相手の車が当方の車に接触した後、さらに暴走し第三者の車に追突し損害を与えました。この場合、第三者に対する修理費の負担割合はどうなるのでしょうか。
現段階では過失割合5:5で折半になっています。
玉突き衝突の例では直接に損害を与えた前の車に対してのみ損害補償をすると聞いたことがあります。もし、そうならばこの場合、第三者の車に対する補償は直接被害を与えた先方にあるようにも思うのですがどうなのでしょうか。

A 回答 (2件)

要は,あなたにも事故発生につながる過失が認められるかどうかにかかってきます。



例えば,平らなところであるからといってブレーキを踏まずに停車していたとか,車間距離を十分とっていないためにたいした勢いでもなかったのに接触することになっていたなどのような場合です。

現段階の50対50が妥当かどうかは事故状況が不明なのでなんとも言えません。

この回答への補足

ご返事ありがとうございます。さらに教えていただきたく補足説明させていただきます。
事故状況ですが、現場は6車線一方通行の交差点で起こりました。6車線の内、第1車線と第6車線は歩道に接しており、中間の4車線とは分離帯で区切られています。
全線が一方通行なので大きな交差点で右折したい場合はあらかじめ分離帯をまたいだ第6車線に進路変更しておく必要があります。
当方は進路変更しようと分離帯がとぎれた交差点にさしかかりました。(青信号)
ブレーキを踏んでも追突されるおそれがないか後方を確認した後、車体前部が第6車線に進入する手前まで最徐行をして近づきその時点で一度右後方(第6車線)を目視しました。直進してくる車の無いことを確認しましたが大都会でのことですので念のため安全を考えブレーキを踏んだまま少しずつ車体前部を斜めに進入させました。運転席から第6車線後方が全て見渡せる位置までゆっくり進入し、もう一度確認しようと右をのぞいた瞬間に事故が起こりました。第6車線を直進してきた車が私の車の前輪部分に衝突した後、そのまま前方歩道側に止まっていた他の車に追突したのです。
当初、相手方保険会社ではあなたの車がぶつかってきたといい、そうでないとわかるとあなたがその信号をさっと行かなかったからだと言ってきました。当方としては万全を期したと思いますし、お互いの信頼関係があれば起こり得ない事故だったと思っています。
直進車と進路変更車の事故の場合、判例では70対30の比率で進路変更したこちらに7割の過失があるようですがその後、相手方が(1)速度オーバー(2)ノーブレーキ(3)回避行動をとらなかったとして50対50の申し入れがありました。
この比率は相手の車と私の車の比率だと思うのですが、この比率がそのまま第三者の修理費にも適用されるのでしょうか。
50対50の比率が妥当なのかよくわかりませんがこの比率が第三者の修理費にも適用されるのかが一番気にかかっています。(第三者の人身事故に対しては解決済みです。)
不充分な説明かもしれませんがよろしくご教示下さい。

補足日時:2001/01/31 01:04
    • good
    • 0

私は今まで二度ぶつけられましたが、


一度目は2台停車中に後方から玉突きでしたが、あのときは2台とも
ぶつかってきた車のおねーさん(の保険屋さん)が払ってくれました。

二度目は右折待機中に前方からぶつけられましたが、こちらは2-8で示談、
更に後方から追突され、時間感覚があったのでこちらは10:0でした。
ご参考にまで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一度目の事故の場合は、「停車している車」に衝突したため停車していた二台には全く過失がなかったという判断が下され、補償してくれたものと理解しました。
二度目の事故の場合も、前方の車にぶつけられたあと止まったところに追突されたためなのでしょうね。一つ一つが参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/31 00:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽自動車の中で衝突安全性能のベスト3は?

軽自動車の中で衝突安全性能のベスト3の車種は?なんでしょうか?

側面衝突実験や、フルラップ衝突テストや、オフセット衝突テストや、リア衝突実験など、色んな衝突テストがありますが、一番生存確率の高くて、尚且つ怪我後遺障害の起こりにくい軽自動車は何でしょうか?。そして2番、3番はいかがな車種でしょうか?

