「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

いまいち掛け率と利益率の考え方がごっちゃになってしまいます。
売値が1000円の場合掛け率が5かけといわれれば500円で利益率が
50%ということでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>仕入れ-500円  販売価格-1000円 


>単純に仕入金額に500円の利益を乗っけて販売するとします。
>この時の掛け率、利益率を教えて下さい。

 利益率=(利益/売上)=((1000-500)/1000)*100
            =50%

 掛け率は、どのような意味で使われていますか?
 この場合、値付けの掛け率のことだと思いますので、 

 売値の掛け率を言えば
 仕入れ値*掛け率=売値
 掛け率=売値/仕入れ値=1000/500=2(倍)

 載せる利益の掛け率を言えば
 仕入れ値*掛け率=利益
 掛け率=利益/仕入れ値=500/500=1(倍)
 この場合、100%、10割(10掛け)などの言い方が有ります。
 

この回答への補足

丁寧なご説明有り難うございます。
利益率の出し方は理解しました。
>掛け率は、どのような意味で使われていますか?
正直、商品を卸しているお客さんに掛け率を聞かれて私自身もどの様な意味かわかりませんでした。ので質問をさせていただきました。

ある商品A 上代1400円 下代700円とします。
最近個人的に商品を小売店に卸すようになったんですが、小売店のお客さんに「沢山仕入れするから4掛けにならない?」と言われたのですが、
通常、小売店と卸すやり取りをする中での「〇×掛けにならないと?」と言われたら上代、下代のどちらの掛け率を業界では指しますか?
A商品は卸す数量によって上代、下代のどちらとも考えられるで困ってしまいます。
ちなみに流通関係の仕事はまったっくの素人で個人的にやってるので流通に関する相談する人がいなく、小売店のお客さんに流通業界では当たり前だと思いますが、仕入れの掛け率を聞かれた時に「上代、下代のどちらですか」なんて聞くとお客さんに信用されなくなってしまうかと思い、今回の質問をさせていただきました。
ややこしくなってすいませんがお力をかしてください。
宜しくお願い致します。

補足日時:2007/10/08 12:58
    • good
    • 3

#6です。


>ある商品A 上代1400円 下代700円とします。
>最近個人的に商品を小売店に卸すようになったんですが、小売店のお客さんに「沢山仕入れするから4掛けにならない?」と言われたのですが、

 「上代1400円 下代700円」の意味がわかりませんが、
 上記の会話であれば、現在卸している価格の4割(0.4倍)にならないかと言う意味です。 

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々有り難うございました。
勉強になりました。

お礼日時:2007/10/09 13:43

#1です。


 皆さんの回答を見て、やはりどのように掛け率を言っているのかを質問者さんがはっきり言わないと、適切な回答にならないようです。
 私は、前後の文から、売値が1000円ということと利益率を言われているので、仕入れ値から売値を決める掛け率と言う理解で、掛け率5掛けといえば、仕入れ値を1.5倍にして(仕入れ値の5割かけた値を利益として上乗せして)売値を1000円としたと仮定して回答しています。
 その時の利益率は33.3%とになります。

この回答への補足

質問内容不足で皆さんを混乱させてしまった様でごめんなさい。
もう一度説明させていただきます。
(税別計算です)
仕入れ-500円  販売価格-1000円 
単純に仕入金額に500円の利益を乗っけて販売するとします。
この時の掛け率、利益率を教えて下さい。
※利益といっても専門的になれば色々あるみたいですが、あくまでも
一般的な考えかたでお願い致します。
質問する私が知識不足なため質問内容が曖昧ですが、何卒宜しくお願い致します。

補足日時:2007/10/07 23:02
    • good
    • 2

皆さん難しいお答えをされているように思います。


質問者は単純に「掛け率」と「値入率」のことを聞きたいのだと思います。(「利益率」という言葉は定義が多岐に及びますから、不適切ですね!)

売値が1000円の場合、仕入が700円なら、掛け率70%、値入率30%ということです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

すいません!利益率って大分アバウトな質問になってしまいました。
有り難うございました。

お礼日時:2007/10/07 13:00

質問者様がこの商品を仕入れる側なのか、売る側なのかわかりませんが、会社や立場によって定義が変わります。

掛率には決まりはないです。

仕入れる立場で、定価1,000円のもので仕入の掛率は50%と言われたら、500円で仕入れて1000円で再販することになります。粗利は500円で利益率は、500/1000=50%になるかもしれません。なお、一般的に利益率は販売にかかった経費まで引いて計算することが多いようです。
売る立場で、買い手から掛率50%と言われたら、売値1,000円のものが売れた時にあなたの取り分は500円(売値x掛率)ということになるかもしれません。百貨店の中で場所を借りて小売をしている会社に多い言い方です。この場合、これだけの数字では利益率は出ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
業界が変わると利益率の言い方や捕らえ方が変わるので、どれを基準にしていいのかいつも考えさせられて困ってしまいます。

お礼日時:2007/10/07 13:31

通常は7掛け、8掛けなどと使い、本来売値からの値引後の金額のことを指します。

したがって7掛けは売値の3割引を修正後の売値にすることで元の売値が1000円なら7掛けは700円で売ることになります。質問者の例では5掛けということで売値が500円といことになります。この際には元になる売値の値入率が不明なので原価はわかりません。原価が分からなければ利益は分からないので利益率もわかりません。5掛けで売って利益の出るということは大抵の商品ではむずかしいので赤字覚悟で売るか、販売奨励金や仕入割引などで最終利益はプラスになるものかもしれませんね。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
申し訳ないのですが、<5掛けで売って利益の出るということは大抵の商品ではむずかしい~>となってますが、なぜ5掛けで売って利益がでないのでしょか? 出来れば例で上げていだだければうれしいのですが・・・
利益など流通や経済に対して全くの初心者なので、お手数ですが宜しくお願い致します。

補足日時:2007/10/07 13:15
    • good
    • 0

正式用語ではないと思いますので、使う人により違う場合も有るかもしれませんが、一般的には以下のように使います。



>掛け率5
 仕入れ値*1.5=売値
 例えば売値が1000円とすると、利益は
 1000-1000/1.5=1000*(0.5/1.5)
 利益率は、
 1000*(0.5/1.5)/1000=(0.5/1.5)
                    =33.3%
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。
すいません!計算が理解できませんでした。
もう一度確認します。 有り難うございました。

お礼日時:2007/10/07 13:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q掛け率って?

大変初歩的な質問で恐縮なのですが、普段3万円にて当店が販売している商品を、「掛け率2~3で卸してくれ」と言われました。

・・・掛け率ってなんですか?
ちなみに商品は原価8000円、当店オリジナルの日用雑貨セット商品です。

また、私はそういったことに全く無知なのですが、日用雑貨品の卸価格の相場や、初めての卸売りの際の注意点などございましたら、どなたかご教授頂けませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは
日曜雑貨の事は解りませんが基本は同じだと思いますのでアドバイスさせていただきます。

私達商売人が普段普通に使用している言葉です。
実に簡単ですよ(基本が解れば)

でも今回の場合「掛け率2~3で卸してくれ」と言う言い方もおかしいと言いますか・・少し疑問です。でも解る人が聞いていれば理解出来たでしょう。
だから余計に解らなくなっておられるかも知れませんね。
これについては後で。

まず、上からと下からと言う言葉(考え方)を覚えて下さい。商売の基本です。

上からの上とは上代(じょうだい)今回の場合は3万円です。
下からとは下とは下代(げだい)今回の場合は原価8千円です。
掛け率2とは2割、3は3割りの事、20%30%です。

今回の場合、「掛け率2~3で卸してくれ」の相手が、上から言っているのであれば、普通はこのような言い方になります。

まず、2割なら8掛け、3割なら7掛け(なながけ)と言います。
ですから「8掛け~7掛けで卸してほしい」と普通は言います。

この場合は、一般のお客さんに30000円で販売しているなら、
2割=8掛けは、30000-6000=24000円卸し(3万×80%でも良い)
3割=7掛けは、30000-9000=21000円卸し です。

