gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

アイアンのセットを購入しようか迷っています。
今使用しているのは20年前に買ったビギナー仕様の安物です。

今まで年間ラウンド数5R、アベレージ105で、ここ10年程殆ど練習もしていませんでしたが、
最近15年ぶりにドライバーを買い換え、その性能に驚いてからは、練習場に通う毎日です。
ドライバーはあのヘッドの大きさといい誰が見ても昔と今とでは全く違うことはわかりますが、
アイアンとなると、やっぱり腕次第かなーと、なかなか思い切れません。
道具に関して全然知識の無い私に、打ちやすく、ミスショットの少なくなるようなアイアンが
あれば、教えてください。
恥ずかしながらショップや知り合いのクラブで試打した事は無く、
自分のアイアンしか知らない、浦島太郎状態といえばいいでしょうか。
44歳、ドライバーは平均260ヤードです。(自称OBキング!?)

gooドクター

A 回答 (7件)

何を恐れていらっしゃるのですか?


ゴルフショップの試打は遠慮はいりません
気軽にクラブの話をしながら
「打ってみたいな」と言えば打たせてくれます
後でクラブの感じを話せばいいのです
「軽いな」とか、「ヘッドが効いてるな」とか
「シャフトが柔く感じるな」とか
店員はお客様と話しながらいろいろな事を学んでいます
一緒に自分の知りたい事を学ぶのです
話しながら
最後に「もうチョット考えてみるよ」と言えばいいのです
「また来ます」と言えばそれで済みます

今のクラブを先入観無しに打ってみてください
論より証拠、目が覚めると思います

アドバイスまで
    • good
    • 8
この回答へのお礼

「先入観無しに打ってみてください」・・・
その通りですよね。
道具の良し悪しを追求するレベルじゃないという
今までの無頓着な考えを捨てて、
ゴルフショップへ足を運んでみます。
そして、autoroさんのアドバイスのようにまっさらな頭でまずは打ってみることにします。
最寄のショップまで2時間程かかるという不便さはありますが
暇を作って1日でも早く行ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/06 11:18

私の実経験を一つ!



ゴルフを始めて2年弱・・・
始めたときに会社の先輩から相当古いマクスフライのツアーモデルをいただき練習に勤しんでおりました
最近までこれが自分のアイアンの基準でした

今年の全英オープンを観ていてガルシアの使っていたアイアンがとてもデザイン的に気に入って、
そのことをマクスフライをくれたのとは別の先輩に話したところ、あれは難しい、止めとけとしきりに言われましたが、
結局、酔った勢いでヤフオクで買ってしまいました

が、振りやすさが格段に上がりましたし、芯をはずしたときの飛距離のロスや手へのしびれが少ないように感じました。

20年も経てば、上級者モデルでも進化しているのではというのが私の結論です。

お歳からいくとソールの太っいかっこ悪キャビティ(すいません、私の主観が入ってます。他意はございませんので悪しからず)なんでしょうけども、ドライバーの飛距離を考えると、最近出た、スリクソンのアイアンに軽量スチールを挿したものとか良さそうな気がします。

他の方も言っているようにお店で試打をされてみるのが良いかもしれませんね
    • good
    • 8
この回答へのお礼

遅れましたが、ありがとうございます。
やはり20年の歳月はおおきいですか・・・
まだ携帯電話が無かったころの話ですからね。
私のは薄っぺらなソールです。(キャビティって当時知らなかったのは私だけ?)今も払い打ちなのに(笑)
この前、皆さんのご意見に後押しされて「試打」に行って来ましたよ。
現在、毎晩練習してますので、もう少しレベルを上げて
もう2.3回試打しながら新しいアイアンを探したいと思っています。
勿論スリクソンの軽量スチールの品、チェックしておきます。

