たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。


地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop …
    • good
    • 52
この回答へのお礼

時代によって藩が違うということを失念していました。
でも、このサイトこそ自分が求めていたものです。
理想通りです。ありがとうございました!

お礼日時:2007/10/03 19:25

この回答への補足

お早い回答ありがとうございます!
この地図も大変わかりやすいのですが、もう少し欲を言えば
国名ではなく、藩名が載っている地図が欲しいです。
藩主が何家だったか、ということまで書いてあればもう言う事ないです。
注文がめんどくさくてすいません。

補足日時:2007/10/03 19:12
    • good
    • 18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代の酒場

時代劇に登場する居酒屋は、現在の蕎麦屋にあるような木製のテーブルや腰掛が出てきますが、ああいうテーブルに腰掛けて食事をするというスタイルは、実際には大正時代のカフェという酒場が出来てからだそうですね。
また、酒樽に腰掛けてカウンターのような席の酒場も見たことがありますが、これも江戸時代には有り得ない光景だったようです。
江戸時代の実際の酒場は、ほとんどが今で言う座卓だったのでしょうか?
また、こうした時代劇の誤りを指摘した本などがあれば教えて頂けると幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

酒を飲むお店はいろいろありますけど、酒屋が店先で酒を飲ませる形、屋台の店、そして居酒屋は「煮売り屋」からの発展系と思います。
この煮売り酒屋ですけど、

http://www.cleanup.co.jp/life/edo/03.shtml



http://homepage3.nifty.com/shokubun/izakaya1.html

を見ても、お盆の上の皿に料理を盛って畳に置いて食べていますから、座卓もなかったと思いますよ。

Q江戸時代に廃藩置県が起こるまで、藩によって金持ちの財がある藩と同じ石高の藩でも貧富の差があった。 要

江戸時代に廃藩置県が起こるまで、藩によって金持ちの財がある藩と同じ石高の藩でも貧富の差があった。

要するに藩主は国を欺き脱税していた藩には財力があった。

10万石の領地を持つ藩で金持ちの藩主がいたが、国に所有地で取れる米の量は10万石とお上の国に申告し、江戸幕府の視察団が来ても田んぼは確かに10万石しか取れない土地であったので視察団はそのまま帰っていった。

では、10万石の大名はどのように国の目を欺き脱税していたかと言うと、山の表面に米田畑を作り、裏面に売れる木を植えていたのである。

要するに副業で林業をやって木を国を通さずに直接売買して副収入を得ていたのである。

という話を聞いて、昔の藩主も脱税してたのか。

それで金持ちの藩が存在していた理由が分かった気がした。

高い銃を大量に買える財力がなぜか領土が小さい藩に存在していた。

大きい広い土地を持つ藩主は土地も広いが国に納める税金も高かったので不作のときに大きく蓄えを減らし、領土の大きさが逆に財政を悪化させていたのだ。

で、江戸幕府も小さい藩主なのに羽振りが良いので、直接藩主になぜお前の藩は不作が続いているのに人々は餓死もせずにピンピンしているのだと聞いた。

実は米が不作でも林業で現金収入があったので米を買って村人に配っていたので栄養失調にならないのでピンピンしていたのだが、さすがに脱税してるお金があって財力に余力があるからとは言えないので、江戸幕府は結局、どういうカラクリでその藩だけ疫病に掛からないのか知りたくても真実は聞けなかったというお話。

これ以外の脱税話を知ってたら教えてください。

多分、他の藩も脱税していたと思う。

江戸時代に廃藩置県が起こるまで、藩によって金持ちの財がある藩と同じ石高の藩でも貧富の差があった。

要するに藩主は国を欺き脱税していた藩には財力があった。

10万石の領地を持つ藩で金持ちの藩主がいたが、国に所有地で取れる米の量は10万石とお上の国に申告し、江戸幕府の視察団が来ても田んぼは確かに10万石しか取れない土地であったので視察団はそのまま帰っていった。

では、10万石の大名はどのように国の目を欺き脱税していたかと言うと、山の表面に米田畑を作り、裏面に売れる木を植えていたのであ...続きを読む

Aベストアンサー

密貿易 島津などは当たり前のようにやっていた 隠密が入れないように放言も難しくしたわざと

Q最も、平和だった(失われる命が少なかった)江戸時代の時期っていつらへんですかね?? もし、好きな過

最も、平和だった(失われる命が少なかった)江戸時代の時期っていつらへんですかね??

もし、好きな過去の時代で生きられるなら、と言う問いに対して、江戸時代と答えたのですが、江戸時代には飢饉も有りましたし………

Aベストアンサー

大まかに江戸時代でいいよ。
今の戦後の70年多少の栄枯はあっても大してさはないでしょう。
その程度の差なんです。
控えるとすれば戦後の短い期間、江戸末期の混乱くらいかな。

Q江戸時代、百姓に優しかった藩、厳しかった藩は?

天領は年貢の取り立てなどが厳しくなかったので百姓は助かったという話を聞いたことがあります。
他に百姓が生活しやすかった藩はどうこでしょうか?
逆にここに生まれたら不幸というような厳しい藩がありましたか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>逆にここに生まれたら不幸というような厳しい藩
 南部藩は、江戸時代に138回の一揆が発生したそうです。(次点の久保田藩(秋田藩)は87回)

 原因は
  * 水稲北限地域外で無理に水稲生産を強制したため、連年凶作に見舞われ、代換品による食事を奨励したが、代換品すらも備蓄が無かったこと。
  * 寛政5年(1793年)の松前(蝦夷地)出兵が原因の財政負担増。
  * 目安箱の設置が、罪人を糾明する証拠集めのために用いられたこと。
  * 負債を次から次へと作る新税・重税で解消しようとしたこと。
  * 海産業を主とする三閉伊地方(三陸海岸沿岸部)に、水稲の基準で重課税。
  * 三閉伊地方の産業(海産、材木、製鉄)に御用金制度を用い、無理な課税を行ったこと。
  * 「軒別税」(人頭税)を実施したこと。
  * 藩札の大量発行によるインフレーション。
  * 幕府の手伝い普請(公共工事手伝い命令)による臨時課税。
  * 財政難から藩士の禄を長期にわたって借上したこと。
  * 戦国時代以来のライバルである弘前藩、仙台藩に対抗するために恒常的に高直しや官位の叙任工作を幕府有力者に働きかけていたための出費。

 島原藩は島原の乱を起してしまった過酷な藩政の責任を問われて、藩主の松倉勝家は、改易処分となり、後に斬首となった。
 (藩の藩主が切腹すら許されず斬首された事例は、この1件のみ)

 水戸藩は、御三家の中でも唯一江戸常勤を定められた為、膨大な支出がある上に徳川光圀(水戸黄門)の時より行われた水戸学(大日本史の編纂)の費用で、税は8公2民(4公6民~5公5民ぐらいが一般的)でした。

 御三家である為、一揆が多発してもお取り潰し等の責任をとらされる事も無いうえに、徴税の手違いで村民皆殺しを行った「生瀬一揆」も有ります…。
 後の天狗党の乱の時も、関係者の家族まで処刑し、大勢が変ると報復に相手の家族を皆殺しにするなど、血生臭い行為に走りやすい傾向が有るのかも知れません…。

 ちなみに徳川光圀は、若い頃に辻斬りを行ったり、舶来物の贅沢品を好み、自身の趣味でもある大日本史の編纂に関係する資料の献上を推奨(賄賂)し、水戸学は幕末の倒幕のイデオロギーにも成ります…。
 (水戸黄門漫遊記の悪役を1人で包括出来そうな方だったり…。)

>逆にここに生まれたら不幸というような厳しい藩
 南部藩は、江戸時代に138回の一揆が発生したそうです。(次点の久保田藩(秋田藩)は87回)

 原因は
  * 水稲北限地域外で無理に水稲生産を強制したため、連年凶作に見舞われ、代換品による食事を奨励したが、代換品すらも備蓄が無かったこと。
  * 寛政5年(1793年)の松前(蝦夷地)出兵が原因の財政負担増。
  * 目安箱の設置が、罪人を糾明する証拠集めのために用いられたこと。
  * 負債を次から次へと作る新税・重税で解消しようとしたこと。
  ...続きを読む

Q江戸時代について

江戸時代について質問したいことが幾つかあるので、質問させていただきます。

まず一つ目は、江戸時代は何世紀頃になるのでしょうか?

二つ目は、江戸時代の移動手段はなんだったのでしょうか?
馬車などはあったのでしょうか?

回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

こんばんわ。
お読みいただきありがとうございます。

>>江戸時代では、吉原がありますよね。
親に売られた娘たちは、どうやって吉原にたどり着くのでしょうか?
買い手と一緒に徒歩で吉原まで向かうのでしょうか?
それとも駕籠ですか?

まず、あなたの質問から先に述べますと、すべて「徒歩」で行きました。


次に、もう少し詳しくお話しましょう。

吉原の遊女になるケースは、次の3つです。

1.女衒(ぜげん=人買い)に売られて吉原へ。
2.付き合った男(または、所帯を持った男)にだまされて吉原へ売られる。
3.借金のカタに取られて吉原へ。


1.の場合:

♪花一文目・・・と言う歌がありますが、ご存じでしょうか? 
これは、貧しい農家などの娘が女衒に買い取られる値段のことを指しています。
一文・・・時代によってかなりの差がありますが、おおよそ10円位です。
良く、江戸時代の蕎麦が8文(100円位)、風呂屋が16文(200円位)と言いますが、それよりも安かったのです。
そんなに安くても、農家などでは「口減らし」の意味がありましたので、殺すよりはマシと考えて娘を売ったのでしょうねぇ。
女衒はムダな銭を使うことはせず、どんなに田舎からでも「徒歩」で江戸まで連れてきました。


2.の場合 と 3.の場合:

これは、そのままの通りです。

ところが、幕府では「人身売買」を禁止していました。
そこで、吉原に売られた女たちは、すべて親が承知の上での「奉公」と呼ばれ、
「売った」「買った」とは言わなかったのです。
1.の場合の親は女衒。
2.の場合の親は男。
3.の場合の親は借金をした本当の親。
でした。

そして、吉原の女たちは、幕府公認でしたので、すべて「遊女」と呼ばせました。

それに反するのが、私娼(ししょう=売女・ばいた)で、詳しく述べると長くなりますので、主なところを説明すると、
★江戸では・・・夜鷹(よたか)・・・夜になるとゴザを小脇に抱えて川端などで男の袖を引っ張って事をすませる。
★京都では・・・辻君(つじぎみ)・・何となく風情がありますね。
★大坂では・・・惣嫁(そうか)・・・何でも食らいつくからとか。

遊女のランクとしては、
「太夫」(たゆう・宝暦年間頃・1751~・からは「花魁」おいらん)、「格子」(こうし)、「散茶」(さんちゃ)、「うめ茶」、「五寸局」(ごすんつぼね)、「三寸局」、「なみ局」となります。

遊女は、例えば、着物を買ったりしましたが、郭(くるわ)から出たことがありませんので、世間相場というものを知らず、親方(妓楼の主人)は、呉服屋などと結託して、10両のものを15両などとだまして、ちゃっかりバックマージンを得ていました。
当然、一度では払えませんので、親方からまた借金をする。

さらには、蒲団や座布団、火鉢、煙草盆なども1日いくら、というように、全てが貸し出しだったのです。

まあ、それでも苦界20年と言い、20年間働いてくれれば、親方も許してくれましたが、実のところは、27~28歳になっていましたので、はっきり言えば「年増女はお払い箱」だったのです。

従って、遊女は25~26歳位になると、将来を一緒に過ごしてくれる男を必死になって、客の中から選びました。

もし、男が見つからない場合などは、見世に残って「やり手婆」(やりてばばあ)として、若い者の指導に当たりました。
というより、遊女が「足抜け」(逃亡)などをした場合などは、後ろ手に縛って鴨居にぶらさげ、竹刀で叩いたり、庭の大木に縛り付けて折檻をしたりの本当の「やり手ババア」だったのです。

さて、遊女も一緒になってくれる男が決まると、
男の方から親方に「○○を身請けしたい」と相談をさせ、親方も一応は、先に述べた「親」に了解を得て、男に残りの借金を払わせ、さらに、身請けの当日になると妓楼では、赤飯を炊き、豪勢な料理を用意します。しかし、これらの金はすべて身請けする男の負担でした。
すべてが男の負担で宴が終わると、大門(おおもん)の前に待たせておいた「駕籠」で男の家に向かいました。

ここで、初めて「駕籠」に乗ることができたのです。

お役にたったでしょうか。
まだ、解らないことがあれば、いつでもどうぞ・・・。

こんばんわ。
お読みいただきありがとうございます。

>>江戸時代では、吉原がありますよね。
親に売られた娘たちは、どうやって吉原にたどり着くのでしょうか?
買い手と一緒に徒歩で吉原まで向かうのでしょうか?
それとも駕籠ですか?

まず、あなたの質問から先に述べますと、すべて「徒歩」で行きました。


次に、もう少し詳しくお話しましょう。

吉原の遊女になるケースは、次の3つです。

1.女衒(ぜげん=人買い)に売られて吉原へ。
2.付き合った男(または、所帯を持った男)にだまされて吉原...続きを読む

Q江戸時代の日本地図・世界地図について

江戸時代の初期~中期ごろに描かれた日本地図、または、世界地図に描かれた日本を探しています。(日本列島の図ということ)
ご存知の方、教えてください!

Aベストアンサー

http://www.hir-net.com/link/map/oldmap.html
http://www.gsi.go.jp/MAP/KOTIZU/kotizu-0.html

古地図リンク集をどうぞ。

Q「江戸時代の旅」

江戸時代の旅について調べています。
江戸時代の旅が当時どのような役割を果たしたのか、
またそれがいまの社会にどのように変えていったのか
その江戸時代の旅が今に伝えるものは何かを
どなたか民俗学や歴史に詳しい方
なんでもよいので教えてください。(><)

Aベストアンサー

現代の旅でいうところの出張は、参勤交代や、近江商人、富山の薬売りなどにあたりましょう。
宿場の発達、街道の整備を促したでしょうし、江戸の街道は、その道筋をたどって、現代でも大動脈です。
近江商人の商法は、地場のものを売り、現地のものを仕入れて帰るというやり方は、現代の商社に充分通じるものがあります。
観光というと、信仰が結びついた、富士詣で、伊勢参りなどがあげられると思います。
詣でるために整備された道も残り道の名前にもその名残りがあったりします。
用件のための旅もあると思います。
宿屋の客寄せの努力などのエピソードは、けっこうおもしろいものも多いです。
まず、知識の取り入れの前に江戸時代にタイムスリップしたつもりで、自身が旅をしてみては、どうですか?
疑問点なども浮かび上がると思いますが。

Q江戸藩=徳川藩

徳川家康は江戸幕府を作りました。しかし、豊臣政権の時、摂津大坂藩と言う藩があったように家康も江戸の藩主だったんじゃあないですか?。もし、そうならどの名前ですか?。

1・武州江戸藩。

2・同徳川藩。

Aベストアンサー

秀頼の治める藩を摂津大坂藩と呼ぶならそれは後世でしょうねえ。
当時はそうは呼びません。

既に出ていますが○○藩という呼び方じたい正式なものではなく単に一般的な呼称です。
そういう意味では1で正しいですし、ある意味正解はありません。
ただ徳川藩という呼称は使わないでしょう。将軍家と御三家全部徳川藩になってまぎらわしいので。

藩主は国主クラスなら尾張侯、水戸候、薩摩侯、藩領は○○侯御所領、藩士は○○侯御家中
実際には国主クラスだと尾張中納言とか会津中将とか官職をつけて呼ぶ場合が多いようです。

私も今回疑問に思い軽く検索しましたがもっと小さな藩だと(越後)村上内藤侯、(長州)長府吉川侯などとどうやら地名と住所を重ねて呼ぶようですね。

Q【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩

【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩に同じ家紋の藩があるのはなぜですか?

しかも遠い地域の藩に同じ家紋がある理由を教えてください。

隣りの藩が同じ家紋はあり得るがなぜ遠い他の地に同じ家紋が点在しているのか。藩名も共通点がなく全然違う。

それと現在の各家庭には冠婚葬祭時に着る和服にそれぞれの家紋を持っている。

この現在の家紋は江戸時代の藩の家紋が引き継がれているのでしょうか?

今の家庭の家紋を見れば、江戸時代にどこの藩に仕えていたか分かる?

けど江戸時代の300藩の家紋に存在しない家紋を使っている家庭もある。

江戸時代に存在しなかった家紋が江戸時代以降に作られて自分の家族の家紋として使っているのも不思議です。

藩制はなくなり藩はないのに存在しない藩の家紋をわざわざ作って今も疑いなく使っている家庭は何者なのでしょう?

Aベストアンサー

まず江戸時代300藩とは言いますが、分家や一族も別々に数えて300藩ですから、同じ家紋を持つ藩が有っても当然です。
また、功績を立てた部下には主君から何かしらの家紋を下賜された武将もあり、また他家と差別化を図るために家紋をゴージャスにするなど色々とあったようです。

江戸時代では士農工商の身分制度で、武士以外は苗字を名乗るのは公式には禁じられていましたが、
家紋は特に規制されていなかったようですね。遊女・芸人でも使用したと言いますね。
もちろん葵の御紋は禁止だと思いますが…。

Q江戸時代の藩の権限と通行手形について

江戸時代の時代劇の中で藩と幕府は現在で言えばどんな体制なのでしょうか、たとえばアメリカの連邦制や日本の現在の都道府県と政府の関係なのでしょうか。また、藩と藩をまたぐのに手形を見せろという場面があり手形とは何でしょうか、またなぜ通行手形が必要なのでしょうか、
また手形はどこで売っているのでしょうか。時代劇をみて歴史の勉強をしたいと思いますのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

藩と幕府の関係は、上下関係のようなものでいえば、現在の日本の中央と、地方に近いと思いますし、税率の違いや、独自の法律があるところは、アメリカと似ています。
手形は、現在で言うところのパスポートです。
「入り鉄砲、出女」を警戒するために生まれたものです。
武士は、藩庁に、農民は、村役人、菩提寺に、町人は、町役人、菩提寺に発行を依頼しました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング