忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

ウィルス関連については、多くの過去ログがありますが、あまりにも多すぎて学習能力の低い私は、今ひとつ初歩的なウィルスについての知識を纏め切れておらず、「自分のウィルス対策はこれでいいのだろうか?」という不安が常につきまとっています。
もちろん、他のHPや、PC関連雑誌なども出来るだけ読んでいるつもりではおりますが、未だPCについては「浅く、中途半端な知識」である事も否めません。

そこで、恐縮ではありますがPCにお詳しい皆様に、現在の私のウィルスバスターの使い方(設定)が、どの程度正解或いは不正解(危険)なのかを教えて頂きたく質問させていただきました。
インストール当初からリアルタイム検索をオンにすると全ての動きが重く感じるので、過去ログやトレンドマイクロのHPの対処方法など色々と試してみて、自分なりの結論として現在は以下のような使い方(設定)をしています。

(1)「オフライン時」「メール」「チャット」「OKWebの様な、いつも利用している安全と思われるサイト」の利用の場合は、リアルタイム検索のみをオフ。

(2)「未知のサイト」「大人のサイト」へアクセスする場合は、リアルタイム検索もオン。そして、IE6のセキュリティーとプライバシーも「高」に設定。

(3)タスク検索設定は、全てのファイルが月1回、 C、Dドライブが週1回、プログラムファイルが月1回。

(4)「大人のサイト」からのダウンロード後や、何となく気になる動きをした感じがするときは、手動にて全て検索。

もちろん、アップデートについては10分に1回確認するようにしています。

環境は、ウィルスバスター2002、ME、IE6、フレッツISDNです。
ちなみに、今月(8月)26日よりADSLに変更しますので、この変更に伴う現在の設定の可否などもあればご教授頂けると幸いです。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

追加…


WebTrapの監視対象です。
なお、メール検索で発見出来なかったウイルスはリアタイム検索でも検出出来ません。
使用しているパターンファイルは一緒です。
ですが、以後、新種のウイルスに対応したパターンファイルが完成、ダウンロードすれば感染していてもリアルタイム検索が発見してくれます。

参考URL:http://www.trendmicro.co.jp/esolution/solutionDe …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Mitzさん、追加のご回答、ありがとうございます。

それから、先ほどの表現不足は本当に申し訳ありませんでした。再度、お詫び申し上げます。

なるほど、今回のご指摘の意味を含めて、やはり、リアルタイム検索は常にオンにしておいた方が良いと言うことですよね。

皆様からのご指摘に加えて、Mitzさんのこのご指摘も鑑みると、自分の理解不足に恥じ入っております。

でも、これでスッキリする事も出来て、更に勉強しなくてはとも自覚出来たので、とても良かったです。

貴重な、ご指導とお時間を頂き誠にありがとうございました。

お礼日時:2002/08/18 19:00

こんばんわ、疑問は尽きませんね。



さてご質問の件ですが、すでに他の方からお答えがついて、ほぼ解決しているようですね。

私なりに、余計ではありますが一言。私もアンチウイルスソフト・ファイアーウォールソフトを使っていました。そして、さらにADSLにしましたところ、接続用のアプリも立ち上げなくてはならず、システムリソースが不足して通常の使用に耐えなくなりました。

結局Windwos2000を買ってきてインストールしてしまいました。ADSLにしますと、どうしても接続が長時間になり勝ちです。ファイアーウォールソフトなども必要になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

o_tooruさん ご回答頂きありがとうございます。

接続用のアプリはそんなに影響するんですね。ちょっと驚きです。
私のPCは、起動時のシステムリソースが78%前後にまでは持っていってありますが、これも厳しいのでしょうか。

購入時には気づかなかった、MEの「不評」には現在も悩まされていますので、もしもそのような現象が出るのであれば、この機会にXPにしてもいいかな~とも思っています。

貴重な実際の体験をお話頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2002/08/19 01:51

リアルタイム検索は常時すべてのファイルを監視していますので、確かに起動させておくとCPUの周波数が低いPCの場合、重さを感じるようになります。


まあ、理想を言えば、リアルタイム検索も常時起動させておいた方が良いのですが、検索対象を絞る事により、少々軽くする事も可能です。
設定画面を開くと、監視するファイルの拡張子を制限することが出来ます。
監視対象が、「すべてのファイル」になっていたら、「トレンドマイクロの推奨」に変更。
こうすると本当に危険性が高い物だけ監視対象に出来るので、少々軽くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Mitzさん、度々丁寧なご指導を頂きありがとうございます。

やはり、そうですよね。説明書やトレンドマイクロのHPにもありましたけど、リアルタイム検索はそのシステム上、オフの時よりは重くなる事もあるんですよね。
私のPCはCeleron667で、メモリは256MBなので、そのせいかもしれませんね。

拡張子の制限については、既に「トレンドマイクロの推奨」にはしていましたが、正直言いますと、これが何なのかを理解していなかったので、Mitzさんに説明して頂いて助かりました。

こうしてMitzさんにも、何度もお時間を頂いているので、自分自身でもウィルスバスターの説明書から始めてもう一度しっかり読み直していきたいと思っています。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/08/18 20:49

>1)「オフライン時」「メール」「チャット」「OKWebの様な、いつも利用している安全と思われるサイト」の利用の場合は、リアルタイム検索のみをオフ



リアルタイム検索は常にONにしておくべきです。
重く感じるのはOSのせいであって、ウイルスバスターの問題ではないので
勘違いされるような文章は書かないほうがいいと思います。

いつも利用しているサイトでもハッカーに書き換えられて不正アクセスの被害が出る可能性だってありますので、リアルタイム検索、WebTrap、パーソナルファイヤウォールは常にONとし、パーソナルファイヤウォールのセキュリティは高にしておいてください(クローキング防止のため)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

皆様から頂きましたご指摘の通り、早速リアルタイム検索もオンにして、お礼を投稿させていたいております。

パーソナルファイアーウォールの設定につきましては、(たまたまインストール時から、設定されてただけなのですが、汗)高になっていますので、poo__さんから理由(クローキング防止)も教えて頂きましたし、このまま高の設定にしておきます。

重くなるのはOSのせいだったんですか~。。。でも、リアルタイム検索をオンにすると、色々なアプリケーション等の立ち上がりも明らかに遅くなるんです~(涙)。
それも、やはりOSのせいなんでしょうかね。

ともあれ、ご指導ありがとうございました。

お礼日時:2002/08/18 18:54

利用内容によって使い分けてるんですか。

大変ですね。

私は、次のようにしています。(これが正しいとはいいませんが)

・リアルタイム検索、メール検索、Web Trap、パーソナルファイアウォール を常にオン。
・パーソナルファイアウォールの信頼するコンピュータとしてLAN内のPCのアドレスを登録
・手動検索は不定期に実行

Webサイトについては、IEのセキュリティゾーンを設定し、いくつかのサイトは信頼済みサイトに登録してレベルを下げています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり、リアルタイム検索はオンですよね(汗)。皆様のご指摘を頂き反省しつつ、でも、聞いて良かったと感じ入っております。

それから、セキュリティーの設定方法については、早速参考にさせて頂きたく思っております。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/08/18 18:46

(1)の「オフライン時」以外は不適切です。


このサイトだって100%絶対に乗っ取られないなんて保証はありません。
チャットもIRCやICQを狙い撃ちしたウイルスもあるので安全などと考えるのは不適切です。
メールも、未知で検疫もすり抜ける新種のウイルスだった場合、最後の頼みはプロセスを常時監視しているリアルタイム検索のみです。

更に、ADSLで定額接続になると接続時間が飛躍的に増大するので、実際問題として「オフライン時」というものが無くなります。ですので、結局は常時リアルタイム検索はONにせざるを得ないということです。


ちなみにUGに潜入するときはUG専用マシンを使うくらいじゃないとまぁ安全は確保できないと思ったほうが良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。

ADSLも含めた明快な回答を頂き感謝しております。
ウィルス対策ソフトが万全では無いことは、認識しておりましたが、marimo_cxさんのご指摘を受け、自分の考え方が更に甘いと言うことを痛感したしました。

早速、リアルタイム検索もオンにして、お礼を投稿させていたいております。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/08/18 18:27

ほぼ適切な設定になっています。


ですが、大人のサイト、未知のサイトに行く時は、「WebTrap」もONにしておくとより安全です。
ADSLにしたら、ファイアウォールもON。
設定は高にすれば安全。
どんな場合でも、メール検索はOFFにしないように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
 
文字数制限の関係で、表記しきれませんでしたが、メール検索、WebTrapとファイアーウォールはオンにしても、動作に影響がでないので、常にオンにしています。表現が足らずに申し訳ありませんでした(汗)。

でも、設定は「高」にすれば安全というお言葉を頂けて安心出来ました。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/08/18 18:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む


人気Q&Aランキング