。

  追伸  試験がんばってください。それでは。。
      但し、仕事は結構忙しいみたいですよ。。。

参考URL:http://www.pref.fukuoka.jp/iinkai/syokuinbosyu/i …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

本当に詳しく教えていただき助かりました!
県庁のホームページにいってみました。
ありがとうございました!!!

お礼日時:2002/08/17 20:06

試験科目などは下の方がキッチリ書いてらっしゃるので・・・



●「受験ジャーナル」(実務教育出版)を読む。

公務員試験受験者には超有名な月刊誌です。ブランドにおけるシャネル、寿司における大トロ、戦国時代における家康って感じですか(?)。
ある程度の規模の書店ならたいがい置いていると思いますが、定期購読も手ですね。紙上模試なんかもありますし、オススメの問題集なども情報としてあるはずです。

県職員、上級じゃなくても初級で入るって手もありますが、大学生で卒業予定なら上級じゃないとダメでしょうね。

いい職員になってね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
さっそく図書館に行って読んでみました。
良さそうな雑誌だったので、定期購買することにします。
ご親切にありがとうございました!

お礼日時:2002/08/17 20:04

こんばんは。



公務員になる人のための学校の案内です。
ここを読めばわかると思います。

がんばってください。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~daiei/koumuin/inde …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考URL、参考にさせていただきました。
ありがとうございます!

お礼日時:2002/08/17 20:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公務員試験、県庁は上級?市役所は中級?・・・就職先の具体例

公務員を視野に入れたことがなかったので
ぜんぜん基本的なことが分かりません。

転職の対象として考えた場合、
受験しても合格=就職とはいかないようですし、
変な意味「候補の中の一つ」にしておくのではなく
それに向けてだけ努力しなければ取得出来ない
気もしています。
ならば、実際どういう仕事が出来るから
上級が必要であるとかある程度知りたいのですが、
大まかで良いので教えて下さい。

Aベストアンサー

県庁でも、市役所でも、上級(大学卒業程度)、中級(短大卒業程度)、初級(高校卒業程度)に別れていることは一緒です。それぞれの試験に年齢制限などの受験資格があります。

確かに、試験に合格しても、採用候補者として名簿に記載され、成績の上位の者から採用されるだけで、イコール採用とはならず、採用されないこともあります。しかし、多くの場合は、そのまま採用されるので、できるだけ、名簿の上位で合格することを目指すことが必要です。

難易度は、上級が一番難しい試験ですが、倍率は、初級でも上級よりも高くなることもありえます。県庁、政令指定都市、県庁所在地にある市などは、倍率は数十倍になることが多く、難易度も比較的高いので、民間企業を受ける片手間では、合格は難しいと思われます。また、小規模の自治体だとしても、採用人数が少ないため、高倍率になる傾向があります。

実際それぞれどういう仕事ができるか、ですが、それほど明確に仕事が分かれているものではないと思います。基本的に、事務職なら、同じく基本的には事務的な仕事をします。しかし、各級において、採用時の初任給や、昇格(出世)の仕方において違いが出てくるので、最終的に、上級で入庁した方の方が、出世し、より責任の重い役職(仕事)につく可能性が高まります。よって、大学卒業(見込み含む)の方ならば、他の級が受けられる自治体だったとしても、試験が難しくとも、上級を目指すことが賢明かと思われます。

なお、もう少しいえば、実際の仕事内容は、市役所では、住民票の交付など、市民と接する、窓口的な仕事が数多くあり、市民に密着した仕事であると言え、県庁では、よりスケールの大きな、仕事も可能だと言う事ができると思います。ただ、市役所でも、政令指定都市に関しては、県庁と同程度の権限が委譲されているため、県庁に準じた仕事内容になると思います。

いずれにせよ、これらの試験に合格するには、しかるべき対策立てる必要があるということはいえると思います。(勉強期間約6ヶ月程度)

勉強の仕方については、実務教育出版の講座は、勉強が必要な範囲を過不足なく収められており、よくできているので、おすすめしておきます。この講座をしっかり勉強されれば、合格は近づくと思います。

県庁でも、市役所でも、上級(大学卒業程度)、中級(短大卒業程度)、初級(高校卒業程度)に別れていることは一緒です。それぞれの試験に年齢制限などの受験資格があります。

確かに、試験に合格しても、採用候補者として名簿に記載され、成績の上位の者から採用されるだけで、イコール採用とはならず、採用されないこともあります。しかし、多くの場合は、そのまま採用されるので、できるだけ、名簿の上位で合格することを目指すことが必要です。

難易度は、上級が一番難しい試験ですが、倍率は、初級で...続きを読む

Q公務員に向いている学部は?

