高校まではソフトをしてました。地区では毎年優勝、県大会でも上位3位に入る位のレベルでした。(それより上は良くないですが…)元後衛です。4月から硬式を始めたのですが、どうも上手くいきません。僕の入っている部は、あまりやる気がないので、その部員くらいなら倒せるようになりましたが、大会はレベルが違って全然です。フォアで速いボールは打つことが可能ですがそれしか無理です。しかも、チャンスのときだけ。レシーブや速い球はすぐ振り遅れて…。サーブもファーストは思い切り打って7~8割の確率で入りますが、セカンドは調子が良ければ同じサーブを打てますが、大抵はビビッてしまいます。ボレー、バックは全く駄目です。全然違うスポーツなんだなと実感しています。
上手くなるためのアドバイスや練習方法など、できるだけ詳しく分かりやすく教えて頂けるとうれしいです。雑誌も毎月買っているのですが、いまいちよく分かりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

僕は硬式しかやったことが無いのですが、周りに軟式からの転向者の方も何人かいるので、その人たちを見て共通する弱点であるボレーについてアドバイスしてみたいと思います。


参考になればいいのですが。
 
硬式と軟式のボレーの違いの第一は、体の向きにあると思います。
軟式の場合正面を向いたまま、厚いグリップでボレーをしますよね。ハエたたきのような感じ?。ですから使う面は一つになります。
しかし硬式の場合グリップは包丁やトンカチを持つような感じで持ち、体の向きはボールの飛んできた方向に対して斜め四十五度くらいに向く感じになります。フォアボレーなら右斜め、バックなら左斜めです。
そして打点は(どなたかおっしゃっていましたが)おへその前とか顔の前ぐらいでいいと思います。
硬式のボレーは相手のボールの勢いを利用してコースをついていくイメージだと思います。自分から叩いてやるといったボレーは比較的少ないですし、叩かなくてもかなり速いボールは飛んでいきます。(最近ではドライブボレーもはやっていますが)
ですが少しのフォロースルーはとります。硬式の場合このフォロースルーの長さと踏み込みによってボールの深さを調節するからです。
グリップを薄くすることや、体の向きを斜めにすることの理由の一つに打球方向に少しフォロースルーをつけコントロールしたいからというのがあると思います。
厚いグリップで正面を向いていては、ボールを叩くことしか出来ませんよね。コントロールすることは難しいと思います。
また厚いグリップでは、低いボールが打ちにくくなりますしバック側に来た場合も苦しいです。
硬式の場合、軟式の前衛と違いネットに常に張り付いているわけでは無く、いろんな打点でボレーを打たされることになります。それに対応するためにもグリップは薄くするべきでしょう。
ですからグリップの違いが第二点になると思います。
最後がボールの捉え方の違いです。
スライス回転はご存知ですよね?アンダースピンのことです。
硬式のボレーでは、ボールにスライス回転をかけてコントロールします。
ボールに回転をかけてコントロールするというのは何もボレーに限らずショット全般に関わることですが、ボレーにおいては大抵スライス回転を使用します。
軟式では来たボールに対してそのままラケット面をぶつけていきますよね。これではスライス回転はかかりません。
硬式ではフォアにしろバックにしろ、ラケット面を少し上向きにし、打点よりもラケット面一つ分位上にラケットをセットします。そこから斜め下、前方に少しフローするーをとりながらボールを捕らえていきます。
これはおそらく文面を見ただけでは難しいと思います。感覚的なものもありますし、スライス回転を体で知ってもらう必要があると思います。
回りの方に聞いてみてください。
このスライス回転は無理にかけるというよりも、ボレーのスイングの中で自然にかかるものだと思いますが、ボールをコントロールするには必要不可欠のものです。

以上のアドバイスは基本的にミドルからローボレーを想定して書いてみました。ブロックボレーやドライブボレーでは若干違うところもあるかと思います。
また足りない点も多々あると思いますが参考になればと思います。
ちなみに僕は学生ですがコーチのアルバイトを三年間しています。
それでは頑張ってください。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

軟式と硬式の違いも書いて下さり、なるほどと思いました。
ボレーの時の体の使い方が大変分かりやすいです。
一つ聞きたいのですが、フォロースルーの取り方というのがよくわからないのです。
先輩や先生には、ラケットをひくな、降るなと言われています。
どんな風にイメージしたらよいのでしょうか?

お礼日時:2001/02/08 12:55

すみません今更書き込む必要も無いとは思うのですが、たまたま覗いていたら見つけたもんで…



ぼくは、中学まで軟式、高校から硬式でした

マッケンローが大好きだったために、よくまねをしていました(年がばれる)

中学時代も部活以外で硬式をプレーしていましたが、グリップは完全に分けていました

何しろマッケンローの打ち方で軟式をやると全部ホームランになるもので…


わりに切り替えはスムーズにいきました。まあその分練習はしましたが…

おそらくmizurakeさんはあまりグリップを変えてらっしゃらないのでは?

僕はワングリップ(名前は分かりませんが、握手の状態で面が直角)で全部のショットをしますが(それもどうかという意見もありますが)その位したほうが、意識的にもフォーム的にも移行しやすいかと思いますが。

まあ当時はマッケンローがどんなグリップだったかなど知らずに、フォームをまねしていたらグリップチェンジしなくても打てたからそうなっただけなどですが

今更ですが、参考になるのかなあこれは…

まあ、こんな奴もいるぞ!てなぐらいに思っていただければ幸いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
グリップをなるべく薄くするということでえすか・・・。サーブの時には使っています。こっちのほうが速いのを打てると聞いたので。
ですが、これで、フォアを打つのは難しそうですね・・・。中途半端な気持ちじゃだめですよね。
試してみて、自分にあっていたら、とりくみたいです。
今は、両手でのバック試しています。片手よりはばだ遅いですが、確実性があります。
僕と同じような軟式から始めた人がいるっていうの、励みになります。なんんか、燃えてきますよ。

お礼日時:2002/02/05 13:32

えーとMIZURAKEさんはボレーであまりポイントが取れないということなんですが、もしかしたらボレーだけでポイントをとろうと考えすぎなのではないでしょうか。


何も速いボレーを打ったからといってボレーのポイントが増えるかといったら、そうとも限らないと思います。
速いボレーを打つのは実際ある程度相手のボールの速さも必要ですし、自分から無理をすればそれだけリスクが大きくなると思います。

ですからサーブ&ボレーをするというなら別ですが、MIZURAKEさんのプレースタイル(フォアハンドを軸にしてゲームを組み立てる)ならば、甘いボールをアプローチ気味にフォアで叩き、浮いてきたボールをネットにつめてオープンコートに決める、というのはどうでしょう?
これならボレーのスピードはそれほど必要ないと思いますし、MIZURAKEさんの軟式じこみのフォアハンドも生かされるのではないでしょうか?
今のプロではアンドレ・アガシ(ご存知ですか?)なんかがこういったプレースタイルだと思います。(たぶん)

ボレーのスピードはあまり意識しないでも、相手のボールが速ければ1、タイミングよく踏み込む2、グリップをボールとラケット面があたるときにしっかり握ってゆき(ぎゅ~って感じかな)面をぶらさないことに気をつければある程度でると思います。
相手のボールが遅くて浮いているならばネット前につめていき踏み込めばいいと思います。

うーん思いつくとこはこんな感じです。
的外れな回答でしたらごめんなさい。参考になれば幸いです。
それでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 はい、一応そんな感じのプレイを心掛けてしています。ラケットもアガシのラケットの、面の小さいやつを使ってます。ただ、ダブルスの時は速いボレーが打てるようにならないと、辛いかなぁと思いまして。あと、パートナーに迷惑もかけたくないので。踏み込むとゆうのと、面をぶらさないとゆうのが難しいです。頑張ってマスターしたいです。kazukiさん、アドバイスありがとうございます。でも、まだまだボレーを諦めませんよ!

お礼日時:2001/02/10 23:38

僕が意見を出すタイミングではないかもしれませんが,


まあ僕なりの「決めに行くポーチボレー」だと思って勘弁してください.シャレです.

「ボレーであまりポイントできない」を解消するためには,その1回前の
ボレーで深いボレーを打っていないからだと思います.そこで十分にコントロール
された深いボレーを打つ技術があれば,その次のボレーを決めるなり,また別の深い
ところにコントロールするのは容易だと思います.

という事で,以下,深いボレーのコントロールについての僕の意見です.

ボレーは特に脇を絞める意識が大事だとおもいます.相手の速い打球にも対応するためです.
脇を絞めたら自然と打点が後ろになってるとおもいます.
そこから打点に向かって腕を振っていくんじゃなくて,おもいきり踏み込んで体ごとボールに向かっていきます.
その「足の一歩」が「フォワードスイング→インパクト」だと思うと,テークバック無しでも
フォワードスイングをとれるということがわかるのではないでしょうか.
連続写真だと,ティム・ヘンマンのボレーでこのような雰囲気を感じられるとおもいます.

インパクト後は,ラケットを前(打ちたい方向)に「腕で」送っていきます.
その時,ラケットを上に向けながら(面をオープンにしながら),下ではなく前に抜いていきます.

で,ガツンと打つときは踏み込み足をガツンと踏み込む.もしくは,インパクトしてから
ガツンと踏み込む.繋ぐ要素が強いときは,前足を踏み込んで後にインパクト.そして
しっかりフォロースルーをとる.という感じで,僕はボレーしてます.

あとはとにかく練習量.試行錯誤を繰り返し,自分の打点を見つけて
ガンガン打つのみでしょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、ガツンと向かって行きたいと思います。何か気合の大切さみたいなものも感じました。
足の動かしかたについても、ちょっと調べてみて、実践してみようと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2001/02/09 23:39

こんにちは。

参考にしていただけたようでうれしいです。
ボレーのフォロースルーについてですが、イメージとしては打ちたい方向にラケット面を押し出していくような感じだと思います。
そのまま前のほうに押し出していくと、自然と面は上向きにちかくなるかもしれません。
後は曲げていた肘を、伸ばしていくようなイメージかなー。
こんなんでイメージ伝わりますかね?

先輩はひくな、振るなとおっしゃっていたということですが、そのとおりだと思います。
確かにボレーで一番いけないのは肩よりも後ろ(フォアなら横向きの姿勢を作ったときの右肩の延長、バックなら左肩)にラケットを引いてしまうことです。
しかし実際には振るとまでは行かなくてもフォロースルー(肘をやわらかくつかい、打球方向にラケットを押し出していくようなイメージ)はボールコントロールをする上で必要です。
フォロースルーを長く取るとボールは深く飛んでいきます。
もちろん相手のボールがとてもはやい場合はラケット面を打ちたい方向に向けてセットしそれ以上振らないブロックボレーで返す場合もあります。この場合とっさの反応で返す場合が多いので、体の向きも正面向きのこともあります。
打点だけは後ろにならないようにします。
先輩や先生はこのボレーのことを言いたかったのか、もしくはボレーのイメージがまだ出来ていないMIZURAKEさんに、スイングしていくストロークとの違いを強調したいがためにそうおっしゃったのではないでしょうか。

こんなところですが参考になればうれしいです。
それでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

肩より後ろには引かないのですね、イメージができました。
僕は、普通にストロークする時って、腰の回転で降りぬいているのですが、ボレーにも腕以外の力を使わず、意識するとこってありますか?全部腕の力や、面を合わせるだけで、よいのでしょうか?
なかなか、ボレーでポイントすることができないです。今まで教えてもらったことを実行すると、早い球も打てますでしょうか?
よろしかったら、教えて下さい。

お礼日時:2001/02/09 15:16

僕も一応,中学(10年前)まで軟式でした.



あるマンガの受け売りだと,
「『叩く』というより,インパクトの時のラケット面でボールを『転がす』」
という意識を持っていると上達が早いらしいですよ.

振り遅れに関しては,硬式ではソフトと違って(かどうかはわかりませんが),
「インパクト→フォロースルーのみ」という打ち方でも,相手のボールが速ければ
打ち返せるという意識をもつと良いのではないでしょうか.
普段のストロークでは
「テークバック→フォワードスイング→インパクト→フォロースルー」
という一連の動作をするとして,相手ボールが速いときやリターンのときは,
もう打点にラケットをセットして,
「インパクト→フォロースルー」
というのを試されてみてはどうかと思います.

フォア,バックともに,横を向いているテークバックから,しっかり腰を回転させて,
打ち終わった後には腰(上体)がしっかり前を向くくらいが良いかと
思います.「ウォリャ~ッ!」って感じの気合で.

ボレー,ストロークともに言えることは,打点は体の中心線の延長線上であると
良いのではないかと思います.(例えば「ヘソの前」とか「ミゾオチの前」とか)
そしてインパクトの瞬間は脇を締めて.こうすると打点が結構後だなと思うかも
しれませんが,それくらい呼び込んで打ったほうが,「懐が深い,コースを最後
まで隠せる」打ち方になりますよ.

訳わからない内容だったらスミマセン.しかも長々な文章でスミマセン.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

めちゃめちゃわかりやすいです!すごいイメージができます。
まだ雪残っているのと、そろそろテストということで打てないのですが、いいイメージトレーニングができます。フォロースルーですね。
コースを隠す打ち方も、どんな本読んでもよくわかんなかったのですが、今ピンっときました。
何か、まだまだテニスのレベルあげれそうです!
ありがとうございました!!

お礼日時:2001/02/04 14:08

ソフト→硬式経験者です。


一番最初に面食らうのは握り方だと思います。とかく最初は握り方を治せといわれますが、治さない方がよいでしょう。そしてバックハンドはダブルハンドがお勧めです。握り直し無しで打てますから。
さて、サーブですが、厚い握りでも良いのですが、変化球を覚えるようにしましょう。スライス気味のサーブを練習すると良いでしょう。
とにかくスイングに手を抜くことでしょうか。ラケットは優れものですし、ボールも当たれば大きくはね返っていきます。トップスピンの効いたゆっくりとした球を打てるようになりましょう。ネット際でボールを打つ練習するとうまくなりますよ。
ボレーに関してはとにかく横に向くこと。来たボールを素手で取る練習をすると感覚がつかみやすいと思います。
とにかくお若いのですから、一杯練習し、良い見本を見つけて頭の中で自分と重ね合わせてイメージすると良いでしょう。ご自身のビデオなんか撮影するのも効果的です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

握り直して片手でバックを打つようにしていたのですが、両手に持ち替えたほうがよろしいでしょうか?サーブも、持ち替えたほうがリストを使えると思い、持ち替えて打っていますが、曲がったり、跳ねたりするボールは上手く打つことが出来ません。フラットのみです。出来なくても、やはり自分で試行錯誤して見つけ出さないとだめですよね。サーブの練習は不足しています。
ゆっくりとした球を打つ練習はしていませんでした。コースを狙う練習ということですよね?
横で打つとは、わかるのですが、体の動きがよくわからないです。やっぱり見本を見つけないとだめですよね。大会などに足を運んでみようと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2001/02/02 09:24

確かにソフト→硬式って、結構難しいと思います。


フォアハンドは、結構振り切ることできるんですよねぇそふと出身者って!
バックハンド、ボレーが苦手だそうですが、あまり参考にならないかと思いますけど、ラケットの『面』を意識するとよいのではないかと思います。
(人によっては、サム(親指)アップだとか(バックハンド)、人差し指でコントロール(ボレー)だとか言いますけど・・・。)
なんせ、ボールの弾み方が違うのだから、ラケットの面がどこに向いていれば、どこに打ち返せるのかを意識して、その後にタッチを意識するとよいんじゃないかなぁーと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません、面を意識するとはどういうことでしょうか?
あと、タッチを意識するとはどういうことでしょう?
勉強不足ですいません。よろしかったら具体的に教えて欲しいです。

お礼日時:2001/02/02 09:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気持ち悪くなって一瞬意識を失う&自慰行為後の小便

当方男性です。
大変お恥ずかしい話なのですが、深夜に自慰行為をした直後、小便がしたくなりトイレに行きました。
しかし精子で尿道が詰まっていたのか中々小便が出てこず、もどかしさからなのか、どんどん焦り始め、気持ち悪くなり眩暈を起こしました。
小便はなんとか出す事が出来たのですが、出してる最中なのか出し終えた後なのかわかりませんが、一瞬意識を失ってしまいました。

そこで質問なのですが、意識を失った原因は小便が中々出なかった事にあるのか、もしくはその他の原因があるのでしょうか。
思えば子供の頃に針が自分の手首に刺さったらどうなるか等、気持ち悪い想像をしていると、段々気分が悪くなり意識を失くしてしまう事がありましたが、それと同じような事なのでしょうか。
その時の学校の養護教諭には貧血と診断された覚えがあります。

それともう一つ質問なのですが、また小便が詰まって気持ち悪くなると思うと怖くて仕方がありません。
自慰をした後小便がしたくなった場合どうすれば良いんでしょうか・・・。

Aベストアンサー

精子が詰まったわけじゃなく、射精時と尿の時では尿道が切り替わるんですよ。
電車のポイントみたいに。

その切り替えに時間がかかるのが原因です。
焦って力んだりすると逆効果で、筋肉でポイント変換を押さえつけてしまうため余計出にくくなるためリラックスが必要です。

難しい場合は射精して、そのまま脱力して寝たまま漏らすのがいいです。
自慰前におむつを履いておく事をオススメします。

Q速いサーブを打ちたい。

速いサーブを打つアドバイスをどんなことでもいいので教えてください。1stはフラットで2ndはスライスなのでお願いします。

Aベストアンサー

要はボールに力を集中させる事なのですが、大部分はテニスの本に書かれているし、コーチに習うのが宜しいでしょう。特に数回はプレイベーとで習うと良く成ります。

で、その準備としては、筋肉をつけることです。
これは出来ていないと問題外ですが、前腕部はしっかりラケットを握る為に必要です。これが出来ていないと、他の時もそうですが、サーブでもラケットのスピーとに負けてしまうヒトがいます。すると其処で速度が落ちてしまいます。

サーブに特化すると、上腕三頭筋は強化する必要が有ります。特にフラットではこれにより自分で見ても速度が上がることが分かります。

勿論他に上腕二頭筋も拮抗筋として必要ですし、内転させるのに大胸筋類、反るなら腹筋群と背筋群、足も使うなら腓腹筋類、大腿部、臀部の各筋肉も強化する必要が有ります。

強化するには、ひとによりレベルにより違いますが、
基本的には、まず筋肉他の最先端部の細胞まで順調に体液を移動させるために、所謂有酸素運動を行う必要が有ります。これにより血管類の一番細い部分を強化します。
次に筋肉強化を行います。この順番を違えると筋肉強化運動の効果がなかなか出ません。

筋肉・腱の強化を行い、目もしかっりボールを打つ瞬間まで見られるようになったら、ラケットはなるべく小さく、薄いのにしますと、コントロールが凄くつきます(薄い・小さいと肘にきますので、上腕の強化、目の強化の後でないと使いこなせません)
デカラケで1メートル内外にコントロールできていたら、
こういうラケットを使うと10センチ位までコントロールできます。速度とコントロールが命ですから。片方だけでは一寸辛いです。

これらにより150キロ程度のサーブが180キロ程度には成る人がいます。

要はボールに力を集中させる事なのですが、大部分はテニスの本に書かれているし、コーチに習うのが宜しいでしょう。特に数回はプレイベーとで習うと良く成ります。

で、その準備としては、筋肉をつけることです。
これは出来ていないと問題外ですが、前腕部はしっかりラケットを握る為に必要です。これが出来ていないと、他の時もそうですが、サーブでもラケットのスピーとに負けてしまうヒトがいます。すると其処で速度が落ちてしまいます。

サーブに特化すると、上腕三頭筋は強化する必要が有ります。特...続きを読む

Qくらっとして意識を失う

昨日と今日の二日間、くらっとして一瞬意識を失う事が10回以上ありました。倒れはしません。立って話を聞いている時や座って話をしている時など)

いずれも看護実習時間内(一年生で見学だけですが)で緊張していましたし、数日間寝不足&生理中でもあります。
傍にいた友人は「白目をむいていたよ」と言います。
たまたま酸素飽和濃度というのを測ったら95%でした。

同じ様な状態が続くと、なんだか怖いです。
御回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

意識消失には大雑把に言って
・脳血管(脳梗塞、脳卒中など)
・心臓(不整脈)
・血圧低下
・てんかん
などがあります。

mayachanさんは看護学生とのことで若いと思われるので、脳や心臓によるものよりは、迷走神経反射による血圧低下やてんかんなどのほうを疑います。

実習はなにか血を見るような実習でしょうか?意識を失っている状態を見たわけではないのでなんとも言えませんが、私的には迷走神経反射によるものではないかという印象を受けます。

これからすべきこととしては、
1.意識を失って倒れて怪我をしないように気をつける(周りの人に助けてもらう。めまいがしたときは倒れる前にしゃがみこむなど)
2.発作時の様子を目撃者に聞いて病院に行きその様子を話す
をするとよいと思われます。

Qサーブ&ボレーのスタイルの違いについて

何かの雑誌で読んだのですが、例えばラフターのようなオーストラリア流サーブ&ボレーと、ヘンマンのような正統派とではどんな違いがあるのでしょうか?またオーストラリアのサーブ&ボレーにはどんな伝統があるのでしょうか?ご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

 andreeaさん、はじめまして。スコンチョといいます。(^_^)

 サーブ&ボレー(ネットプレー)に豪風と英風があるとは、知りませんでした。
(^_^;) おそらくは、攻撃性の違いを言ってるのだと思います。各々の国の中にも
それに当てはまらない選手もいますので、その辺も含めて書いてみますね。


オーストラリア(イメージ:パット・キャッシュ、パトリック・ラフター等々)

 テニスが国技ですから、選手層も厚く、プレーヤーにもいろいろなタイプの
選手がいます。オーストラリアではボレーをスイングする選手が多く、日本や
その他の国のようにボレーとストロークを分けては考えていないようです。

 ですから、アプローチショットもスライスでコート端に置きに行くというより
も、思い切って打ってポイントになればそれもOKという展開が多いように思い
ます。

 例外として、ウッドブリッジ・ウッドフォードたちはスライスも多用します。
やはり、自分のスタイルに合っていなければお国柄をも否定しなければ一流に
なれないんでしょうね。(余談)


イギリス(ティム・ヘンマン)

 テニス発祥の地を自負するだけあって、歴史の長いファンも多いですよね。
ネットプレーも背筋をぴんと伸ばして、毅然とした態度でプレーするヘンマン
が人気なのもうなずけます。(男前ですしね)

 サーブ(あるいはアプローチ)からネットへ出るまでの一連の動作も、必然
性の連続に感じられます。つまり、最終的にボレーをする為に、そこまでの
プロセスを組み立てているという感じでしょうか。

 でも、おなじイギリスのルゼドスキーのネットプレーはヘンマンと全く異質に
感じられます。また、ラフターが猫背に構えて動物的にボールに襲いかかるのと、
ヘンマンのきりりとしたテニスに優雅さの違いを感じる人も多いと思います。


 以上、全てが独断と偏見からの意見です。お気に障った方がおられたらスミマ
セン。<(_ _)> 

 andreeaさん、はじめまして。スコンチョといいます。(^_^)

 サーブ&ボレー(ネットプレー)に豪風と英風があるとは、知りませんでした。
(^_^;) おそらくは、攻撃性の違いを言ってるのだと思います。各々の国の中にも
それに当てはまらない選手もいますので、その辺も含めて書いてみますね。


オーストラリア(イメージ:パット・キャッシュ、パトリック・ラフター等々)

 テニスが国技ですから、選手層も厚く、プレーヤーにもいろいろなタイプの
選手がいます。オーストラリアではボレーをス...続きを読む

Q意識を失う場合の違い

格闘技などでは首を絞める行為がよくありますが、
そのとき締められたほうが、失神した場合、
すぐに顔などを叩いて起こしますよね。
すぐにおきれば何の問題もないといっていいということかと思うのですがあのまま放置(首絞めははずして)しておくと死にいたるのでしょうか?
またどれくらいで死にいたるのでしょうか?
意識を失う場合でも他にドラマなんかで、女性のみぞおちなんかを一撃して意識を失わせ連れ去るなんてものもみますが、あれは死なないですよね。
そのほかにも貧血で倒れた場合に長時間放置されていたとしても死に至ることはないのですよね?
なにがどうちがっているのか教えてください。

Aベストアンサー

柔道の場合、頚動脈を押さえ脳に送る酸素を止めることにより失神させますが、希にのどをしめて窒息させてしまう事もあります(反則ですが)

どちらにしても、失神してもすぐに離せば気を失っても死に至る可能性は少ないですが、激しい運動中の事でしめた時点(長めにしめてしまったとか)で脳死状態までは行かなくても心臓(呼吸)停止という事も有り得ます。


失神させると言う事は体には良くない事(負担もかかるし)なので、すぐに起こして以上が無いか確認をするのです。(そのまま寝かして置く訳にもいかないし)

放って置いてもそのうち気がつくでしょうが、場合によってはそのままと言う事も有り得るわけで・・・

>意識を失う場合でも他にドラマなんかで、女性のみぞおちなんかを一撃して意識を失わせ連れ去るなんてものもみますが、あれは死なないですよね。

よほど心臓などが悪くなければ・・・

>そのほかにも貧血で倒れた場合に長時間放置されていたとしても死に至ることはないのですよね?

貧血にしてもそれ以外でも、気を失うと言う事は最悪命の危機も無いとは言えませんね。

柔道の場合、頚動脈を押さえ脳に送る酸素を止めることにより失神させますが、希にのどをしめて窒息させてしまう事もあります(反則ですが)

どちらにしても、失神してもすぐに離せば気を失っても死に至る可能性は少ないですが、激しい運動中の事でしめた時点(長めにしめてしまったとか)で脳死状態までは行かなくても心臓(呼吸)停止という事も有り得ます。


失神させると言う事は体には良くない事(負担もかかるし)なので、すぐに起こして以上が無いか確認をするのです。(そのまま寝かして置く訳にもい...続きを読む

Qテニス部に入っています 僕は後衛希望なのですが、それはともかく前衛、後衛関係なくテニスを圧倒的に強く

テニス部に入っています
僕は後衛希望なのですが、それはともかく前衛、後衛関係なくテニスを圧倒的に強くなる方法はありませんか?

Aベストアンサー

私は軟式しか経験がありませんが、、
基本のフォームをしっかり身に付けることです。
これが適当だと後で苦労します。

また暇があれば鞠つきのようにラケットでボールをポンポンつきます。
この時芯で捉えることが大事です。
同じ場所でつけるようにします。
これでボールを芯で捉えるという感覚を磨きます。

あとはプレイ動画を見てイメージトレーニングをします。
人のプレイを見ると戦略がわかってきます。

思ったよりも前の方でボールは打ち返すといいです。

ラケットは振り抜くように。

あとは素振りあるのみです。
頑張ってください。

Q低血糖で意識を失うとは?

最近、糖尿病患者の方が運転などをしているときに、
インスリンが効きすぎて低血糖状態になり意識を失い、
それで事故を起こしてしまうという事例が多いと聞きました。

医療関係の先生のコメントで、長い間ものを食べてない状態と同じになり
意識を失ってしまう可能性は十分にあると言われてました。

しかしよく考えてみると、まれに1~2日ぐらい食べなくてふらふらすることはあっても、
意識を失うとまでは経験したこともあまり聞いたこともありません。

特に血流がとまってしまうわけでもなく酸素不足とも考えにくいのですが、
どういった状態が体の中に起こっているのでしょうか?

Aベストアンサー

詳しくでてました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E7%B3%96%E5%80%A4

Qサーブ&ボレープレイヤーの復活は?

サーブ&ボレー(以下S&Vと表記)でATPトップ10に入るプレーヤーがいなくなって久しいです。
リターン技術が高くなりすぎて、前に出るのはリスクが高すぎるからと言う事は理解できます。
もう少しボレーの上手な選手がトップにいてほしいです。フェデラー以外のボレーは、上手いというよりは、とどめで押し込むボレーばかりで、見ていてほれぼれとしません。。
レフトハンダー限定ですが、かのマッケンローのような絶妙なサービスのプレイスメントを持った選手なら、現代テニスでもS&Vが通用するでしょうか?
私は1stサーブの内、30%程度をS&Vするなら十分に通用するのでは?と思っています。
ストロークも良いが、一発で決まるS&Vの復活が待ち遠しいです。。

Aベストアンサー

シングルスに限ればサーブ&ボレーヤーの復活はないでしょう。

サーブ&ボレーヤーの、サービスからネットに詰め、リターン対して鮮やかに決める、あるいはファーストボレーで相手を追い込んで次で決める、というような一連のプレーを見たいというのであれば、まず、相手にリターンをさせなくてはなりません。
サービスエースじゃだめです。

また、そのリターンのコースを限定させなくてはなりません。

以前の、サーブ&ボレーヤー対ストローカーといったテニススタイルの違いの対決という面白さは、高反発、軽量化のラケットとストリングスの進化によって無残に打ち砕かれました。

サーブに届いて、面さえ作れれば、広い角度のリターンやサーバーの足下にリターンできちゃうんですから。
ちょっとサーブが甘ければ、1発でリターンエースです。

ということは、「良いサーブを打って、エースやリターンミスなら良し、そうでなくとも甘いリターンをさせ、それをぶったたいて1発でエース」の方が、間違いないですから。

コートの広さもネットの高さも昔と同じなのに、使用する道具が進化してしまっては、プレイスタイルも当然変わってきます。
ましてプロの世界は勝ってナンボの世界ですから、より勝ちやすい方向へ流れるでしょう。

レフトハンダーといっても以前の優位性はないと思います。
結局はラケットとストリングスの問題に帰結してしまいます。

「ネットで勝負」ということであれば、積極的にリターンダッシュするロドラー(仏)は面白いですけど・・・。

プロは「使用するラケットの重量は500g以上とする」ということにでもしない限り、ストローカー優位は崩れないと思います。
残念ですが。

あーーー、つまらん!

シングルスに限ればサーブ&ボレーヤーの復活はないでしょう。

サーブ&ボレーヤーの、サービスからネットに詰め、リターン対して鮮やかに決める、あるいはファーストボレーで相手を追い込んで次で決める、というような一連のプレーを見たいというのであれば、まず、相手にリターンをさせなくてはなりません。
サービスエースじゃだめです。

また、そのリターンのコースを限定させなくてはなりません。

以前の、サーブ&ボレーヤー対ストローカーといったテニススタイルの違いの対決という面白さは、高反発、軽...続きを読む

Q真剣に交際させて頂いている彼女がいるのですが、彼女は特訳生理痛がひどく、意識を失う程です。 彼氏であ

真剣に交際させて頂いている彼女がいるのですが、彼女は特訳生理痛がひどく、意識を失う程です。

彼氏でありながら何もしてやれない自分が憎くて仕方ありません。

何かアドバイスを頂けると幸いです。

Aベストアンサー

私も生理痛が壮絶で、デート中に救急車で病院送りになったことがあります。
これには、さすがに彼も驚いていましたが、生理痛がどんなものか目の当たりにして、多少なりともその辛さを理解してくれたと思っています。

生理中は、原則、デートはしません。
そんな気分じゃないですから。
気持ちも凹んだり、ささくれ立ったりしてるので。

うれしいのは、やはりメールやLINEですね。
次のデートのこととか、楽しみを与えてくれるのが一番うれしいです。
もちろん、日常のなにげない話もうれしいですよ。

とにかく、生理中はそっとしておいでください。
ヘンに気をつかって体調のことを聞かれるのは、苦手です ←これは、私だけかも?

Qフォアハンドボレーは肘を伸ばして打つのが基本でしょうか?

最近はフォアハンドボレーを練習していますが、
色々なお手本の写真や動画を見ると、肘が伸びて
ラケット、手首、肘を固定して肩から先を1枚の板のように
腕を押し出して打っているように思えました。

ボレーって肘を伸ばして打つのが基本なのですか?

Aベストアンサー

人間の筋肉の中に伸筋と言われる筋肉群と屈筋と言われる筋肉群があります。
屈筋は速度は速いが力は出ない。
伸筋は早さはないが力がでる。
ボーレーは基本的にラケットで壁を作るのが基本ですから安定した壁を作るには伸筋の助けを借ります。
つまり肘を伸ばすと言うことです。
これはあくまでも理屈ですからゲームなどでは曲がった上体で打つことも有るわけです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報