お礼日時:2007/10/15 22:08

>低重心って聞いたことはありますけど


>なんでしょうか。

ヘッドの重量配分上、上のほうに厚みを持たせると高重心になり、下のほうに厚みを持たせると低重心になります。
低重心になると、ヘッドをひとつの塊と考えた場合、スイートスポットも下のほうに移り、ターフを取らない地面ぎりぎりのところでヘッドを走らせればクリーンヒットできるという設計になるかと思います。
逆に高重心のものは、そのままスイングしてはミートを外しているためにぺチンといった感覚のミートになります。
なので、どうしてもターフを取るようなヘッドの上部でとらえるようなヒットの仕方になります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

低重心、そういうことだったんですね。
丁寧に説明していただき、ありがとうございます。
今後のクラブ選びの参考になりました。

お礼日時:2007/10/06 22:38

実は私も15年ほど前に購入したアイアンセットと個人的に好きなパーシモンウッドでゴルフをしております。


当時はキャビティヘッドが優しいと考えられていました。
いわゆるプロたちが使用していたコンベンショナルタイプのアイアンを手にして振ってみたとき、スイートスポットをはずしたときのグリップに伝わる衝撃は表現のしようもないものであったと記憶しております。
いまどきの優しいアイアンというのは、かなりスイートスポットが広くとられており、多少ヘッドの入り方が曖昧でも、それなりに距離がでるような発想で作られています。
低重心とか超低重心設計になっていますから、ターフを取るようなスイングをしなくても払うようなスイングでアイアンが振れます。
いちどショップで試打されてみては如何でしょうか?

この回答への補足

低重心って聞いたことはありますけど
なんでしょうか。

補足日時:2007/10/06 17:39
    • good
    • 1

>お得意先の社長に、「ゴルフでケチったら駄目だ(上手くならない)」


確かにその様に考える方は多く居られます。
しかし、ゴルフは道具だけでは無いのも事実です。
ましてや値段で比較する物ではなく、いかに自分が気に入りその道具を信頼出来るかだと思います。

シャフトに関しては、その人の力やスイング状態で堅い方が良い人と、シャフトが柔らかくシナリの反発力を利用した方が良い人と有ります。
また、ヘッドの重さを強く感じる方が良い人と、幅の狭いソールで振り抜きを大事にする人等人それぞれですから、とにかく焦らずにじっくり試し打をさせてもらい、自分に合って惚れ込めるクラブ選択を楽しんでください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうですね。
衝動買いにならないように
慌てず、じっくりと探そうと思います。
ご意見ありがとうございます。

お礼日時:2007/10/06 17:34

ひとつの判断として、あなたが20年前にどのような感じでアイアンショットをされていたのかということ。


ダウンブローでターフを取るようなショットをされていたのであれば、いまどきのやさしいタイプって合わないかもしれません。
やさしくなっているということは、そうなることで得たものもあれば失ったものもあるということで。
もともとアイアンですから、飛距離よりは番手ごとの距離がきちんと打てればいいわけですから、今までの道具でこれができるのであれば、敢えて新しいアイアンを手に入れることもないような気がしますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

勿論今までのクラブできちんと打てれば新調しようか迷うこともありませんからね。
今はやさしいタイプにどんどん進化しているんですか?
やさしいということは、打ちやすい、ミスショットが少ないということでしょうか?
もしそうなら私の場合は、まさにそういったクラブがほしいですね。
ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/06 12:20

ドライバーの進化は目を見張る物が有ります。


当然アイアンもウッド類ほどでは有りませんが相当に進化しています。
しかし、20年の歳月はクラブの進化以上に質問者の力の変化も見逃せません。
問題はヘッドの材質や構造よりも、それぞれの力やスイングに合ったシャフトの選択が重要かも知れません。
是非一度、貴方にあったクラブを見つけるために専門店を訪れてみてください。
勿論、アイアンは古くても使い慣れた物の方が良い場合もありますので、十分に色々な物を検討してから決められることをおすすめします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

シャフトの選択もできるんですか?
知らなかった。(ホントに無知なんです)
お得意先の社長に、「ゴルフでケチったら駄目だ(上手くならない)」
と言われたのも買い換えるか迷っていた理由です。rimurokkuさんもそう思いますか?
なんか今からうずうずしてきました。
早くショップに行かないと!
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/06 11:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング