システムメンテナンスのお知らせ

エンタメ系はもちろん、最近は純文学系でも、長編の募集が主流のようです。中で、
「群像新人文学賞」は“短編も可”
となっています。
しかし、これまで同賞の中で、実際に短編が受賞したことはあるのでしょうか。

ご存知の方がいたら、作者名、作品名を教えてください。
短編(50枚程度、またはそれ以下)の受賞作であれば、
他の文学賞でも構いません。
よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (1件)

新人賞受賞作で50枚程度、またはそれ以下の作品はほとんどないと思います。

それは
主流であるか否かという理由ではなく、短い枚数で強く印象に残る作品を書くのが難しい
からです。また、短ければ短いほど一行の価値が重くなるため、僅かな欠点でさえ致命傷に
なってしまう、ということもあると思います。

群像の受賞作については知りませんが、文學界新人賞を受賞した鷺沢萠の「川べりの道」が
40枚程度だったと記憶しています(当時の規定枚数は今とは違います)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

鷺沢萌さんの受賞作、読んでみようかと思います。
私は、短編小説が結構好きなので、強烈な印象の短編が、
今後、また、どこかの新人賞で登場するといいな、と
期待しています。

鷺沢さんの作品は、まだ読んだことがないのですが、
短編を得意とした作家は、芥川にせよ、太宰にせよ、
その最期は、偶然の一致なのでしょうか。
鷺沢さんのデビュー作も短編だったと知り、余談ですが、
不思議に思った次第です。

お礼日時:2007/09/29 14:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング