【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

夏目漱石の出生年月日を見たところ、
1867年1月5日(新暦2月9日)と書かれていたのですが、
新暦の採用は1873年の明治5年12月3日を
明治6年1月1日にした時からだと調べました。
それなら日にちの差は29日であるはずなのに、何故漱石は35日の差になっているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

旧暦は、新月の日を「第1日目」とします。

これがいまだに残っている「ついたち」の語源です。

新月から満月を経て再び新月になるまでは、平均すると約29.5日です。
ということは、旧暦における1ヶ月の日数は、29日か30日のいずれかで、新暦のような31日や28日というのは存在しません。

旧暦においては29日の月を「小の月」、30日の月を「大の月」と言っていました。

新暦でも旧暦でも1年は12ヶ月ですが、旧暦は1ヶ月の平均日数が29.5日のため、29.5×12=354日で、新暦の365日より11日不足する(つまり、季節がずれる)ことになります。

1年で11日ということは、3年で33日のずれなので、約1ヶ月分ずれていることになります。

そこで、約3年に1度の割合で1ヶ月プラスして1年を13ヶ月にします。
これを閏月(うるうづき)といい、閏月がある年を閏年(うるうどし)といいます。

新暦では、4年に1度、2月を29日にする年を閏年といっていますが、旧暦でいう閏年とは、このように意味合いが異なります。

さて、旧暦から新暦に移行した1873/1/1は、旧暦でいうと1872/12/3になり、確かに29日ずれているように見えますが、この比較は「無意味」です。
なぜなら、旧暦の12月は29日か30日のいずれかであり、新暦のように31日で固定されていないからです。

見方を変えて、新暦の1872/12/1は、旧暦でいうと1872/11/1で、ぴったり「ついたち」同士でした。
このときの旧暦11月は「小の月」だったため、新暦1872/12/29=旧暦1872/11/29ですが、翌日は新暦1872/12/30=旧暦1872/12/1なのでした。

いずれにせよ、ご質問者様が思っていらっしゃる「29日の差」というのはたまたまであり、旧暦のルールでは特定の月の日数は変動するので、「29日」と固定することはできません。

さらに、閏月を考慮するともっと差は広がるでしょう(この場合の「差」も旧暦の○月を新暦での日数で考えると、という「無意味」な前提ですが。)

例えば、新暦に改められた1873年は、旧暦では閏年でした。
(ちなみに、改暦の理由は欧米に見習うため、と思っている方が多いですが、実は、公務員の給料を年俸制から月給制に変えたため、閏年だと1年に13回支給することになり、当時財政難だったため、閏月のない新暦に変えちゃった、というのが真相だそうです)

この年の閏月(閏6月)は大の月だったため、さらに1日差が開くことになりました。比較してみると、旧暦1873/7/1=新暦1873/8/23で、旧暦7月を新暦のように31日までと考えると(この考え方自体が、先ほどから二度ほど「無意味」と申し上げている理由です)、53日もずれていることになります。

旧暦のルールは新暦と違ってかなり複雑です。
でも、複雑なだけに面白く、日本の歴史、文化、伝統、行事などとも密接に結びついていますので、「昔の人はこういう風に考えていたのか」と意外な発見があります。

この機会に、旧暦やこよみのことについて勉強されてみてはいかがでしょうか。

こよみについては、このサイトが詳しいですよ。
新暦と旧暦の相互変換もできます(つまり、○年○月○日は旧暦では○月○日なのか、などの計算)。
http://koyomi.vis.ne.jp/mainindex.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい説明ありがとうございます。
日本がグレグリオ暦を採用したのが1973年で、それ以前は太陰太陽暦だと調べて分かりました。
太陰暦の調整月である閏月を入れる時期に規則性がなければ
グレゴリオ暦との差がどれくらいかというのは分からないと感じました。

お礼日時:2007/10/05 22:52

旧暦と新暦は、別々のこよみなので、一発で「マイナス何日」と計算できる物ではありません。


http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html …
個々の日付の差を知りたいのであれば・・・↓
http://maechan.net/kanreki/
    • good
    • 0

3年に1度閏月を起きます。


29日として、1年の誤差は9.6日。

これを修正して「ユリウス」に変わったのでしょう。
グレゴリオにはそれ以降に変更します。

現在の1月1日=11月23日で計算すれば計算は合います。
    • good
    • 0

旧暦と新暦の差は、定型した差ではないため簡単には説明できません。



例えば1868年は閏4月があります。白虎隊で有名な会津戦争は9月22日に降伏ですが、現在の暦では11月6日になり、45日ずれることになります。
    • good
    • 0

29日と言うのはどこから出てきたのでしょうか。


実は差の日数は大きく変動していました。
旧暦とは言いながらあくまでも新暦との差が大きくなりすぎないよう閏月(うるうつき)と言うのを使っていました。
例えば3月と4月の間に閏3月が入ったりします。これが1年13ヶ月が存在する理由です。

結局、うるう年もうるう秒もうるう月も地球の公転周期を基にして微調整しているわけです。

蛇足ですが、新暦は諸外国で長年使われていたので、日本が新暦を採用していなかった時期でも新暦に換算することは容易です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

単純に12月3日と1月1日の差で29日です。
調整の月日が入れられているということは、はっきり何日という差で計れる訳ではないということでしょうか?

大体1ヶ月程度と考えて宜しいのでしょうか?

お礼日時:2007/10/05 15:16

いわゆる新暦と今は亡き旧暦の1ヶ月の長さや1年の長さが同じでは


ないからです。

あの頃は、1ヶ月は必ず30日で、1年は時々13ヶ月だったんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ということは何日の違いというのは分からないのでしょうか?

お礼日時:2007/10/05 13:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧暦と新暦(日本)

旧暦と新暦は季節にずれがあるようです。このことについていくつか質問があります。
★1;ずれは一ヶ月とも聞きますし、二ヶ月とも聞いたことがあります。この差は旧暦に閏月が入るためかと、漠然と認識していたのですが、その通りなのでしょうか。
★2;具体的には、日本は明治政府から新暦に移ったと思いますが、それは旧暦の何月何日を新暦の何月何日としたのでしょうか。
★3;旧暦は平安時代のものと江戸時代のものは同一なのでしょうか。
★4;36節は旧暦のものですよね?新暦に当てはめたら、上記の通り、一ヶ月~二ヶ月ずれているのでしょうか?
★5;ちょっと別の質問ですが、初春、盛夏、中秋、初冬などと四季の中でも季節を細分化する言い方がありますが、正式な言い方は全て定まっているのでしょうか?(時期は定まっていないと思いますが)
★★類似質問もいくつか見てみましたが、つかみかねました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既出の回答と重複する部分もありますがお許し下さい。
★1; 現在の暦は、明治5年12月3日を明治6年1月1日とすることから始まりましたので、「ずれは一ヶ月」ということができます。
一方、旧暦は月の動きを基に定められています。月が地球を1周するのは約29.5日です。そのため12か月で354日にしかなりません。1年で約11日ずつずれていき、3年目では1か月余りずれます。これを新暦と較べれば、ずれは「二ヶ月とも」言えるわけです。このずれを補正するため、19年間に7回の閏月を挟んでいます。

★2;切り替わった日付は前述のとおりですが、これが発表されたのは、明治5年11月9日のことです。つまり、わずか23日の周知期間しかなく、既に暦を印刷していた業者は大損害を被ったそうです。これには裏話があり、政府の財政事情が大きく関係したようです。改暦してしまえば12月は2日しか残らず無視できる、また明治6年には閏月が予定されているが新暦にはない、つまり2か月分の役人の給料を支払わないで済ませる窮余策であったそうです。

★3;明治5年まで用いられたのは「天保暦」といって、それほど古いものではありません。これまでの日本の暦はおおむね次のようです。
元嘉暦 持統6年(692)
儀鳳暦 文武元年(697)
大衍暦 天平宝字8年(764)
五紀暦 天安2年(858)
宣明暦 貞観4年(862)
貞享暦 貞享2年(1685)
宝暦暦 宝暦5年(1755)
寛政暦 寛政10年(1798)
天保暦 弘化元年(1844)

★4;「36節」というのは聞いたことがありません。「二十四節季」または「七十二候」ではありませんか。一応「二十四節季」として話を進めます。結論を先に言うと、新暦に当てはめてもずれることはありません。
俗にいう旧暦とは、太陰太陽暦のことです。日付を定めるのは太陰、つまり月の動きによっていますが、季節を定めるのはあくまでも太陽の動きです。つまり、1年を24に等分したものが二十四節季です。立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨、立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑、立秋、処暑、白露、秋分、甘露、霜降、立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒ですね。これらの起算は冬至です。太陽を観測して最も低い日を冬至と定めました。春分秋分も夏至も、太陽の動きを計算して事前に暦を定めたのです。
太陽が地球を1周するのは365日ちょうどではありませんから、冬至も春分も年によっては1、2日ずれますが、おおむね一定しています。逆に旧暦にあてはめると、日が定まらず、1か月ずれることもあれば、最大2か月ずれることもあります。
昨日(12/7)「大雪」でしたが、札幌で除雪電車が走り、金沢から初雪のたよりがありました。二十四節季と新暦が大きくずれているとは言えませんね。

★5;前述の二十四節季のことと思います。( )内は2004年の日付です。
「初春」立春(2/4)から啓蟄(3/5)の前日まで。旧暦1月。
盛夏→「仲夏」芒種(6/5)から処暑(7/7)の前日まで。「晩夏」処暑から立秋(8/7)の前日まで。
中秋→「仲秋」白露(9/7)から甘露(10/8)の前日まで。
「初冬」立冬(11/7)から大寒(1/21)の前日まで。

既出の回答と重複する部分もありますがお許し下さい。
★1; 現在の暦は、明治5年12月3日を明治6年1月1日とすることから始まりましたので、「ずれは一ヶ月」ということができます。
一方、旧暦は月の動きを基に定められています。月が地球を1周するのは約29.5日です。そのため12か月で354日にしかなりません。1年で約11日ずつずれていき、3年目では1か月余りずれます。これを新暦と較べれば、ずれは「二ヶ月とも」言えるわけです。このずれを補正するため、19年間に7回の閏月を挟んでいます。

★2;切り替わ...続きを読む

Q旧暦のを現代の暦に換算する方法

昔の本に出てくる日にち(旧暦)を、現代の日にちに換算するには、どうすればいいのですか?

Aベストアンサー

>旧暦のを現代の暦に換算する方法

NO1の方もURLをコピ-されていますが、違うサイトがありますので参考まで。
左の「目次」の「新暦と旧暦」をクリックして、左上のブル-の部分の中の『「変換計算」を使ってみる 』をクリックしてください。

参考URL:http://koyomi.vis.ne.jp/mainindex.htm

Q歴史の教科書に出てくる日付は新暦?旧暦?

時は元禄15年12月15日・・・今日は討ち入りが行われた日です。と毎年12月15日になるとTVで言われますが、これって旧暦の12月15日のように思うのですが
実際はどうなのでしょうか。またすべての史実の日について旧暦の日付を新暦に読み替えているとすれば季節感がずれてしまうし、厳密にいえば「今から200年まえの
今日は明暦の大火がありまして・・・・」などはうそではないかと思うのですが
どなたか教えてください

Aベストアンサー

こんばんは。

忠臣蔵については、下のURLも参考になるかもしれません。

では。

参考URL:http://www.edu.gunma-u.ac.jp/~hayakawa/opinion/kura.html

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q旧暦を太陽暦に換算するには

歴史を見ていて気になることがあります。昔の暦は旧暦ですが、「太陽暦でいうと何月何日です」と言われます。旧暦と太陽暦の換算が簡単にできるものでしょうか。公式があるのでしょうか。

Aベストアンサー

換算は、簡単な計算で、とは行きません。
私は下記を利用しています。
http://koyomi.vis.ne.jp/

旧暦も太陽と月の動きから計算で出してはいますが、基礎となる数値に誤差があるうえ、人為的に日付けを変更している所があるため、計算ではダメです。

参考URL:http://koyomi.vis.ne.jp/

Qエクセルで新暦の日付から、旧暦の日付および六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)を求めるには?

エクセルで新暦の日付から、旧暦の日付および旧暦の六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)を求めるにはどうしたらいいですか?

きっとMS社のデフォルト設定には関数が用意されていないですよね。
どこかからかユーザ定義関数をダウンロードするか、あるいはマクロを使うしかないでしょうか?

Aベストアンサー

ずばりそのもののユーザー定義関数を見つけましたので、参考URLをどうぞ。

余談ですが、旧暦(太陰暦)と太陽暦には正確な関連がなく、単純に太陽暦から計算すれば出てくるというものではないです。もし正確に関連づけられるならば、改暦が必要なかった(太陰暦で事足りる)と言うことになりますし…

じゃあ旧暦はどうやって決めているんだと思われるでしょうが、これをまじめに計算しようとすると、天文学の知識(月の運行に関する)が必要になります。なにげに面倒です。

参考URL:http://www1.plala.or.jp/chikada/vba/rokuyo/rokuyo.htm

QGoogle Chromeとは何ですか?

Google Chromeとは何なんでしょうか? ブラウザなのでしょうか? もしブラウザとすると、私はInternetExplorer8を利用しているのですが、Google Chromeをダウンロードすることにより、IE8は使わなくなるということなんでしょうか? 

また、Google Chromeの機能もよくわかりません。もしお詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
Chromeは,ブラウザです。Chromeを使っていてもIEも使えます。同時に二つ起動させることもできます。
私のメインブラウザは,Firefoxというブラウザで,普段は,Firefoxを起動していますが,IEでしか機能しないサイトがある場合は,FirefoxからIEを起動して,そのサイトはIEでブラウズしています。

IEだけでなくて,いろんなブラウザを試して見るのも良いかも知れません。

Q日本の旧暦の1月1日は、何月何日ですか。正月になると元旦の初日の出などで祝いますが、

日本の旧暦の1月1日は、何月何日ですか。正月になると元旦の初日の出などで祝いますが、違和感があります。元々旧暦の方で祝うのが正しいのではないかと思ってますが、間違っていましたらご指摘よろしくお願いします。

Aベストアンサー

旧暦の1月1日は立春の前後になります。

正月を新春というのは立春のころに正月が来たからです。

年によって多少前後しますが。

日本以外のアジアの国では旧暦の正月のほうを盛大に祝うところもあるようです。(台湾や中国など)

現在使われている暦は明治4年からです。

ちなみに旧暦は月の動きと太陽の動きを組み合わせた太陰太陽暦で現在の暦は純粋に太陽の動きだけで作った太陽暦です。

カレンダーに旧暦の日付けの書かれた物もあるので、旧暦の1月1日が今年はいつになるのかはそちらを確認した方がいいでしょうね。


人気Q&Aランキング