私は漫画はよく読むのですが、小説はあまり読みません。読みたいとは思っているのですが、数が膨大すぎて、何から手を付けていいのかわからないのです。
友達から紹介してもらったものを読みますが、いまいち、おもしろい!というものが見当たりません。

そこで、私は漫画だったら「ジョジョの奇妙な冒険」「MONSTER」「20世紀少年」「寄生獣」「ドラゴンボール」「変」「π(パイ)」等が好きなのですが、
この好きな漫画をヒントに、この漫画が好きならこの小説好きなんじゃない?みたいなものを教えていただきたいのです。

紹介していただいたものを、しっかり読みたいと思いますので、お一人1~3点くらいで、これは押さえておきたい!というものを教えていただきたいです。できれば、見所なども教えていただけるとありがたいです。

ちなみに、今まで読んだ中で私の好きな作家は、町田康、中島らもです。
中島らもは「今夜すべてのバーで」が大好きです。

よろしくお願い致します!

A 回答 (8件)

JOJOの読者です。



私の一番好きな小説は、小松左京「復活の日」というSFです。名作といってよいでしょう。人類が、細菌兵器の漏洩で絶滅してしまい、南極に生き残った人々が必死で、人類の存続と将来の温帯復帰を目指して格闘するという物語。見どころは、たくさんあって、どこを上げていいのやら。やはり、ただの悪質なインフルエンザだと思われていた病気が、実は細菌兵器の漏洩が原因であり、その裏には、とんでもない仕掛けが隠されていたことが分かるシーンでしょう。マッドエンジニアみたいな人が、この仕かけについて、うれしそうにべらべら長ったるしくしゃべるのです。普通なら、読んでいて退屈になるであろう、べらべらの説明を緊迫したシーンにするために、周囲の人々の冷たい反応や、内面心理を挿入することにより、退屈を感じさせず、状況描写に深みを与えるというテクニックをとっています。
ただ、決して読みやすい小説ではありません。活字文化に慣れていない人には、かなり苦痛の部類に入ると思います。内容は驚くほど濃いし、科学的にも相当、難しいことを言っているし(解説は文中にあります)、小松左京は科学だけでなく、政治や哲学にも詳しいんだな、ということが分かります。質問者の方の年齢にも寄りますが、高校生以上ならチャレンジする価値があります。

もっと軽いものがよければ、大原まり子「スバル星人」が名作です。短くて、濃くて、感動できる小説。ちょっと女性的な感覚を持っている人の方が楽しめますが(何回、外食の話が出てくるんじゃい)、男が読んでも十分楽しいです。見所は、後半に多いので、しゃべるとネタバレになってしまいます。が、一言で無理にまとめれば、明るい日常の裏に潜む残酷な現実、それを受け止める主人公の心(ラストシーン)が感動ものです。

引用:
内容(「BOOK」データベースより)
少女マンガ家の箱崎美夜子(ミャコ)は、待ち合わせに遅れそうになって世田谷区の狭い道をひた走っていた。かの『不思議の国のアリス』の懐中時計を持ったウサギのように。そして運命の人、スバル星人に出会う。「あたしときどき感じるんだ…人間てみんな、つながってるのよ…人生なんて伏線だらけよ」。スバル星人がこの世界に来た目的とは?そしてミャコとの関係は?世界の構造を解き明かす、ファンタジーの宝物。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく丁寧に解説いただき、ありがとうございます!!
とても興味がわきましたので、「復活の日」から読んでみます!
ありがとうございました(^^)

お礼日時:2007/10/06 20:24

マンガと小説はつながらないと思いますけど・・・


モンスターとドラゴンボールはもってます。寄生獣とジョジョは友達に借りて読んだ事があります。
東野圭吾さんと宮部みゆきさんは何冊も読んでますね。有名なんで読んだ事あるかもしれません。

東野さんだと白夜行,さまよう刃,容疑者Xの献身。
宮部さんだと理由,模倣犯とか。
僕は,東野さんが小説を読むきっかけですね。マンガは全然買わなくなりました。
    • good
    • 0

少し回答からズレてしまいますが・・・。



中島らもさんがお好きであれば「中島らもが好んだ本」などを、らも氏の文章から探されてはいかがですか?(サキなんかいいですよ)

そして、今度は町田康さんの好んだ本を・・。(私は猫好きなので、このお二人に勝手な親近感もってます♪)

私は、けっこうこの方法で自分の好きな作家の傾向やなんかがわかって楽しんでいます。中島らもさんの文庫解説を書いている中で好感を持った作家を読んだり、反対に嫌いな作家を見つけたりもしました。芋ズル式で楽しいですよ。「へえ、らもさんは(町田さんは)こんな作家が好きなのか」と思うと2倍楽しめます。
お試しくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
説明不足でしたが、回答していただいたことはすでにやっていて、その上で特に面白いと思う人、小説を挙げたのです・・。
失礼しました。

お礼日時:2007/10/06 20:38

銀河英雄伝説


三国志
ロードス島戦記

なんかいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「銀河英雄伝説」「三国志」は漫画でも勧められたことがあります。
漫画は読むつもりをしていたので、小説もチェックしてみたいと思います!

お礼日時:2007/10/06 20:36

SFは食わず嫌いの人が多いですが、hanami873さんはいかがでしょうか?


漫画リストを見る限りSFがいいかなと思うのですが。

神林長平さんの「敵は海賊」シリーズが取っ掛かりにいいかと思います。
まずは一作目の「敵は海賊・海賊版」から。
http://www.bk1.jp/product/00266635
海賊課刑事と宇宙海賊の話ですが、海賊課の3人組や伝説の海賊などキャラクターがとてもいいです。
コミカルなので読みやすいと思いますが、ドタバタコメディではなく世界観やストーリー展開もしっかりしています。

「敵は海賊」がお気に召したら「戦闘妖精・雪風」「膚の下」なども読んでみて下さい。
http://www.bk1.jp/product/02157863
http://www.bk1.jp/product/02761282
こちらは結構ハードな話ですが、「MONSTER」や「寄生獣」がお好きならむしろこちらの方がいいかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
SFは、漫画だと読みますが、小説はなかったんです。
小説だと、笑いがあって感動があって・・・みたいなものや、大江健三郎のような純文学のものを読んでました。
漫画リストはかなりSFに寄ってますね(^^;)

「敵は海賊」すごく興味がわきました!
ぜひ読ませていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/06 20:34

取りあえずは集英社のJ-BOOKSから漫画のノベライズ


「ジョジョの奇妙な冒険」
「ジョジョの奇妙な冒険 2 ゴールデンハート/ゴールデンリング」
「MIND ASSASSIN」
http://j-books.shueisha.co.jp/
アンソニー・ホロヴィッツ「ストームブレイカー」現3巻
スパイものですが、イラストは荒木飛呂彦氏です。
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_p …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと求めていた回答とは違う感じなのですが、
気になっていた本でもあります!
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/06 20:27

江戸時代を舞台に、法で裁けぬ悪を妖怪の仕業に見せかけて始末する仕事人達の物語です。


京極夏彦 (著)
『巷説百物語』?http://www.amazon.co.jp/dp/4043620020?
『続巷説百物語』?http://www.amazon.co.jp/dp/4043620039?
『後巷説百物語』?http://www.amazon.co.jp/dp/4043620047?
『前巷説百物語』?http://www.amazon.co.jp/dp/4048737694?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
京極夏彦、気になってましたが読んだことありませんでした!
ぜひ、紹介していただいたものから読んでみます!

お礼日時:2007/10/06 20:20

ハリーポッターです。



映画を見た後でも、見る前でもかなり面白いのは請け合いです。
意外に私もはまりました。

赤川次郎とかも読みやすく良い作品ばかりですよ。

ちなみに私は質問者様の上げている漫画はすべて熟知しております。w
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます。
ハリーポッターは最初の方の映画は見たことあるのですが、どうもダニエル君が苦手で・・
最初は良かったのですが成長っぷりがちょっとイメージと合わず・・・そこまで好きになれなかったのですが、
たしかにハリーポッターはおもしろいとききますね。
私も読んでみようかなとおもいます!
赤川次郎も何か面白そうだと思うもの探して読んでみますね。

>ちなみに私は質問者様の上げている漫画はすべて熟知しております。w
うわぁっ嬉しい・・。最後の方に挙げてる2点はあんまりいないかなぁと思っていました・・。

お礼日時:2007/10/06 20:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q「さくらももこ」「たかぎなおこ」のような癒し和み文章を読みたい。

「さくらももこ」「たかぎなおこ」みたいな癒し系の和む絵や文章を書く人の本を探しています。
だれかご存知ありませんか?

Aベストアンサー

 こんにちは。大田垣晴子さんの本はいかがですか?「こんな生活」とかは、たかぎなおこさんの「ひとりぐらし」の本とちょっと似ている感じです。絵も可愛いですのでお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/search?p=%C2%E7%C5%C4%B3%C0%C0%B2%BB%D2
 他にも滝乃みわこさんも絵が可愛くて面白いです(失敗談とかトホホ感が面白いです)。「スローライフにあこがれて」という本が出ています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32015188

 他にも↓にコミックエッセイが載っていますので、良かったら見てみて下さい。
http://www.comic-essay.com/

 ご参考までにm(__)m。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q「大空のサムライ」こと「坂井 三郎」著の作品で1つ読むとしたら、何がいいでしょうか?

坂井三郎氏の本を読んでみたいのですが、Amazonで見た所、
「大空のサムライ」「坂井三郎空戦記録」など、また改版や上下巻など、色々あってどれを読めばいいかよく分かりません。

一番代表的な本はどれでしょうか?
出来れば新しめで、上下巻とかではなく一冊にまとまっている物があれば是非お教え下さい。

お手数ですが正確なタイトルをお教え下さい。
宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

代表作といえばやはり海外でも有名な「大空のサムライ」でしょう
1冊にまとまっているのは
「大空のサムライ―かえらざる零戦隊」(光人社NF文庫)
になります。
ただ文庫サイズとはいえ、自立するくらいに厚い(660頁)ので
持ち歩いたりするなら、講談社+α文庫版の上下分冊版の方が良いかも知れません。
他に続、戦話と出ていますが、基本的に本書を補完する内容ですので、
まずは本書から読めばいいかと思います。
完結編は別著者との対話集なのでちょっと毛色が違います。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オ

普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オススメの本はありますか?教えてください!

Aベストアンサー

このテーマは、本当に本当に難しいです。
おいしいお店教えてもらう、または、いいミュージシャンを教えてもらうことより難しいです。
そう言える理由は、私が読書ガイドでさんざん失敗してきたからです。
本の紹介本を読んで、私なりに「これはいいかも!」と思って買っても、当たる確率は5%くらいでした。
こうなる理由は、人によって興味の持ち方がまるで違うからです。
それでもお薦めできる方法を挙げてみます。
① ネット検索をしていると、その分野で「この本は、お薦めですよ」と薦められていることがあります。
その本をAmazonのレビュー数を見て、数が多ければ当たる確率は、ある程度高いと思います。
それだけ注目されているということです。
ただ、あまりにも酷評が多いのは、危険です。
② BOOKOFFの¥108~¥200のコーナーで選んでくれば、外れてもお金の損失は少なくて済みます。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q若い時には読まない方が良い本とは、何でしょうか? やはり、太宰治の「人間失格」とか、ニーチェの「ツァ

若い時には読まない方が良い本とは、何でしょうか?
やはり、太宰治の「人間失格」とか、ニーチェの「ツァラツストラ」とかでしょうか?他にありますか?

Aベストアンサー

若いときに限らず、興味があるもの(興味なくても)は、読んでいいかも。本は、誰かが何かの思いを持って、ある程度の時間をかけて書いたもの。なんでも読んでみて。ページが進まなければ、途中でやめればいいし…
年齢によって、感じ方は違うとも思う。

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Qどん底まで落ちていきながらも愛にもがくような女の人が主人公の小説

あまり小説には詳しくないのですが、無性に読みたい気分なので教えてください。

どん底まで落ちていきながらも、男をもがき愛し続けるような女の人が主人公で、
(主旨がずれそうですが、どん底じゃないと愛を感じられないようなマゾヒズム
的要素が入っていてもよいです)
人間の強さや弱さを感じられるような、
そんな泣けてくるような小説を教えてください。

「嫌われ松子の一生」は読んだのでそれ以外で、
あと今若い子に流行りのケータイ小説っぽいものもあまり好きではないので、
それ以外だとうれしいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自然主義文学の巨匠、エミール・ゾラの得意分野ですね。大人向け長編小説で、けっこうまじめに読むのは疲れるかも。ただ、話の骨格がクリアなので、1行くらい読み飛ばしたって、状況が分からなくなることはありません。

「居酒屋」の主人公は、努力しても夫を支えても、報われないタイプ。

「ナナ」の主人公は、生まれが悪かったためにハチャメチャな性格に育ち、周囲の男を次々と地獄に巻き込んでいくタイプ。


人気Q&Aランキング