ネット上の情報についてのプライバシーは、どうやって守られているのでしょうか?

A 回答 (2件)

自分で守らなければ守られません。


但し、ISPに関しては日本国内においては通信事業者としての
守秘義務として通信の秘密は守られている部分もありますが、
盗聴法の施行に伴って、警察が令状を取って何をやりはじめ
るかは今のところ未知です。法の不備があり、警察が違法な
盗聴をしても取り締まる方法が現在ないからです。となると、
強力な暗号を使って自衛するしかないので、冒頭に述べたよ
うに自分で守らなければ公権力によって知らないうちに侵害
される恐れすらあると言う事です。

宿題ならこれだけキーワードがあればあと自分で出来ますよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答本当にありがとうございます。とっても感謝しています。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/31 07:35

自分で守る。


方法はさまざま。

別の質問もそうですが漠然としすぎててポイントがわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても簡潔な回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/31 07:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPCのプライバシーを守りたいんですが

何時もお世話になってます。

私の姉が自分専用のPCを購入したのですが、全くの素人です。
日記等を書き込んだりプライベートで色々活用したりしようと思っているようなのですが…。
姉の旦那さんは以前姉の日記を読んだ事があり、その上かなりPCに詳しいのです。
旦那さんからプライベートを守る為に姉は私に相談してきました。
しかし、私もそれ程PCには詳しくないのでこちらに教えて頂きたいと思います。

姉の要望は日記を見られたくない、yahoo検索のキーワード欄の入力した言葉を消す方法等を教えて頂きたいらしいです。

面倒でややこしい質問ですがお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/usb02/usb01.html
USBキーというものが有ります、PCにロックをかけるものです。

ネット検索のキーワードは、インターネットオプションの設定で履歴を0日にしますと、ネットを終了すると履歴は削除されます。
日記を書かれて保存するメデッアをUSBメモリーにされてキーと一緒にいつももたれるようにされてみてはいかがですか。

Qインターネット上の情報の信頼度

こんにちわ。
早速質問させていただきます。
ふと疑問に思ったのですが、インターネット上での情報の信頼度というのはどやって判断すればいいのですかね??
できれば詳しく教えていただきたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

インターネット上の情報は、多数のサイトに記載されている(google等でヒット数が多い場合など)からといって信頼できるとは限りません。
ソースの検証が甘い二次情報/三次情報などが氾濫していますので、元を辿ればたった一つの捏造情報であることも珍しくありませんし、マスコミですらもネット情報等を鵜呑みにすることがありますので注意が必要です。

完全に客観的な報道(ネット上の情報も含めて)など存在しません。限られた手段/時間/スペースの中で、発信する側としては情報の取捨選択を行なわない限り表現は不可能ですので、そこには必ず主観が存在します。

同様に、同じ記述を見ても、受け取る側の考え方や立場によって受け取る印象は全く変わるわけです。

厳しい言い方になりますが、ここで得られた回答の信頼度はどうやって判断するのですか?
それを考えることが、情報の真偽を判断する第一歩だと思いますよ。

Qインターネット上の個人情報

個人情報が漏れてしまったようです。

インターネット上での個人情報は主にIPアドレスからもれるのでしょうか?

個人情報として有効な物を教えてください。

それとIPアドレスを変更するやり方を教えてください。OSはWINMEです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

IPアドレスからは貴方の個人情報は漏れません。
せいぜいどこのプロバイダを利用しているとかアクセスポイント(電話局:地域)位までしかわかりません。
個人情報といのは氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなどを指しますが、これらはIPアドレスからは知ることはできません。(犯罪捜査で正式な手続きをした関係機関がプロバイダに問い合わせる場合はありますが)まず心配はないでしょう。
どうしても心配でIPアドレスを変えたい場合には動的IPの場合でしたら一度モデム(光の場合はONU)の電源を切ってしばらくしてから再接続してみれば変わっている事があります。(時間にもよりますが)ただ固定IPや一部の有線、ケーブルテレビではIPが固定されているので変更できない場合があります。
最近、詐欺まがいのサイトでIPアドレスを表示させて個人情報を取得しました。登録は完了しましたので代金を振り込んでください。などのHPがあり、初心者の方は心配しますが、上記の通り問題ありません。

Qネット上のデータ盗聴について

平文で電子メールをやり取りすると他の者から盗み見されると言われています。所謂スニファリングのことですが、この理屈が今ひとつ解りません。宛先以外の所でなぜメールが読めるのでしょうか?(簡単にいうと、宛先の他に別の人の所(アドレス)にメールが届いていると言うことですね?)。IPアドレスも全く異なる所で、なぜ見ることが出来るのか不思議です。
よろしくご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

bunokaさん、こんばんは。

ちまたでは、「盗聴なんてカンタン」というニュースの情報ばかりが先行していますが、具体的なイメージは掴みにくいかもしれませんね。

会社のLANなどでは、「カンタンに盗聴が出来る」というハナシを理解するためには、LANでは”イーサ・ネット”という事実上の標準規格が多く使われていることと、その通信方式を理解しないと、明確にイメージしにくいと思います。(もちろん、深い理解のためには、IPネットワークの基礎を理解している必要があります。)

現在では、イロイロな対策が施されているために、全てが当てハマらない部分もありますが、あくまで最も基本的なLAN(イーサネット)を例に説明してみますね。

イーサネットでは、インターネット上の純粋なTCP/IP通信(プロトコル)とは違い、LANカードなどの各PCのインターフェース(NICと呼ばれます。)が”MACアドレス”という唯一無二のハードウェア製造番号の様なものをもっていて、これを通信相手の特定に利用します。

これとは別に、LANでの使用では、多くの場合同じNICが”プライベートIPアドレス”という自分の組織でしか通用しないIPアドレスを持っています。

イーサネットではこれらの”MACアドレス”と”(プライベート)IPアドレス”を関連づけて、通信を行います。

最も原始的なイーサネットの通信方式は、”ブロードキャスト型通信”と言って、次のような通信イメージで通信を行います。(通信(データ)は各NICの間で流れます。)

LAN上にA,B,C3台のPC(NIC)があり、AからBへデータを送信したいと場合を考えてみましょう。

キーポイントは、「全員に向かって話しかけ、関係ある人のみ聞き取り、他の人は無視する。」という点です。

>Aは宛先Bを指定しますが、データ自体はLAN上の全てのNICに対して送信します。

>Bは自分あてのデータであることがわかるので、そのままデータを取り込みます。

>Cは自分当てのデータではないので、これを無視して破棄します。

もうお分かりかと思いますが、ブロードキャスト型のLANでは、LAN(セグメント)内の全てのデータが自分のPCのNICのところまではやってきているわけです。

全てが見えては困るので、普通は関係ない通信を破棄しますが、NICの設定を変えて全てのデータを取り込むようにしてしまえば、いともカンタンに通信内容を得ることが出来、結果的に盗聴できてしまうわけです。(覗きに行くと言うよりも、勝手にやってきたものを覗くというイメージでしょうか。)

もちろん、これではマズいことが多いので、最近は様々な技術と組み合わせて安全性(秘匿性)を上げています。

これらについて説明すると、それこそ本が書けますので、文献などを参考に勉強してみてください。

最後に、私のほうから「ネットワークの仕組み(基礎)が学べるサイト」や「関係ありそうな私の過去の書き込み」のURL貼り付けておきます。

興味があれば、覗いてみてください。

それでは。

<<参考URL>>
http://www.cqpub.co.jp/od/rensai/inter/itindex.htm

ネットの仕組みのテキストが無料で閲覧できます。

http://biglobe.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=596404

ネットワーク通信の基本的な仕組みなど。

bunokaさん、こんばんは。

ちまたでは、「盗聴なんてカンタン」というニュースの情報ばかりが先行していますが、具体的なイメージは掴みにくいかもしれませんね。

会社のLANなどでは、「カンタンに盗聴が出来る」というハナシを理解するためには、LANでは”イーサ・ネット”という事実上の標準規格が多く使われていることと、その通信方式を理解しないと、明確にイメージしにくいと思います。(もちろん、深い理解のためには、IPネットワークの基礎を理解している必要があります。)

現在では、イロイロな...続きを読む

QCRMや社内SNSサービスをネット上で‥。セキュリティが心配です

CRMまたは社内SNSの導入を検討しているのですが、導入が楽なのと、色々なオプションや機能が魅力的なので、ASPタイプの導入を考えています。

ただ、掲載されていくデータは会社にとって命のようなもの(顧客データや売上、訪問プロセスなどを登録予定)なので、それらをASPサーバで運用するのに、セキュリティ上問題ないのか心配です。
そこで下記お教え頂けませんでしょうか。

・SSL通信でないASPサービスを借りた場合、通信上でデータを読み取られるようなことは頻繁にあるのでしょうか。
・企業用のCRMやSNSをASPタイプのサービスで借りることは普通にあることなのでしょうか。

要を得ない質問で申し訳ありませんが、手間やコストがかかっても社内イントラ内で構築すべきなのか、ASPタイプで手離れがいいものがいいのか迷っております。どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

VPNやSSLを使わないというのは論外ですが、それでも
機密情報を外部に保存することに抵抗があるというのはよく聞く話です。
いくらVPNやSSLで通信経路を暗号化しても、
サーバーをクラックされたりとか、無条件にアクセスが可能なASP業者の信用をどう保証してくれるかという点で。

もちろん、ASP業者にとっても、それは命綱なので、必死になって対策はしていると思います。
ただ、社内イントラにサーバーを設置して外部からのアクセスはあり得ないとするよりは、どうしても信頼度の点で見劣りします。

しかしながら、これは逆説になってしまうのですが、
情報漏洩のほとんどが内部から、という統計もあるようなので、
外部からの盗聴だけを対策して、情報漏洩の対策をした気になるのが一番恐いことです。
意識の低い人がイントラに設置して、誰でも機密情報にアクセスできる状態で放置するぐらいなら、ASPのほうがましと言われるのは、この辺りの視点からだと思われます。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報