今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

慣習法と成文法ではどちらが曖昧ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

慣習法のほうが曖昧です。



まず、古い法律がいつから無効になったのか分かりません。例えばイギリスでは、いまだに、マグナカルタが憲法の一部ですから、貴族の王に対する権限が規定されているわけですが、こんなことを、今どきしているわけがありません。また、王室に対する不敬罪も残っているのですが、ダイアナ妃を追い掛け回したパパラッチが本当に首切りの刑にあったという話は聞いたことがありません。他方、イギリスの裁判所は、わけのわからないところで現実感覚があります。空を飛んでいたとしてある魔女が裁判所に引きずり出された時、裁判長は、「空を飛ぶことを禁ずる法律はないから無罪」と言ったそうです。

つぎに怖いのは、成文法の世界では常識である「罪刑法定主義」が慣習法の国にはないことです。罪刑法定主義とは、大陸側ヨーロッパや日本の刑法の基本概念で、法律に違法と明示的規定のない行動は、犯罪として罰せられることはないという原則です。民法とは違い刑法には拡大解釈の許さないというのも重大な点で、刑法に拡大解釈を許すと、時の政権にとって都合のよいような思想犯弾圧が可能になってしまうからです(ナチス刑法は、刑法に一般条項がありました。普通、一般条項は民法にしかないものです)。英国法の国の例にオーストラリアがあって、ここは恐るべき法理論で動いている世界です。罪刑法定主義などなく、都合の悪い事件が起こると後から法律を作り、それを過去にさかのぼって適用するのです。きわめて曖昧かつ危険な刑法です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慣習法は成文法に優先するのか(国会答弁より)

お断りしておきます、イデオロギーや政党支持は無関係です。

先日の参院予算委員会で山谷えり子氏が民主党の各議員が国旗国歌法案に反対した事を取り上げその理由を正しました。
その中で枝野官房長官は日の丸、君が代は国旗国歌としてあまりにも当たり前で慣習法として定着している、改めて法律にするのは慣習法を弱めるので反対した。
と答弁しました。
昔何でも反対の野党の時の話であり今なら別の立場をとったでしょう、
だから苦し紛れの屁理屈とおもいますが、それにしても、
枝野長官は質問通告を受けており前もって答えを用意しています、また自分は法律家であると前置きしています。

慣習法は成文法に優先するものなのですか、そうだとすると他にどのような慣習法があるのでしょうか?
また成文法は誰でも判りますが慣習法は判りにくいですが、何か判りやすい例があれば教えてください

Aベストアンサー

「慣習法を弱める」との表現は、もし枝野氏に100%味方して解釈すれば、「慣習法というのは要するに誰に強制されるでもなく皆が自発的に「こうしましょう」という状態が続いてそれが法律と同等のレベルになったもので、それを法律という形で上からの強制にしてしまうと、せっかく慣習法として根付いているのが、要らぬ反論・反感を呼んで守られなくなってしまうかもしれない(現憲法だって「押し付けだった」という理由で改正しようという議論があるわけですから)、従って、法律で強制せず、慣習法のままでやっていくほうがよい、法律にするとかえって効果が薄れる(弱くなる)おそれがある」、こういう意味ではないでしょうか。


ま、いずれにしても苦しいとは思います。


天皇の地位は憲法に定めがあるので慣習法ではありません。

Q慣習法 判例法 が分らず困っております。

政治経済を勉強しているのですが政治の分野で分らない部分があるので質問しようとおもいましたがカテゴリーの中になかったのでこのカテゴリーに質問さして頂きます。


法には自然法と実定法があって
実定法には成分法と不文法があり
不文法には慣習法 と 判例法などがあるようですがこの慣習法と判例法がうまくイメージできません。

ネット検索で「慣習法 例」「判例法 例」で探してもでてきませんし

この2つを自分にもわかるようにできれば具体的な例も交えて教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