現在高校3年の女子です。今まで将来の事をあまり考えずに
興味が湧いたからというだけで慶應と早稲田の文学部を志望してたのですが、
改めて将来のことを考えると、結婚する気がなく、できれば生涯働きたいと思っているので
公務員を目指してみようかなという気持ちが出てきました。
そこで公務員試験について調べたら、経済や法律からの出題が多いようなので、
志望学部を変えようかなと思い始めました。
こういった観点から考えると、経済学部と法学部だったらどちらの方がよいのでしょうか?
親に相談したら、「お前はやりたくないことに向けて努力できる性格じゃないから興味のある学部にした方がいい」と言われてしまいましたが…
この時期に学部に迷ってるというのはあまりいい事ではないと思うので、
なにかいいアドバイスがあったらお願いします。

Aベストアンサー

 「公務員」というのは役所に勤める行政職ですよね?
でしたら、よく有利と言われるのは、仰るとおり、法学部と経済学部です。が、この2学部において公務員試験受験に当たってどちらが有利かといえば、どちらも大差ないです。ただ、経済学部は数学を使う場合があるのでその点は考慮する必要があるでしょう。意外に見落としがちなのですが。(また、以前こちらで見かけた回答では「法学部」の方を薦めている方もいらっしゃいました。一つの考えということでご紹介しておきます。その方は、民法の勉強が大変だったそうです)法律か経済か、興味のあるほうでよいでしょう。邪道ですが、単に公務員を目指すのならば、入試段階で入りやすいほうの学部でも良いのかもしれません。

 それから、ひとつ注意点を。
 お調べになったとおり、行政職の公務員採用試験、特に「専門試験」と言われる物は法学や経済学、政治学といった分野からの出題が圧倒的です。なので、「とっかかりやすさ」で言えば、法学部や経済学部の方が有利なわけです。しかし、「とっかかりやすさ」はあるにしても、大学の講義がそのまま採用試験に結びつくか、というと必ずしもそうではないそうです。公務員試験の受験者は公務員試験用の予備校に通う場合が多いです。

 なので、もし文学部の方に興味があるのならば、文学部へ進学した方が良いでしょう。文学部から公務員になる人も多いです。No1の回答者の方のお話の通り、4年間も勉強するわけですから、自分がより興味のある方を選択するのが良いと思います。

 以上です。何か疑問点あれば補足してください。

 「公務員」というのは役所に勤める行政職ですよね?
でしたら、よく有利と言われるのは、仰るとおり、法学部と経済学部です。が、この2学部において公務員試験受験に当たってどちらが有利かといえば、どちらも大差ないです。ただ、経済学部は数学を使う場合があるのでその点は考慮する必要があるでしょう。意外に見落としがちなのですが。(また、以前こちらで見かけた回答では「法学部」の方を薦めている方もいらっしゃいました。一つの考えということでご紹介しておきます。その方は、民法の勉強が大変だっ...続きを読む

Q県庁の仕事

こんにちわ。

県庁の仕事と市役所の仕事、その違いはどこにあるのでしょうか?
市役所は日常生活に近い業務、県庁はその業務を行っていく方針や大枠を考えていくという理解でよいのでしょうか?
県庁の職員はどんな仕事をしているのか教えてください!

