昔のドラマで、
タイトルはおろか、出演者、放送局、放送時間帯もわかりません。
放送されていた年代もうろ覚えなので正確ではありません。
ただ、子供心にすごく印象に残っているため、
ずっと気になっています。
下記の内容で、何か当てはまるようなドラマをご存知ないでしょうか?

私(1984年生まれ、22歳、関東在住)が
小学生低学年以下の頃だと思われる。
本放送か、再放送かは定かではない。
里子を預かるか、一般家庭に近い施設のような場所の話。
中学生か高校生の女の子がそこに預けられているが、
ずっと反抗的な態度をとっていた。
主人公の女の人(里親的な人・若い)の気を引きたくて、
わざと足首を叩いてアザになるほどの怪我にする。
学校に行くのに、女の人におぶってもらうのが嬉しくて
女の子が涙を流すようなシーンがあった。

うろ覚えなので、ストーリーの一部分どころか、
印象的に映った断片的なシーンしか思い浮かびません。
全体を通してどんなお話なのかも分かりません。

こんな情報で、何か思い当たる作品がある方がいらっしゃいましたら
情報をお寄せください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1987年のTBSドラマ「スタンド・バイ・ミー 気まぐれ白書」ですね。


出演者は小川範子・志穂美悦子・伊東四郎など。
主題歌は城ノ内ミサの「気まぐれ白書」

伊東四郎が施設の主人兼料理人。
志穂美悦子が施設で働く人。喧嘩早い。
小川範子が施設に預けられた学生。犬を連れてきていました。

話の内容は、まず小川が施設に預けられる。
そしてことあるごとに反抗する小川範子に志穂美がキレて、乱闘などの騒ぎがよく起こる。
そこに伊東四郎が割って入ったり、他の子供が話の絡んできたりとか。
最後は施設が閉鎖されることになり、それぞれ散っていく(小川は家庭に帰る)

>わざと足首を叩いてアザになるほどの怪我にする。
>学校に行くのに、女の人におぶってもらうのが嬉しくて

おんぶでなく、バイクの後ろに乗せて貰うんだったと思います。
初めは小川が本当の事故で怪我を負い、志穂美が仕方なくバイクで学校まで送っていく。
小川がその優しさに触れ、もう一度優しくして貰おうと自分で足を打つ。
それを目撃した志穂美は激怒するが、後に小川の心情が分かってもう一度バイクに一緒に乗ろうと誘う。

こんな感じだったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼を書くのが遅くなってしまい、すみません。
びっくりしました!感激です。
あんな拙い情報で、本当に見つかるなんて
思ってもみませんでした。
回答者様の回答を見て、うろ覚えだった部分が
そういえばそうだったと思い出し、懐かしい思いでした。
とはいえ、この記憶が自分が3歳の頃のことだと分かり、
さらに驚いています。
本当にありがとうございました!!

お礼日時:2007/09/26 21:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q印象に残る必殺シリーズのシーンは?

20年にわたって放映された必殺シリーズの中で特に印象に残るシーンは何ですか。

Aベストアンサー

一番印象に残っているのは、必殺仕置屋稼業で「一筆啓上業苦が見えた」という物語です。いつものストーリーとは全く異なる筋で、中村主水が剣術仲間に押されて師匠のカタキをとりに行くというストーリーです。詳細は覚えてないのですが、その仇役が佐藤慶で、同じ門下生だったのに師匠を上回る剣術腕前だったため師匠が逆恨みをして襲い掛かったのを殺してしまった、というものでした。ラストでは中村主水との真剣勝負となるのですが、いつも敵なしの主水が刀を折られ情けなくやられるところで、その仇が自決するというラストでした。未だに子供の頃の強烈な印象が抜けません。工藤栄一監督の名作品です。
あと、殺し方では同じく必殺仕置屋稼業の怪力坊主「印玄」の屋根から突き落とし技(ヤメテトメテw)必殺仕事人の「畷 左門」後半の人体二つ折り、少ない回でしたが、新・必殺からくり人の「噺し家 塩八」の催眠術で屋根から落とす技、これくらいですかね。えぐい殺し方が基本好きなのでw(追加,やいとや又右衛門の針も良かったです。)