専門家ではありませんが、法律は嫌いでは無いので今までに読んだ事例を脚色して、例を書きます
・慣習法
『弁護始末記 17』(http://www.npb.go.jp/ja/books/mokuroku/_380301.html)という書籍にでてきたのですが、「こさがり」と言う慣習があります。これは、地方によって意味合いが異なるとはおもいますが、邪魔な草や枝を刈る行為のことです。
さて、ある村に住むAは山林を持っておりました。その山林に隣接する畑をBが所有しており、Bは慣習に従い、畑に接する山林の下草を刈り、枝を取り除いておったのです。しかし、突然の病でBは死亡し、よそから来た娘婿のCが畑を相続したことが問題の発端です。
Cが畑を相続した数年後、Aが山林を見に行くと、畑が山林まで広がっています。AはCに文句を言いましたが、Cは『親父が生きていた時から、俺は毎年この位置まで土地を使用してきた。今まで畑として使わなかったのは、お宅の山にある木が邪魔をして、日が当たらない為だ。ここまでが俺の土地だ!「こさがり」って何なんだよ。イチャモン付けるな』となり、民事訴訟へ発展。色々有って、A側の代理人となった弁護士は『こさがり』についての文献等を提出する事で、「こさがり」という慣習は存在し、民法の時効取得より優先されるとなったのです。

・判例法
米国の司法小説を読むと、判事は『この答弁の根拠は何処かの判例ですか』と問い、弁護士や検事は「××州▲裁判所●●事件です」と答えている場面があります。つまり過去に出された判例を踏襲し、同類の事件に対する判決は同じようにしていくのです。
日本でも殺人事件が起きると、『死刑を求刑する場合には、最高裁判例が適用され・・・と言う事は、今回の事件においては、条件に当てはまらないが、』このような解説等を読んだ事御座いませんか?

専門家ではありませんが、法律は嫌いでは無いので今までに読んだ事例を脚色して、例を書きます
・慣習法
『弁護始末記 17』(http://www.npb.go.jp/ja/books/mokuroku/_380301.html)という書籍にでてきたのですが、「こさがり」と言う慣習があります。これは、地方によって意味合いが異なるとはおもいますが、邪魔な草や枝を刈る行為のことです。
さて、ある村に住むAは山林を持っておりました。その山林に隣接する畑をBが所有しており、Bは慣習に従い、畑に接する山林の下草を刈り、枝を取り除いておった...続きを読む

Q上院と下院の違いを教えて下さい。

アメリカの選挙の上院と下院の違いが分かりません。
分かりやすく教えて下さい。

また、上院のほうが上なので、良いのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカは連邦国家です。アメリカ合衆国を構成する各州は、日本の都道府県とは異なり、それぞれが「国」なのです。平等な資格を持った州(国)の集合体がアメリカなのです。ですから、合衆国憲法によって連邦政府の専権事項とされている事項と州の権限が明確に否定されている事項以外は、全て州に権限があります(連邦と州の権限が競合し、相反する決定がなわれる場合さえあります)。アメリカ議会は、このような連邦国家の議会なので、連邦を構成する州の代表(各州2名、州は平等)からなる上院と、国民を代表(人口に比例して州選出議員の数には大差)する下院とで構成されているのです。

このように、アメリカ議会の上下両院は全く異なる存立基盤に立脚しているので、原則として同等の権限を持っています。上下両院の議決が一致しない場合は、すり合わせが行われます。

ただ、一般に、外交・軍事については州の代表である上院の、社会福祉・税制などについては民意を代表する下院の議決が重んぜられています。これは議院運営の慣行であって明確な法的根拠はありません。しかし、アメリカでは、母国であるイギリスの伝統を受け継ぎ、議会における慣行は非常に重視されており、議会の慣行は実質的な(文字で書かれていない)憲法といっても過言でない国柄なので、この慣行の安定性は非常に高いものです。

アメリカは連邦国家です。アメリカ合衆国を構成する各州は、日本の都道府県とは異なり、それぞれが「国」なのです。平等な資格を持った州(国)の集合体がアメリカなのです。ですから、合衆国憲法によって連邦政府の専権事項とされている事項と州の権限が明確に否定されている事項以外は、全て州に権限があります(連邦と州の権限が競合し、相反する決定がなわれる場合さえあります)。アメリカ議会は、このような連邦国家の議会なので、連邦を構成する州の代表(各州2名、州は平等)からなる上院と、国民を代表...続きを読む


人気Q&Aランキング