銅パイプ(15A)のロウ付けの手順について知りたいのですが。
又、ハンダ、銀ロウ&銅専用etcとかの棒がありますが
銅パイプのみの時はどれが良いでしょうか?
そのときに薬品は必ず使うものですか?
要領が得ないところもあるかと思いますがどなたか
よろしく願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 ラックスぬってトーチでハンダ付けが一般的だと思いますが。

    • good
    • 4

銅パイプと銅パイプの溶接に使う溶接棒は、燐・銅ロウです。

価格の高い銀ロウは使いません。銀ロウは、銅と異種金属のロウ付けにフラックスをつけて使います。燐・銅ロウはそのまま何も使わず溶接できます。
圧力がそれほどなければ、ハンダでもOKです。

http://www.rakuten.co.jp/monju/577515/577534/
    • good
    • 2

銀鑞を買っておけばあとからいろんなことに使えますが、銅専用だと銅にしか使えません。


用途にもよりますが汎用性が高いのは銀鑞かと思います。
種類が多く、用途にあった物を選ぶのが大事ですので検索で見つけたところを参考にしてください。
http://www2.odn.ne.jp/~cbl61670/sentei.html

また差し込みに適した物、付け合わせに適した物などもあります。

フラックスはフラックス不要と書かれたロウ材以外には必要です。
用途にあったフラックスを選ぶ必要があります。

鑞付けは特に設備が無くてもできるため、インターネット上で検索すると細かく説明してあるところが見つかります。

この回答への補足

すみません!顔文字のつもりが・・・変になっています。
ご堪忍を・・・

補足日時:2007/09/29 19:15
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
銀ロウでも銅に使える事がはっきりしました((^ิ౪^ิ*)。
薬品=フラックスと言うのもわかりました。
ご指摘のWEBを検索して探し検討してみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/09/29 19:14

質問者さまが溶接したい銅パイプの用途を追記された方が、より具体的な回答が得られると思いますよ。



「ハンダ」と「銀ろうなど」は450℃を境として分類されています。
給湯用銅管なのか、水道、冷媒などの流体なのか?
作業環境「溶接条件」の詳細も欲しいところです。

この回答への補足

早速の連絡ありがとうございます。
用途は温水暖房用として
ボイラーと暖房配管との連結の為です。
(暖房ボイラー更新の為の連結配管です)
したがって約500mm前後の配管となります。
だから溶接条件としては、オスネジ+エルボ+直管+メスネジの
組み合わせで+の部分をロウ付けします(往きと戻りです)。
こんな具合です。

補足日時:2007/09/29 18:56
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銅管のロウ付け中管の中から青い液体が

ロウ付け初心者です、銅管を洗いフラックスを塗りバーナーで炙り炎が緑色になったらバーナーを外し裏側からハンダを押し当て、これは面白いと熱中してソケットやチーズを次々とロウ付けしていたら、銅管の中から青い液体が出てきました、確か昔銅の青錆は青酸だから青錆を綺麗に落とさないといけないと理科で習った記憶が。
もしぞやこの青い液体は青酸が混じっている?給湯管に使う為にロウ付けしているのにこんな銅管を給湯管に使っても大丈夫なのかと疑問を感じ出しました、綺麗に洗ってから使えばその青い液体はとれても、給湯管設置後しばらくお湯を使わないと管の中で青い液体が発生するのではと疑問を感じてきました、いかがなものでしょうか

Aベストアンサー

銅の青サビ、いわゆる緑青の毒性はそれほどでも無いです。大量に摂取してもお腹を壊すくらい。
命に関わるようなものなら、銅製の鍋なんて作るはずがありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E9%9D%92

Q素人にも出来る銅管のロウ付は何が良いですか

素人と言っても金属のアーク溶接はそれなりのスキルはあります、
給湯管に銅管を使いたく銅のジョイントとロウ付けをしようと思います、トーチでロウ付けするのと電気でロウ付けするのはどちらが簡単でしょうか、また電気の場合どのような機械がよいですか、ちなみにアーク溶接機ではロウ付けは出来ませんよね?

Aベストアンサー

トーチでハンダ付け(ロウ付け)の方が良いと思います。コツは焼けた銅管にハンダを付ける時にトーチの炎を当てない事(焼けた銅管の熱で一瞬でハンダが廻ります)とハンダを付けすぎない事です。
   http://www.copper-world.jp/haikan/02.html

電気ロウ付けの機械はトーチに比べて高いですよ。
   http://www.asada.co.jp/seihin/dokan/6_01.html

アーク溶接機では銅管の接合は出来ません。

Qアルミパイプのロウ付け方法

外径φ40肉厚2mm程度のアルミパイプを2本使って継ぎ手のチーズ形にしたいのですが、この時の接合方はロウ付けで行こうと考えています。
内圧は、かかっても0,1~0,2Mpaで使用温度は室温からマイナス50℃程度の予定です。
低温で問題が発生する場合はマイナス使用を止めるつもりです。
SUSロウ付けや銅・真鍮は経験者ですが、アルミは未経験で、あまり分かりません。どちらかご存知の方教えてください。また、半田で可能な場合も教えてください。

Aベストアンサー

 この辺を参考に。

http://homepage3.nifty.com/yaa2/kikaku/rouzuke/ro.htm
http://www.geocities.co.jp/MotorCity/1329/report/rouduke.htm
http://www.jkdp.com/hint/Routuke.htm

Qアルミ・硬ロウを使ってのロウ付け方法の”コツ”

初めての経験で困っています・・・。

アルミニウム同士を溶接(ロウ付け)したいと思い
アルミ硬ロウ、フラックス、ガストーチを用意しました。

説明によるとフラックスを熱すると固形化し、更に熱すると液状化するそうなのですが固形化までで液状化しません。

これは単純にフラックスが液状化する温度に達していないだけなのでしょうか?
それともフラックスの溶き方や塗る料に問題があるのでしょうか?

アルミ・ロウ付けの難易度は最高度の5なので素人がいきなり出来るとは思っていませんでしたが・・・。

経験者の方の御指南を頂きたいと思っております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

経験者→商売はしてません・・・M(__)M
アルミのロウ付けはあまりやらないので、自信なしですみません。

>固形化までで液状化しません。
だいたい、アルミのロウ付けは、500度以上の温度が必要です。ロウ付けする物体の質量にもよりますが液状化するまでは、思った以上にかかります。特に、屋外で作業する場合は、アルミの熱が風で逃げるので、温度が不安になり、失敗しやすくなります。

ロウが解けるまでじっくり待ってみてはいかがでしょうか?

>フラックスの溶き方や塗る料
フラックスは、ロウ剤で接着したい部分だけに塗れば良いのですが、接合したい部分を紙やすりで清浄にして、さらりと塗る程度で十分です。・・・抽象的な表現ですが、リップクリームを塗る程度でも可です。

あとは、
○出来るだけ接合部分を狭くする(0.何mm以下)
○アルミ表面を良く磨き、ごみ、油、酸化膜を落としてからフラックスを塗る
○接合面に均等にフラックスを塗る

アルミの表面は、自然に酸化膜が形成されやすいので、特に難しですし、ロウ剤そのものが、狭い温度範囲でしか使用できない・・・特に作業温度570度付近を超えると、急激に酸化しやすくなる・・・平均して加熱しなければならないので、バーナーの炎の距離に気を付けてみてください。

参考になれば幸いです。
下記のURLに失敗談、コツなど写真入で乗っています。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/1329/report/rouduke.htm

こんばんは。

経験者→商売はしてません・・・M(__)M
アルミのロウ付けはあまりやらないので、自信なしですみません。

>固形化までで液状化しません。
だいたい、アルミのロウ付けは、500度以上の温度が必要です。ロウ付けする物体の質量にもよりますが液状化するまでは、思った以上にかかります。特に、屋外で作業する場合は、アルミの熱が風で逃げるので、温度が不安になり、失敗しやすくなります。

ロウが解けるまでじっくり待ってみてはいかがでしょうか?

>フラックスの溶き方や塗る料
...続きを読む

Q塩ビパイプに嵌合した木棒を固定したい

内径10ミリの塩ビパイプに木の丸棒を嵌合して、接着剤で固定したいのですが、適合する接着剤を教えて下さい。

Aベストアンサー

内径と書かれている所から、塩ビパイプに直径10mm弱の木の丸棒を差し込む形で接着するのかと思いましたが、違いますか? 実は私も読めないです(嵌合)^^;
その場合でしたら、密着する面積が最大ですので有る程度振動に強い接着剤なら何でも問題ないですよね。
* A,B 2液を混合させるエポキシ系の物
* 塩ビ、木部両用タイプの物
* Super X などという名称で売られている、チューブタイプのもの
等、見かけた事あります。

塗る時は、塩ビパイプの中に接着剤を充填しておいてから、木の丸棒を差し込むようにしないと、溢れ出てきて大変な事になります。(笑)

瞬間接着剤は振動に非情に弱いので避けたほうがいいかと思います。

とんでもなく誤解してるかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報