1年前に中小企業用の小口ローンを組みましたが、事業の悪化により、支払いが滞り、300万円程の残金を信用保証協会のお世話になってしまいました。
その後、借り入れた銀行から、この融資事故のため、他の住宅ローンも一括で返済してくれるよう言われました。住宅ローンは300万円ほど残っており、あと5年ほどで完済予定だったのですが、一括となるととても払いきれません。銀行の方からは、無担保ローン(サラ金?)で借りたらどうですかとも言われたのですが、本当に、そんな方法しかないのでしょうか?
ちなみに、カードで35万円、 消費者金融に12万円ほどの借り入れがあります。
今は、友人の会社で働き始めたので毎月の支払いは、楽に出来るので一番良いのはそのまま、住宅ローンを支払えれば良いのですが。
何か良い方法を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

住宅ローンの契約書にそんなことが書かれていますか。


銀行にも、何を根拠に一括返済を求めるのか確認すべきです。契約書に書かれているなら、もっともな要求なので、
よく頼むしかないですね。
そういう契約でなければ、銀行の貸し渋りの一種、理不尽な要求です。銀行の担当者に消費者センターに相談するとか、銀行局に話すと言ったらよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
ちょっと、契約書を確認してみます。
それと消費者センターには相談した方がいいのでしょうか

お礼日時:2001/01/29 20:09

ちょっと確認したいのですが、保証協会の世話になったとはいえ当然協会に残債はあるのですよね?銀行は事故分は協会が保証しかつ代位弁済しますからまず、協会に出向き残債の300万をいかに返すか。

保証協会とはいえあなたの借金はチャラに決してなりません。そのうち強制執行をかけてきます。(といっても何年も放置してればですが)
保証協会は銀行よりは余程話しやすいところです。きっと
割賦払いも受けてくれますし無茶な要求はしてこないと思います。そして協会と話しがついたならその旨銀行に話し、協力を得るしかないのでは?無闇に契約証等の確認をして銀行との信頼関係を悪化させ泥沼に入るよりは、
というかそもそも銀行が一括返済を要求してるのは協会に対しても誠意が見えないからではないのですか。どんな理由にしろ借金を踏み倒したのはあなたです。保証協会の事故は返済さえ完了すれば銀行と違いまた借りれます。
銀行は事故の度に協会から目をつけられ肩身を狭くします。本当に味方にしたいのは協会のほうと言っても過言ではないと経験上思います。現に私も協会にて2年ほど借金を
結果的に踏み倒してましたが、会社経営上あまりそれも健康的とは言えないのでちょっと余裕ができた時にこちらの
都合の良い方法、形にて全部返しました。そしたら半年もしないうちに申し込んだらまたちゃんと貸してくれました。それも前以上の金額を。この時つくづく親方日の丸
頼もしいなと思いました。長い目で見れば300万くらい
割賦にすれば返せます。絶対に町金に手は出さないで!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
確かに言われる通りですね。
私も保証協会に出向き、担当者の方とお話させてもらいました。
こちらの事情も理解していただき月々の返済も無理のない額という事と、
とにかく諦めずに、仕事を続けてくださいと励まされました。
それだけに、銀行からの一括返済の要求に困っているのです。
きびしいですね。

お礼日時:2001/01/31 12:34

銀行が「無担保ローン(サラ金?)で借りたらどうですか」などと言うのは論外です。


また、何か言ってくる前に、消費者センターに事前に相談されたほうが良いと思います。いろいろと対処方法も教えてもらえると思います。
頑張ってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローンの借り入れは頭金がないとむり?

現在住宅購入を考えています。この前某不動産に行って聞いたら、「頭金が購入金額の10%~20%用意しないと、融資は無理です。」と言われました。
主人が年収370万私がパートで150万です。一戸建てがいいのですが、やはり頭金がないと無理ですか?

Aベストアンサー

まず基本的な事柄です。

1.家の購入では、マンションにしても戸建てにしても諸費用というのがかかります。
マンションの場合はこの諸費用はそれほど大きくありませんが、戸建ての場合は「土地」の登記関係などで特に高額になります。
しかしこのような諸費用については、ローンでまかなうことは出来ません。(その費用までは原則貸してくれません)
手持ち資金がないと購入できない理由の一つはここにあります。

2.ローンのいくつかは購入物件価格の80%までなどと決まっています。
特に低金利だとか、住宅金融公庫などの公的なローンではそうです。
つまり、全額をローンでまかなうことは出来ないのです。

3.望ましい頭金は購入額の30%以上

通常家の価格は新築時が100%とすると、その後急激に価格(家の価値)が低下していきます。
この低下は、ローンの残高よりも急激に下がるので、結果として何かあって売却の必要が出たときに、売却しても借金が残るという状態になります。
この場合は、その不足分を払えないと、自己破産を余儀なくされるという悲惨な結果になります。
そのためにも戸建ての場合は特に30%以上の自己資金を用意すべきであると言われています。
2で金融機関が全額分のローンを組んでくれない理由もここから来ています。(自己破産されると回収できませんのでその分損失を出してしまうため)

4.思いがけない出費
家は購入した金額を払えばそれですぐに住めるものではありません。
a)電灯、カーテンetc..などの費用
b)引っ越し費用
などがかかりこれが決して少なくない金額ではありません。

マンションですといろんな理由から銀行側も無理をして全額ローンを認めることはありますが(それでも1や4の費用分の現金は必要)、極力さけるべきです。

あなたのパート代が150万円とのことですが、今後あなた自身が出産などで休むことがあると、ローンの負担が大きくかかってきます。
そうすると購入を急ぐよりも頭金をためて少しでもローンの比率を下げておく方が良いでしょう。

よく言われる話で、
「賃貸料を払うくらいならローンを払った方が資産が残るから得になる」
という神話がありますが、これは誰にでも当てはまるものではありません。
逆に賃貸の方が最終的に大きな資産を残せるという場合も良くあるのです。
特にローン金額が大きいときには、利子の支払いが馬鹿になりません。
35年ローンにもなるとローン金額の何割にもなります。
たとえば2000万円のローンを組むと、返済総額は3000万円ほどで1000万円は利息ですから、資産にはならないのです。
さらに不動産の価値は年数を経過すると「家の値段は限りなく0に」「土地の値段も徐々に下がり続ける」ことから購入時の価値2000万円は半分以下になっているでしょう。

不動産の価値低下はどうしようもありませんが、もう一つの利息の支払いを極力抑えるにはある程度の頭金を用意して、ローン金額を抑えると言うことが必要です。

以上のことから、ご質問にある頭金がないと無理かというご質問に対しては、
・戸建てについては無理です
・それには理由があり、危険なリスクを抱えることになるからです。
・また借りる方にとっても、結果として賃貸よりも損になります。

というお答えになります。
いま現在家賃がどのくらいの所に住んでいますか。
大体年収の20%位が、ローン返済の限度であると同時に払える家賃の限界の目安にもなります。

つまり、ご主人と合わせて520万円の年収ですから、8.5万円/月が限界です。
貯蓄をする場合は、この金額をさらに下げて、7万円/月以下にすれば、1.5万円/月は貯蓄が出来、家の固定資産税がかかっていませんから年20万円はさらに上乗せして貯蓄ができることになります。
このように計算通りの家計運営が出来ないようだと、この先ローンを組んでも破綻する危険が大きい(その場合は全くお金をどぶに捨てることになる)ことになります。

では。

まず基本的な事柄です。

1.家の購入では、マンションにしても戸建てにしても諸費用というのがかかります。
マンションの場合はこの諸費用はそれほど大きくありませんが、戸建ての場合は「土地」の登記関係などで特に高額になります。
しかしこのような諸費用については、ローンでまかなうことは出来ません。(その費用までは原則貸してくれません)
手持ち資金がないと購入できない理由の一つはここにあります。

2.ローンのいくつかは購入物件価格の80%までなどと決まっています。
特に低金利だ...続きを読む

Q住宅ローンの借り入れについて

この度家を新築することになり、親名義の土地を担保にその上に2世帯住宅を作ることになりました。1600万ほど借りいれる予定なのですが銀行のカードローンが70万ほどあり、延滞したこともあったような…。今はありませんが昔は消費者金融で借りたこともあります。何か問題はありますでしょうか?

