『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

初めまして。自分で色々調べてみたのですがはっきりわからないので教えてください。お願いします。
株は初心者で、ずっと源泉分離課税を選択しておりました。課税方式が申告に一本化される前にすべて売却しようと思っておりましたが、売りそびれてしまい、上がるまで待っていると申告分離課税で売却する予定になります。

申告分離課税を選択しても、年収2000万円以下の給与所得者で、給与以外の所得が無く、株式売却益の合計が年間20万円以下の場合は、確定申告は不要とのことです。

この場合、何もしないで良いのでしょうか?
約定明細などを保存して20万円以下であると証明する必要がありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>この場合、何もしないで良いのでしょうか?


>約定明細などを保存して20万円以下であると証明する必要がありますか?

20万円以下であれば、何もしなくてよろしいです。
ただし、税務署から問い合わせが有ったときに回答できるように、約定明細は保存しておく必要が有ります。

証券会社から税務署には、1件あたり30万円を超える売却は報告が行っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
30万円というのは、売却代金のことですね。
それは超えますが、利益は20万円にはなる心配がないので明細をとっておくことにします。

お礼日時:2002/08/21 08:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング