クルマのスターターって、なぜ「キーを捻ってエンジンをかける」のが主流に、
なっているのでしょうか?

(昔のクルマや競技用車両、そして2輪車は、ボタンを押してスタートさせるのが、多いのに比べて。)

ご存知の方、説明よろしくです//

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

必然性の問題でしょう。

キースイッチで主電源をオンにして、その後キーから手を離し改めてスタートボタンを押すと言う動作は、一般的な自動車の使用にあたっては決して合理的とはいいかねます。二輪車の場合のボタンを押すと言う動作は、ハンドルを両手で持った状態(二輪車の乗車姿勢としてはきわめて自然な状態)でエンジンを始動できるため、始動後の発進操作が円滑に行えると言う利点があります。また、昔のレースカーなどではイグニッションをオンにした後で、ティクラーやフューエルプライマーなどと呼ばれる装置で、始動用に特別に濃い混合気をエンジンに供給する必要があったためではないでしょうか?現在の競技用車両にもその名残が残っているのではないでしょうか?ちなみに、国産のトラックでキーをひねってオンにした後、キーシリンダーについたノブを引いてスタートするものや、もっと古いものではキーをオンにした後、スターターペダル(このペダルを踏むことでスターターのピニオンギヤとリングギアがかみ合う)を踏んで始動するものもありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明ありがとうございました。

さらに詳しい内容まで、書いていただいて「ティクラー」「フューエルプライマー」「スターターペダル」など知らなかった装置も知ることができました!

お礼日時:2001/01/31 03:14

バイクなどの場合は場所的な利便性があると思います。

また競技用の車両などに関してもエンスト時にすぐにスタータを動かせる位置にあるようです。

それ以外の車に関してはコストダウンやそれほど何度もエンストするものではないというところからちょっと手を伸ばさなければならないところに着いているのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます//

お礼日時:2001/01/31 03:25

 ん~現在では、全くのコストダウンの為だけ、ですね。


 ハンドルロックと一体となったキーシリンダーは、量産効果が進み大変低コストで信頼性が高く、敢えてほかのシステムを採用する理由が無い、といえます。
 
 過去に於いては勿論セルボタンとゆぅモノが存在しましたが、キー1本で全ての制御が出来る(ハンドルロックの解除、電気回路の接続、スタータ作動)現在のキーシリンダが登場し、急速に普及が進みました。

 逆に、今日に於いてわざわざスタータボタンを設ける事の方が、新たな部品開発の為のコストアップや、ミミっちぃ話をすると重量増加にもつながってしまいます。もしレーシングカーのレギュレーションでカギを付けなければならなくなったら、恐らく量産車と同じ様なシステムとなるはずです。

 高性能なスポーツカーでセルボタンを採用している事例がありますが、ずっとセルボタンがついていてその方が当たり前であるポルシェ等を除き、今日敢えてセルボタンを採用するのは、見栄以外の理由は無いでしょう。(その点では、スポーツカーとゆぅある種ストイックなコンセプトに反した装備と言えなくもありません)

 尚、バイクでセルボタンがあるのは、セルを回しながらアクセルをちょっとアオって始動する場合、セルボタンがハンドルに無いとアクセルの操作が出来ないからです(ここにキーシリンダを付けるには、現行のキーシリンダは巨大過ぎますね)。
 バイクもインジェクションが普及し、エンジン始動時にアクセルを開けてはいけなくなると、或いはスタータはどこか遠くへ持っていかれてしまうのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最後の5行、なるほど納得です!!ありがとうございました。

ところで、
>ずっとセルボタンがついていてその方が当たり前であるポルシェ等を除き

とありますが、ここ最近(~20年前ぐらい)のポルシェ車って独立したスターターボタン付いてましたっけ??(市販の911、924、944、968
928等の各ノーマル系のことですが)

お礼日時:2001/01/31 03:23

何々のなごりとか、そうした方が操作しやすいとか、盗難対策とか、いろいろな御意見があるでしょうし、いろいろな事が考えられますけど、単純に考えて、コストダウンの為って気がしますね。

ここ最近の小型車のセンターメーターのようになんのかんの理由をつけてもコストダウンの為だったりねえ。

それからするとS2000や一部のスーパーカーが関係無いって話も頷けますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2回目の回答ありがとうございます。

確かにコストダウンは重要ですから、大いに関係有りそうですね。

お礼日時:2001/01/31 03:16

恐らく盗難対策が主たる目的かと思いますが・・・。


WGPに出てくる2ストマシンは押しがけが基本なのでスタータースイッチもついてなかったと思います。スーパーバイクはついているようですね。
フォーミュラカーは外部からスターターを差し込んでエンジン始動させていますね。ハコ車はスターターボタンが付いているものがほとんどですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

”盗難対策”なるほどです。それは簡単なことなのに思いつかなかったです。
・・・でもそれなら2輪車なんて、なおさらな気もしますが?
それと「キー捻るだけ」のと、「キー捻り+ボタンタイプ」とでは、
盗難しにくさに差がありますでしょうか?

さらなら回答をお待ちしてます/

お礼日時:2001/01/29 23:59

押してスタートですと、あぁ~疲れた一眠りするかぁってな時についつい、スタートボタンを押してしまう可能性ってあるような気がしませんか?



競技用車両や2輪車で寝る人いませんしねえ。
寝るだけでなく、くしゃみしたりしてつい押してしまうってのもあるでしょうね。
安全性を考えてのことでしょう。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。

ちなみに押しボタン式といっても、バイクや競技車両などもそうですが、
まずキーを捻り、”ON”にしてから、スターターを押すので、回答いただいた
ような間違いは稀だと思います。

最近の市販車でもホンダのS2000や一部スーパーカーなどでは、このタイプ
がありますが・・。

補足日時:2001/01/29 23:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亀甲牡丹ヒントニーの育て方

1年前くらいに、亀甲牡丹ヒントニー(実生?)の小さい鉢植えを買いました。
お店の人が、肥料などはいらないから水だけ2週間に1回くらいでコップ1杯くらいあげて、と言っていたので、そうしていたのですが、最近になって、葉っぱ?が茶色になってきています(枯れてる?)
夏ぐらいまでは綺麗な緑色だったのですが。
室内の日はあんまりあたらないところに置いてます。
サボテンを育ててるのは初めてで、どうしたらよいのか全く分からないです。

水やりの頻度や量をこうしたらいいとか、肥料はいらないのか、とかアドバイスがあったら教えてください。
今は、まだ直径4センチ、高さ2センチくらいの大きさです。
鉢が買ったときの小さいもの(直径8センチ、高さ10cmくらい)なのですが、植え替えたほうがいいのでしょうか。
また、日なたに置くのと日陰におくのとどちらがいいのでしょうか。

参考になるのかわかりませんが、今朝とった写真をつけました。

Aベストアンサー

誠に残念ですが、画像を見る限り九分九厘枯れています。
一分の望みはあるかも知れませんが、このような状態になってからでは
助けようがありません。元の緑色に戻すのは不可能です。
今後に新たに購入されるかも知れませんので、亀甲牡丹ヒントニーが何
であるかと言うより、サボテンがどんな植物であるのかを説明したいと
思います。これを読めばサボテンと言う植物が分かり、販売店の方が言
われた事が間違いだった事が分かります。

サボテンと言う植物は暑さや乾燥に非常に強く、多湿や寒さには非常に
弱い植物が多いです。一部には寒さにも強い種類もありますが、そのよ
うな種類は世界中に数種類しかありません。
暑さに強いと言うのは、自生地が亜熱帯や砂漠等で自生する物が多いと
言う訳で、長期間も雨が降らないメキシコ等が有名です。
体に水分を蓄えられる機能を持っているため、水遣りを怠っても直ぐに
は枯れる事がありません。蓄えた水分を少しづつ使用し、雨が降るまで
生き延びようとします。蓄えた水にも限りがあるので、全て使い切って
しまうと当然ですが枯れてしまいます。逆に普通の草花のように毎日の
ように水遣りをすると、蓄えられる水分分量を超えますから、根腐れを
起こして腐敗して枯れてしまいます。