Aベストアンサー

 結論から申し上げると、過去については全く問題ないと思われます。
 金融機関の審査基準は、(1)土地の担保評価と(2)個人の信用力(年収に対する返済金額、勤務先、年数等)の2つに大別されます。
 (1)、(2)が定かでないので明言は出来ませんが、土地を保有している、還元すると上物の1,600万円だけなので、親に対して連帯保証人になることを要求されるでしょうが、恐らく審査は通過するものと思います。
 また、借り入れをスムーズに行うのであれば、ご両親からの住宅取得資金の贈与の特例などを活用することで、借入金額を減らすと言う手段も考えられますし、色々な手立てはあります。
 何れにせよ、悩むよりは、まず金融機関に相談することから始めた方が良いと思いますよ。

参考URL:http://www.home4u.jp/buy/loan

Q住宅ローンの支払い証明について

借り換え住宅ローンを行いたいのですが、借り換え先の銀行から近1年間に遅延なくローンを支払っていることの証明書を提出するように言われています。通帳をコピーすれば済むことなんですが、1年以上前から通帳記入をしていませんので「おまとめ」になってしまい通帳では証明できません。このような場合、銀行に理由を伝えればなんらかの形で証明書(遅延なく引き落とされてるデータ)のようなものは出してもらえるのでしょうか?現在借りている銀行、借り換え先の銀行、共に都市銀行です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銀行は顧客の口座データを保管していますので、希望すればそのデータを交付してくれるはずです。

通帳・届出印鑑・免許証などの身分証明書を持参すればいいと思います。ただ、その場で発行してくれるのか、日数がかかるのかは銀行により異なると思いますし、もしかしたら手数料も必要かもしれません。

でも通常、「おまとめ」記帳になればその間の通帳の動きを示したDMが送られて来てると思いますので、一度DMを探してみてはいかがでしょうか。

尚、全ての銀行がデータの交付をしてくれるとは限りませんので事前にTELで問い合わせをした方がいいでしょう。何せ近年は情報管理が厳しくなっていますから、銀行もそう簡単にはデータは渡してくれないと思いますから。

Q1500万円の住宅ローン減税の贈与税の特例について

1500万円の特例について夫婦2人でお互いの両親からそれぞれ住宅取得のため贈与を受けた場合、合計で3000万円まで贈与税はかからないのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

夫が夫の両親から1500万円、妻が妻の両親から1500万円住宅取得等のために贈与を受けるなら非課税です。配偶者の親から受けた贈与や、片方だけで1500万円を超えれば贈与税が課されることになります。ただし、贈与が平成23年度だけになる場合は1000万円まで、贈与を受ける人の所得が2000万円を超える場合は特例の適用はありません。なお、非課税といっても、贈与税の申告自体は必要ですので忘れず行ってください。
詳しくは↓をご覧ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm

また、贈与を受けた金額とそれぞれが出した金額の割合で不動産登記(持分登記)をしないと、夫婦間での贈与になりますので注意してください。

Q電気代300万円/月は高額でしょうか?

現在社員60名程度の工場を経営にかかわっているものです。

工場に設備は180台ほどありますが、
電気代は月に300~350万円ほどかかっております。

個人的には非常に高く感じますが、
同業他社と比べてどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

質問記述されている内容だけでは判断できません。
それが妥当なものであるのかやコストを抑えるためにどうしたらいいのかなど気軽に電力会社に相談された方がいいと思います。
過去1年間の明細を提示されると具体的なアドバイスがもらえると思います。
もし、なければ事前にその旨を伝えておけば、電力会社が調べてデータを持って来てくれると思います。
契約方法なども含めて親切に説明してもらえるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報