ミステリー、ホラー、冒険モノ、SFなどが好きです。
宮部みゆき、折原一、道尾秀介は全て読んでいます。
恩田陸、瀬名秀明、綾辻行人、菅浩江(永遠の森)、池上永一なんかも好きです。
各作者で一番好きなのは(あえて一つに絞るなら)、
宮部みゆき「火車」
折原一「冤罪者」
道尾秀介「背の眼」
恩田陸「上と下」
瀬名秀明「八月の博物館」
綾辻行人「時計館の殺人」
池上永一「風車祭」
という感じです。
みなさんオススメの小説ありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

既読だったらすみません。


ホラーばっかりです。

貴志祐介はどうですか?
個人的に「青の炎」はあんまり好きじゃないんですが、「黒い家」「天使の囀り」「isora~13番目のペルソナ~」「クリムゾンの迷宮」などのホラーは、幽霊物じゃない人間の怖さをたっぷり味わえます。
まあ、ちょっと気色悪いので、スプラッタがダメならやめておいたほうがいいかもですが。
まずは「黒い家」からどうぞ。
スプラッタかつホラーかつサスペンスかつ冒険物は「クリムゾンの迷宮」です。

同じスプラッタ系で、桐生祐狩(きりゅう・ゆかり)「夏の滴」。
面白かったんで一気に読みましたが、2~3日気色悪かったです。
第9回の日本ホラー小説大賞受賞作だったと思います。

心霊系(?)では鈴木浩司「リング」「らせん」です。
「ループ」ですべての謎が明らかになりますが、「リング」と「らせん」の恐怖がどこかへ飛ぶので、読まないことをお勧めします。私はハードカバーで買って、読後床に投げつけました(笑)

あと小野不由美「屍鬼」。
「魔性の子」もおすすめですが、これを読むと「十二国記」が読みたくなるので、ファンタジーが苦手ならやめたほうがいいかもです。
でも恩田陸と同じで、日本ファンタジーノベル大賞の最終選考から「東ケイ異聞」を出版している人なので、面白いですよ。

この回答への補足

そう言えば、質問欄に入力した
恩田陸は「上と下」ではなく「上と外」でした。
失礼しました。

補足日時:2007/09/27 15:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました。
自分ではたくさん読んでいるつもりでしたが、
知らない作者や本がたくさんありました。
みなさんのご意見を参考にこれからも読書を続けていきたいと思います。

お礼日時:2007/09/27 15:04

こんばんは。


黒史郎さんの「夜は一緒に散歩しよ」はどうですか?
第1回「幽」怪談文学賞長編部門大賞受賞作です。

SFなら小川一水さんの「天涯の砦」がお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました。
自分ではたくさん読んでいるつもりでしたが、
知らない作者や本がたくさんありました。
みなさんのご意見を参考にこれからも読書を続けていきたいと思います。

お礼日時:2007/09/27 15:05

ホラーなら乙一さんや山田悠介さんは定番なので、奈須きのこさんの『DDD』などはいかがでしょう?


http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b …

ミステリ系はダヴィンチコードの作者のダン・ブラウンさんや
アガサクリスティーなどがオススメです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました。
自分ではたくさん読んでいるつもりでしたが、
知らない作者や本がたくさんありました。
みなさんのご意見を参考にこれからも読書を続けていきたいと思います。

お礼日時:2007/09/27 15:05

夏目漱石の「こころ」(集英社)


司馬遼太郎の「竜馬がゆく」(文春文庫)
シドニィ・シェルダンの「ゲームの達人」(アカデミー出版)
ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」(早川書房)
村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」(新潮文庫)
灰谷健次郎の「兎の眼」(新潮文庫)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました。
自分ではたくさん読んでいるつもりでしたが、
知らない作者や本がたくさんありました。
みなさんのご意見を参考にこれからも読書を続けていきたいと思います。

お礼日時:2007/09/27 15:05

上遠野浩平の全作品。


秀逸です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
調べてみましたが、結構有名な方のようですね。
私は全然知りませんでした。
著書も多数あるようで、この一冊というようなオススメありますか?

お礼日時:2007/09/25 16:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q池上永一さんの「シャングリ・ラ」について

池上永一さんのシャングリ・ラという本を購入して読みました。とても面白く満足していますが、一つ疑問に思うことがあります。クニコの親代わりのモモコが「オカマは金を神様にあげた代わりに、銀を神様からもらった」と言っています。この銀とは何ですか?金のほうはなんとなく分かるのですが(笑)
とても気になっています!分かる方いたら教えてください!!お願いします!!!

Aベストアンサー

 こんにちは。

<銀とは何か>
 この章だけ読めば、クニコが知らない事実があるという前提、
 (1)クニコはオリンピックの勝利者に与えられる金銀胴のメダルがあったことを知らない。
 (2)モモコはかつて柔道の国際試合で優勝した経歴を持ち、かつオリンピックの強化選手だった。その事も知らない。
 そして、オリンピックで金メダルを取ってしまうと国民栄誉賞などを与えられて自由な生き方が出来なくなってしまう。

 多分(小説中の)事実は、オリンピックでモモコは優勝せず「銀メダル」にしたのだと思います。金を取って嬉々としている姿、生き方はモモコが一番忌み嫌う生き方だったのだと。

 この様な経緯を知らないクニコが居る状態で「下ネタ」の様な話し方で暗にオリンピックを批判するのだが、クニコは何も知らないので「下ネタ」の話だとばかり思っていて、何故「金を差し出した代わりに銀がもらえたか?」単純に疑問に思ったのだと思います。
 *下記は「シャングリ・ラ」からの引用です。
 クニコが知らないので、更に追い討ちで「銅っていうのもあるんだけど、銀を知らないようじゃ無理ね」
 この様な展開になるわけです。

 この第六章「メデューサ討伐」の最初の部分は、クニコの内面を知る貴重な手がかりになりますね。

 話は変わりますが、東京オリンピックが出てきますね。御質問者さんの質問が「シャングリ・ラ」を再度目を通すきっかけになり、現在の社会の状況とあまりにも符合するので大変びっくりしています。
 大変タイミングの良い時期であると思います。この本は平成17年に出されていて、初出は2004年月刊「ニュータイプ」で連載されていますが、その時点で私はあまり深くは考えていませんでした。
 奥田英朗著「オリンピックの身代金」も興味を持って先ごろ読み終えました。

 う~~む・・・。何だろう・・・。

 この様なことを話題にする場所ではありませんでした。あまり参考にはならなかったと思います。
 それでは、失礼いたします。

 こんにちは。

<銀とは何か>
 この章だけ読めば、クニコが知らない事実があるという前提、
 (1)クニコはオリンピックの勝利者に与えられる金銀胴のメダルがあったことを知らない。
 (2)モモコはかつて柔道の国際試合で優勝した経歴を持ち、かつオリンピックの強化選手だった。その事も知らない。
 そして、オリンピックで金メダルを取ってしまうと国民栄誉賞などを与えられて自由な生き方が出来なくなってしまう。

 多分(小説中の)事実は、オリンピックでモモコは優勝せず「銀メダル」にした...続きを読む

Q恩田陸作品の共通の登場人物(長文)

「六番目の小夜子」をドラマ版で見て、原作を読んでみたいと思い恩田陸ワールドにすっかりハマりました。
 「パズル」の≪関根秋≫の名前を見て!?と思い、ネットで色々検索してみたところ、その他の作品中でも登場人物がカブっていたりシリーズ物になっていたりするらしいですね。
 タイトル・登場人物が一覧で分かればその他の本も探しやすく、読むにあたっても深みがでるかな?と思いました。
  
↓ちなみに私の調査(笑)状況です ※(済)以外は未読
「黄昏の百合の骨」・・・「麦の海~(済)」水野理瀬
「殺人鬼の放課後 水晶の夜・翡翠の朝」・・・「麦の海~(済)」ヨハン
「三月は深き紅の淵」・・・「麦の海~(済)」本(日記)
「図書室の海」・・・「六番目~(済)」関根秋の兄弟
「パズル(済)」・・・「六番目~(済)」関根秋の兄弟
「象と耳鳴り」・・・「六番目~(済)」関根秋の父

これら以外にも登場人物のシリーズ物などありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは*私も恩田陸作品大好きです!

上にお書きになられているもの以外では、
「MAZE」と「クレオパトラの夢」に神原恵弥という同じ人物がで登場します。
「MAZE」の方ではサブぐらいの位置で、「クレオパトラ~」の方では(私はまだ未読なのですが)主人公だったと思います。

それから「常野物語」シリーズですね。
現在の恩田さんの最新刊「エンド・ゲーム」に出てくる拝島時子と瑛子は「光の帝国」の中の『オセロ・ゲーム』の登場人物です。

あと他にもいろいろあるはずなのですが私も把握できてなくて(^^;
名前が明確に出されてないけどこの描写はもしかしてあの話のあの登場人物じゃ…?なんてのもいくつかあるんですよ♪
ぜひぜひ恩田ワールド楽しんでください*
私の覗いてるファンサイト様のURLを入れておきますね。

参考URL:http://tacet.milkcafe.to/ondariku/ondatop.htm

Q宮部みゆきさんの時代物の短編なのですが…

宮部みゆきさんの時代物の短編のひとつなのですが、タイトルがわからず、知りたいと思っています。
余り詳しく覚えていないのですが、少女が器量よしの少女をねたみ、死んでしまえばいいのに、と思ったら、本当に死んでしまった。そのことで、少女も気がふれてしまい、死ぬまで治らなかった、というような話で、少女の弟の視点から描かれていたように思います。
ご存知の方がいらしたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 「あやし」の中に入っている「梅の雨降る」だと思います。書評の所に少しあらすじが載っていますのでご確認下さい。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31106496
http://nifty.bk1.jp/product/2316480
 ご参考までに。

Q宮部みゆきの作品の舞台

宮部みゆきさんの、以下に挙げる作品の舞台となっている場所について教えて下さい。
『パーフェクト・ブルー』
『今夜は眠れない』
『夢にも思わない』
『ステップファザー・ステップ』
『ドリームバスター』『ドリームバスター2』
『我らが隣人の犯罪』
『返事はいらない』
『とり残されて』
『地下街の雨』
『鳩笛草』
『人質カノン』
『魔術はささやく』
『東京殺人暮色 』
『レベル7』
『龍は眠る』
『スナーク狩り』
『火車』
『長い長い殺人』
『蒲生邸事件』
『理由』
『クロスファイア』
『模倣犯』
『R.P.G.』
『ブレイブ・ストーリー』
『誰か』
以上です。かなりの数ですが、ご存知のものだけでも結構ですので、教えて頂ければ嬉しいです。
また、一言に舞台と言っても限定しにくい作品もあることは分かっています。そういった場合は、主人公や登場人物の住んでいる場所や、出てくる地域などでも構いません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『R.P.G』
渋谷南署にある、取調室が舞台です。
でもこの作品の’本当の’舞台は、ネットですね。


『ステップファザー・ステップ』
今出新町という、どんな悪徳不動産屋でも「東京から通勤圏内ですよ」と言うには声が小さくなるような新興住宅地(本編より)。
そこの一軒家に住む、双子の中学生と泥棒のお話。


とりあえず2点だけ。
基本的には東京が舞台の作品が多いですが、事件を追って、あちらこちらに行くケースがほとんどです。
なので、何処が舞台か、というのは一概には言い切れない作品が多いと思います。

Q宮部みゆきの“初ものがたり”の続き

宮部みゆきの“初ものがたり”の続きは出ないんでしょうか。

屋台のおやじのことが気になります。
あきらかに続きを意識して書かれてると思うのですが、、
もし、私が知らないだけで、続編が出ているのなら、題名を教えてください。

Aベストアンサー

私も宮部みゆきの時代小説が好きなのでチェックしているのですが、はっきりと「初ものがたり」の続きとして出ているものはまだないようです。ただ、「ぼんくら」「日暮し」に登場する政五郎さんは米寿を迎えた茂七親分の跡継ぎである、というようにちょこちょこつながっている作品があります。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報