壁をすり抜ける拳法を使った密室殺人が起こる推理小説があると聞いたのですが、
本のタイトル
出版社
作者
などの情報を知っていたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

戦う少女と残酷な少年―ブロークン・フィスト


富士見書房(富士見ミステリー文庫)
深見 真

これですかね…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう御座います。
戦う少女と残酷な少年は残念ながら絶版のようなので古本屋を巡ってみます。

お礼日時:2007/10/06 18:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犬の名前を推理小説家から付けたいのですがいい案はありますか?

長ったらしい質問タイトルで恐縮です。
ラブラドールレトリーバーを飼うことにしたんですが、名づけに手間取っています。
海外の推理小説家(有名どころ)の名前を付けようと思っているんですが(エラリーとか>笑)、いい案はありますか?
苗字であるとか名前であるとかはあまりこだわらないつもりです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんばんは
楽しそうなので、わたしも勝手に考えました。
女の子だそうですが「どいる」。カタカナの「ドイル」だと男の子になっちゃうので平仮名で呼んであげてくださいね。
後は日本人ですが有栖川有栖さんから「ありす」なんて可愛いと思うんですけれど…
では、おじゃまさまでした。

Q新風舎という出版社で共同出版された方

新風舎という出版社から、共同出版で本を出された方、いらっしゃいますか?

友人が、自費出版よりはお金がかからないと言われ、出版を検討しているそうなのですが、詩集80ページちょっとで120万円と言われたそうです。
近所のおじさんが他社で自費出版しているのですが、かなり厚い小説を20年くらい前に100万円で作ったと言っていました。

自費出版で100万円に比べて、共同出版で120万円は、かなり高いと思うのですが、相場はいくらくらいなのでしょうか。
内容の良し悪しで高くなったり安くなったりしますか?
騙されているのではないかと心配しています。
新風舎について色々検索してみたのですが、いいことしか載っていないような気がしました。
経験者の方のご意見を拝聴したいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

共同出版で出版したことはないけど、作家を目指しているんで共同出版の話はよく聞きます。

まず共同出版だからといって自費出版より必ずしも安いとは限らないということ。
自費出版は悪名が広がりすぎたのか、断る人が多いので最近は出版社が提案する件数は減ったように思います。

かわりに出てきたのが共同出版ですが、名前のとおり出版社が費用の半分を共同で持つということは、まずありえません。
じゃあなにが共同かといえば、ひとつは出版社が契約している全国数十の書店に一定期間(一ヶ月ぐらい)置いてもらえること。
それから流通コードをもらえることです。自費出版は出版社が印刷した、ただの印刷物ですが、流通コードがあれば出版物と認められ、全国の書店から注文できます。おまけに、国会図書館は全ての出版物を保存しているそうですから、お友達の本も国会図書館におさめられますね。これはちょっとうらやましい。
ですから、サービスがいいぶん共同出版のほうが高めのこともよくあります。もちろん安いこともありえます。

で、値段なんですけどこれはピンからキリまで。20年前の自費出版と今の共同出版では比べ様がないですね。
詩集の相場にはくわしくないけど、小説でしたら300ページぐらいで150~300万円と聞きます。
ただ、詩集はまったく売れません。商業出版でも新人の小説の初版は5000部ぐらいに対し、詩集で300部ほどという差がすでにあります。

120万で詩集ということなので、印刷数は100冊ぐらいでしょうか。たぶんもっと少ない気もしますが。
ためしにこれで計算してみましょう。
120万で100冊ということは一冊の原価が1200円となりますね。(この価格で素人の詩集を購入する人はまずいないでしょうが)

印税は新人だと5%ぐらいです。共同だともっと低いかもしれません。
1200円の5%=60円

自費(共同)出版で10冊売れればベストセラーと言われています。詩集ですから、3冊ほど売れれば奇跡の大ベストセラーと言えるでしょう。
その奇跡をおこしたとして、入ってくる印税は180円。120万払って儲かるのは180円。悲しいけどこれが現実です。
書店から返品された本を自分で友人知人、ご近所親戚に売りつければもう少し売上があがるでしょうが、皆に嫌われます。

お友達が費用を回収できるのは2万冊以上売らなければいけません。現実にプロの詩人でもこんなに売り上げがある人はいません。

もっと印刷冊数が多ければ原価も下がり、当然印税もさがってさらに費用回収は困難でしょう。かといって原価を上げればますます買う人は減るでしょう。

共同出版の現状からすれば120万は法外に高すぎる値段ではないと思います。(それが現実問題として妥当な値段かどうかは別として)
新風舎は自費出版系として有名ですし、なによりきちんと契約どおり出版されれば詐欺とはいえません。
ですが思ったように本が売れず、借金だけが残って騙されたと感じる人も多数いることでしょう。
そのことを考慮して決めるよう、友人に話してみてあげてください。

ちなみに
>内容の良し悪しで高くなったり安くなったりしますか?
これは作品の内容というより、本の品質で変わるようです。
出版社は本の売上で利益を得ようとしているのではなく、本の出版費用で利益を稼いでいますから。よほど内容が良ければありえるかもしれませんが。
先に書いたように詩集はまったく売れませんから、いかに今まで見たこともないようなすばらしく感動的で、まさしく天才の作品であっても、詩である限り内容で割引されるとは考えにくいですね。そこまですごい作品なら、話題になって商業出版の話が持ち上がるかもしれません。
ただ、値引きはわりしてくれるとも聞きます。
それから、120万は印刷代だけ、あと編集代としていくら、表紙のデザイン代でいくら、宣伝費(書店に本を置く代金)がいくらかかると後で金額を追加されないよう、最初の話し合いはきっちりとしてください。

共同出版で出版したことはないけど、作家を目指しているんで共同出版の話はよく聞きます。

まず共同出版だからといって自費出版より必ずしも安いとは限らないということ。
自費出版は悪名が広がりすぎたのか、断る人が多いので最近は出版社が提案する件数は減ったように思います。

かわりに出てきたのが共同出版ですが、名前のとおり出版社が費用の半分を共同で持つということは、まずありえません。
じゃあなにが共同かといえば、ひとつは出版社が契約している全国数十の書店に一定期間(一ヶ月ぐらい)...続きを読む

Q3大推理小説家?

E.S.ガードナー、アガサ・クリスティと並んで「3大推理小説家」と言われる人のことをどなたかご存知ありませんか?

父が誰か思い出せないと言っているのでインターネットで調べてみたんですが、それらしき人はヒットしません。本当にそう言われてるのかどうかもわかりませんが、多分この人だという作家をご存知でしたら教えてください。
ちなみに、戦前の作家だそうです。

Aベストアンサー

はて、クリスティーとならぶと言えばエラリー・クィーンくらいしか思いつかないんですけど、違うんですか?

Q初心者向け推理小説

簡単なものという意味ではなく質の高い本という意味です。推理小説には一切手を付けてこなかった人にプレゼントしたいのです。なので推理小説なんてこんなものかとは思われないような物が良いです。その人がよく読んでいるのは 村上春樹さんです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

村上春樹ファンならば、彼の初期のテイストを感じさせる伊坂幸太郎さんの作品は肌に合うと思います。短編連作集「チルドレン」などがなじみやすいのでは。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062124424/250-3008853-5889047

Q推理小説愛好家と交流するには

いつもお世話になっています。
私は現在大学4年生で、昔から推理小説を愛読してます。
周りに推理小説を良く読む人が居なく、
色々と話す機会が無いというのが目下の悩みです。

同じ趣味の仲間を見つけるにはどうしたら良いでしょうか?
何か良い掲示板やウェブサイト、サークルなどあったら教えて下さい。

mixiも有効かとは思うのですが、
mixi自体にちょっと抵抗があって試していません。
むしろmixiオススメだよ!という人が居たら意見を下さい。
また他大学のミステリ研究会にでも所属しようかと思いましたが
もうすぐ社会人ですし、創作活動には興味が無いため断念しました。

好きな作家は
カー、ヴァンダイン、クロフツ、デクスター、ラヴゼイ等です。
日本だと乱歩、横溝から綾辻、京極などまでかなり沢山読んでるので、
色んな人とミステリについて語れたらなぁと思っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

わかりますー
自分と同じ趣味の人間を探すのは大変ですよね
私も推理小説は好きだが質問者さんとはちょっとジャンルが違うな、、
↓こちらで探してみたらどうですかね、

参考URL:http://www.kouzui.gr.jp/100man/

Qこんな推理小説ありませんか?

普段はあまり本を読まないのですが、
明日図書館に行こうと思っています。

そこで、こんなカンジの推理小説が
ないかと思って…。

・緻密に計算されていて、謎解きの段階で
 伏線が見事に繋がり「なるほど!」と思わされる。
・物語にグイグイと引き込まれる。
・日本の作家のもので、あまり長くない。
・ドロドロしていない(情念・怨念的でない)。
・図書館で借りることが出来そう。

…以上の条件を満たすようなものは
ありますでしょうか?
作家名や「○○シリーズ」というのではなく、
具体的な作品名を挙げて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

私のお勧めは
 13階段       高野和明
 嘘をもうひとつだけ 東野圭吾
 私が彼を殺した    東野圭吾
 看守眼       横山秀夫
です。
いずれも図書館で借りました。
「嘘を…」は短編集で読みやすかったですよ

Q推理小説・・・

推理小説で、『コナン・ドイル』と『江戸川乱歩』以外に有名な推理小説家はいませんか?
世界の推理小説家でもいいです!!

Aベストアンサー

質問の意図がよくわかりません。
wikipediaでもこれだけでましたよ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A8%E7%90%86%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E4%B8%80%E8%A6%A7

ちなみに人物を指すのに『』は使いません。
『』は何らかのタイトルに用いたり、どこからかの引用で二重カッコにする時に用います。

Q世界の推理小説5指って?

いまさらなんですが、アガサ・クリスティの「アクロイド殺し」を読みました。
で、この作品は世界の推理小説5指に入るってコメントがあったのですが、じゃあ、他の4指って何なのだろうと疑問が。
5指に入るような作品という意味で、これとこれとこれっていう感じで決まってるわけではないのでしょうか。

Aベストアンサー

 それはダグラス・トムスンの書評ですね。おそらく、当時傑作とされていた推理小説を5本上げろ、といわれた場合、だれもがこの作品をその中に入れるだろう、というような意味だと思います。
 つまり、それほどの傑作と云うことでしょうね。

Qお勧めの女性作家の推理小説を教えてください

女性作家の推理小説はあまり読んだことが無かったのですが、最近よく読むようになりました。なにかお勧めのものがあれば教えてください。
最近読んだものは、近藤史恵・篠田真由美・若竹七海・松尾由美などの本です。
推理小説家ではないかも知れませんが、女性作家では恩田陸や三浦しをん、高村薫、五條瑛などの作品をよく読みます。お願いします。

Aベストアンサー

皆さんが薦めていない女性作家をご紹介します

永井するみ 農業ミステリー『枯れ蔵』や最近文庫化した『ランチタイムブルー』 最近はミステリーより女性心理物が多いです(『ボランティアスピリット』など)

畠中恵 時代物『しゃばけ』や少年ミステリ『百万の手』、今後が期待される新進作家

光原百合 『十八の夏』や『時計を忘れて森へいこう』、暖かい作風が心に染み入ります

青井夏海 寡作ながら『赤ちゃんを探せ』『赤ちゃんがいっぱい』の助産婦シリーズはNHKドラマ化されました

矢口敦子 家族問題や医療ミステリ等幅広い作風の作家です。最近、久し振りに新作が出た作家です

雨宮町子 ホラー系が多い作家ですが『私鉄沿線』『殺される理由』等の短編はオススメ

桐生裕狩 ファンタジー系の『夏の滴』、ノベル探偵の作品もある、これも今後注目の作家(作風は女性っぽいのですがもしかしたら男性かも)

最後にまとめてホラー系女性作家を名前のみご紹介

和田はつ子、春口裕子、新津きよみ、森真沙子

毛色の変わった作家をご所望なら、ピンクのぶたシリーズの 矢崎存美、科学系記憶ミステリの 北川歩美

PS.今回あえてご紹介しませんでしたが(既読だろうとの勝手な判断)、ミステリ・SF・ファンタジー等幅広い作風の 柴田よしき は全作品オススメです

皆さんが薦めていない女性作家をご紹介します

永井するみ 農業ミステリー『枯れ蔵』や最近文庫化した『ランチタイムブルー』 最近はミステリーより女性心理物が多いです(『ボランティアスピリット』など)

畠中恵 時代物『しゃばけ』や少年ミステリ『百万の手』、今後が期待される新進作家

光原百合 『十八の夏』や『時計を忘れて森へいこう』、暖かい作風が心に染み入ります

青井夏海 寡作ながら『赤ちゃんを探せ』『赤ちゃんがいっぱい』の助産婦シリーズはNHKドラマ化されました

矢口敦子 ...続きを読む

Q推理小説で、主人公が男

主人公が男といっても、
少年~青年(10歳~24歳ぐらいまで)でお願いします。
私の場合、男じゃないと感情移入が出来ないので(当人女です)

今まで私が読んだことのある推理小説は、
今夜は眠れない・夢に思わない・ステップファザーステップ・魔術はささやく(これすべてが推理小説なのかは分からないのですが(汗))
ぐらいだと思います。全て宮部みゆきさん作品ですが。

あとシリーズものは少し苦手です。
何巻もあると、読むのに挫折してしまいそうなので。
以上の条件にあてはまる推理小説をご存知の方、
教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

・米澤穂信さんの「古典部シリーズ」「小市民シリーズ」『さよなら妖精』は主人公が男子高校生です(友人に女子もいますが)。シリーズといっても、現在「古典部」が3巻、「小市民」が2巻までしか出てません。
・古処誠二さんの『フラグメント』も高校生たちの物語です。
・伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』は、もしかしたら条件の年齢層からは外れるかも知れませんが、主人公兄弟の少年時代のエピソードも結構入ってると思います。
・はやみねかおるさんの「虹北恭助シリーズ」の主人公・恭助君は最初は小学六年生、後に高校生(ただし、学校には行っていない)になります。シリーズは4冊出てます。


人気Q&Aランキング