Q「刑事の現場(NHK:3月15日放送)」の放火犯逮捕シーンで……

先ほど見たNHK土曜ドラマ「刑事の現場」で、夜中に加藤刑事が同僚と放火犯パトロールをしていて、廃棄机に放火した犯人を現行犯逮捕したシーンが引っかかってなりません。
放火犯(羽交い絞めにされながら「面白かったでしょう~?」などと呟いていた方)を取り押さえた後に、何でいきなりラーメン屋の出前店員が現れて刑事2人に銃口(モデルガン)を突きつけて脅してきたのでしょう? 放火犯=ラーメン屋の店員ならまだ分からなくはないのですが、自分が見た限りでは放火犯とラーメン屋の店員は別の人間に見えたので、何でここで脈絡なくラーメン屋の店員が出てきたのかが腑に落ちないのです。
物語中では重要性が低いシーンなので気にするだけ野暮かもしれませんが、もし分かる方がいらっしゃいましたら教えていただきたく存じます。(恐らく私の認識間違いの可能性が高そうですが……よろしくオお願いいたします)

Aベストアンサー

あ、見てました。
私が思ったのは

「ラーメン屋の店員」は警察の制服好き(コスプレ好き)で何か、騒ぎがあったので「警察官のフリをして」かっこよく登場・・・のつもりが知り合いの刑事(森山君、忍成君)がいたのでばれると思い銃を・・・・かなと・・・。
のあと「倉庫に立てこもり」は加藤刑事(森山君)のお父さんの殉職の事件を思い出させる・・・かな?


ドラマ好きオバちゃんでした。

Q常盤貴子の胸全開シーン放送よくできましたよね?

 常盤貴子が昔にドラマで上半身裸で濡れ場を演じていた事があったと思うんですが、あのシーンはよく放送できましたよね?。

 放送の問題もタレント・事務所側の問題もよくクリアできたと思います。深夜ドラマでもなかったし、まだ常盤貴子がこれから伸びるであろうとされていた時期にあれだけショッキングな濡れ場をよくできたと思いませんか?。

Aベストアンサー

あの役は、以前私が所属していたプロダクションの
無名タレントがオーディションで選ばれましたが
ヌードがイヤで降板。そして同じオーディションを
受けた無名時代の常盤貴子が演じる事になりました。
降板した子は今でも無名なので、常盤貴子の選択は
正しかったと言えるのではないでしょうか。
相手役の寺脇康文さんが、“かわいそうで、すぐに
手で隠した”と言っているくらい、少ししか出ていませんが、このシーンに同情して仕事依頼が増えたとか。
おかげでスターダストはこの過去を抹殺しましたよね。韓国の方の逆輸入バージョンのビデオ出品をヤフオクで見た事があります。
そんなわけで、事務所的には当時無名の
常盤貴子を売り出そうと逆に勧めたのでは
ないでしょうか?
今でこそ、脱いだら終わりな時代ですが
あの当時くらいまでは、売れる前に脱ぐ人が
多かったですよね。
田中美佐子とかさとう珠緒とか・・・

Q24日放送の「SP」の物理療法室シーン

24日放送の「SP」で岡田君が飛び込んだ浴槽の液体は何ですか?
看護士の女性が、茶色のビンに入っている液体を浴槽に入れているシーンがあったのですが、中身は何?と気になっています。
あと、管みたいな物から出ていた気体は酸素ですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あくまで私の想像ですが、井上(岡田君)が入っていたのは水若しくは生理食塩水かと思います。茶色の瓶は、消毒液(アルコール)ではないかと・・・そして、ボンベは酸素で気化したアルコールと酸素が拳銃の発砲により引火爆発したのだと思います。
それを回避するために井上(岡田君)は水若しくは生理食塩水にもぐったのではないでしょうか。

Q1月15日放送「只野仁」シャワーシーンについて

1月15日(木)に放送された「只野仁」の中で野久保直樹さんのシャワーシーンがありました。

女性から見ると優しそうな顔つきなのにしっかりしたいい体 だったという感想が多かったみたいですが、男性から見たらどうなんでしょうか?
見られていた方、感想や意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

労働現場のシーンではひ弱なイメージでしたが、シャワーシーンでは引き締まったいい体してましたね。
「脱いだら凄いんです」というフレーズが頭に浮かびました(笑


人気Q&Aランキング

おすすめ情報