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

市役所は日常生活に近い業務、県庁はその業務を行っていく方針や大枠を考えていく…この理解でほぼ間違いないと思います。イメージとしては県庁は市町村のサポート(リーダーでなくサポーター)であるという感じがあるので、「大枠を作る」というと少し違う気がしますが。

市役所勤務、県庁勤務と一口に言っても、配属される部署によって全く異なる仕事をすることになります。3年に1度も異動がある公務員ですから、どちらに行っても様々な仕事を経験することになると思います。(市役所と県庁の人事交流なんかもありますし、どちらかが取り立てていいとかいう問題としてでなく、比較的自分のイメージに合っているという程度の差だと考えてください)

市役所にあって県庁に無い部署としては「市民部」。いわゆる窓口業務を行う部署です。婚姻届もあれば、苦情相談もあり…市民が一番イメージしやすい部署でしょう。県庁にはこうした部署が無いわけではないのですが、あっても市町村や外郭団体、NPOなどと関わることが多く、肩書きなしの住民とやり取りする機会は少ないです。

市町村に比べ都道府県が強い部門としては、労働・商工・土木でしょうか。どれも国も強いのですが、ある程度広い区域で事業を進める必要のあるものは都道府県が行っています。これに関連して、たとえば福祉でも、生活保護のような一般的(?)な福祉は市町村ですが、児童虐待や精神障害などの特殊(?言葉の選び方が悪いです。すみません。)な福祉は、ある程度広域でまとめないと予算も組めないので、都道府県が行うことになります。

窓口が多い市役所に対して、県庁はドアの向こうの仕事が多く、一般にはイメージしにくいと思います。中でやっている仕事は、私の場合、補助金の交付に関わる事務、講演会の企画、市町村行事の取りまとめ、会議の準備、国からの調査への回答、その他伝票の処理やアルバイトの方の保険事務、旅費計算、諸々の庶務です。一つ一つ順番に片付けていくのではなく、常に4~5の仕事を並行してやりながら、電話を受けたり、お客様にお茶出したりしています^^ まだまだ若輩者ですので、庶務が多いですが。
人によって仕事のスタイルは違うと思いますが、私はもっと外に出たいなぁと思っています。思っていたよりデスクワークが多く、(先輩は結構出張したりしているのですが)自己啓発を続けないとすぐに世間から置いていかれそうです。

市役所の方と話をしていると、住民が何に困っているか、リアルに感じておられるのが伝わってきて、県庁にいると自分がオカミになりそうでヤだなぁと思います。

それでも、雇用・福祉・教育・警察それぞれと関わりながら比較的大きな仕事が出来る都道府県の立場が、私は好きですね。。。

市役所は日常生活に近い業務、県庁はその業務を行っていく方針や大枠を考えていく…この理解でほぼ間違いないと思います。イメージとしては県庁は市町村のサポート(リーダーでなくサポーター)であるという感じがあるので、「大枠を作る」というと少し違う気がしますが。

市役所勤務、県庁勤務と一口に言っても、配属される部署によって全く異なる仕事をすることになります。3年に1度も異動がある公務員ですから、どちらに行っても様々な仕事を経験することになると思います。(市役所と県庁の人事交流なんか...続きを読む

Q市役所で働きたい。しかし何をすればいいか分からない。

私は、大学3年生です。
10月も近づいて来ているのに、就職活動というものが今ひとつ理解できず
夏休みも無駄に過ごしてしまいました。

そんな私ですが、漠然と働きたい、就職したいところがあります
それが市役所です。
しかし、ダメ大学生の私はそのために何をすればいいのか全くわかりません。
そこで、皆様のお知恵を貸してください。
私は今から何か勉強をすればいいのでしょうか?
それとも何かの資格をとればいいのでしょうか?
もしくは、履歴書を書く練習でもすればいいのでしょうか?