どんな植物や樹木でも共通しますが、植替え時期は必ず決められていま
す。何時でも植替えが出来るとは考えないで下さい。決められた時期に
植替えを行うようにし、状態が悪くなってからでは手遅れになります。
亀甲牡丹は通常のサボテンと同じですから、植替えは5~9月の間だけ
で行います。僕の長年の経験からすると、出来るなら梅雨時期と猛暑の
時期を除いた時期が良く、梅雨入り前までに植替えを済ませた方が良く
なります。古い土は全て捨て、新しい土を使用して植替えます。
土は市販のサボテンと多肉植物の土を使用し、何も混ぜないで購入時の
ままで使用しますが、保水性が高い種類が多いので園芸用の川砂を2割
程混ぜても構いません。

肥料は植替え時に緩効性化成肥料(マグァンプK等)を混ぜて使用し、
次回の植替えまで一切与えません。置き肥で与える時は5~9月の間に
2ヶ月に1回で少量与えます。

置き場所は年間を通して日当たりの良い場所に置き、真夏だけは光線に
より本体が焼けて茶色く変色する事があるので、真夏だけは直射日光が
当たらない場所で弱い光線に当てます。冬場は外気温が5℃近くになっ
たら早めに室内に入れ、光線が十分に当たる窓辺で管理をします。
それ以外の時期は全て屋外で管理をします。猫可愛がりをすると外気温
が7℃以上は無いと越冬が出来ないので、寒さに多少でも強くさせるに
は冬以外は屋外で光線に当てるようにします。
植替え期間は鉢の大きさで決めます。7号鉢を基準とし、それ以下なら
年毎に植替えをし、それ以上なら2年毎に植替えをします。

水遣りは4~10月は鉢土が完全に乾いてから、更に1週間経ってから
鉢底から十分に水が流れ出るまで与えます。この時にコップ半分や1杯
等と量を決めたり、2週間と言うような期間を定めるのは絶対に避ける
ようにします。与える時は鉢底から水が流れ出るまで与えるのが原則で
す。店員さんの言われた方法は、機械的水遣りと言い絶対に行っては駄
目な方法です。店員さんはサボテンの事を全く知らない人のようです。
冬場は休眠するので、1ヶ月に1~3回で与えます。出来るだけ乾かし
気味にした方が寒さに強くなるので、出来るだけ水遣りは控えます。

暖房がガンガン効いた部屋ではサボテンの本体が乾燥するので、場合に
よっては干からびてしまいます。暖房器具の放射熱が直に当たらないよ
うにし、湿度不足の時は霧吹きでサボテンの表面に水を噴霧し、乾燥か
ら守る工夫が必要です。冬場でも掃除で窓を開ける事があるはずですが
窓を開けても冷気に長時間も当てないようにします。サボテンでも風邪
を引く事を覚えて下さい。

画像を見ると鉢の大きさが大き過ぎます。画像のような深鉢が好ましい
のですが、大きな鉢に小さなサボテンが置いてあるような感じを受けま
す。実際にはサボテンと鉢の間が、人挿し指が1本入る程度が適してい
ます。現在の鉢では生育のためには好ましいとは言えません。

日向と日陰ですが、基本的には日向です。植替え直後や状態が悪い時は
明るい日陰に置くのが好ましいですが、基本的には年間を通して日向に
置くようにします。また日向であれば良いと言う事はなく、風通しが悪
いと病害虫の発生が多くなったり、土が乾きにくくなるため腐敗しやす
くなります。年間を通して風通しを良くする事は必ず必要です。

サボテンと多肉植物に関しては栽培経験が長いので、ある程度の事なら
回答が出来ます。他に質問があれば締め切らずに補足質問をして貰えれ
ば、分かる範囲で答えようと思います。

誠に残念ですが、画像を見る限り九分九厘枯れています。
一分の望みはあるかも知れませんが、このような状態になってからでは
助けようがありません。元の緑色に戻すのは不可能です。
今後に新たに購入されるかも知れませんので、亀甲牡丹ヒントニーが何
であるかと言うより、サボテンがどんな植物であるのかを説明したいと
思います。これを読めばサボテンと言う植物が分かり、販売店の方が言
われた事が間違いだった事が分かります。

サボテンと言う植物は暑さや乾燥に非常に強く、多湿や寒さには非常に
弱い植...続きを読む

Q後ろのクルマにぶつけられたら100%クルマが悪いのでは

クロスバイクに乗って車道を走っていたら左端に違法駐車しているクルマがいたので
避けて走っている時に後ろから来たクルマが無理無理こちらを追い越して、その時の間隔が数センチで
大変危険な思いをしたのですが、もし接触されたら100%接触したクルマ側が悪くなるのですよね。

クルマ側にはこういう時は速度を落として注意するか大きく間隔を空けて自転車を避けて通行する義務があります。
それをしなかったクルマ側が悪いに決まってますよね。

それから、違法駐車しているクルマがいなければこんなことにはなりませんでした。
事故になったら違法駐車していたクルマにも責任が有るのではないでしょうか。

それから、最初から自分が歩道を走っていればこんな危険な思いをすることはありませんでした。
自転車は車道を走れなんて言う奴は無視して歩道を走ったほうが安全で良いのではないでしょうか。
迂闊に車道を走ってて怪我をさせられてはたまりませんよね。

Aベストアンサー

後ろのクルマは前方不注意の追突になるので100パーセント悪いですよ。
しかし、ぶつけられて怪我をしたのではたまりませんので
歩道を走りましょう。

Q多肉植物の育て方

最近、多肉植物に興味を持って、いくつか苗を購入しました。
虹の玉、レズリー、月兎耳、白牡丹、熊童子を買ったのですが、育て方でよくわからないことがあるので教えてください。

まず、置き場所なんですが、本当は室内に置きたいんですが、日光がたくさん必要だと書いてあったので、朝から夕方までは南側の庭に出して、夕方になったら部屋に戻したいと思っているのですが、毎日植物を動かすのはよくないでしょうか?小さな鉢に入れているので、出し入れは問題ないのですが、植物は今いる場所に適応しようとするから、あまり動かすのはよくないと聞いて困っています。

外で育てるのが一番だとは思いますが、どうしても部屋に飾りたいので、日が沈んだ後だけでも室内に置きたいのですが、そういう育て方をしている方はいらっしゃるでしょうか?

あと、植え込み後のお水は、植え込み後すぐにあげたほうがいいのでしょうか?調べてみたところ、少しあげたほうがいいという意見と、植え込み時は乾いた状態で、1週間後くらいにあげたほうがいいという意見があり、どっちにすればいいのかわかりません。今日植え込みをして、念のためまだお水はあげてない乾いた状態にしています。多肉植物は初めてなので、いろいろ戸惑っていますが、長くきれいに育てたいので、詳しい方、育てているかたのアドバイスをお願いします。


長文、読んでいただいてありがとうございました。

最近、多肉植物に興味を持って、いくつか苗を購入しました。
虹の玉、レズリー、月兎耳、白牡丹、熊童子を買ったのですが、育て方でよくわからないことがあるので教えてください。

まず、置き場所なんですが、本当は室内に置きたいんですが、日光がたくさん必要だと書いてあったので、朝から夕方までは南側の庭に出して、夕方になったら部屋に戻したいと思っているのですが、毎日植物を動かすのはよくないでしょうか?小さな鉢に入れているので、出し入れは問題ないのですが、植物は今いる場所に適応しようとする...続きを読む

Aベストアンサー

日暮れ後、室内に取り込むのは悪くないですよ。
多肉植物は結露すると葉が腐ってくるので、寒い時期は室内に取り込む方が無難ですし。

ちなみに私はカフェカーテンをつけた出窓(室内側)に置いています。カーテンの下側から直射日光を浴びて元気に育ってます。結露する頃には夕方少し室内側に移動させるだけなので楽させてもらってます。

あと購入は苗の形なんですよね。苗の形になっているものは土が乾いていれば水あげて大丈夫です。
挿し芽をして増やす時はすぐ水をあげると腐ってしまう場合があるので、しばらく水をあげない方が良いですよ。

多肉植物は多少育てるのに失敗しても挿し芽で何回も復活してくれるし、姿が乱れたら仕立て直しも簡単なので安心して育てて下さい。ずぼらな私でも何年も育てられているので大丈夫です。

Qクルマに全くのド素人です。ワイパーブレードの一部が剥がれてしまいました。今のクルマに乗り始めて6

クルマに全くのド素人です。
ワイパーブレードの一部が剥がれてしまいました。
今のクルマに乗り始めて6年ですが、一度もワイパーブレードを交換していません。
一見したところ金属部分は損傷していません。
ブレード交換に自信がありません。
カー用品店やGSで頼めば交換して貰えるでしょうか?
また、費用はどの位かかるでしょうか。
クルマに詳しい方アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

GSや自動車屋さんなどは扱いがある店とやっていない店があるので、カーショップがお勧めです。
枠の部分が錆びている、とか、形状が冬用のワイパー(そういうのがあります)
にしたい、とかならそっくり交換ですが、そうでなければゴムのみ交換です。

消耗品なので簡単に交換できるようになっています。
カーショップではゴムの購入代と別途交換料で交換してくれます。

ゴムはいろんな種類がありますから、たいていは売り場に車の適合表が置いてありますので、それを見て選ぶか、店の人に車種を言うか、車を見てもらって選んでもらいます。
車が不明なので何とも言えませんが、国産車の普通のタイプでだいたい1本¥1000くらいからあります。
高価なものもありますが違いは不明です、たぶん、高性能なのだと思いますので予算がゆるせば購入します。

交換料は1本¥300くらいだと思います(店によると思います)
自分で選ぶ場合、左右で長さが違ったりしますので表をよく見て選びましょう。

どうせなので、左右両方交換がお勧めです。
新品はおどろくほどキレイにふき取ります。

Qサイネリアの育て方

こんにちは。サイネリアを育てるのですが、サイネリアの育て方がわかりません。育て方や育てるコツを教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

サイネリア(シネラリア)の育て方については下記サイトに詳しく載っていますのでご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/shi_00011g.htm

Q車検証の車両重量と車両総重量の意味

借りようとしてる機械式駐車の重量制限が2000kgなのですが、
私の車の車検証を見ると、車両重量1910kg、車両総重量2350kgと
なっています。
この2つの違いをお教え下さい。
私の車はこの機械式駐車に駐車できるのでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=55160
に詳しく載っています。
参考にしてください。

Qトリカブトの育て方

山登りに行った時に、トリカブトを見ました。
とても美しく綺麗だったので、育ててみたくなり
トリカブトの種子を購入しました。

購入したのはいいのですが、肝心な育て方がわかりません。
ネットで検索したり、お花に詳しいお友達に聞いたりしても
種子からの育て方がわからないのです。

トリカブト自体を育てるのは始めてなので
詳しい育て方が知りたいと思っています。

トリカブトの育て方に詳しい方がおりましたら
よろしくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

育てたことはありませんが手元にある「山野草の育て方&楽しみ方事典」によれば、
・種まきは2月から3月初旬、半日陰で
・用土は赤玉土4に軽石4、腐葉土2を混ぜる
・鉢は中鉢の4-6号
・水やりは芽出しの頃は多めに
・水を好むので夏は腰水で育てる
・置き場所は芽出しから休眠までは木漏れ陽が当たる半日陰
・増殖は活発で3月中旬から4月中旬に塊根を分けて殖やす
・肥料は3月中旬から4月中旬に有機性の固形肥料を与える
・根は猛毒なので手袋をはめ、作業後すぐに手を洗う
・1-2年ごとに植え替える
・露地栽培するなら半日陰で、身近への植栽は避ける
・12月下旬から2月までは休眠する
・休眠期にも土が乾いていたら水は忘れずに与える

育て方はやさしいそうです。

Q車両入れ替えと、新規加入(車両保険を新たにつける)では保険料はどのくらい違いますか?

車を買うことになったのですが、納車から一月後が任意保険の更新時期に当たるので、迷っています。どうぞご助言下さい。
買おうとしているのはトヨタ イストF、1300ccです。前のもそのくらいの物です。

今までは廃車寸前の古い車だったので車両保険をつけていなかったのですが、今度は新車なのでつけるつもりです。
それで、今入っている保険で車両入れ替えにして車両保険をつけてもらう(一か月だけつけるのができるかどうかもわかりません)か、保険を解約(できるんでしょうか? 残り一か月で)して新たに入り直すのがいいのか、ということです。

と言いますのも、今は安い保険会社もあるので代えようかと思っているのです。ネットで見積もりを出してもらったところ、新規で9万5千円ぐらいでした。今の保険会社ではもう少し高そうです。
更新までの一月をどうするのが経済的か、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険料については、詳細が不明のため回答はできません。

一般論ですが・・・
自動車保険にはノンフリート等級といって保険料の割増引きを決定する数字があります。数字が上がる(大きくなる)ほど保険料は安くなりますが、この等級は12ヶ月間無事故でないと上がりません.(進行しません)
現行契約が1年契約とした場合、満期1ヶ月前に解約すると、11ヶ月しか経過していないので、同時に締結する新規契約はその等級と同じで、しかもその時点から12ヶ月と数えるのが一般的です。
保険期間の途中でも条件を変えることができるので、まず現契約において「車両入替」「車両保険追加」とし、満期を待って保険会社を替わるほうがいいかと思われます。

くどいようですが、あくまでも一般論です。

Qプレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始め

プレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始めています。この植物の育て方と名前をご存知の方、助言ください。

Aベストアンサー

サンスベリアの仲間だと思います。結論から言うと枯れる心配はないと思います。

枯れ落ちた葉は葉っぱの新陳代謝で落ちただけで、言うならば葉の寿命を全うしただけです。観葉植物は大きく成長するために古い葉を落として新しい葉を生やします。最近暖かくなってきたので、新しい葉を生やすために古い葉を落とし始めたのだと思いますよ。
写真に写ってる他の葉は元気に見えますので、木の本体はまだまだ元気だと思われます。

育て方ですが、原産地が乾燥地帯なので乾燥に強い種です。寒い時期は水を全くやらなくても良いくらいです。これからの時期は、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやり、土が乾くまでは何日も放置でOKです。枯らしてしまう最も多いパターンは水のやり過ぎによる根腐れですので、毎日水をやる必要は全然ありません。窓際に置かれてるようですので日当たりは十分だと思います。

サンスベリアの育て方:
http://sodatekata.net/flowers/page/150.html

Q鉄道やバス・タクシーの交通機関の車両、自動車に使われる車両関連の用語について

鉄道車両・自動車に使われる用語に疑問点があります。(「ライフ」のカテゴリーで誰も回答してくれませんでしたので、もう一度質問します)

鉄道車両やバス・タクシーの公共交通機関の車両が新たに登場するときや製造および生産開始するときは「営業運転開始、取扱開始」としますよね。しかし、自動車(特殊車両を除く)では新たに登場し、製造および製造開始するときは「発売開始」または単に『発売、販売する』とします。

矛盾している言葉遣いがまだまだあります:内部を表す語には「車内」ではなく「室内」を用いられ、製造年次や時期を「何年製」としないで「何年式」とし、外観や車内のデザインを「内外装」、設備を「装備」と食い違う点がいくつかあります。

