新しいのが欲しくていろいろ探しているのですが、だんだんわけがわからなくなってしまって・・・
今の使用状況はほとんどがインターネットとメールです。あとはアクセス97、ワード・エクセル95を時々、音は聞こえたらいいという程度です。将来的には音楽CDの焼き付けやデジカメの画像を加工したりということも考えています。予算は20万円以下、できるだけ安いほうがいいのです。
で、このようなパソコンを見つけたのですが、部品の性能など全然わからなくて・・・これってどうなのでしょう。
これで今使っているエクセルやアクセスは使えるのでしょうか。
CPU 1 AMD THUNDER BIRD 1.2G(FSB266) SocketA
マザーボード EPOX EP-8KTA3 (サウンドオンボード)
MEMORY 1 SDRAM 256MB PC133 CL3
VGA CARD GeForce2 MX 32MB
HDD 1 30GB UltraDMA100 7200rpm
FDD 2MODE
CD-ROM/R/RW 1 Rx8 RWx4 CDx32(ソフト付き) ATAPI CD-RW
SOUND CARD オンボード
キーボード 112 ATX PS/2 キーボード
マウス PS/2スクロールマウス
ケース ATX ミドルタワー 350W
OS マイクロソフト WINDOWS98 SE

これで送料込みで16万円くらいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

同種の質問の中ではとっても良い質問の仕方だと思います。

(笑)

Accessや画像加工を考えているということで、メモリーは多いに
超した事はありませんが、標準的なパソコンで128MBなので、2倍
乗っているのでそれで良いと思います。ちなみにWin9xシリーズ
はメモリーを乗せ過ぎると自分でチューニングしないといけない
という厄介な性質があるので、256~384MB程度が一番扱い易いの
ではと思われます。

バンドルのOSがWin98SEであったり、IDEインターフェイスがATA66
だったりする点から、型落ち品というわけですが、これだけの内
容でこれならまあ良いのではないでしょうか、CD-Rライティング
ソフトもちゃんと付いてきますし。但し、DirectCDという、パケ
ットライトのソフトしか付いてこないという例がありますので、
確認してから買って下さい。パケットライトのソフトでは普通の
CDは作れませんので、普通のCDが作りたい場合は別途WinCDRなど
のソフトが必要です。(なんとなく内容がショップブランド物っ
ぽいので、ショップ物なら普通付いてきますけど)

サウンドは音が出れば良いだけという事ですが、チップセット内
臓のオンボードの物だと、全体が違和感のある動作になる事があ
るので、使って見てそういう印象があったらあとから3000円程度
の安いサウンドカードを増設する事もあるかもしれない事は想定
した方が良いと思います。

あと、ディスプレイが言及されていないのでセットに入っていな
いのだろうと思いますが、写真をやるならまだまだブラウン管の
ものを選んだ方が良いです。私の持論なのですが、CRTとキーボド
マウスだけは妥協しちゃ駄目だと考えています。キーボードとマ
ウスは選べないのでしょうが(でもロジクールのホイールマウス
なら問題ないと思います)、CRTは妥協しちゃ駄目です。17寸で
も最近は税込4万円しないで良いのが買えるので、予算内に収ま
ると思います。

あ、蛇足です。
予算内に収まってるから良いのですが、CPUが1.2Gってのは、そこ
まで要らないと思いますよ。恐らく800MHzでもまったく不自由し
ないはず。あと、WinMEではないですが、それもまったく困りませ
ん、逆にメリットかも。(笑)

参考URL:http://www.vwalker.com/vmag/review/motherboard/3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当は去年から買い替を検討していてOKwebで同種の質問をずっと読んできたので質問の仕方がわかったのだと思います。

で、これを買っちゃいました。
それにしてもCPUを下げてディスプレイを買うか、キーボードも変えるか2日悩みました(笑)
結局キーボードだけちょっといいのにしてディスプレイは今のまま使うことにしました。すでに2台ほど処分に困ったディスプレイがあるので・・・
17インチのフラットが欲しいんですけどね。
パケットライトのソフトのことも全然知らなくて注文する前に問い合わせすることができました。
本当に助かりました。ありがとうございました。

*SEとMEについてはどちらも同値段で選べたのですが、検索してみたら同じことで質問している人がたくさんいらっしゃって、その回答がほとんどSEの方がいいということでしたのでこちらにしました。

お礼日時:2001/01/30 23:59

そのスペックは申し分ない性能でしょう。


ただ,おそらくそこまで必要としていないと思いますよ。
そして、タワー型のデスクトップパソコンだとやっぱりサイズがでかいですヨ。
私ならあまりお勧めしませんが。。。
私も,最近パソコンを購入したばかりですが,最初はスペックの良さとコスト
に引かれてデスクトップパソコンを買おうとしました。しかし、液晶ディスプレイの見やすさと省スペース的なものは多大なる魅力があります。ブラウン管だと目が疲れますよ。
私のと同じで良ければ,NECのバリュースターのCをお勧めします。使ってて申し分ない性能とサイズです。価格は199800円ですが,さくらやで買ったのでポイント還元でプリンターやその他の小物がただで買えました。(下記がURLですが私のは一つ前のタイプです)
今後はおそらく液晶の低価格化が強まりほとんど液晶ディスプレイやノート型になると私自身は思います。今からせっかく買うのであればお勧めします。

参考URL:http://121ware.com/valuestar/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにノート型の手軽さは魅力ですよね。
しかし、10年以上この大きなキーボードを使っているので仕事用のノート型はどうも打ちづらくて困っています。
先に引き出し式の省スペース型デスクも新調してしまいましたし、いろいろと増設して遊びたいとも思っているのでやっぱりタワー型にしようと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/01/31 00:24

一つ書き忘れました。



> これで今使っているエクセルやアクセスは使えるのでしょうか。

これは今お使いのパソコンから抜いて新しいのに乗せ変えるという
事で良いでしょうか?パッケージで買ったものならOKですが、パソ
コンを買った時に付いてきたバンドル品であればNGである可能性が
高いです。しかし、Accessだけ97という事は、これは後からパッケ
ージで買い足したものですね?となると、これは乗せ変えて使って
も大丈夫だと思います。でも、どうせならアップグレードの権利を
使ってOffice 2000 Professionalアップグレード版を買ってしまえ
ば3.5万円程度でWordもExcelもAccessも最新になります。ついでに
PowerPointも付いてきますが、そんなのは如何でしょう。
# もちろん古いパソコンからはAccess97は消してという事ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

古いOSにしか対応していないのでちょっと心配でした。
古いパソコンはフォーマットして別の古いパソコンのデータ用にします。
WordもExcelもAccessも最新にしたいですよね。
WordとExcelはプリインストールソフトでしたのでOffice 2000 Professionalアップグレード版を検討します。
それにしても次から次へと凝り出すとお金がかかる・・・
3台のパソコンがすべて違うOSになってしまいそうです。

お礼日時:2001/01/31 00:14

この性能なら、Excel、Accessを使うには問題ありません。


むしろ持て余してしまうかもしれませんね。
RAM256MBなら、デジカメ写真の加工も大丈夫でしょう。

これをもう少し安くしたいのなら、
もう少し遅いCPUでガマンするのが手っ取り早いでしょう。
ただし「重たいのはイヤ!」とおっしゃるのであれば、
これでいいと思いますよ。

ま、これについては、もう少し他の人の意見を聞いた方がいいと思います。
パソコン選びのアプローチ法なんてのは人それぞれですから。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もう少し遅いCPUにしてちょっとでも安くするか新たな悩みがでちゃいました(笑)
でも今鉄壁を入れたらケーブルテレビ接続なのに昼間でも0時頃のダイヤルより重くなってしまっていらいらしているので速さに期待してしまいました。

この2日間とても楽しかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/31 00:05

インターネットに使っていらっしゃるのなら、


通信に関することも教えていただきたいのですが。
例えば、「モデムは内蔵?」「通信速度はどのくらい?」とかです。
よろしくお願いします。

この回答への補足

さっそくありがとうございます。
ネットへはケーブルテレビ接続ですのでモデムはいらないと思います。LANボードは今使っているメルコのLGY-PCE-TLを使います。

補足日時:2001/01/29 11:39
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHDD? DVD±R/RW? DVD-RAM? CD-R/RW? CPU?

パソコン購入にあたり上記の言葉の意味が恥ずかしながらわかりません。
年寄りにも理解できる様になるべく専門用語を使わずに説明して貰えませんか?

Aベストアンサー

初めまして
下記ご説明にて参考にしてみて下さい

HDD ⇒ <Hard Disk Driveの略> ハ-ドディスクはデ-タを記憶する装置。パソコン本体に内蔵されています。外付けタイプも有り。

<デ-タを読み書きする媒体>
DVD-ROM & CD-ROM ⇒読み出し(再生)専用。デ-タの書き込みや消去は出来ない。

DVD-R & CD-R ⇒ 1回だけ書き込み出来る。書き込んだデ-タは読み出し専用となり消去出来ない。

DVD-RAM & CD-RW ⇒ 何度でも書き換え出来る。

CPU ⇒ パソコンの頭脳にあたるところ。各装置に命令を出したり プログラムの実行や計算をする機能がまとめて組み込まれている

判りやすく簡単に書いたつもりですが 参考にして頂ければと思います

Q※CD-RW,CD-R/RW,CD-ROM??? 

パソコンを買うときCPU、メモリ、ハードと一緒に
CD-R/RWといった様な表記がありますが
お店で聞いてもどの表示が書き込み出来るということが、
はっきりと理解できません。

どういう表示だと”読み込みだけ””書き込み1回””何回でも書き込みOK”
なのでしょうか?
あとその表示はDVDでも一緒でしょうか?

いまどきこんな質問ですみませんが、教えてください。

Aベストアンサー

>CD-R/RWはどういうことですか?

CD-R/RWとは、「CD-R」と「CD-RW」の両方に対応しているということです。
昔はCD-Rのみ対応というドライブもありましたが、今ではみかけません。
※CD-RWに対応していれば必然的にCD-Rにも対応します。

>CD-ROMとCD-Rは同じ意味ですか?
違います。
CD-ROMは書き込みが一切できません。市販のアプリケーションソフトのCDなどはCD-ROMです。
「CD-ROM」と表記されているドライブは読みこみオンリーで、書き込みには対応していないということです。

QMicroATXのボードをATXの電源で動かせますか

MicroATA用の電源を探していたのですが、どうやら最高で350Wが最高らしく、現在使っている300Wと比べて50Wしか変わらなくどうしようかと悩んでいたら、MicroATXのボードをATXの電源で動かせるらしいというのをききました。

これってホントですか?

MicroATXのボードをATXの電源で動かせるということは、例えば今のPCにATXの400Wの電源をくっつけても問題はないということですよね?

知識のある方、経験者の方回答をお願いします。

Aベストアンサー

 手元にたまたまパーツがありましたのでバラックで組んでみました。電源はATX用の400W、ボードはマイクロATXとは違いますが、VIAのEPIAでファンレスのCPUがオンボードで実装されているものです。問題なく動きました。マイクロATXでも同じだと思います。

 電源ユニットには各電圧の電流の許容値が書いてありますが、電圧は記載された値がほぼ出力されます。しかし電流のほうは許容値でして、これ以上電流を流すことはできません、という値が書いてあります。もちろん安全率も加味してあるはずですが、突入電流もあるので、あまり楽観視しない方が良いかと思います。大きな電流を食うボードに小さな能力の電源ユニットは使えませんが、逆ならOKです。

 ただしマイクロATXで400Wということは相当な増設があるのでしょうか。そうなると小さなケースをお使いの場合は特に放熱に十分ご配慮下さい。小さなスペースの中で熱源が接近している事も考えられますので。

Q650MBと700MB

何で、CD-Rには650MBと700MBがあるんですか?
何か使用目的が違うんですか?

Aベストアンサー

650と700ですか・・・解答がありますが少し補足です。
CDの初期規格は650MB(74分)でした。
これは、Redbook(表紙が赤であったためこう命名された)という規格書に基づいて作成された物です。これは81年にソニー・フィリップスの2社が策定しました。
これが、CD規格の始まりです。

既に解答がありますが、CD-Rの650MBはこのRedbookに互換するために策定された物で、CD-ROMとの互換性を維持するために規定した物であるわけです。
当初の規格では、CD-Rは2規格540MB(63分)と650MB(74分)が策定されています。OrangeBookという(やはり表紙の色から)その規格書は、89年にCD-MOという規格(商品化はできなかった)でスタートしました。そして、Part2(CD-R)の規定、Part3(CD-RW規定)と進化してきたのです。

OrangeBookのPart2でのCD-R規定では互換性を最重視するために、規格に余裕を持たせました。これは、CDドライブでの再生の誤差を軽減するための物で、
正確な違いを指せば、

650MBでは
線速(メートル秒)/1,22
トラック幅(マイクロメートル)/1,57
データ領域(ミリメートル)/57,96
リードアウト領域(ミリメートル)/58,43
ですが、

Part2規格書の上限では
線速/1,4までの上限、下限1,2
トラック幅/1,7上限、下限1,5
データ領域/58以下
リードアウト領域/59以下

としています。
これは、再生ドライブで再生する場合や記録ドライブで書き込む際に、ぎりぎりで規定すると、かけない、読めないなどの不具合が発生する可能性があるため、規定に幅を持たせています。

さて、本題の700MBですが、この規定のぎりぎりにした理由は、容量ですね。最初は特に650MBでも良かったですし、十分すぎるほどの容量がありましたが、近年になって大容量のハードディスクが登場したりと不足気味になってきました。またハードウェアの能力も完成度が高くなり、あまり不具合もなくなった。
そこで、互換性を維持して容量を増やすことにした。

まず、
線速は規定の下限1,2にしました。
次にトラック幅は1,5に変更したのです。いずれも規格ぎりぎりとなりました。
残りの、領域規定は、57,94(データ領域)と58,38(アウト領域)としてぎりぎりどころか、余裕があります。(まあ、これはたくさんのドライブで再生するための互換などを考慮したのでしょう)

その結果、700MBの容量ができたと言うことになります。これが、700MBに達した理由ですね。
別に目的外で新しい目的のためであるというわけではありません。
まあ、大容量化によること、規定に余裕が合ったこと、技術的に開発メーカーのバランスが整ったことが揃ったため結果的に、700MBも登場したと言うことです。
ちなみに、現在も650MBが出回っている理由は、

700MBメディアには記録できないドライブがあること、再生するときにうまく再生できない場合もあることなどがあります。まあ、将来的には650MBは消えるかも知れませんが・・・やはりどのプレーヤーでも再生しやすいようにとなると、650MBの方が良い場合もあります。

650と700ですか・・・解答がありますが少し補足です。
CDの初期規格は650MB(74分)でした。
これは、Redbook(表紙が赤であったためこう命名された)という規格書に基づいて作成された物です。これは81年にソニー・フィリップスの2社が策定しました。
これが、CD規格の始まりです。

既に解答がありますが、CD-Rの650MBはこのRedbookに互換するために策定された物で、CD-ROMとの互換性を維持するために規定した物であるわけです。
当初の規格では、CD-Rは2規格540MB(63分)...続きを読む

Q700MB>92.5MB???

今iTuneでオリジナルCDを作っています。
21曲入れて時間が1.6時間、92.5MBとなっています。
CD-Rを見ると記憶容量が700MB

ということは21曲全てが1枚に入りますか?
というか、もう8倍ぐらい選曲しても1枚に収まるということでしょうか?
そんなに入ります!?

ド素人な質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

iTunesで ディスクを作成する際には
・オーディオCD
・MP3 CD
・データ CD 
のいずれかを選ぶ事になってますよね。

>21曲入れて時間が1.6時間、92.5MBとなっています。
の場合は 
オーディオCD(1枚)では 
80分を/枚を超えるため 作成できないと思います。
適宜 曲を選り分けて 2枚 作成した方が 良いと思います。
(だからこそ iTunesでは 再生時間の合計の目安(1.6時間)も出るのです)

>もう8倍ぐらい選曲しても1枚に収まるということでしょうか?
データ CDなら 収まるでしょう。
ただし データCDは 扱える機器が ほぼパソコンに限られます。
オリジナルCDを作る という目的から逸れると思います。

MP3 CDは 
手持ちCDプレーヤ(カーオーディオかも)が対応するなら 
やってみても良いでしょう。(全部 MP3になります)
(説明書を調べる事。某DVDレコーダでは 曲数・ファイル数に制限が有って
100曲以上/1枚 をしないでください と解釈できる注意書きがあります。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報