また、各社各車、どんな安全技術や安全のための具体的構造やアイデアを取り入れているか?や、このような装備やシステムは、有効に作用するなどの意見を教えてください。

Aベストアンサー

動画で衝突実験を見ることが出来ます。

参考URL:http://cafe.cdn-japan.com/carclash/

Q直接損害と間接損害と第三者の知的財産権の侵害時の損害の補償

免責条項で直接損害と間接損害は補償しないといったら、
第三者の知的財産権の侵害時の損害の補償はどうなるのでしょうか?
根拠もお願いします。

Aベストアンサー

債権の規定は原則任意規定なので特則が適用され,補償はうけられないとおもいます。

Q古い車や修理した車の安全性(事故等の衝突安全性)はどうなりますか?

10年以上(~20年)経った車や事故修理した車の安全性(事故等の衝突安全性)は、その車の新車時の安全性を確保できているのでしょうか?

(問1) 古い車ですと経年劣化で錆の発生や車体剛性の不足などが考えられますが、初期の衝突安全性は損なわれますか?また、エアバックは正しく開きますか?

(問2) 事故修理(板金等)した車のそれも、衝突安全性は損なわれますか?また、エアバックは正しく開きますか?

(問3)車の整備マニュアルを読んでみたのですが、定期交換部品の品目に、シートベルトやエアバックは載っていなかったのですが、10年・20年程度では問題のないものでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

(1)について
劣化しているでしょう。通常のご使用でも落ちていきます。事故の場合はかなりの、力が加わりますので激しく劣化してもおかしくありません。
>車体剛性の不足
については、メーカーも考えているでしょうから、直ちに不足という事はないと思いますが。新車時と比べれば落ちて事には間違いありません。
>エアバックは正しく開きますか?
開かないと意味の無い装備ですから。

(2)について
事故修理(板金等)した車のそれも、衝突安全性は損なわれますか?
事故次第です。ちょっとこすったり、当てたりでしたらほとんど影響ないでしょう。強く打った場合は影響あるでしょう。エアバックは(1)と同じです。

(3)について
シートベルトは、キズや擦り傷があれば交換した方が良いでしょう。エアバックは定期的に替えなければならないものではありません。使ってしまえば高官ですが。交換時期はディラーかメーカーにお問い合わせ下さい。

Q車対車の接触事故の過失割合について

こんにちは。早速質問させていただきます。

先日、事故に遭いかけました。
もしも、の話で恐縮なのですがもしも、事故に発展していた場合の
過失割合が気になったので質問させていただきます。

先日私は大阪市内の、片道2車線で中央分離帯があるような高速の下道を走っていました。
私は左車線を走行していたのですが、左側に路上駐車の車が停まっていたので
右車線にはみ出しながら追い越そうとしました。
すると、左側に停まっていた車の1台(仮に駐車車両Aとします)が、
ウィンカーも出さずに急に動き始めました。
しかもその駐車車両Aの前にも他の駐車車両があったので
こちらの方へ大きくはみ出してきました。

その車は先ほども言ったとおり、ウインカーは出していなかったですし、
ブレーキランプもついていませんでした。

圧倒的に向こうが悪いとは思うのですが、車の側面にぶつかった方が悪いとか、
動いている車同士ならゼロはないとか聞くのでこういう場合の過失割合は
何%~何%くらいになるのか教えていただけると幸いです。

長くなり、分かりにくいかと思いますが是非よろしくお願いします。

こんにちは。早速質問させていただきます。

先日、事故に遭いかけました。
もしも、の話で恐縮なのですがもしも、事故に発展していた場合の
過失割合が気になったので質問させていただきます。

先日私は大阪市内の、片道2車線で中央分離帯があるような高速の下道を走っていました。
私は左車線を走行していたのですが、左側に路上駐車の車が停まっていたので
右車線にはみ出しながら追い越そうとしました。
すると、左側に停まっていた車の1台(仮に駐車車両Aとします)が、
ウィンカーも出さずに...続きを読む

Aベストアンサー

駐車していた車両がいきなりウインカーも出さずに
その車両の前の駐車車両を避けて、
大幅に車線を斜めに発進してきたので、
質問者さんは避けきれず相手の右側面に衝突した
というような事故でしょうか。

路外からの進入との衝突で基本は20:80です。
それよりも想定外のウインカーを出さずに
斜めに発進してきた駐車車両との衝突で、
50:50は無いと思います。

私なら、最初は、注意はしていたが相手はウインカーを出していない・
前に駐車車両があり発進しようとすれば、大幅に車線に出ないと
出て来れないところを走行車がいるのに無理やりこちらの進路妨害して
出てきたとしてこちらにも注意義務はあるが、
そこまで注意する義務は無いとして0:100を主張します。
譲歩して10:90。最悪20:80というところでしょうか。
ただ、免ゼロの車両保険に加入していて、
保険を使うなら過失割合にこだわる必要はあまりありませんが。
ちなみに、相手が何メートル手前でどのような角度で出てきて、
何キロで走っていて発見し、何秒で衝突したかなどの計算して状況図を
書いて、相手と交渉しましょう。

駐車していた車両がいきなりウインカーも出さずに
その車両の前の駐車車両を避けて、
大幅に車線を斜めに発進してきたので、
質問者さんは避けきれず相手の右側面に衝突した
というような事故でしょうか。

路外からの進入との衝突で基本は20:80です。
それよりも想定外のウインカーを出さずに
斜めに発進してきた駐車車両との衝突で、
50:50は無いと思います。

私なら、最初は、注意はしていたが相手はウインカーを出していない・
前に駐車車両があり発進しようとすれば、大幅に車線に出ないと
出て来れないと...続きを読む

Q衝突安全性に優れた車メーカーはどこでしょう

衝突安全性は各社力をいれていると思いますが、今のところ進んだ衝突安全性を実現しているのはどこのメーカーでしょうか?やはり財力のあるトヨタ自動車でしょうか?三菱あたりも力をいれているような気がしますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

車の大きさも関与してくるので、どれくらいのサイズで比較されるかでも変わってしまい、
一概には言えないかと思います(軽と3ナンバーセダンを比較しても無理があります)。
また、車体側の安全性をいくら上げても、シートベルトをクリップで留めて緩めていたり・
ヘッドレストの高さが正しくない(あるいはヘッドレスト自体を取り外している)・シート
を倒し過ぎたり深く腰掛けていないといったユーザーが誤った使い方をしていては、いかに
安全な車であっても事故の時には安全装備の効果が活かせないだけでなく・逆に凶器になって
しまう恐れもあります。正しい着座姿勢と正しいシートベルト着用が安全の大前提です。

Q車対車の過失割合について質問です。

車対車の過失割合について質問です。

先日交通事故を起こしました。状況は・・・

 こちらが片側1車線の中央線がオレンジの道を直進中、遮断機が下りて停止(先頭)。
 遮断機が上がり、走り出して100メートルくらいのところで
 右側のわき道(「とまれ」の標識がある)から右折しようと出てきた車と衝突。

 遮断機が上がったばかりで、逆車線は渋滞中。
 その、停止中の車と車の間から車が出てきた。

という状況でした。

私の車(コンパクトカー)は右前のライト辺りからタイヤの辺りまでが破損し、
自走不能になりました。
相手の方の車(セダン)は左前方に傷ができていましたが、そのまま会社に行かれました。

最初にこちらの保険会社から90(相手):10(こちら)の過失割合になると言われていました。
しかし1ヶ月半経って、相手が70:30と主張していて、まだ解決していないと言われました。
相手の方は、こちらがスピードを出して来たから衝突したと言っているようです。

そのとき私は急いでいたわけでもないですし、そこは狭いうえに通学路ですし、
あまり整備されていないガタガタの踏切を越えて走り出したばかりで、
(正確な速度を見ていたわけではありませんが)スピードを出してはいませんでした。

それに、事故の後、相手の方は普段はこの道を通らないんだけど、
遮断機が下りていたからこっちの細い道から会社に行こうと思った、と話されていたので、
相手の方が急いでいたのは間違いありません。

こんな状況でも70:30になることはあり得るのでしょうか。

車対車の過失割合について質問です。

先日交通事故を起こしました。状況は・・・

 こちらが片側1車線の中央線がオレンジの道を直進中、遮断機が下りて停止(先頭)。
 遮断機が上がり、走り出して100メートルくらいのところで
 右側のわき道(「とまれ」の標識がある)から右折しようと出てきた車と衝突。

 遮断機が上がったばかりで、逆車線は渋滞中。
 その、停止中の車と車の間から車が出てきた。

という状況でした。

私の車(コンパクトカー)は右前のライト辺りからタイヤの辺りまでが破損し、...続きを読む

Aベストアンサー

一時停止規制の右折車と直進車の事故は基本2;8です。
あなたの過失は1~3割って所でしょうか。
自分の言い分に自信があるなら、強く主張される事ですね。
体に異常があれば病院は必項です。

Q燃料電池車の衝突時に於ける安全性

燃料電池車では水素タンクを搭載していますが、万が一もし衝突して水素タンクが潰れてしまうなどということはないのでしょうか。交通事故時などに於ける爆発の心配はないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。また来ました。m(__)m
よく考えるといい点ばっかり目に付きますが、悪い点もあれば上げておかなければ不公平と思い、また来ました。

但し、これは水素タンクの種類によって大きく異なります。

まず、水素ボンベを積んでいる場合ですが、かなり高圧のボンベを使うことになると思います。
この場合、全壊したらそれだけでかなりの破壊力を生じるでしょう。
例えば、現在使われてる溶接などの水素ボンベの口金部分を破壊するとあの重いボンベがロケットのように飛んでいってしまいます。

次に液体水素を使用した場合は、液体水素が流出します。
これは極低温ですから火災とはまったく別な危険があります。
つまり触れたら即座に凍ってしまいます。
気化するまでにそれほど長い時間はかからないでしょうが、あたり一面火の海ではなく、あたり一面が冷凍になってしまいます。そこに人間がいる場合はまともに浴びれば即死という事もありえます。

次にメタルハイドライド(水素吸蔵合金)などの場合は、徐々に水素が放出されるので、非常に安全と考えられます。
但し、実際運転中は、この合金は水素を放出するために数百度程度に加熱されてるので、触るとやけどすると思います。

こんにちは。また来ました。m(__)m
よく考えるといい点ばっかり目に付きますが、悪い点もあれば上げておかなければ不公平と思い、また来ました。

但し、これは水素タンクの種類によって大きく異なります。

まず、水素ボンベを積んでいる場合ですが、かなり高圧のボンベを使うことになると思います。
この場合、全壊したらそれだけでかなりの破壊力を生じるでしょう。
例えば、現在使われてる溶接などの水素ボンベの口金部分を破壊するとあの重いボンベがロケットのように飛んでいってしまいます。

次...続きを読む

Q民法177条における第三者の定義について・・・。教科書に第三者の定義に

民法177条における第三者の定義について・・・。教科書に第三者の定義において、「背信的悪意者」の他、「一般債権者(金銭を貸している人等)」および「不動産登記法5条に列挙されている他人のために登記を申請する義務のある者」もこれに該当しない、とありました。
背信的悪意者はなんとなくわかるのですが、「一般債権者」および「他人のために登記を申請する義務のある者」がこの場合の第三者にあたらないとするのはどういう意味でしょうか?イメージが全く理解できません。どなたかおわかりになる方、具体例で分かり易くご教示お願いいたします・・・。

Aベストアンサー

イメージと言いますか、まずは判例の定義をきっちり押さえましょう。そうすればほとんどの場合はおのずと理解できますよ。

判例では、177条の「第三者」とは、「当事者もしくはその包括承継人以外の者であって、不動産に関する物権の得喪および変更の登記の欠?を主張する正当の利益を有する者」を言います(これを制限説と言います)。
まず、「当事者もしくはその包括承継人以外の者」というのは「第三者」であるのだから当然だというのは分かるでしょう。包括承継人とは具体的には相続人とか会社合併での存続会社などです。これは制限説だろうと非制限説だろうと同じで、いわば「最低限の」「第三者」です。
次に、「不動産に関する物権の得喪および変更の登記」というのは、177条の登記の内容をただ述べているだけなので余り気にしなくてよいです。
そして、「正当の利益」というところが重要です。「正当の利益」とは何か?というと、まず177条の趣旨から「自分の権利と他人の権利が排他的関係にあるために、自己の権利主張のためには他人の権利を否定する必要がある」ということです。これを一般には「対抗関係」と呼ぶのですが、そもそも対抗関係になければ第三者に当たるとする必要がないので、対抗関係になければ「正当の利益」があるとは言えないというわけです。
更に、これは法律学、特に民事系の法律ではよくある言い回しなのですが、「その人にその主張をさせるのが妥当と言えるかどうか」という意味でもあります。対抗関係にあるということは、権利があるので基本的にはその主張を認める必要があるので妥当なのですが、場合によっては対抗関係にあっても否定すべきという場合もあるわけです。

そこで具体的な例を見てみると、まず、「背信的悪意者」ですが、これはつまり「嫌がらせ目的」なわけでしょう?嫌がらせ目的の人の言うことを認めるのが妥当だと思えますか?普通は、そんな人の言うことは認めるべきじゃないとなるでしょう?ですから、「正当の利益を有する」とは言えないとして、たとえ対抗関係にあるとしても「第三者」には当たらないとなるのです。
同じように「不動産登記法5条に列挙されている者」について考えると、まず不登法5条1項の「詐欺又は強迫によって登記申請を妨げた」者は、そんな悪質な人間の主張を認めるべきだとは言えないでしょう?あるいは、同条2項の「他人のために登記を申請する義務を負う」者ですが、これは具体的には「登記申請の依頼を受けた司法書士」などです。他人から登記申請の依頼を受けた司法書士が、その登記申請義務を果たさずに(果たしたならば登記欠?ということ自体が起りません)登記の欠?を主張すると言うのは、職業倫理からしても明らかにおかしいでしょう?そんな人の主張は認めるべきではないでしょう?ですから、そんな人には、やはり対抗関係にあっても「正当の利益がない」となるのです。
他にも「不法占拠者」とか「不法行為者」とか「無権利者」などがありますが、「不法占拠」「不法行為」などという法秩序に反する行為をしている者の言うことを認める必要はないし、「無権利者」は権利がないのだから法律的にその者の主張を認めることはできないわけです。このような第三者はそもそも対抗関係にすらないので「正当の利益がない」となるわけです。

「一般債権者」というのは、ちょっと分かり難いですね。債権者は賃借権など以外では基本的には、対抗関係に立ちません。対抗関係は物権あるいはそれに準じるような権利関係の場合が通常ですが、一般債権者は基本的に債務者に属する特定の不動産に対する権利はありません。そして、債務者の財産について、一般債権者が何らかの主張をするというのは認められません(債権者代位権などは例外です)。つまり、自分の物でもない不動産については口出しする権利などないという至極当たり前の話にすぎません。他人の財産関係に干渉する権利はないのですから、他人の財産関係について登記の欠?などを主張させるのはお門違いなのは当たり前なわけです。ですから対抗関係に立たないのが通常であり、例として挙げるほどのものではないと思います(内田民法とか見ても挙げていませんしね)。もっとも、判例で言う「差押または配当加入した債権者」については、自己の債権を満足させるために誰に財産が帰属するかという点が問題になることがあり、この場合には、対抗問題を生じるので「第三者」に当たります。
おそらくは、抵当権を有する債権者との区別で挙げているのでしょうが、抵当権を有する債権者は「抵当権」という権利について対抗関係を生じるのであり、それがない債権者については対抗関係にないのはある意味当たり前すぎて殊更に挙げる必要がある例だとはちょっと思えません。

イメージと言いますか、まずは判例の定義をきっちり押さえましょう。そうすればほとんどの場合はおのずと理解できますよ。

判例では、177条の「第三者」とは、「当事者もしくはその包括承継人以外の者であって、不動産に関する物権の得喪および変更の登記の欠?を主張する正当の利益を有する者」を言います(これを制限説と言います)。
まず、「当事者もしくはその包括承継人以外の者」というのは「第三者」であるのだから当然だというのは分かるでしょう。包括承継人とは具体的には相続人とか会社合併での存続会...続きを読む

Q衝突安全性について

ベンツのボディは丈夫であるとよく聞きますが、Eクラスとクラウンを比較したらどうなのでしょうか?
CクラスとマークXを比較したらどうなのでしょうか?
衝突安全性が高いランキングがわかるサイト等知っていり方教えてください。

Aベストアンサー

同じ物差しで比較したのは多分無いと思うので、「比較したい車A」:「比較したい車B」の時、以下のようなサイトから、

「比較したい車A」:「共通する車C」と、
「共通する車C」:「比較したい車B」とを探し出し、
「比較したい車A」:「共通する車C」(ここのレベルを":"の左右で揃える):「比較したい車B」しかないでしょうか?


http://www.euroncap.com/content/safety_ratings/introduction.php
http://www.nasva.go.jp/mamoru/index.html
http://www.safercar.gov/
http://www.nhtsa.dot.gov/portal/site/nhtsa/menuitem.4759a5f928566706e93305d546108a0c/

Q第三者のための代筆(代書)行為等について  行政書士などの士業でない者が、第三者(ご近所の住人)

第三者のための代筆(代書)行為等について 

行政書士などの士業でない者が、第三者(ご近所の住人)のために、有料で相談に乗り、あるいは書面(内容証明郵便を含む)を代書する行為は、何らかの法律に抵触するのでしょうか。
実費費用(コピー代・用紙代等)のほかは、相談も代書も常に無償で行うべきなのでしょうか。

詳しい方、ご教示のほど、よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

相談、代筆の内容次第です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報