この割合いは、小売りを対象にした商品では一般的な卸しの掛け率ですね。

ちなみに、ホテル式場の引き出物の相場は、業者はホテル式場に6~7掛けで卸します。
新郎新婦が10000円の商品を選んだなら、業者は6000~7000円でホテルに卸すのです。

ここからが問題です。

原価8000円との事ですが、この原価は何原価ですか?
単純に仕入れた価格が8000円なら仕入原価です。
(仕入原価8000円で売値30000円は高すぎませんか?でもこれは余計な事ですね・・)
製造材料原価が8000円かも知れませんね。これなら材料費+加工費(人経費)や電気代などいろんな経費がプラスされてきます。

まあ、ここでは仕入れ原価8000円とします。

今回「掛け率2~3で卸してくれ」の相手が、下から言っているのであれば、普通はこのような言い方になります。

「原価に、掛け率2~3乗せて、卸してほしい」と。ポイントは乗せる(のせる)です。

この場合は、一般のお客さんへの販売価格は関係なく、8000円原価なら、

2割=8000+1600=9600円卸し
3割=8000+2400=10400円卸しになります。

※厳密には下記ですがこれについては必要なら答えます。
2割=8000/0.8=10000円卸し
3割=8000/0.7=11428円卸しになります。

この「下から」の掛け率は、私達の間では一般的な卸し掛け率になりますが、今回の場合はどうか解りません。
今回はたぶん先の「上から」だと思いますが、同じ雑貨業者さんが言っているのなら、その仕入れ(原価)相場を知っているので「下から」かも知れませんね。

卸しの場合は、売れても売れても、その結果、振り回されたり、忙しいだけで何にも儲からないと言う事がありますし、同じ品物を安売りされる場合がありますので要注意です。
貴店オリジナル商品なら目先の売り上げだけを考えて、安易に卸しをするべきではありません。

貴方が店の経営者だとは思えませんが、もう少し勉強されて、頑張って下さい。
不明な点があれば何でも聞いて下さいね。

こんばんは
日曜雑貨の事は解りませんが基本は同じだと思いますのでアドバイスさせていただきます。

私達商売人が普段普通に使用している言葉です。
実に簡単ですよ(基本が解れば)

でも今回の場合「掛け率2~3で卸してくれ」と言う言い方もおかしいと言いますか・・少し疑問です。でも解る人が聞いていれば理解出来たでしょう。
だから余計に解らなくなっておられるかも知れませんね。
これについては後で。

まず、上からと下からと言う言葉(考え方)を覚えて下さい。商売の基本です。

上か...続きを読む

Q掛け率などの勉強のしかた

4月から営業職になるのですが、掛け率などの計算方法が分かりません

今までは数字とはまったく縁のない職種からの転職で少々不安です。

何掛け・粗利・何%乗せる・何%引きなどなど・・・

恥ずかしい話、言葉では聞いたことがあるのですが計算方法などがさっぱりです

そこで、こんなやり方で勉強したとか、こんな本が勉強になったとか

そんなのがあれば教えて頂きたいと思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

算数の応用なので、勉強するほどのモノではありません。

たとえば、ある商品を700円で仕入れて1000円で売ると、300円の儲けになります。これが仕入値と売値と粗利です。

仕入値:¥700
売値:¥1000
粗利:¥300

ところで、この商品を仕入れるときに送料が50円かかったとします。そうすると、仕入値が700円であっても、この商品を手に入れるのには750円かかったわけですから、750円より高く売らないと儲けになりません。このような場合、仕入値の他にその商品を手に入れるために掛かった送料などの費用を加えた価格、この場合は750円ですが、これを原価と呼びます。売値から原価を引いたものが粗利です。
この場合の粗利は、
¥1000-¥750=¥250
になります。
送料などの費用がかからなければ、
仕入値=原価
になりますから粗利は始めの計算のように¥300になります。
会社によっては、送料などを加えるとややこしくなるので、単に仕入値を原価と呼ぶことにしている会社もあります。それはそれぞれの会社の習慣です。