無知ながらも、自らが無知だということ、行動が遅いということを理解し
言いようのない不安感、焦燥感を今感じています。
どうぞ、お教えください。

Aベストアンサー

市役所の職員は、地方公務員です。つまり、所定の公務員試験に合格したのち、採用されれば、市役所の職員になる事ができます。
一般企業のように履歴書や面接だけでは就職活動ができないという事です。
http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/syokuin/
ここで自分が就職したい自治体を調べてください。
ホームページには、必ず採用情報や職員募集といったページがあるはずです。
例えば、千葉市なら、http://www.city.chiba.jp/jinji/
こんな感じです。今年の試験は終わっていますが、来年の参考にはなるでしょう。
募集といっても、事務など、細かく職種が分かれていますので、希望の職種のものを調べてください。
あなたがすべき事は、職員の募集があるかどうか調べ、試験でどのような科目が課されるか調べ、それに向けて勉強する事です。

Q国家公務員と地方公務員の違い(転勤の有無と給料の違い)

国家公務員と地方公務員ってどう違うのかわかりません。
国家公務員は省庁の本部が東京にあるから東京に転勤になる事が多いのですか?

地方公務員はその地方に配属されてるから転勤にはならないのでしょうか?

それから、給料はどちらが多いのですか?

ちなみに30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか?

Aベストアンサー

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備範囲は全国区となるので、各地方へ転勤する事も少なくありません。特に昇格(係長次席から係長、係長から課長補佐など)する前に、一旦約2年間地方の出先機関へ転勤し、戻ってくると1つ上の役職に昇格するというパターンが多くなっているようです。

 給料については、一般的には地方公務員の方が国家公務員に対してやや多い傾向にあると思いますが、省庁や配属先にもよるでしょう。

>30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか

 私は、約10年前(30代半ば)で家の事情により国家公務員を辞めましたが、その時の年収は税込みで約750万円でした。
 キャリア組や技術のある技官ならば、900万円ある人も多くはないでしょうが、いると思いますよ。

 余計なお世話かもしれませんが、お見合いということなら、地方公務員の方をおすすめします。
 理由は、国家公務員は、結構帰りが遅くなることが多いからです。これも人に(というより配属先)によりますが、国会開催中などは、待機が命ぜられることや、予算審議の時期になると、毎日終電で帰ることも珍しくありません。
 家庭を大事にし、子供とのふれあい等を重視するなら、国家公務員より地方公務員の方がいいと思います。

 ただし、重複しますが公務員といえども、地方も国家も定時に出勤・退勤できるところは少ないですし、世間で思われてるほど楽な仕事では無いということは事実です。

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備...続きを読む

Q県庁と市役所どちらかに就職するなら

県庁と市役所(政令指定都市以外、ラスパイレス指数100として)
どちらの採用試験にも合格して、
どちらかを選ばなくてはいけない場合、
あなたならどちらを選びますか?

判断基準とか自分の進路の参考にしたくて。。。

大雑把な質問ですみませんが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

非常に地方行政に精通している者です。皆さんの知識が現実と違うので説明いたします。


まず、給与面は国Iの職種は除き、II種程度あれば、県や市役所の方が高いことが多いです。

また、県よりも高い市役所は政令指定とし以外でも存在は複数存在します。あるコメントに市役所の上級官庁に県庁と書いてありますが、それは違います。行政法で学んでください。


県庁から市役所に命令はできません。なぜなら、上級官庁ではなくお互いが包括的な立場だからです。市役所にも県や国と交渉する部署もあります。許認可事務もあります。県が市に対して指導することは国の指示であり、さらに市の事の多くは県ではなく市が決定します。


事務権限では、最近は県→市に少しずつ移譲されているのでやりがいも増えています。


もう少し法律や現実、県と市の相互関係をみるとよいですね。

世間体ではなく、実際の権限や立場を知った上で質問者の方が道を選ぶことを切実に願います。

Q地方上級公務員 若い世代の出身大学のレベルは?

高校3年の男子です。理系です。
住んでいるところは、ぎりぎり政令市です。
成績は県で2番の高校で、50位くらいです。         
地元の国立大学に進学予定で、Bランクくらいのところです。

最近、事務職で地方公務員になりたいと思うようになりました。
大学は関係ないとは思いますが、目安として知りたいです。

もし目指すなら、経済学部→公務員、金融関係
難しそうなら、工学部→民間
というふうに考えています。

Aベストアンサー

ぎりぎり政令市が難しいですね・・
政令市といっても、帝国大学の所在地の政令市と、大合併の駆け込みで政令市になった市では地元の国立大学の合格最低水準が大きく異なりますからね。

・人口70万人規模
・高校3年生の人口:全国平均で約100人に一人程度なので、約7,000人
<・成績が県の2番の高校で50位くらい
↑ここがわからないですね。県内で成績上位の2校は、いずれも1学年の人数が100人くらい、ふつうの規模の、県立高校と仮定してよいでしょうか。
(ぎりぎり政令市なので、過度に都会でもなく、かつ、私立志向が弱いものと推定すると、
現状では、県内で150番に収まっているんでしょうか。

これらから学生数を日本全国に戻すと、地域によって教育水準の格差がないものとみなして計算すれば、質問者さんの学力は、全国の高校3年生のうち、27,500位くらいでしょうか。

良かった。地元の国立大学でB判定が出たといっても、相模原市やさいたま市などではなく、旧帝国大学か、旧官立大学レベルの結果のようですね。


で、地方公務員上級ですが、その地域の募集要項が判らないので何とも言えません。

代わりに地方上級公務員と同じくらいか、やや難しいとされる国家公務員(旧II種)の、合格者数を例に挙げると、例年4,000人程度の合格が出ます。

公務員試験に合格できるかどうかは、本当に本人が最後まで勉強できるかどうかに尽きますが、上記の旧帝大官立大レベルでB判定の現状から言えば、公務員試験を受ける気になって、受験勉強をまともにすれば、”合格できる可能性がある位置にいる”とは表せると思います。

ただし、高校の勉強と、大学の勉強、公務員試験の勉強、それぞれ全く異なるので、大学になってから勉強が得意でなかった場合には、油断はできません。実際、公務員試験の、法学や経済学でどのくらい点数が取れるか、高校時点ではわからないですから。

また、事務職希望とありますが、公務員試験に合格したところで、実際に採用されるのか、公務員の削減が続いていますので、その点は不確定要素です。(国家公務員旧II種では、約4,000人の合格者のうち、最近は1,000人程度しか採用しない)

地方については、随時募集を見るしかないでしょう。
地方公務員になるとしても、事務職は採用抑制されやすいため、本当は技術職で狙えたら強いのですが、ただしその自治体全体で、非常に求人数が少ないです。

以上より、事務職ねらいなら、公務員になれないかもしれないと思っておかなければならないでしょうし、技術職ねらいにするなら、転居してでも公務員試験を受けまくって公務員になるかまで考慮すると良いと思います。

<もし目指すなら、経済学部→公務員、金融関係
<難しそうなら、工学部→民間
経済→公務員はいいとして(法→公務員でもいいですが)、経済→金融関係はどうでしょう。
経済は潰しが利くとよく言われますが、闇雲に経済学部卒にいき、その後就職活動を行うと、厳しい就職活動が待っているのを良く目にします。
金融系を考えるならば、上記の大学に合格する水準であれば、大学1年次ではいい位置にいると思いますので、在学中に専門の勉強をしながら、実務で経済学の考え方や会計論等を使いこなるよう、しっかりと勉強すれば心配ないとは思います。
ただ、多くの大学で経済学部は、講義の予習復習をあまりしない学生が多いため、ヒマで遊んでしまう学生が多いので、彼らに巻き込まれないようにしてください。

一方、工学部も、数式アレルギーがなければ非常に潰しが効きます。
工学部→公務員、工学部→金融も十分現実可能性のある進路ですし、工学部→文系就職も可能です。
工学部→民間?(製造業の一般を指している?)
は、今は日本の製造業が暗中模索気味なので、何とも言えませんね。

選んだ分野によっては日本に仕事がなくなっているかもしれません。
例えば、工学部海洋工学科に入学したとすると、日本で造船業などに就職するのは難しそうですしね。

以上、全体を通じて、もう少し、仕事内容で進路を詰めて考えた方がよいと感じました。
(公務員か民間を選ぶのを先に決めるのではなくて、なりたい仕事を先に考えた方が、
 おそらく人生が充実することと思います。)

ぎりぎり政令市が難しいですね・・
政令市といっても、帝国大学の所在地の政令市と、大合併の駆け込みで政令市になった市では地元の国立大学の合格最低水準が大きく異なりますからね。

・人口70万人規模
・高校3年生の人口:全国平均で約100人に一人程度なので、約7,000人
<・成績が県の2番の高校で50位くらい
↑ここがわからないですね。県内で成績上位の2校は、いずれも1学年の人数が100人くらい、ふつうの規模の、県立高校と仮定してよいでしょうか。
(ぎりぎり政令市なので、過度に都会...続きを読む

Q経済学部と経営学部の違いは何でしょうか?

経済学部と経営学部は何がどう違うのでしょうか?
たいした中身の差はないのでしょあか?

経済学部経営学科もてあるみたいですね。
これでますます分からなくなりました。

将来。起業するのなら経営学部の方が良いのでしょうか?
経営、経済にとらわれなくても良いのでしょうか?

どうぞ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題に対して常に関わっていくのが経済学であり、家計や企業や政府といった単位で経済の仕組みを考えるのが経済学で、それに対して経営学は、経営者として企業をどう動かしていくのか考えるのが経営学です。経営・会計・流通・情報などに興味があるのだったら経営学部です。

 特に、ブランドや洋服に興味があるんだったら「流通論」や「マーケティング」が絡んでくるから経営学部でしょう。「マーケティング」では、企業の戦略や小売業・卸売業・メーカーが一体となって商品の在庫管理などをとりあげたりして、企業側の戦略や業務分析など現場と密接な関係を持った感じの講義がたくさんあります。将来、企業家を目指すのであれば、経済学より、実践的な経営学をお勧めします。特に、中小企業論や社会起業家論などのゼミを選択されると良いと思います。また、大学によっては起業家をよんできてセミナーをひらいたり、ベンチャービジネスをゼミ単位でやっている大学などもあるようです。

 経済学部は、公務員試験に向けた講義が充実しているから、金融や公務員などを目指す人にお勧めでしょう。経営学部は、流通やサービス・金融などを目指す人に向いていると思います。経済学部に比べて、経営学部は、「実務や現場重視」といった感じがあります。商学部は、経営学部に似ていますが、「会計」「流通」「マーケティング」の比重が高くなります。商学部と経営学部は、商学部・経営学部は、ほぼ同じようなカリキュラムで、似たような講義をしているところもかなりあります。

 リクルートの進学系サイトのURLを載せておきます。大学の教授や学生などの情報ものっているので、参考にされてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです♪

 

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題...続きを読む

Q市役所に就職するには?

今年大学の2回生になったのですが最近市役所について興味をもっています。
しかし公務員試験を受けないとなれないのかそれとも別の方法でなれるのかまったくわかりません。
そこでまず就職するにはどのようなことをしなければならないのかお教え願えないでしょうか?
たとえば就職するにはこのような資格が必要とか…

あとうわさでコネがないとだめだと聞いたのですがそれは本当なのでしょうか?
もし本当なのであればコネのない人は就職はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

 市役所の正職員については、各自治体が実施する公務員試験を受ける必要があります。

 また、今大学生ということなので、受験分類としては、地方上級になると思います。(地方公務員のうち、大学卒業程度のものを総称して地方上級と言います。ただし、市役所については、政令指定都市、中核市のような大きな都市の大卒程度は地方上級と呼びますが、それより小さい市役所の試験は、市役所試験と呼ばれることが多いです)
 因みに、地方初級は高卒程度です。これは、大学を卒業する頃には、年齢制限に引っかかる可能性が高いです。(自治体によって制限が異なるのですが。。。)
 地方中級についても同様です。しかも、中級は最近募集されない傾向にあります。

 あと、臨時職員は、公務員試験を受けなくてもなれます。(人事課への登録制のところが多いみたいです)
 ただし、同じ人物を臨時職員として恒常的に採用してはならないので、年の半年以上は働かせない・3年以上は契約更新しないなどの制限があります。(どんな制限かは自治体によって違います)
 また、退職金、共済会などもありませんし、本当に普通のアルバイトといった風です。(むしろ、制限が多くて民間事務のアルバイトより大変かも)

↓地方公務員試験の概要については、このHPが試験内容ものってますし、採用の流れも載ってて良いかなと思ったので、載せときます。
(特別区のものですが、政令指定都市、中核市、県庁あたりは同じような流れになります。また、もっと小規模な市になると筆記→面接という流れは変わりませんが、筆記は教養のみになるところも多いです。←そこのところは各自治体のHPで試験方法を公開しているはずなのでチェックして見て下さい)

 あと、コネなんですが、これは分かりません。ただ、私のいる自治体ではありえない気がするんですよね。(地元でない人の方が多いくらいですし、筆記、面接の順位なんかも公開されています。)

 とりあえず、公務員雑誌とか買うと公務員試験の仕組みや勉強方法は理解できるかも。(早稲田セミナーのシビルサービスとか、LECのとか(名前忘れた。。)あります。大きな書店か各予備校の購買で500円くらいで売っています。)

参考URL:http://www.tokyo23city.or.jp/saiyou-siken.htm

こんにちは。

 市役所の正職員については、各自治体が実施する公務員試験を受ける必要があります。

 また、今大学生ということなので、受験分類としては、地方上級になると思います。(地方公務員のうち、大学卒業程度のものを総称して地方上級と言います。ただし、市役所については、政令指定都市、中核市のような大きな都市の大卒程度は地方上級と呼びますが、それより小さい市役所の試験は、市役所試験と呼ばれることが多いです)
 因みに、地方初級は高卒程度です。これは、大学を卒業する頃には、...続きを読む

Q県庁に入るには?

どのようなことをしたらいいですか?

Aベストアンサー

ご存知かもしれませんが、、
県の職員になるためには、毎年6月末に実施される採用試験に合格しなければなりません。
多くの学生は、この6月末の試験に向けて、大学3年の春・夏あたりから公務員専門学校に通い始めて、試験勉強を開始します。

>具体的に大学一年の段階からどういうkとをすればいいですか?
仮に、早稲田や慶應などの大学の方で、筆記試験にはそこそこ自信があるよ、という方であれば、大学1、2年の間は何の準備も必要ありません。
あえてアドバイスがあるとすれば、公務員試験においても「面接は重要」ですから、、、面接の際に魅力的な学生であることをアピールできるように、勉強・サークル・部活・バイト・読書・海外旅行・留学など対象は何でもいいので、充実した学生生活を送れるように時間を大切に使うことです。
「趣味はありません。あ、ゲームは好きです。」「バイトはやったことありません。サークルも入ったけどすぐやめました。」的な学生だと、筆記試験でそこそこ点数を取れても、面接で落とされる可能性が十分にあります。

また、筆記試験に自信がない場合は、大学2年から公務員専門学校に通って準備を始める方もけっこういるようです。
それも一つの選択だと思います。

ただ、公務員試験というのは、年齢制限さえクリアしていれば何度でも受験できるし、既卒だからといって合格が難しくなる試験でもないので、新卒での合格(大学4年生での合格)にこだわる必要がないと思われます。それよりも、大学時代の1年間の方がはるかに人生にとって貴重な時間である、と私は思います。

>なにかURLでも教えていただければ嬉しいのですが。
試験の倍率とか採用人数とか試験日とかそういった情報は、321tototoさんが受験を予定している県のホームページでチェックしてください。
専門学校については、LECや早稲田セミナーなどのホームページをチェックしてください。
試験についてもっと詳しく知りたいのであれば、ネットではなく、書店に行って公務員試験関係の書籍を購入することをオススメします。

>出身大学は関係ないと聞きましたが、
公務員に関しては、出身大学は関係ないと考えていいと思います。

ご存知かもしれませんが、、
県の職員になるためには、毎年6月末に実施される採用試験に合格しなければなりません。
多くの学生は、この6月末の試験に向けて、大学3年の春・夏あたりから公務員専門学校に通い始めて、試験勉強を開始します。

>具体的に大学一年の段階からどういうkとをすればいいですか?
仮に、早稲田や慶應などの大学の方で、筆記試験にはそこそこ自信があるよ、という方であれば、大学1、2年の間は何の準備も必要ありません。
あえてアドバイスがあるとすれば、公務員試験におい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング