女性が骨粗鬆症にならないためには
女性ホルモンを取り入れれば良いのでしょうか?
ある本に女性ホルモンが50歳位になったら、閉経のため
無くなって、それで骨粗鬆症になると書いてありました。
そうしましたら、女性は閉経したら、骨粗鬆症にならないため、
女性ホルモンを外部から取り入れる必要があるということでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>女性ホルモンを取り入れるのには


>何か問題があるのでしょうか?
女性ホルモンは、骨粗鬆症以外の影響があります。
女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンのことはご存知ですね。
閉経前は、脳の視床下部→下垂体→性腺刺激ホルモン(黄体化ホルモン・卵胞刺激ホルモン)分泌→卵巣→エストロゲン・プロゲステロン分泌」というのがホルモンの分泌の流れです。閉経後にどちらか、あるいは両方の女性ホルモンを摂取すれば、閉経して排卵しないにもかかわらず、妊娠時の体や子宮の変化が起こったり、栄養を身体にためて肥りやすい体質になったり、自律神経、感情の働き、骨、皮膚、粘膜、関節、筋肉、胃腸、脳の働きにも影響を与え体のバランスが崩れ体調に変調をきたします。
どうしてもとる場合は、個人で摂るのは体の変調を来たし危険ですので、専門医に相談して慎重に処方(注射または飲み薬)をして貰って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答大変有難う御座います。
なかなか難しいものですね。
女性は50歳過ぎたら閉経と本に書いてありましたが、
女性もなかなか大変ですね。

お礼日時:2007/10/03 22:20

閉経は早い方で45歳位に、襲い方で50歳の後半に訪れて個人差もかなりあり、また閉経による更年期障害も軽い方から重い方まで色々のようです。


男性には閉経は無いですがそれに反して、平均寿命は女性の方が長いようですね。男性も仕事人間から、定年になって以降、生甲斐を失い早死にするのかも知れませんね。人は他人と話すこと、動き回ることをしなくなることが老化を早めますね。歳を重ねるにつれ、腸内のビフィズス菌の量も減って体の免疫性が減少し、色々な酵素やホルモンの分泌量が減ったり、コラーゲンやヒアルロン酸の体内生産量が減り皮膚や関節の若々しさが無くなってきますね。体の水分の循環を良くするために水分を多めに摂り、体内の老廃物や毒素を溜めないで肝臓や腎臓に運んで処理しやすくしたり、ヨーグルトを食べて免疫力を補充し、適度な運動と脳への刺激を与えてやらないといけませんね。食事もマンネリ化しないように、栄養(必須アミノ酸、必須ビタミン、必須ミネラルなど)が欠乏しないように摂らないといけませんね。最近は石油から作った合成化学食品添加物を使っていない、本来の食べ物だけを原料にした食品以外は買わない、食べない様に努めています(スーパーの8割以上が合成化学食品添加物を使用)。昔の汚染されていない和食を出来るだけ食べると良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変有難う御座います。
私の家内は54歳ですが、閉経したのかとはさすがに
聞けません。推測も難しいですし。
更年期障害も良くわからないし、機嫌が悪いのも若いときからですし。
自分自身はもうすぐ62歳ですが、年をとるのは少しづつとるので、
なかなかどこがどうだともわかりづらいです。特に若いときに
非常に元気だったわけでもないので、わかりづらいです。
自分の父は93歳ですが、何とか動けます。家内の父は83歳ですが
もう寝たきりになりました。子供の出来が悪いので、成るべく長く稼ぎたいと思っています。
長生きについて、気をつけるべきこと有難う御座いました。

お礼日時:2007/10/07 13:51

>女性ホルモンを外部から取り入れる必要があるということでしょうか?


そうですね。女性ホルモンの代わりをするイソフラボンを食品から多めに摂るといいですね。女性ホルモンそのものを身体に入れれば体のホルモンバランスを崩しますので、食品から女性ホルモンに代わりをする食品と必要量のカルシウムを摂取するといいと言うことですね。
女性の場合、女性ホルモンがカルシウムを骨まで運び保持している作用があります。閉経で卵巣から女性ホルモンの分泌が無くなることで、骨にカルシウムを保持しておくことが出来ず、カルシウムが徐々に骨から抜けて行きます。カルシウムを骨に運ぶのを助けているのがビタミンDですが、1日のビタミンDの必要量が戸外に出て太陽の日差し(直射項でなくても日陰でOK)を10分も顔位の面積の皮膚に浴びれば皮下で出来ます。(冬に家に閉じ篭りになり日光を浴びれない時がビタミンDを口から摂ることが必要ですね)
女性ホルモンの代わりをするのが、女性ホルモンと化学構造が似通った、大豆蛋白に含まれるイソフラボンですね。
豆乳を飲めば女性ホルモンの代用とタンパク質が摂取できます。低脂肪牛乳はカルシウムを効率的に摂取できます。飲みすぎは過度にカルシウムを取りすぎますのでコレストールが増えて動脈硬化や結石の原因になると言われていますので良くないですね。
カルシウムの骨への固定は、骨を軽く叩くような刺激を与えるといいですね。やや大またの早足歩行など無理をしない範囲で結構。また普段縄跳びをしている人はそれでもいいですが、ン10年も縄跳びをしていない方はかえって膝を痛めるかも知れません。歩行やラジオ体操など無理の無い範囲で体中のの骨を無理のない範囲で関節を屈伸したり、振動を与えるような運動をすると骨のカルシウムの減少速度が遅くなり骨粗鬆症の進行を遅くすることが出来るようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。
しかし、女性ホルモンを取り入れるのには
何か問題があるのでしょうか?

お礼日時:2007/09/30 23:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨粗鬆症治療のカルシウム剤の服用と、狭心症、心筋梗塞の因果関係

骨粗鬆症治療によるカルシウム剤ビタミンD剤の服用と、狭心症、心筋梗塞の因果関係ってあるのでしょうか。カルシウム剤については、それになってしまう可能性が高くなると耳にしました。本当でしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

たしかに、カルシュウムは血圧を上げて狭心症の発作を起こす薬理作用はあります。
しかし、医者が診断して処方した薬でしたら、そのような事が無いように配慮されていますから問題ありません。
もちろん、医者に狭心症を隠すような事をしている場合は別ですが。
処方でなくて、勝手にカルシユウム剤を服用すると、そのような事になってしまう可能性はあると思います。
薬剤でなくて、たんなるカルシュウムを多く含む食品でしたら、心配は無いそうです。
健康食品と称する、実体は薬品になっている物は危険です。

Q若年性骨粗鬆症

30代女性です。骨密度の測定で、同年代の6割しかありませんでした。いわゆるレッドゾーンにはいっているとのことで、適度な運動とカルシウム接種を促されました。
幼少のころより非常にやせており、現在は160cm43kgです。ダイエットをしたのではなく、家系的に両親とも痩せタイプでふとれません。
食事については、カルシウムの多い物を調べましたが取り方の注意点(組み合わせ?)と適度な運動がどれくらいの量を指すのかアドバイス下さい。
食事は3度取りますが、乳製品は毎朝のヨーグルト100ccのみ。味付けは薄味、緑茶を500cc/日摂取。胃痛を患っており脂っこい物・スナック菓子・インスタント類はとりません。朝はパンと目玉焼き・ヨーグルト。昼は外食で蕎麦かうどんか焼き魚定食、夜は帰宅が遅いためご飯とひもの、おひたしだけ。土日は野菜を中心にした料理を食べます。運動は一切しませんが、毎日駅と会社間で計30分徒歩、朝は軽いストレッチを行っています。
帰宅は22:00以降で、朝も早いため平日にあまりこった食事を作ることができません。

Aベストアンサー

nanami2000です。再び。

下に骨量を増やす方法のURLを貼り付けておきましたのでご覧下さい。

バランスの取れた栄養、運動を心がけてください。

参考URL:http://www.richbone.com/qa/bs/a/qa-121.htm

Q骨粗鬆症で簡保生命保険に入れますか?

骨粗しょう症でエビスタというお薬もらっている51歳の者です。
骨折はしたことがありません。
簡保生命保険に入れるでしょうか?

骨粗鬆症になったら他の会社の保険にも入れないでしょうか?
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

骨粗鬆症自体は、特別な病気ではありませんが、
問題は、骨折しやすくなるということと、
骨折した場合の入院期間が長くなるということで、
保険会社にはリスクがあることになります。

ですが、それも程度によるのです。
例えば、軽度であり、適切な治療をしていれば、
無治療で骨粗鬆症になっている人よりも、むしろ、
リスクは低いということになります。

なので、どのように判断するかは、
病気全体の問題というよりも、個別の問題ともいえます。
骨粗鬆症だから、どうなる……とは、単純に言えないのです。

Q心身症と神経症と精神分裂症の違いについて

小生、心理学の通信講座を受けております。その中でレポートを書くのですが、心身症と神経症と精神分裂症の違いについて教えて下さい。また境界性人格障害と呼ばれるものは、どの部類に入るのでしょうか?

Aベストアンサー

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「神経症の基礎知識」
◎http://homepage1.nifty.com/eggs/borderline.html
(境界例とはなにか)
●http://lulu-web.com/pd-kyoukai-d.html
(診断)
●http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/3151/border.html
(境界性人格障害とは)

ご参考まで。

参考URL:http://tachibanaya.pro.tok2.com/utsu.htm

Q骨粗鬆症?

以前、子供と添い寝中、横向きから起き上がった時、左側を下に寝ていたのですが肋骨にピシっとした傷みが走り、その後ちょっとした動作でも痛くて治らないので、病院に行きレントゲンを撮ってみてもらったところ、写真ではわからないが、肋骨の先がヒビ入っているかもしれないと言われました。最初の診察のみで、治療(薬など)というものも特になく固定するサポーターというのかベルトのようなものを買わされました。しばらくは傷みはあったものの自然に治ったようです。そしてまた最近、今度は右側の肋骨(アンダーバストのあたり)が痛み出し、息を吸ったり、くしゃみをしたりの時に特に痛いので、もしやまた・・・?と思っています。
お聞きしたいのは、
(1)ヒビ程度の骨折はレントゲンではわからないこともあるのか。
(2)思い当たるようなキッカケがなくても骨折はあるのか?
(3)骨密度を測るのにはいくらくらいかかるのか(病院によって金額が違うのか)
(4)骨粗しょう症だった場合の治療について、治療方法、通院の頻度、期間、どんなことでもかまいません。

子供がまだ小さいのと、お金があまりないので自力でなんとかしたいのですが、アドバイスなどよろしくお願い致します。

以前、子供と添い寝中、横向きから起き上がった時、左側を下に寝ていたのですが肋骨にピシっとした傷みが走り、その後ちょっとした動作でも痛くて治らないので、病院に行きレントゲンを撮ってみてもらったところ、写真ではわからないが、肋骨の先がヒビ入っているかもしれないと言われました。最初の診察のみで、治療(薬など)というものも特になく固定するサポーターというのかベルトのようなものを買わされました。しばらくは傷みはあったものの自然に治ったようです。そしてまた最近、今度は右側の肋骨(アン...続きを読む

Aベストアンサー

骨粗鬆症の治療は、その程度によると思います。
日常生活の中で気をつけるよう指導を受けるだけの
場合もありますし、内服を行う場合もあります。
骨を形成する際には、もちろんカルシウムも必要
ですが、他の栄養素も必要です。また、適度な運動や
日光にあたることがよいと言われています。専門医で
適切な指導を受けられるのがよいのではないでしょうか。
肋骨のヒビですが、X線写真にはっきりと写らないこと
もあります。サポーターなどで固定するのは一般的な
治療だと思いますので、その点については主治医を
信頼されてよいと思います。肋骨の骨折について受診
された際に、ついでに相談されれば、改めて別の病院へ
かかるより安いと思います。たぶん、初診料がいらない
と思いますので。
骨密度の検査方法には、かかとの骨で超音波を用いて
計測するものや、腕の骨でX線を用いて計測するものが
あります。詳しく調べる場合には、大型の機器を使用
しますが、これは、中小規模の医療施設にはないことが
多いです。その設備がある病院へ紹介してもらうのが
よいかと思います。
治療コストについては、低コストで治療したい旨を
主治医に相談されてはいかがでしょうか。できるだけ
お金のかからない方法も提案してもらえるのではないで
しょうか。
年齢と共に骨密度は下がっていきます。これは、健常者
でも同じ事ですので、今後のことを考えると、自覚され
ているのであれば、一度検査を受けられるのがよいと
思います。不安を抱えたままでおられるのも大変だと
思います。

骨粗鬆症の治療は、その程度によると思います。
日常生活の中で気をつけるよう指導を受けるだけの
場合もありますし、内服を行う場合もあります。
骨を形成する際には、もちろんカルシウムも必要
ですが、他の栄養素も必要です。また、適度な運動や
日光にあたることがよいと言われています。専門医で
適切な指導を受けられるのがよいのではないでしょうか。
肋骨のヒビですが、X線写真にはっきりと写らないこと
もあります。サポーターなどで固定するのは一般的な
治療だと思いますので、その点について...続きを読む

Q私は、長い間高血圧、高脂血症の治療のため通院しています。

私は、長い間高血圧、高脂血症の治療のため通院しています。
血液検査を年2回行います。
血液検査の項目中GPTがいつも基準値を超えています。
具体的にGPTの値は基準値5~37IU/lに対して、血液検査の度に53~124まで変化しています。
一度もGPTの値基準値5~37IU/lの範囲で収まった事が一度もありません。最近の値は53です。このことに対して主治医からは何もお話がありません。何か検査・治療する必要があるのか否か教えてください。GPTの検査・治療は内科で良いのでしょうか教えてください。GPTを基準値内で収めるため生活上気にかけることはありませんか?教えてください。

Aベストアンサー

GOT<GPT(↑)から想像できることは、内臓肥満・肝臓に脂肪蓄積・・・位でしょうか。

もう少し詳しい情報が付け加えられないと、何もアドバイスできないかもしれません。
身長
体重
体脂肪率
性別
年齢
毎日の運動量
食習慣
嗜好品(アルコール・甘味料等々)

毎年2回行う血液検査の年次別数値、項目及び基準値など、治療内容、ドラックチェック等々、質問者様が持っている情報は数限りなくあります。

Q骨粗鬆症 薬に頼らない改善方法

47歳男ですが、先日転倒し第5腰椎を圧迫骨折し、骨粗鬆症と診断されました。

薬物治療を開始すると主治医は言っておりますが、骨粗鬆症の薬の副作用が怖いです。
骨粗鬆症と診断された後は、毎日日光浴をしながらウオーキングとカルシウムのサプリメントを取ってます。

薬を飲まずに、食事と運動で改善したいと思っておりますが、主治医はそれでは追いつかないと言っております。

薬に頼らない方法はありますか。

Aベストアンサー

骨粗鬆症の治療では食事・運動療法と薬物療法を併用して行うことが多いです。
質問者さんの場合、既に食事や運動に気を遣っていて
そのうえで主治医さんに「それでは追いつかない」と言われたとのことなので
思い切って薬物療法に踏み切った方が良いのでは、と思います。
副作用はどんな薬にもつきものです。納得できるまで、主治医さんにじっくり説明してもらってください。

Q心身症、神経症、精神病について

高校の授業でストレスについて興味をもち、
それについての本を読んでいるのですが、
疑問をもったので質問です。

ある本に心身の病気は次の4つに分類できる
1.身体病 2.心身症 3.神経症 4.精神病
これらの病気の症状は重なり合うことが多く、
明確な境界線を引くことが難しい。

とありました。
またこれらについて、別の頁で

心に原因があり心に症状がでる病気を神経症
心に原因があり身体に症状が出る病気を心身症

と説明がありました。
しかし別の頁では

ストレスからの症状が心に現れた場合は、うつ病や神経症
体に現れた場合は、心身症

とありました。
そこで別の本を読んでみると

病気を「身体病」と「精神病」に分類する考えは、
人間を"体”と"心"の2つに分ける考え方からきたもの
最近の社会ではストレスによる心の変化によって
「身体病」か「精神病」かという分け方では対応できない
そこで、ストレスからの病気の中に
身体病に近い「心身症」と、精神症状が強い「神経症」の位置づけが

とありました。
そこで質問なのですが、
(1)「うつ病」は「神経症」なのですか?「精神病」なのですか?
それともこの2つには分類されないほかのものなのですか?
(2)「精神病」とは何をさすのですか?「神経症」となにが違うのですか?

高校の授業でストレスについて興味をもち、
それについての本を読んでいるのですが、
疑問をもったので質問です。

ある本に心身の病気は次の4つに分類できる
1.身体病 2.心身症 3.神経症 4.精神病
これらの病気の症状は重なり合うことが多く、
明確な境界線を引くことが難しい。

とありました。
またこれらについて、別の頁で

心に原因があり心に症状がでる病気を神経症
心に原因があり身体に症状が出る病気を心身症

と説明がありました。
しかし別の頁では

ストレスからの症状が心に...続きを読む

Aベストアンサー

詳しくはないのですが、神経症はノイローゼと読み替えれば少しは分かりやすいと思います。うつ病は神経症でもあり精神病でもあると思います。精神病の遺伝のない人もかかりますし、家族の多くが分裂病(今は統合失調症かな)・うつ・精神薄弱などのなんらかの脳障害持っている場合にも結構でます。
精神病は分裂病など遺伝的な要素が強いもので一種の障害です。神経症は遺伝的な要素があまりない、ストレスなどが原因の病気です。
という風に私は認識していますが。

Q30台前半で、骨粗鬆症

まだ30台前半(女)なのですが、重度の骨粗鬆症になってしまいました。
これまでは健康がとりえだと思っていたのですが、
おととし出産し、その後腰の骨折から(転んだりしたわけではないのですが)、
骨粗鬆症が発覚しました。
いずれ第二子を産みたいと思っているので、本格的な治療が出来ずにいます。
(薬療法をすると、第二子に奇形などのリスクがあるそうです)

若い方で、骨粗鬆症に悩んでいらっしゃる方はいませんか?
今も腰や背中が痛くて、育児や家事が思うように出来ません。
どうしたらよくなるのでしょうか?
骨粗鬆症で有名な病院などご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただければ幸いです。
とにかく、不安で不安でこちらに投稿させていただきました。
お詳しい方がいらっしゃったらアドバイスいただけませんでしょうか?
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 必ず良くなられますよ♪ 気休めで云っているのではなく、某栄養療法研究グループの高齢女性たちのデータ(オステオアナライザーによる骨密度測定)で、戸籍年齢よりも平均10歳若い数値を示していたのを見たからです。

 ただ、どんな食生活をなさっていたのか? 骨粗鬆症以外に別の疾患を抱えておられるのか? その疾患故に骨粗鬆症を患っていることもあるのです。大きな病院でも調べ得ない検査を重ねて、その中から真の原因を探し出して治療してくれる医師が、質問者さんにとって最良の主治医になると思います。勿論、そうした治療によって骨だけではなく健康体を取り戻すことができて、第二子も平均値を超えた健康児として出生されます。
 
 胎児は母体から得られる栄養次第で、未熟児にもなり、発達障害児にもなり、健康優良児にもなるものです。

http://www.clinic-hygeia.jp/embarrasses/07.html  clinic HYGEIA

 女性の身体を熟知した女医さんが上記URLで「骨粗鬆症」について明解な説明をしています。

 どの医師も、骨粗鬆症にはカルシウム剤とビタミンD3剤を薦めますが、それだけでは治らないのが「骨粗鬆症」です。
 URLの女医さんは、食事(栄養)によって体が造り替えられること学び、あらゆる病に栄養療法を取り入れて治療にあたっています。

 必ず良くなられますよ♪ 気休めで云っているのではなく、某栄養療法研究グループの高齢女性たちのデータ(オステオアナライザーによる骨密度測定)で、戸籍年齢よりも平均10歳若い数値を示していたのを見たからです。

 ただ、どんな食生活をなさっていたのか? 骨粗鬆症以外に別の疾患を抱えておられるのか? その疾患故に骨粗鬆症を患っていることもあるのです。大きな病院でも調べ得ない検査を重ねて、その中から真の原因を探し出して治療してくれる医師が、質問者さんにとって最良の主治医になると思います...続きを読む

Q成長ホルモンと熟睡について

私は、中学二年生でバレーボールをやっている者なんですけど、午後10時~2時に成長ホルモンが出て身長が伸びると聞きました。
でも、熟睡してないと意味が無いと聞きました。
何時ごろに寝れば、大丈夫なんですか。
あと睡眠前に、食べたり飲んだりしたほうが身長が伸びやすくなる物教えてください

Aベストアンサー

成長ホルモンは入眠後約1~3時間で上昇していきます。ですから時間で上昇するものでもありません。また、食事をとっても上昇します。熟睡しなくても昼寝程度でも上昇するそうです。お相撲の力士はよく昼寝をしますし、寝る子は良く育つという言葉も嘘ではありません。睡眠前はあまり物を食べないほうが体にいいと思います。また、骨を丈夫にするために小魚や牛乳をとるといいです。(体がでかいだけで骨がひ弱ではすぐにけがをします。
余談ですが、私の回りで子供のころピーマンがきらいだったこはみなでかいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報