話を簡単にするために、ここでも、仕入値=原価、にしておきましょう。それでは、原価が¥800なので、

原価:¥700
定価:¥1000
粗利:¥300

としましょう。
この商品を売ろうとしたら、相手が、

「ねえ、たくさん買うから少し負けてくれないかなあ。1000個買うから安くしてよ。」

と言ってきました。
1000個売れたら売り上げは100万円です。原価が70万円なので、粗利が30万円になります。定価の1割引きの900円で売ったとしても、20万円の粗利になります。では低下の9割の値段で売ってあげることにしましょう。それでも20万円の粗利です。
この時の価格は1割引きですが、定価に9割(=0.9)を掛けた値段でもあります。これを9掛と言います。同様に、8割の値段にするのなら8掛などと言います。
8掛は定価の2割引きですから、定価の20%引きでもあります。この3つは同じ意味です。

ある商品を500円で仕入れました。これはいくらで売ったらよいのでしょう?
700円で仕入れたものを300円上乗せして1000円で売っていました。700円に対する300円の割合は
300÷700≒0.42857
ですから、約43%です。
仕入の700円に43%乗せて定価にしていたわけです。
では500円で仕入れたものも43%上乗せすることにしましょう。
500×(1+0.43)=715
です。500円で仕入れた新商品は43%乗せて、715円で売ることにしましょう。

というのが何%乗せる、ということの意味です。

こんなところでいかがでしょう?

算数の応用なので、勉強するほどのモノではありません。

たとえば、ある商品を700円で仕入れて1000円で売ると、300円の儲けになります。これが仕入値と売値と粗利です。

仕入値:¥700
売値:¥1000
粗利:¥300

ところで、この商品を仕入れるときに送料が50円かかったとします。そうすると、仕入値が700円であっても、この商品を手に入れるのには750円かかったわけですから、750円より高く売らないと儲けになりません。このような場合、仕入値の他にその商品を手に入れるため...続きを読む

Q掛け率と、何割、パーセント、

掛け率と、何割、パーセント、それぞれ意味は違がいますが計算式を説明できる方教えて下さい。
たとえば、9000円の商品が何掛けで4000円で入るとか、
9000円の何割引きだとか何パーセントだとか、
「掛け率60%」を「6掛け(ろくがけ)」とも言います。
上手にそれぞれ説明できません。
掛け率=
何割=
パーセント=

Aベストアンサー

>それを5500円で他社に卸している場合の掛け率の計算って?
>これはA社が相手先に倍で売っているから上代は5掛けとなるんですか?上代はいくらになるんですか?

"~掛け"は単に比率をあらわす言葉です。
"~掛け"なら上代は幾らという計算式はないです。

たとえば、あるマニュアルカメラで撮影終了後、フィルムを
巻き取るのに、クランプを枚数の9掛けで回す、という
言い方をします。36枚撮りのフィルムなら32回ちょっと
まわすと言うことです。

成功報酬は売上の4掛けで、といえば売上の4割が成功報酬
になります。どちらも上代は関係ありません。

小売などの世界では、上代、通常小売価格の"~掛け"という
使い方が一般的かもしれませんが、"~掛け"が分かれば
必ず上代がわかるかと言えば、ケースバイケースだと
思います。

定価が10000円で仕入れ値が6000円だと、定価の6掛けで
仕入れている、といえます。しかし、定価が10000円だから
上代を10000円にするかは別の問題だと思います。
定価販売するのであれば、上代は10000円になりますが。

#2さんも書いていますが、"~掛け"という言葉を使用する
場合、基準になる数字が明確になっている必要があります。

>それを5500円で他社に卸している場合の掛け率の計算って?
>これはA社が相手先に倍で売っているから上代は5掛けとなるんですか?上代はいくらになるんですか?

"~掛け"は単に比率をあらわす言葉です。
"~掛け"なら上代は幾らという計算式はないです。

たとえば、あるマニュアルカメラで撮影終了後、フィルムを
巻き取るのに、クランプを枚数の9掛けで回す、という
言い方をします。36枚撮りのフィルムなら32回ちょっと
まわすと言うことです。

成功報酬は売上の4掛けで、といえば売上の...続きを読む

Q粗利益率からの販売価格の算出方法etc

粗利益率の算出方法は分かるのですが、粗利益率から販売価格を
算出する場合、自分なりに考え、xを使い、計算しました。
それより簡単な算出方法はあるのでしょうか?

例240円の商品を粗利益率40%になるように販売価格を設定

自分なりの算出方法
100-40=60
240/x*100=60

x=400円

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しく考え過ぎないでください。
結局は質問者さんの方法とやっていることは同じですが、
原価を原価率で割ってください。

原価率=1-粗利率
→1から粗利を引いた残りが原価。

240円の商品を粗利益率
・40%になるように販売価格を設定
240÷0.6=400

・50%になるように販売価格を設定
240÷0.5=480

・60%になるように販売価格を設定
240÷0.4=600

・30%になるように販売価格を設定
240÷0.7=343

・20%になるように販売価格を設定
240÷0.8=300

・10%になるように販売価格を設定
240÷0.9=267

・18%になるように販売価格を設定
240÷0.82=293

・68%になるように販売価格を設定
240÷0.32=750

実際の価格の計算は計算機に頼るとしても、
計算式は暗算で出てきます。

Q利掛率の求め方

販売の仕事をしております。 今、通信講座を
習っているのですが、わからない問題がありまして・・

○原価率が70%の場合、利掛率は何%になるのでしょうか?

それと
○ある商品を35%の利掛率で、売価2835円に値付けしたとき、
その売価で売れれば荒利益率は何%になるのでしょうか?

Aベストアンサー

・利掛率とは?
 『利掛率とは、原価に対する値入高の割合い。値入高を原価で割った値の百分率表示。』
・値入(高)とは?
 『売価-原価』
 これは乱暴に言い方をすれば「粗利益額」でもあります。
ご理解していますか??
【一応、定義が間違っていると大変なので、こちらを参考にしました http://www.iconcept.co.jp/mding/md28.htm 】

A1
原価率とは『原価を売価で割った値の百分率表示』ですから、売価100円に対して原価70円が端的な例。
そうすると・・
 値入高は100-70=30
 利掛率は 30÷70≒42.85%

A2
問題文前半を文字式で表すと
 原価+値入高=売価2835円 ・・ 式(1)
値入高は、利掛率の計算式『利掛率=値入高÷原価』を次の様に変形すると求められる[全て小学生の算数ですよ。付いて来て下さい!]
 利掛率×原価=値入高÷原価×原価
 利掛率×原価=値入高 ・・ 式(2)
よって 最初の式(1)に式(2)を代入して、次のようになる。
 原価+原価×利掛率=売価2835円
更に変形すると
 原価×(1+利掛率)=売価2835円
利掛率は35%だから
 原価×(1+0.35)=売価2835円
 原価=売価2835÷1.35
 原価=2100
粗利利益率は『粗利利益を売価で割った値の百分率表示』であり、最初の方に書きましたが、値入高は「粗利益」と同一。
よって・・
 値入高=2835-2100=735円
 粗利益率=735÷2835≒25.93%
ここまで書いて来てなんですが、こんなめんどくさい事を考えずに
 利掛率÷(1+利掛率)=0.35÷1.35≒25.93%
で答えは出るのですけどね。[売価は関係ない]
因みに、式は次の様に変形していきます
粗利益率=粗利益額÷売価 
=値入高÷売価 [粗利益は値入高と同意語だから] 
=原価×利掛率÷(原価+値入高) [今までに出てきた内容ですよ]
=原価×利掛率÷(原価+原価×利掛率)
=原価×利掛率÷原価×(1+利掛率)
=利掛率÷(1+利掛率) [「原価」を約分の約束で消す]

・利掛率とは?
 『利掛率とは、原価に対する値入高の割合い。値入高を原価で割った値の百分率表示。』
・値入(高)とは?
 『売価-原価』
 これは乱暴に言い方をすれば「粗利益額」でもあります。
ご理解していますか??
【一応、定義が間違っていると大変なので、こちらを参考にしました http://www.iconcept.co.jp/mding/md28.htm 】

A1
原価率とは『原価を売価で割った値の百分率表示』ですから、売価100円に対して原価70円が端的な例。
そうすると・・
 値入高は100-70=...続きを読む

Q原価と原価率から売価を出す計算方法を教えてください

原価と原価率から売価を出す計算方法を教えてください

Aベストアンサー

原価÷原価率=売価
例えば原価840円、原価率75%なら、
840÷0.75=1120円(売価)

Q利益をのせる

カテゴリーの選定が合っているかわかりませんが、分かる方教えて下さい。
会社で使う計算方法であって、これが業界用語か分かりませんが、
「利益を10%のせて」と言われると、商品の金額÷0.9をします。
例えば、1000円のものは1111.1111……となり、約1112円となります。
しかし、1000円の10%は100円です。
これをのせるといえば、利益を10%とることなので、1100円ではないでしょうか?
1112円と1100円で12円の差がでます。
私が意味をちゃんと理解していないだけかもしれませんが、
「チラッと分かる」という方でも結構ですので、何か答えか、
考え方のヒントを下さい。

Aベストアンサー

既に回答が出ていますので、屋上屋ですが、整理しておきましょう。

売値を決める時に、利益率で計算する場合、次の2つの方法があります。

(1)仕入れ原価の10%の利益を乗せる方法・・「内掛け」と呼びます。
売値=原価1,000円X(1+利益率)
<例>原価1,000円X(1+利益率10%)=1,100円

これは、原価に対しては10%の利益が取れますが、売値1,100円に対しては、100円÷1,100円≒9%の利益率となります。

(2)売値の10%の利益をとる方法・・「外掛け」と呼びます。
売値=仕入れ原価÷(1-利益率)
<例>原価1,000円÷(1-0.1)=1,111円

以上を理解しておくとよいでしょう。質問者の会社でとられている方法は、(2)の方法です。業界や会社により、違います。

Q上代の算出方法を教えて!

下代が1750円で、掛け率が70%の場合、上代の算出方法はどのように計算したらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

> 下代が1750円で、掛け率が70%の場合、上代の算出方法は
> どのように計算したらいいのでしょうか?
「上代×70%=下代の1,750円」と言う事ですよね。
それであれば
 下代1,750円÷70%=上代2,500円

Q2割乗せる。

本当に単純な質問ですがよろしくお願いします。
お店に入荷した値段が10000円の商品に2割乗せて定価をつける場合、今まで私は10000に1.2を掛けていました。
最近、パート先で10000を0.8で割って計算するのが常識と言われました。
大人になってからこんなことを質問できず疑問のままです。
2割乗せる場合、1.2を掛けるのは間違いなのですか?
どうして0.8で割るのか知りたいです。

Aベストアンサー

利益計算の問題です。
粗利とは売値の何割が利益に当たるかですので、2割利益を確保したいなら、100円で仕入れた物を120円で売っては儲け(20円)が足りませんよね(20÷120=0.16)?
そのかわりに100を0.8で割った値、125円で売れば、利益が2割確保できます(25÷125=0.2)。
なぜ0.8で割るのかは、要するに売値を10割とした時、利益が2割なら仕入れは8割なので、仕入れ金額を8で割り(売値の1割がいくらかを知り)、10を掛ける(売値の10割を出す)手順を一発ですませているだけです。
説明がごちゃごちゃしてますけど分かります?

Q商売上の7掛けの意味

よく商売をする上で7掛けという言葉が出てきますが、これはどういう意味なのでしょうか?
例を挙げて教えていただけないでしょうか?
また7掛けというのは商売上低い値なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なながけ

個人商店の仕入れとして辛うじて及第点。
大規模店なら失格(品物自体に対して)。

大雑把に、
1.品物の原価 :売値の1/3
2.従業員の給料: 〃  1/3(及び運用コスト)
3.組織の粗利益: 〃 1/3  

が基本と思います(どんな事でも1/3法則)。

個人商店なら1,2を一緒こたにして、全コストが
7割でも問題になりませんが...
(本当は67%以下にすべし)

組織では、1が7割を占めては、絶対に回せません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング