実家のお墓について相談です。
祖父が自分でお墓をつくり(本家ではないので)、祖父母と叔父および祖父の親戚筋関係(詳細不明)が入っています。父は長男で、ほかに未婚の叔父と叔母がおります。私は、兄(既婚で子供あり)妹(バツイチ子無)の妹にあたります。母方の祖母は父方とは別のお寺で永代供養をしていただきました。
兄が父方のお墓をつがない事になり、父方のお墓をどうするか問題になっています。仮に妹の私が墓守を引き継いだとしても子供がおらず私の代で終わってしまうため、父の兄弟(叔父叔母)と相談してお墓を父の代で終わるように頼んでいます。
そこで質問ですが、現在お骨が入っているお墓からお骨を取り出しかつ現存の叔父・叔母も入れるような共同の永代供養してもらえる墓地はあるのでしょうか。祖母が入っている永代供養は一人一区画と決められています。できたらみんなばらばらにならず1つの場所で、また後々墓守の引き継ぎを探す必要がないようお寺に供養を続けていただきたいのですが可能でしょうか。現在の檀家から抜けて別の宗派の永代供養墓地にはいる事はゆるされるのでしょうか。また父方の実家に(父は長男ですが家をでたため)仏壇と複数のお位牌があります。私が引き継いでも私が死んだときにどうするかといった問題を姪っ子に関わり合いがないようにしておきたいと兄ともども悩んでおります。できたらあわせてお寺で受け入れていただきたいのです。さらにお骨を出したとのお墓はどうしたらよいでしょうか?
田舎ですので父方の生地ではお寺が1つだけ、全家庭昔から檀家です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

曹洞宗の僧侶です。



基本的に、お寺での供養はどのような場合でも「永代供養」です。お寺には檀家さんの過去帳があり、朝晩のお勤めで回向供養しています。
かりに、あるお家の子孫が絶えてしまって先祖祭祀をする方がどなたもおいでにならなくなっても、お寺としての供養がなくなってしまうわけではありません。

この事と、最近ひろく行われている「永代供養墓」というものは、似ているようで実はかなり違うものです。
守る人のいなくなったお墓は、整理されて「無縁仏」として合祀されます。こうした無縁仏を合祀した大きな墳墓を「無縁塔」とか「三界萬霊塔」などと呼んできました。
現在のように一般のお家でも後継者が少なくなっている状況では、境内にお墓を建ててもらう事は、お寺にとっても経済的なリスクがあります。子孫が絶えてしまえば、墓地管理費や祭祀にかかわる収入が絶えることになりますし、残ったお墓の撤去や遺骨の合祀はお寺の負担(持ち出し分)になってしまいます。
そこで、どこかの頭の良いお坊さんが、「どうせ、いつかは無縁仏になるのなら、最初から無縁仏にして、まとまった金を取ってやろう」と始めたのが「永代供養墓」です。「永代供養墓」と言いながら、その実態はほとんどが「三界萬霊塔」と何も変わりせん。区画売りしているものも、要はロッカー式霊園の小さい物、というに過ぎません。
結局「最初にまとまった金を払って、とっとと無縁仏になりなさい」ということです。お寺にとっては永代供養墓という名前の無縁塔を新たに作る初期投資が少しかかりますが、「不良在庫」としてのお墓を抱えるリスクを回避して、何十万円かのまとまった収入を効率よくあげるための、非常に都合の良いシステムです。

このように、永代供養墓は、ほとんどのお寺で経済的な理由から始められているので、「お金になるなら」どこのお寺でも受け入れてくれるはずです。ただし、「一度きりの機会だから、できるだけお金を取る」という考え方で運営されているお寺も少なくないので、複数のお寺から資料をもらい、よく比較検討される事をお勧めします。

現在のお寺のお墓をなくして、遺骨をどこかの永代供養墓に移すには、
(1)法律で定められた改葬の手続きをとって、ご遺骨を移します。
(2)ご遺骨を取り出した後のお墓は、itirikiさんのご実家の負担で撤去・整理して、敷地を更地にしてお寺にお返しします。
(3)お寺によっては檀家を抜ける時に「離檀料」などを差し上げなければならない事もあります。

仏壇と位牌は、そのまま受け取ってお祀りして下さるお寺は、まずありません。離檀される時に、現在のお寺にお願いして、魂抜きの法要をして頂いた後に処分します。処分は、お寺でして下さる場合もありますし、自分で小さな破片に壊して可燃ゴミとしてクリーンセンターなどに持ち込むことになります。そのようなサービスを行っている仏壇屋さんもあります。


永代供養墓とは、また違った意味合いで身寄りのない(なくなる)ご遺骨を引き受けてくださる、お寺としては一心寺さんが有名です。ご希望の方法に近いかもしれません。
下記のURLを参照してみてください。
http://www.isshinji.or.jp/

参考URL:http://www.isshinji.or.jp/
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり、申し訳ございませんでした。
あれからも悩み続けて結論がでません。
親戚とも話し合って、どうするのかを考えていきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/23 22:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q墓の掘り起こしと永代供養の費用

私の祖父・祖母が眠っている墓についてです。宜しくお願いします。
お墓には祖父・祖母・その子供たち(3人)が入っています。跡継ぎの長男が永代供養をすると言い出しました。
お墓を掘り起こす費用と、永代供養の費用はいくら位かかりますか?

Aベストアンサー

寺です。
ココで聞いても、墓の大きさ・形状、原状回復工事のための立地条件、重機搬入可否の別、離壇の有無による離壇費用、永代供養料などさまざまなことがあり、条件により数十倍は異なるので参考になる答えは得られませんよ。
現状の墓所の使用条件のこともありますので、墓地管理者の寺院に聞かないといて見積もってもらうしかありません

Q永代供養について教えてください。 私は子供がおらず、私で墓じまいです。 永代供養って、本当に永代なん

永代供養について教えてください。
私は子供がおらず、私で墓じまいです。
永代供養って、本当に永代なんでしょうか?
そもそもそのお寺が亡くなったら、どうなるのでしょうか?
亡くなってしまってからは、金銭も払えないので結構お高いのですよね?相場ってお幾らぐらいでしょうか?同じような境遇の方、アドバイスをお願い致します。また、墓じまいの流れなどもご存じでしたらお願い致します。

Aベストアンサー

あなたが思われている、永代とはどのくらいの年月なのでしょうか。

1回忌、3回忌、・・・・という法事に、お寺さんに1回あたりにお支払いする、お布施・お車代・御斎(おとき)あわせておいくら位になるとお考えですか?


お支払いになられる、永代供養料と比較して考えてください。


何となく、判ってきませんか?

Q永代供養の費用を納める際の表書きって???

お寺に永代供養の費用を納める際の表書きは、何て書けば良いのでしょうか???

Aベストアンサー

永代供養とは、今後も年頃に供養して弔ってもらうための費用です。
お布施は、その都度の御坊さんへのお礼ですから永代供養にはなじみません。
そのまま”永代供養料”と表書きすればよいでしょう。
なお、お布施に領収証は発行してもらえませんが、永代供養料は今後の供養を継続してもらうための証として、領収書を発行してもらえます。

Q永代供養とお墓

永代供養とお墓のことで質問です。

今から20年前に兄が亡くなりました。
両親のうちどちらかが先に亡くなった時に、一緒にお墓に入れてあげようと、お骨をずっとお寺に預かってもらっているのですが、このまま預かってもらって親と一緒にお墓に入れるか、このままだとかわいそうなので永代供養してもらうか迷っています。
調べてみてもなかなかこういうケースがみつからなくて、どうしたらいいのかわかりません。
どうしたらいいのでしょうか?
永代供養するとどうなるのでしょうか?
一緒のお墓に入らなくても両親が亡くなったとき、あの世でちゃんと会えるのでしょうか?

Aベストアンサー

 20年もお寺に預けておられるのでしたら,そのまま預けて置かれてはいかがでしょうか。
 ご両親のいずれかが亡くなられた時にお墓を建立されるのであれば,その際に一緒に納骨して差し上げれば良いと思います。
 ご両親・そして質問者ご自身もいずれはそのお墓に入られるのに,お兄さんだけ永代供養で別というのは,心苦しくないですか。
 うちの母の姉が幼くして亡くなり,母の父が亡くなった時に,新しく建てた墓に納めました。




現時点で永代供養

Q永代供養の費用

自分は 独身ですし兄夫婦にも子供がいません。
そこで 永代供養をどんなタイミングですればいいですか?
また 費用はどれくらい考えていたらいいのでしょうか?
高野山 真言宗です。
墓は 近くにあります。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

檀家がいなくなれば…誰も相続しない墓は

無くなるから大丈夫です

死んだ後の心配は不要です

Qお墓や仏壇、お位牌、ご先祖様供養をきちんとしたい

幼少期まで田舎の古い村(部落)に住んでいました。その村を出てからお墓参りにいくのももう住んでない外者扱いでお墓もうちだけお盆棚がなかったりでどうしたらよいかと悩んでおりました。両親は自分の代からもうその村には住んでないからお墓をどこかにと言っています。仏壇も今、誰も行かない部屋の隅にホコリをかぶっておいてありいつも実家に帰るとなんとかしなくてはと思っています。その仏壇は過去創価学会の人からいただいたそうで黒いものです。そこへ祖母の位牌と祖父の位牌があります。この祖父も他界してからもう20年なのに木の位牌なんです。もうどうにかしなくてはといつもいつも考えてしまいます。お寺はその住んでいた村のお寺に出向いた方がいいのですよね。住んでないからダメだと両親はいいます。村のものに何を言われるかと・・・。でもご先祖に対してきちんとしたいのです。うちは日蓮宗派とのことですが父も身体が不自由になり療養しているのであまり話しが出来ません。長男は居ますが動きません。父のかわりに長女の私が(シングルマザーです)やれることをしたいと思ってこちらで相談させていただきました


○創価学会の仏壇はどうしたらいいか
○日蓮宗の仏壇のマニュアルにそって仏壇販売店の言うとおりに購入していいか
○ご本尊様はどうしたらいいか
○祖父母の位牌についてどうしたらいいか
祖母はもう約30年前に他界、祖父は約20年前他界

ご教授宜しくお願い致します。

幼少期まで田舎の古い村(部落)に住んでいました。その村を出てからお墓参りにいくのももう住んでない外者扱いでお墓もうちだけお盆棚がなかったりでどうしたらよいかと悩んでおりました。両親は自分の代からもうその村には住んでないからお墓をどこかにと言っています。仏壇も今、誰も行かない部屋の隅にホコリをかぶっておいてありいつも実家に帰るとなんとかしなくてはと思っています。その仏壇は過去創価学会の人からいただいたそうで黒いものです。そこへ祖母の位牌と祖父の位牌があります。この祖父も他界...続きを読む

Aベストアンサー

創価学会へ入っていたので、また創価学会の仏壇を…。ということはないと思います。
(学会の方は入ったほうがいいといわれるでしょうが…)

ご先祖供養というものは決して住んでいた土地でしなければならない。というものではないはずです。
各宗派にのっとり、まずはご近所で信頼のおけるお寺などをお探しになってはどうでしょうか?
過去住んでいた場所にこだわって、村八分のような扱いを自分たちの子孫が受けながら、苦痛のもとに供養する事など、ご先祖様たちは誰も望んでないと思います。

まずは信頼おけるお寺様をお決めになれば、
親身になって相談に乗ってくれる事でしょう。
色々な意見を聞いてまとまりがつかなくなるより、
「ここにしよう!」とお決めになった所で、ご先祖供養をなさるとよいかと思います。

供養は仏壇がどうの…という形式も大切ですが
まずはご先祖様に感謝する気持ちが大切ですから…。

Q永代供養とお布施

今、父の葬儀について考えています。私達家族には地元にお墓もなく、またお世話になっているお寺さんもありません。そこでたまたま相談にのって頂いたお寺さんで永代供養にするつもりです。

永代供養について質問がござます。あるサイトで、永代供養のメリットの説明として、“一度永代供養料を納めれば、使用料・管理料・お布施・寄付金等一切費用はかからない”と書いてありました。 永代供養といってもお寺さんにまかせっきりにはせず、年忌法要などはきちんとお寺さんに伺って供養するつもりです。そのような時、本当にお寺さんには何もお布施などは必要ないのでしょうか? お寺さんといえば何かあればお布施というイメージがあるため、実際のところどうなのか迷っています。

Aベストアンサー

No.1さんに引き続き、同じく坊さんです。

ご質問にお書きの永代供養の形態は、そのご覧になった寺院やHPサイトでの見解です。各寺院共通のことではありません。当方の近隣寺院を見ても場所によってかなり受け入れ形態も費用負担も異なります。
永代使用料は通常初回限りです。管理料等は寺院の規定によりばらばらですが、無いケースが多いでしょう。
個別の法要等の御布施は別です。寺院でまとめて行うケースでは必要ない場合もあります。
寄付金等も寺院ごとに異なり、あくまで檀家の一員になっていただく形態の場合には寄付金負担も生じます。
考えている寺院のケースに限って考えませんと間違えます。他と比較して同じと言うことはありません。それぞれのお寺ごとに取り扱いは異なります。
合掌

Qお墓の引っ越しに伴う、永代供養について

先日、父方の叔母が亡くなりました。
お墓をどこにするかで、親族との相談が難航しております。

■家族構成(6人兄弟)
長女
次女・・・叔母A(独身・未亡人)~★今回、亡くなった叔母。祖父母の墓守(本州在住)をしていた。
三女・・・叔母B(既婚・子供2人)~▲遺産相続人

故長男・・・亡父C(妻である私の母は存命・子供2人・単体で他県の市営墓地にお墓あり)~●私が長女にあたり、長男の兄には娘が2人有。(転勤族)
次男・・・叔父D(既婚・子供2人)~クリスチャン
三男・・・叔父E(既婚・子供2人)~当初、叔母Aと祖父母の墓を引き継ぐ予定だったが、墓守を拒否

お寺・・・祖父母と叔母A(今回逝去)の永代供養を拒否。(本州)

■状況
今回亡くなった叔母A★が、祖父母の墓守をしていたのですが、今回逝去したため、
三女の叔母B▲が、遺言状により、遺産を全額相続。

実は、遺産を引き継がない存命の兄弟が、墓の継承と位牌の受け取りを拒否しました。
そのため、祖父母の墓がある寺に永代供養をお願いしたところ、住職に永代供養を断られたそうです。

そんなわけで、故長男である亡父の墓に、祖父母と叔母Aの遺骨を引っ越し、長男の兄に位牌も受け取るよう、叔母B▲(既婚)に求められております。

■困っている点
私の亡父は長男であり、兄も長男なので、亡父一人が入っている墓に祖父母と叔母を納骨するのが筋なのですが、墓守を引き継ぐべき立場の兄が、転勤族です。
そのため、実質、墓守は長女の私と未亡人の母が行うことになります。

また、母が今回亡くなった叔母Aと不仲であったこともあり、亡父の入っている墓に祖父母と叔母のお骨を納骨することに、納得しておりません。
また、3名分の墓の引っ越し・永代供養に比較すれば、亡父の墓に納骨する方が、費用的に安価であるとは思います。
しかし、元々、私の母と亡父、二人だけが入る予定でお墓を立てておりました。

宗派は祖父母も亡父も同じですので、亡父の市営墓地にある墓はそのままで、別途、私どもの在住する地域のお寺に祖父母と叔母A★のみ、永代供養をお願いすることは非常識でしょうか?

やはり、そんなことはできないとお寺に断られるかもしれませんが、
何卒、皆様のお知恵をお貸しください。

先日、父方の叔母が亡くなりました。
お墓をどこにするかで、親族との相談が難航しております。

■家族構成(6人兄弟)
長女
次女・・・叔母A(独身・未亡人)~★今回、亡くなった叔母。祖父母の墓守(本州在住)をしていた。
三女・・・叔母B(既婚・子供2人)~▲遺産相続人

故長男・・・亡父C(妻である私の母は存命・子供2人・単体で他県の市営墓地にお墓あり)~●私が長女にあたり、長男の兄には娘が2人有。(転勤族)
次男・・・叔父D(既婚・子供2人)~クリスチャン
三男・・・叔父E(既婚・子供2人)~...続きを読む

Aベストアンサー

散骨も一つの方法です。
http://www.saigetuan.com/scattering/index.htm?gclid=CKuZrMvu2LECFRBTpgodVgYA4Q

http://www.chikusenkyo.com/seihu4.htm

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%A3%E9%AA%A8

参考URL:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0816/339510.htm?o=0

Q永代供養について

永代供養について皆さんに質問がございます。
今、父の永代供養を考えています。私達家族は現在愛知県に住んでいます。父の故郷である九州にお墓はあるのですがいろいろありそこには入りたくないということでした。 こちらにはお墓はありません。そこでこちらで葬式のときにお世話にあったお寺さんで、料金的なこともあり、永代供養にするつもりです。

永代供養について色々調べてみました。そしたら、永代供養にはお寺さんの儲け主義的な考えがあるなど批判的な考えがありました。みなさんはどう思いますか? 私は、結果として永代供養墓という形になりましたがもちろん法要などは伺って供養するつもりです。父のことは好きですし、気持ち的には普通のお墓参りの感じです。 永代供養はイメージはよくないのでしょうか?それぞれの考え方次第でしょうか?

Aベストアンサー

 坊主です。

>永代供養にはお寺さんの儲け主義的な考えがあるなど批判的な考えがありました
 この点に関しては、永代供養に限らず僧侶の活動全般について指摘されていることであり、私たち寺・僧侶の怠慢によるものでしょう。これは私たちが厳として受け止める必要があると思います。

 さて、永代供養墓が儲け主義という点に関しては、ある意味ではイエス、ある意味ではノーかと考えます。
 
 墓というものは寺と切り離せない関係にありますが、本来、純粋に仏教的なものではありません(そういったものも含めて日本仏教と呼ぶのかもしれませんが)。寺に墓地を造り、代価をいただいて墓碑建立・納骨を認めることは、本来の教義とは離れた儲け主義と呼ぶこともできるでしょう。

 永代供養墓が一般の墓に比べて、儲け主義かといえば私はそうは思いません。都市部では墓地は民間会社が経営しているものが多いですし、営利企業である以上当然ながら儲け主義です。
 ただ、例えば「毎月のご命日に読経します」と書いてあるのに、お参りに来られないのをいいことにそれを怠っているのであれば、それは問題です。この場合は儲け主義ではなく、契約違反・詐欺です。

 どのように取られるかはそれぞれだと思いますが、質問者様の文面からだと「お墓」と「永代供養墓」との違いを気になさっているように感じます。その点に関しては、大きな違いはないと私は考えます。

 最後に自己弁護になりますが、寺院の護持(特に増改築)にはかなりの費用がかかります。もちろん、檀家さんに協力をお願いするのですが、それだけでは足りない場合、なんらかの手段を講じる必要があります。その一つが永代供養墓なのかなと。「金儲け」と言われれば、その通りですが…。

 坊主です。

>永代供養にはお寺さんの儲け主義的な考えがあるなど批判的な考えがありました
 この点に関しては、永代供養に限らず僧侶の活動全般について指摘されていることであり、私たち寺・僧侶の怠慢によるものでしょう。これは私たちが厳として受け止める必要があると思います。

 さて、永代供養墓が儲け主義という点に関しては、ある意味ではイエス、ある意味ではノーかと考えます。
 
 墓というものは寺と切り離せない関係にありますが、本来、純粋に仏教的なものではありません(そういっ...続きを読む

Q先祖供養とお墓

こんばんわ。一人娘ですが、将来、両親のお墓の事で悩んでいます。結婚予定の方は長男ですが、彼の父は次男なので、お墓は 遠いところにあります。 私も 一人娘で、これもまた離れた場所に実家があるので、双方の両親が亡くなった時は どうしたらいいのでしょうか。 ちなみに、神奈川県と北海道です。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。

正当な回答としてはNO1様の回答となるかと思います。
ただ、質問者様のご意向とは少し離れているのかと・・。
将来という事で回答させていただきます。
こんな形もあるのかという程度に聞いていただければと思います。
質問者様は一人娘という事なので、御実家の先祖を見るという事ですよね。
まず、御実家の宗旨はわかりませんが、お住まいの近くで同じ宗旨のお寺を探します。
お寺が決まれば、そこのお寺で御法事などをお願いできます。
お墓もそのお寺に納骨壇形式のものがあれば、そこにお墓を移動します。
質問者様のご存命中はそのような形で御守できるかと思います。
その後は永代納骨という形でご意向と合うお寺に納める形でしょうか・・・。
稀に新たにお墓を作って、旦那様の家と質問者様の家の合葬墓とされるケースもあります。
この場合は両家の宗旨を同じにすることになりますが・・・。
この場合でも、菩提寺は旦那様の菩提寺にお願いするか、新たに近くのお寺にお願いすることになります。
名字の違う家を一つのお墓に入れてはいけないという方もおられますが、大丈夫です。
いけないのであれば、お寺は存在できなくなります。
お寺には色々な家の祖先をお飾りいたしますので・・・。
また、合葬墓の存在もいけないことになります。
今後はこのようなケースが多くなるように思われます。
臨機応変に対応できることですので、見方を少し変えてお考えになられたら如何でしょうか。
根本が変わらなければ何の問題もありません。
根本というのは、家が違ってもこの世を卒業した後は、同じ極楽に生まれるという事です。
姓を越えた同じ世界に生まれ変わるのですから・・・。

おはようございます。

正当な回答としてはNO1様の回答となるかと思います。
ただ、質問者様のご意向とは少し離れているのかと・・。
将来という事で回答させていただきます。
こんな形もあるのかという程度に聞いていただければと思います。
質問者様は一人娘という事なので、御実家の先祖を見るという事ですよね。
まず、御実家の宗旨はわかりませんが、お住まいの近くで同じ宗旨のお寺を探します。
お寺が決まれば、そこのお寺で御法事などをお願いできます。
お墓もそのお寺に納骨壇形式のものがあれば、そ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報