We were surprised at the way in which he used his tools.
という例文があるのですが、"he used his tools."の節の"use"は、他動詞であり、目的語が必要なので関係代名詞を使用するはずなので、この場合"in which"ではなく"which"だけでいいのではないでしょうか?

理由も含め、どなたか御教授いただけませんか?
それではご回答よろしくお願致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

"used"の目的語は、"his tools"です。

"which"が、"used"の目的語というわけではありません。

ご質問の文章を2つの文に分解すると、次のようになります。

He used his tools in a (strange) way.
=彼は、道具を、ある(おかしな)やり方で、使った。

We were suprprised at the way.
私たちは、そのやり方に驚いた。


この2つの文章を、以下の手順で結合すると、ご質問の文章になります。

最初の文で“in a way”となっているところの“a way”を関係代名詞“which”に変身させて“in which”とします。

関係詞は文(と言うか、節?)の最初に来ることになっていますから、“in which”を前に持っていくと、“in which he used his tools”となります。

これを、もうひとつの文と結合すると、“We were surprised at the way in which he used his tools.”になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答していただきありがとうございます。
私は"which"が目的語だと思っていましたが、"his tools"が目的語だったのですね。

丁寧な解説をいただき有難う御座いました。

お礼日時:2007/09/30 17:39

誤りではないですよ


その例文を訳すと、「私たちは彼の道具の使い方に驚いた。」で、"We were surprised at the way"と"He used his tools in the way"という文がくっついています。

ご質問の、関係代名詞の"which"だけでよいのでは?という場合は、例えば"This is the tool which he used"という場合ですよね。でもこの場合だと、驚いた対象の彼の道具の使い方=the wayを修飾したいので、in which ~を使います。

関係副詞のところでよくでてくる例文ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい御回答ありがとうございました。
なるほど。
in the wayと続くからin whichを使用するのですね。
大変助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/30 17:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWAY BACK MACHINEのようなサイトは他に?

WAY BACK MACHINEのようなネット上のページを蓄えておいてくれるサイトをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

 アメリカのYAHOO.COMのディレクトリも見ましたが、Internet Archive(WAY BACK MACHINE)のようなものは無さそうです。
 過去の歴史映像や画像を見られるサイト「Internet Moving Images Archive」(ご存じかもしれませんが・・・)なら、あったんですけども。

 あれほど大規模なのものは他にはないようですし、小規模なものだと公開していないのかもしれません。
 Internet Archiveについて、著作権などの問題点などについてふれているページがありましたので、興味があればどうぞ。
▼シンプル解説
http://dhr.tripod.co.jp/index.htm
▼yahoo.com内
http://dir.yahoo.com/Computers_and_Internet/Internet/History/Internet_Archive__The/

参考URL:http://dir.yahoo.com/Computers_and_Internet/Internet/History/Internet_Archive__The/

 アメリカのYAHOO.COMのディレクトリも見ましたが、Internet Archive(WAY BACK MACHINE)のようなものは無さそうです。
 過去の歴史映像や画像を見られるサイト「Internet Moving Images Archive」(ご存じかもしれませんが・・・)なら、あったんですけども。

 あれほど大規模なのものは他にはないようですし、小規模なものだと公開していないのかもしれません。
 Internet Archiveについて、著作権などの問題点などについてふれているページがありましたので、興味があればどうぞ。
▼シンプル解説
ht...続きを読む

QThe more we have to do, the less time we find to do it in

The more we have to do, the less time we find to do it in

この文で、どうして、find to do it in と "in" が付くのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

The more we have to do, the less time we find to do it in.
することが増えるほど、それをするための時間が少なくなる
=~、それをするためのより少ない時間を見いだす。

つながりとしては in ~ time「~な時間で」のように time にかかっています。前半を切り離せば

We find the less time to do it in.「それをするための、それだけ短い時間を見いだす→それをする時間がその分だけ減る」

この構文では「 the 比較級(+名詞)」を各節の前に出す必要があるためつながりが分かりにくくなってしまったのです。ところで不定詞は time を修飾しているのだから

The more we have to do, the less time to do it in we find.
(構造的に OSV, OSV)

こうすることも可能ですが後半の目的語 the less time to do it in が長過ぎてバランスが悪いので不定詞を後ろに回したのですが、find と to はつながっていません。

不定詞に続く前置詞が後ろに残る例として

He has no house to live in. (< live in a house)
He has no friends to play with. (< play with friends)

などがあります。しかし

It is time to go home.「帰る時間だ」

time などよく使われる一部の名詞は前置詞を省くことがあります(It is time to... についてはこれがもっとも普通)。

したがって質問の文も in がなくてもそれほどの不自然さは感じられないでしょう。

The more we have to do, the less time we find to do it in.
することが増えるほど、それをするための時間が少なくなる
=~、それをするためのより少ない時間を見いだす。

つながりとしては in ~ time「~な時間で」のように time にかかっています。前半を切り離せば

We find the less time to do it in.「それをするための、それだけ短い時間を見いだす→それをする時間がその分だけ減る」

この構文では「 the 比較級(+名詞)」を各節の前に出す必要があるためつながりが分かりにくくなってしま...続きを読む

QBackstreet Boysの『I Want It That Way』のカバー曲(デュエット)について

つい最近耳にした、Backstreet Boysの『I Want It That Way』のあるカバー曲について、歌っているアーティスト等を知りたいんです。
カバー曲の特徴は
・男性Voと女性Voのデュエット(一番が男性、二番が女性、後はデュエットだったと思います)
・テクノポップ調のアレンジ(Perfumeのような曲調でした)
この位しか分かりません。

コンピレーションアルバム系かと思って探してみたのですが、中々見つかりません。
久々に気に入ったカバー曲なので、できればCDで聞きたいです。
心当たりのある方、少しでもいいので詳細を教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

たびたびすみません。
アマゾンの試聴の方がより分かりやすいようなので
こっちを貼ります。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/LOVERS-MiM/dp/B00141JS1G

QWhen flashing,help is on the wayのin the wayの意味を教えて

When flashing,help is on the wayのin the wayの意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

on the way = 道の上
= 来る途中
= もうすぐ来る
というニュアンス。

Qdrive back

AさんとBさんの会話です。自分なりの訳をつけてみました。

A: Do you by any chance drive past Main Drive on your way home?
(ひょっとして、帰り道にMain Driveを通るかい?)
B: Yes, I usually drive back that way.
(うん、いつもその道を通っているよ)
A: I was wondering if I could get a ride with you. My car is at the shop.
(もし良かったら、乗せてってくれないかなぁ?俺の車、ショップに預けてるんだよね)
B: Well, normally that would be fine, but I'm afraid I'm going to the cinema after work today, so I will be going to the other side of town. Sorry.
(え~と、いつもなら良いんだけど、今日は仕事帰りに映画を見に行くつもりだから、違う道を通るんだよね。ごめんね)
A: Oh, don't worry. I can take the bus. It's no problem.
(だったら気にしないで、バスに乗れるし、大丈夫だよ)

(1)カッコ内の訳で問題ないでしょうか?
(2)“Yes, I usually drive back that way.”の“back”はどの様な意味があるのでしょうか?
ご教授のほど、お願いいたします。

AさんとBさんの会話です。自分なりの訳をつけてみました。

A: Do you by any chance drive past Main Drive on your way home?
(ひょっとして、帰り道にMain Driveを通るかい?)
B: Yes, I usually drive back that way.
(うん、いつもその道を通っているよ)
A: I was wondering if I could get a ride with you. My car is at the shop.
(もし良かったら、乗せてってくれないかなぁ?俺の車、ショップに預けてるんだよね)
B: Well, normally that would be fine, but I'm afraid I'm going to t...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

よく出来ている訳ですと聞きたいですか? それとも実際にネイティブだったらどう感じるか、その感じることをきちんと文法からみても理解し、そしてその感じ方による訳を知りたいですか? 後者を選ぶと思いますので説明を続けますね。 

では一行一行やってみましょう。

A: Do you by any chance drive past Main Drive on your way home?
(ひょっとして、帰り道にMain Driveを通るかい?)
OKです。

B: Yes, I usually drive back that way.
(うん、いつもその道を通っているよ)
うん、いつもその道を通って家に帰るよ。

A: I was wondering if I could get a ride with you. My car is at the shop.
(もし良かったら、乗せてってくれないかなぁ?俺の車、ショップに預けてるんだよね)
My car is at the shopと言う言い方をして、修理中なんだ、と言う意味を伝えようとする表現となります。 つまり、置いてある、預けている、と言う意味だけではなく拡張した慣用句的に使う表現です。

B: Well, normally that would be fine, but I'm afraid I'm going to the cinema after work today, so I will be going to the other side of town. Sorry.
(え~と、いつもなら良いんだけど、今日は仕事帰りに映画を見に行くつもりだから、違う道を通るんだよね。ごめんね)

so I will be going to the other side of town.と言う表現は、違う道を通る、と言うことにはなるでしょうがこの文章自体はそうは言っていません。 この文章が言っている事は、町の反対側に行くんだ、といっているのです。 

A: Oh, don't worry. I can take the bus. It's no problem.
(だったら気にしないで、バスに乗れるし、大丈夫だよ)
OKです。

と言うことで、
>(1)カッコ内の訳で問題ないでしょうか?

大きな問題ではありませんが、文法や語法からの理解から見ると、意味合いがちょっと違う部分がありましたね。 慣用句的表現もありましたが、一つこの表現を知る事が出来ましたね。 英文の理解力を今日もまた高めた、と言う事なのです。

>(2)“Yes, I usually drive back that way.”の“back”はどの様な意味があるのでしょうか?

backはon your way home?と言う表現を受けてback homeの意味をhomeと言う単語を重複しなかった表現となり、帰り道に、と言う意味になります。 これが、前後する文脈によって理解する、と言う文法が使われるわけです。

at the shopの場合は逆に前後する文脈によって変わってくると言うのは「例外」となるわけですね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

よく出来ている訳ですと聞きたいですか? それとも実際にネイティブだったらどう感じるか、その感じることをきちんと文法からみても理解し、そしてその感じ方による訳を知りたいですか? 後者を選ぶと思いますので説明を続けますね。 

では一行一行やってみましょう。

A: Do you by any chance drive past Main Drive on your way home?
(ひょっとして、帰り道にMain Driveを通るかい?)
OKです。

B: Yes, I usually drive ba...続きを読む

Q私なりに---in the way か in my way どちら?

辞書等で調べても理解に苦しみます、基本問題なのでしょうが…
例えば I could do it in the way. 私なりに出来た。
I couldn't do it in his way. 彼に邪魔されて出来なかった。
つまり in the way 私なりに in my way 私の邪魔で
何かピンとこない、逆のようみたいな気もするのですが、これで良いのですか?

Aベストアンサー

あやややや!

>I could do it in the way. 私なりに出来た。

#1の方の言うとおりwayに邪魔という意味はありません。
道、方針、進路、やり方など日本語の「道」の使い方とほぼ同じです。

この場合の in the way というのは(Iが知っている「その道」のとおりできた)
というニュアンスです。
通常はin my own wayと使いますが、勿論 in my wayでも差し支えありません。
この場合こそ「私のやり方で」という意味合いになります。

ところがご存知のように「邪魔になって」という意味にもとれてしまいます。
どうしてかというと、in my way ですから「私の進路上に」ということでしょ。

You are in my(the) way.「あなたは私の進路上にいる」つまり
「あなたは邪魔なところにいます」さらに言えば「あんた、邪魔なんだよ」
となるわけです。

要約すると、in the way も in his way も同じ使い方をし
両方とも二つの意味を持つということです.

「進路上に」という意味と「やり方で」という両方の意味があるのです。
この言い方が出てきた場合、文脈からどちらを使っているかは判断せざるを得ません。
しかしながらその判断は非常に簡単で、まさかyou stand in his wayを
「彼なりに私が立っている」などと訳さないでしょう?

それから、質問文に書いてある「I couldn't do it in his way. 彼に邪魔されて出来なかった」はなんのこっちゃ?です。

英文からして間違っています。
これを強引に訳すと「私は彼の邪魔になってできなかった」(彼が邪魔したのではなく彼の邪魔になってるのです)です。
この訳も間違いですが、もしネイティブがこれを聞いたらそういいたいんだろうな
というような訳です。

英語も間違っていれば 訳も間違っています。

そういいたいのであれば、I could't do it, because he is in my way. です。

そもそも英語から日本語、日本語から英語を訳すということは
それぞれ言いたいことの内容が合っていれば良いことです。
一つ一つの言葉を当てはめて英訳や和訳をすることはやめた方がいいですよ。

欧米人と発想の違いをよく理解し、そういう場面があったら必ず意識して
覚えておくことです。

あやややや!

>I could do it in the way. 私なりに出来た。

#1の方の言うとおりwayに邪魔という意味はありません。
道、方針、進路、やり方など日本語の「道」の使い方とほぼ同じです。

この場合の in the way というのは(Iが知っている「その道」のとおりできた)
というニュアンスです。
通常はin my own wayと使いますが、勿論 in my wayでも差し支えありません。
この場合こそ「私のやり方で」という意味合いになります。

ところがご存知のように「邪魔になって」という意味にもとれてし...続きを読む

QBackstreetBoysのI Want It That Way

こんにちは。つい先ほど、BackstreetBoysのアルバム(Greatest Hits)を借りてきたのですが…
1曲目の「I Want It That Way」、何度も聞いたことがある気がするんです。メロディも完璧に歌えるし…。
私は今BSBブームで、毎日iTunesで聞いてます。そのときに聞いてるんだと思ったのですが、パソコンの中に同じタイトルの曲はありませんでした…。

最近よくテレビとかで流れてる曲なんですか?それともBSBの曲でタイトルは違うけれど、I Want It That Wayと酷似した曲があるんでしょうか…

ちなみに私が持ってる他のアルバムはBackstreet's BackとBlack & Blue、Never Goneです。

Aベストアンサー

ま、まさかとは思いますが、一応回答しておきます

あるテレビ番組から広まったエアボ(エアボーカルの略で、音楽にあわせて口パクをする)
というものがあり、「I Want It That Way」を中国の学生二人組み"Back Dormitory Boys"が演ずる
秀逸なパフォーマンスがあるので、それをネットか何かでご覧になったのかも…
 (※必見の楽しさなのでアドレス張っておきますね)

またはそのテレビ番組でもたまに告知放送してますので、それを見たとか・・・
http://www.tbs.co.jp/gakkou/information/information.html


#1~#3さんの回答にあるドラマをご覧になっていたのなら
そっちの可能性の方が濃厚ですけどネ

参考URL:http://www.backdormitoryboys.com/

Qこのshading、in、the、grainの意味は?:a shading we didn't notice, but was in the grain.

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、Iain Crichton SmithのCollected Poems(詩集)を読んでいます。

その中の、The Shadowsという詩の一節で分からない箇所があります。

背景:質問箇所は詩が始まって4行目にあります。 1行目は、女性が別れを切り出すセリフです。2,3行目は、周りが暗く感じるという内容。

写真(picture)はその後、詩に二人が写った写真だと出てきます。

~~~~~~~~~~上記の本の詩より引用~~~~~~~
Across the picture there appears a shading we didn't notice, but was in the grain.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

解釈はこれで良いのでしょうか?

写真の向こう側に僕達が気が付かない「わずかな変化(shading)」が現れた、だげどそれは「徹底した(in the grain=in grain?)」ものだった。

in the grainを、慣用句in grainと同義と解釈して良いのでしょうか?もし同じなら、何のためのtheでしょうか?

また、shadingは、shadeが「暗がり」だとか、「陰」といういみだけど、英和辞書では、shadingになると、「わずかな変化」の意味があるし、ここではこの意味かな?っと思ったのですが。

教えてください、よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、Iain Crichton SmithのCollected Poems(詩集)を読んでいます。

その中の、The Shadowsという詩の一節で分からない箇所があります。

背景:質問箇所は詩が始まって4行目にあります。 1行目は、女性が別れを切り出すセリフです。2,3行目は、周りが暗く感じるという内容。

写真(picture)はその後、詩に二人が写った写真だと出てきます。

~~~~~~~~~~上記の本の詩より引用~~~~~~~
Across the picture there appears a shading we d...続きを読む

Aベストアンサー

grainと同様、shading も写真用語として存在します。
レンズを透してフィルムに焼きつけるのですが、その際に撮像素子やレンズ収差の影響を受けて、実際の写真に現像した時にムラができてしまうことがあります。このムラをシェーディングと呼び、それを補正する技術もあります。

「写真を横切って(写真上には)、私たちは気付かなかったムラが表れている。しかしそれは(確かに)撮像素子には存在したのだ」

ということでしょう。
おそらく「以前に取った写真に出ていたムラが二人の間の別れを暗示していた」というような背景があるのだろうと推察します。

Q和訳:She winds up back in~

下記文章でいくつか訳せないところがあります

She winds up back in bed with Steve before long,
but not before she works her way through the guy who wants to get caught,
the Peeping Tom in the next building, and a divorced dad.

1)winds up back はどう訳しますか?こういった熟語があるのでしょうか
2)but not before  はどう訳しますか?
3)the guy who 以下は訳さなくて大丈夫なのので、全体の訳を教えてください。

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

1)
wind up 「結局~の状態に終わる」
back in bed 「ベッドに戻る」
という、2つの句だと思います。
2)
直前にも before が出てきますので、それと比べて、
「long より before。でも she works ~ より before じゃない。」
記号を使うと back in bed < she works ~ < long
なので、3)のような訳になると思います。
3)
彼女はすぐにスティーブの眠るベッドに戻ったが、
その前に、その男(= who ~)と折り合いをつけた。

※このあとどういう展開になるのか分かりませんが、
work one's way の「~を切り抜ける」「~をやり過ごす」
という意味を使うと、こういう訳になるかと思います。

Qat the class と in the class

「そのことについて来週クラスで話し合いましょう」という時、
Let's talk about it in the next class. ですか、
それとも
Let's talk about it at the next class.ですか。
ネット検索ではinを使うほうが多かったのですが、atもありました。
どちらが自然ですか。
また、atthe next classとin the next classではニュアンスが異なるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

表現が異なれば意味も異なると考えるのが原則です。

at the next class の方は、「その時間に」のような感じで、再来週とか来月のクラスではなくて次のクラスでと言う意識です。ともかく、他の可能性との対比に重点が置かれます。

in the next classは、「その時間中に」の意味で、次のクラスの50分なら50分という時間をかけてと言う意味になります。

結局、どちらも自然な言い方で、どちらの感覚を出すのかというだけの問題です。


人気Q&Aランキング