人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

私大法学部2年の男です。
最近将来の目標が固まり、警察関係への仕事の憧れ、またうちの大学が国家II種に強いこともあり、国家II種の試験に合格して警察庁に採用されたいと思っています。
そこで勉強を始めようと思うのですが、独学か予備校に通うかで迷っています。
悩んでいる一番の理由は金銭面です。今の生活で予備校の講座料金を払えるほどの余裕はありません。
また、私の大学は公務員講座は定期的な筆記試験対策の講座は開いてはいませんが、面接対策講座や合格者による相談会や説明会も開いているので独学でもいいかな、と思ってもいます。
しかし、予備校だと独学と違い、あらかじめあるプランにそって勉強できるし、質の高い授業が受けられ、勉強のノウハウを知ることができるという面でいろんなメリットがあり、そういう面では捨てがたい気もします。
また自分はあまり家では勉強できない方なので、大学の図書館などと違い、休日や長期の休みなどでも利用できる予備校の自習室にも魅力を感じます。
やはり予備校の方がいいのでしょうか?
またもし独学でやっていく場合、今の時点でする勉強の内容、またオススメのテキストなどを教えてくだされば幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私自身は独学で合格しましたが、予備校に行かれた方がいいと思います。



理由としては、質問者さん自身や他の方が仰られている様なことがありますが、それに加えて質問者さん自身がとても予備校というものに既に魅力を感じてしまっていることがあります。
もし独学で頑張ることにした場合、その気持ちを吹っ切らなければ常に「あー独学で大丈夫かな」と不安を抱えながら勉強をすることになるでしょう。
そしてもし試験結果が振るわなかった場合も「予備校に行っておけば落ちなかったかも」と後悔し続けることでしょう。

また、学校にでも同じ目標を持った仲間がいれば別ですが、独学はなかなか孤独です。
私はいつもひとり寂しく図書館で勉強していたのですが、いつも会う大手予備校のテキストを使っているカップル相手に「あいつらには負けねぇ!」と闘志を燃やしていました。

厳しいことを書いてしまいましたが、公務員試験自体は決して独学で受からない試験ではありません。
もし独学でやるようであれば、迷わず突き進んでください。

公務員受験生に定番の問題集はLEC「ウォーク問」と実務教育出版の「新スーパー過去問」です。
いろいろ手を出すのではなく、この2つを完璧にすれば問題ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>質問者さん自身がとても予備校というものに既に魅力を感じてしまっていることがあります。
私はどちらかというとマイペースで勉強を進めていきたいほうなので、質問文と少し矛盾しますがその面では予備校の授業のペースと合わないかも…という不安もあります。
事実、大学受験の時は当初予備校に通っていましたが、やり方が合わずすぐにやめて、後は独学で勉強しました。
ただ当時は進学校の高校に通っていたこともあり、先生の指導や受験のサポートもよく、同じ目標をもった友達もたくさんいたので困りませんでした。
今は法科大学院を目指している友達が多いので目標は違えど、支えあっていければなと思っています。
あと3年からゼミが始まるので公務員志望者が多いようなゼミに入ってみようと思います。

>公務員受験生に定番の問題集はLEC「ウォーク問」と実務教育出版の「新スーパー過去問」です。
 いろいろ手を出すのではなく、この2つを完璧にすれば問題ないと思います。
紹介ありがとうございます。
是非利用してみようと思います。

お礼日時:2007/09/24 20:56

まず最初に、予備校に通うことをオススメします。


なお、その場合の最大のメリットは、「予備校の自習室を利用して、1年を通して安定的に試験勉強ができる。」ことだと考えております。

>今の生活で予備校の講座料金を払えるほどの余裕はありません。
予備校の講座料金は、1年でどのくらいの金額として考えていますか?
私は、だいたい1年で40万円ぐらいだと思います。(模試代やその他を入れると、もっとかかるかもしれませんが。)
40万円ぐらいなら、予備校のローンを利用すれば月々2万円ぐらいの支払いパターンが可能です。
予備校に通い始めるのは来年の4月からとして、今から半年間でもっとアルバイトをがんばったり、4年で試験に合格し内定をもらった後にアルバイトを増やせば対応できる金額だと思うのですが、いかがでしょうか?
月々2万円でも無理ですか?

>休日や長期の休みなどでも利用できる予備校の自習室にも魅力を感じます。
予備校の最大のメリットはここです。
予備校を利用できれば、「大学では学校の勉強or遊び」「バイト先ではバイト」「予備校では公務員の勉強」という風にメリハリをつけれるので、試験勉強に集中しやすくなれます。

なお、
>あらかじめあるプランにそって勉強できるし、質の高い授業が受けられ、勉強のノウハウを知ることができるという面で
1年を通しての学習プランは、基本的には個人個人でプランを立てるべきだし、予備校の授業から吸収できることはそれほど多くないことは覚えておいてください。

予備校では、1年をかけてテキストをやりきるプランが立てられているだけで、「授業の予習+復習」をやるだけでは合格レベルまで到達することはできません。個人的な問題演習は絶対に必要です。
また、法律科目の対策は、教養試験の対策以上にかなり気合を入れて問題演習(つまり暗記。)が必要です。
これは、授業を受けるだけでは絶対に身につきませんから、結局、個人的な学習時間をどれだけ確保できるかが大切になります。

>自分はあまり家では勉強できない方なので、
であれば、なおさら予備校の自習室を利用できるメリットは大きいと思います。

>やはり予備校の方がいいのでしょうか?
金銭面の問題をなんとかクリアする方法を考えて、予備校に通った方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり予備校の方がいろいろ充実していますね。
ですが今日調べてみたところ大学では毎年3月に公務員試験受験を目指す学生に年中利用できる自習室利用の募集をかけているようなので当分独学でやり、3月にこれに応募してみようかなと思います。

お礼日時:2007/09/24 20:39

10年ほど前のことなので、あまりあてになりませんが、私も公務員の受験を目指しました。


その時は実務教育出版の通信教育を申し込み、教材も含めて勉強しましたが、最終的には本屋で販売している実務教育出版のテキストを中心に独学で勉強し、乗り切りました。(合格しましたよ。(^_^))
公務員予備校に行けば、同じように目指している者と友人になって、情報交換ができるというメリットがあると思います。
予備校に行った方がいいのか、独学かはご自分の性格によると思います。
国家2種程度であれば、購入したテキストを自分で計画的に勉強できるのであれば独学で、ご自分で計画できないようであれば、予備校でといったところだと思います。
余談ですが、いくら一次試験で合格しても、二次試験の面接で落とされたら、惨めです。
面接では、堂々と自分の意見が言える、考えがしっかりしている等の印象をいかに面接官に与えるかが重要です。
大学の面接対策講座等でいいので頻回に受験して、面接慣れするようにしてくださいね。(このことは、勉強以上に重要なことだと思いますよ。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
実務教育出版の通信教育を調べてみたところ値段も他と比べれば良心的で、利用者も多いようなので検討してみます。
やはり面接も重要ですね。
独学の場合、積極的に大学の対策講座に参加していきたいと思います。

お礼日時:2007/09/24 20:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国家公務員二種か就活か…

わたしは現在大学三年生ですが、国家公務員二種を受けようか迷っています。
ずっと別の分野の勉強をしていたのですが、最近日本の芸術振興に携わる仕事をしたいと考えるようになったことがその理由です。
ただ時期が時期なので二種受験かなと思っています。
そこで質問なのですが、
・1種と2種では仕事内容とお給料はどこまで異なるのでしょうか。
(変な話ですが、周りにはごろごろ1種受験者が居るような環境(しかも法学部)に居ます。)
・文部科学省から文化庁に入庁すれば、日本の芸術振興に携わるような仕事ができるのでしょうか。
・受ける場合、公務員試験対策以外に勉強しておくべきことはあるのでしょうか。

私事で恐縮ですが、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 国家1種、2種、地方上級を受験しました。
 国家2種、地方上級なら、本気で勉強すれば半年もあればなんとかなりますよ。ただし、勉強方法を間違わないこと。途中(3月~4月頃)で勉強開始が遅かったことに対して焦りが発生し、軽い鬱状態になったけど。
 ちなみに、9時30分~8時30分頃まで研究室で勉強。帰宅後は読書(2日で1冊ペース)。週2日は学校を休み、1日は図書館で翌週読む本を漁る。1日は1週間分録画しておいた「クローズアップ現代」を見る。くらいすると、なんとかなるでしょう(私は1月から勉強を開始しました。1種は無理だったけど)。

 ♯1の方は理系が強いと言っていますが、理系からすると政治・経済を全く知らないので、どっちもどっちですよ。まぁ、質問者さんは優秀な大学に進学されたようなので、数学とかは困難レベルではないのではないのではと思います。

 国家2種の場合、地方(関東地区、近畿地区など)での採用になるのでは?官庁訪問も霞ヶ関ばかりではないし。あなたが行きたいと思っているところがどこで面接して、採用しているのかを調べてみた方がいいのでは?(研究所などは、そこで採用面接を行うなどありますから。2次とは違うよ)

 お給料は地区によっても異なります。入庁後の給料なら人事院のHPに載っています。その後の給料の上がり方はもちろん違います。出世のスピードが違うから。

 公務員試験以外の勉強は、とりあえず、あなたがしたいと思っていることがあるのですから、それについてもっと知識を持つことでしょうか。きっと、国家1種も受けることになるでしょう。これで合格してもいいように。その時に、公務員勉強しかしていませんでしたでは、採用する側にとって魅力がないですからね。

 国家1種、2種、地方上級を受験しました。
 国家2種、地方上級なら、本気で勉強すれば半年もあればなんとかなりますよ。ただし、勉強方法を間違わないこと。途中(3月~4月頃)で勉強開始が遅かったことに対して焦りが発生し、軽い鬱状態になったけど。
 ちなみに、9時30分~8時30分頃まで研究室で勉強。帰宅後は読書(2日で1冊ペース)。週2日は学校を休み、1日は図書館で翌週読む本を漁る。1日は1週間分録画しておいた「クローズアップ現代」を見る。くらいすると、なんとかなるでしょう(私は1月から勉強...続きを読む

Q高卒で国II合格は可能ですか?

高卒で浪人中なのですが、法務省の入国管理局で働きたいと思い始め、大学へ行きたいという気持ちより早く公務員になりたいという気持ちの方が勝ってきました。
そこで、大学へ行って国IIを受けるか、大学へは行かず公務員試験対策の専門学校へ行って国IIを受けるか、まよっています。(もしも高卒で専門学校へ行って国II合格が可能ならば、ですが)
私が考えるそれぞれのメリットデメリットを挙げると、
<大学のメリット>
・サークルで遊べる
・交友関係が広がる
・好きな英語を学べる
・学歴が良くなる
・休みが多い
<大学のデメリット>
・入試がある
・公務員試験に関係ない勉強もしなければならない
<専門学校のメリット>
・入試が無いに等しい
・公務員試験の勉強のみをできる
<専門学校のデメリット>
・学歴がよくない
・サークル等で遊べない
どちらが良いと思いますか?

Aベストアンサー

人事院の採用情報Q&Aは既にご覧になっているかと思いますが、基本的に公務員試験は学歴不問です。国IIはあくまで「大卒程度」の学力を要求しているだけです。
あなたがもし、本当に公務員試験に合格するためだけに大学受験を考えられているのであれば、個人的にはそれは無駄だと思います。大学の授業は公務員試験に直接的には結びつきません。大学に行っても行かなくても、どちらにしても公務員試験対策の予備校に通うのは必須です。また、大学に入ったとしても、法学部や政経学部のような、試験科目に直結するような学部でなければ全く意味がない、とほぼ断言できます。(文学部や理系学部に入った知人は公務員試験の受験科目は全く馴染みがなく、皆苦労していました。)

試験を受けるため、という観点から離れれば、私は大学に行った方が、社会人になってしまってからは絶対に出来ない貴重な経験をできると思います。
ただ、そもそも大学に行くより就職したい目標がはっきりしているのであれば、予備校にみっちり通って合格を勝ち取る方が良いのでは?

ただ国IIは国Iほどではないにしても、実際の合格者はほとんど4大卒、しかもそれなりの有名大卒の人がほとんどです。試験の倍率も、合格を争う人たちの学力レベルもそれなりなので、もし高卒で浪人をされているというのであれば、相当みっちり勉強する必要があるとは思います。
(それこそ中途半端に大学なんて通っている場合じゃないかもしれません。)

一応確認しておいた方がよいかと思うのですが、国IIの受験資格の年齢要件はクリアされているのでしょうか?ちなみに18年度の試験の受験資格は、「昭和52年4月2日~昭和60年4月1日生まれの者」でした。昭和60年4月2日以降の生まれの場合は、学歴要件が加わります。

大学は、本当に行きたいと思ったら就職してから、夜間部にでも通えます。入国管理局がどの程度激務かは知りませんが、一般的に公務員は、通学などの事情がある場合は勤務時間にある程度は配慮してくれます。

来年の受験まで、まだ時間があるので、自分が本当は働きたいのか、もう少しのんびり学生をしたいのか、よく考えることをおすすめします。

参考URL:http://www.jinji.go.jp/saiyo/soudan01.htm#Q3

人事院の採用情報Q&Aは既にご覧になっているかと思いますが、基本的に公務員試験は学歴不問です。国IIはあくまで「大卒程度」の学力を要求しているだけです。
あなたがもし、本当に公務員試験に合格するためだけに大学受験を考えられているのであれば、個人的にはそれは無駄だと思います。大学の授業は公務員試験に直接的には結びつきません。大学に行っても行かなくても、どちらにしても公務員試験対策の予備校に通うのは必須です。また、大学に入ったとしても、法学部や政経学部のような、試験科目に直結...続きを読む


人気Q&Aランキング