一部ではカタログやパンフレット・資料等でも「車内が広い」ならぬ「室内広々!」とくだけた表現もあります。
特に「装備を装備している」などは言葉の繰り返しで誤用です。

「室内」の語を用いると建物 建築物の内部を表してしまうことになります。

鉄道車両やバス・タクシーの公共交通機関に使われる車両では内部を表す語の「車内」を言い換えて室内にし「室内放送、室内サービス、室内販売、室内のご案内」、製造時期を言い換えて「何年式の気動車、何年式に製造されたバス車両」とは一切表現しませんね。

ここで「売」と言う文字が頻繁に出てきますが、自動車は商品の一であり売り物ですね。
一般の自動車は、ディーラー販売店や中古車や取扱業者から購入します。

時には言葉遣いが進行すると、社用車・公用車向けの高級車両(トヨタセンチュリー・日産プレジデントなど)、商用車のライトバン・トラック、救急車、パトロールカー・タクシーとハイヤー向けなどの特殊車両でも単に「発売」としているのを見られます。

一般ユーザーの乗用車ならわかりますが、こんな時は「取扱開始、製造開始」と改まった表現を使うのが好ましいです。


同じ荷物や客を輸送する『車両』なのに個々の言葉遣いが食い違うのか、納得できません…
どうか回答してください。

鉄道車両・自動車に使われる用語に疑問点があります。(「ライフ」のカテゴリーで誰も回答してくれませんでしたので、もう一度質問します)

鉄道車両やバス・タクシーの公共交通機関の車両が新たに登場するときや製造および生産開始するときは「営業運転開始、取扱開始」としますよね。しかし、自動車(特殊車両を除く)では新たに登場し、製造および製造開始するときは「発売開始」または単に『発売、販売する』とします。

矛盾している言葉遣いがまだまだあります:内部を表す語には「車内」ではなく「室...続きを読む

Aベストアンサー

日本語は暗黙のうちに「誰の所有物であるか」を判断して用語を決めて
いる面があります。鉄道車両やバス・タクシーなどは営業車両であって
乗客の所有物ではなく、その「モノ」を使うためには、その「モノ」を
所有している企業なり団体が、使えるように公開する必要があります。

営業開始、取扱開始、などの言葉は「所有している企業なり団体が、
一般向けに使えるようにした」という意味になります。

一方自家用車は、使えるようになる=所有権が譲渡された、ですよね。
販売とは対価を得て所有権を譲渡することですから、所有権を譲渡する
方は「発売」という用語を使います。

当然、「発売」の方は生産した時点と販売した時点が異なりますので、
生産した時点を以って「何年式」と言います。一方営業用車両が営業に
供される場合、生産した時点は一般乗客に関係ありませんので「何年式」
という言葉はなく、営業開始の「年度」で表わすのです(その企業内
では、何年製造、という言葉を使うことがありますけど)。

ちなみに自動車の販売店が「取扱開始」の言葉を使う場合がありますが、
これは今まで、他の販売店は入手可能だったり、既に一般に告知されて
入手可能になることが決まっている用品・物品が、その販売店で入手
可能になった場合に使います。言えば「モノ」が使えるようになった
ことと同じことですから、「発売」と同じ意味で使って矛盾しないのです。

ということで、

>一般ユーザーの乗用車ならわかりますが、こんな時は「取扱開始、
>製造開始」と改まった表現を使うのが好ましいです。

これは日本語の一般的な発想からは出てこない表現ですよ。

日本語は暗黙のうちに「誰の所有物であるか」を判断して用語を決めて
いる面があります。鉄道車両やバス・タクシーなどは営業車両であって
乗客の所有物ではなく、その「モノ」を使うためには、その「モノ」を
所有している企業なり団体が、使えるように公開する必要があります。

営業開始、取扱開始、などの言葉は「所有している企業なり団体が、
一般向けに使えるようにした」という意味になります。

一方自家用車は、使えるようになる=所有権が譲渡された、ですよね。
販売とは対価を得て所有権を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報