高校生のときに感じた疑問を質問させてください.
学校では百数種類の元素のうち,
登場するのは半分くらいで,しかもその多くが
周期表の初めの方の原子番号の小さいものでした.
その傾向はなんとなく納得できるのですが,
中にはベリリウム(Be)やホウ素(B)といった,
ごく初めの方の元素であるのにもかかわらず
ほとんど取り扱われないものがいくつかありますよね.
これには何か理由があるのでしょうか?
自然界にほとんど存在しないとか,
工業的に有用でないなどの理由でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ベリリウムやホウ素が自然界にほとんど存在しないと言うことはないです.


でも,原子番号の小さい元素としては(希ガスは別にして)存在率は
少ないですね.

134 さんの書かれているとおり,
ベリリウム化合物は有毒で知られています.
甘い味がするというんだけど....
銅にベリリウム(場合によってはコバルトも)を少量加えたものは
優秀なばね材料として広く使われています.

パイレックス(耐熱ガラス)はホウ素を含んだガラスです.

ナトリウムやカリウムは化合物ではよく出て来るのはご承知の通り.
単体は危ないですね.
原子炉で液体ナトリウムが漏れてなんとか,という事故がありましたよね.

フッ素は専門家の 134 さんが書かれているように,
反応性が非常に強く危険です.
なにせ,化合物を作らないと思われていた希ガスのクリプトン,キセノン,ラドンと
化合物を作っちゃうくらいですから.
フッ素を単離したモアッサンはその業績で1906年のノーベル化学賞を
受賞しています.
それだけ単離は困難だったのでしょうね.

フッ素化合物は身近にもあります.
焦げつかないフライパンのテフロンはフッ素樹脂ですね.
冷蔵庫やエアコンのフロン(温暖化で最近評判が悪いですが)も
炭素,塩素,フッ素の化合物です.

ウランやプルトニウム関係では,六フッ化ウランや六フッ化プルトニウムが
分離精製のために使われています.
ちょっと暖めるとすぐ気体になるためですが,
むちゃくちゃ怖そうな物質ですね.
化学的に猛毒の上に放射能まで持っている.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーむ,私にとってはどんなにマイナーな元素でも,世界のどこかに必ず研究者がいて,役に立つ方法を考えているのですねぇ.また詳しく調べてみたくなりました.ありがとうございました.

お礼日時:2001/01/30 10:14

 お話に出ているベリリウム(Be),ホウ素(B),フッ素(F)に関して言えば,他の元素とは性質が異なるため,高校生レベルでは理解しにくい(説明しにくい)という事も関係している様に思います。



ベリリウム(Be):
 金属元素でありながら,2A 族の他の元素(Mg, Ca, Sr, Ba, Ra)等とは異なり,共有結合性の大きい化合物を作り,水中で Ba2+ を生じる事はない。

ホウ素(B):
 金属と非金属の境界線上に位置しているが,化学的には同族(3B 族)Al, Ga, In, Tl 等よりはずっとケイ素によく似ている。

フッ素(F):
 他の方々がご指摘の様に他の 7B 族元素とは挙動が異なります。

 と,これらはいずれも他の同族体とは挙動が異なるため,周期表に添った形での説明が困難だからではないかと思います。


 なお,同族にまとめての説明が困難なのは大学レベルでも同じなのか,「コットン・ウィルキンソン 無機化学」(培風館)を見ても,多くのものが I 族元素, II 族元素,等とまとめてあるのに対し,水素,リチウム,ベリリウム,ホウ素,炭素,窒素,酸素,フッ素はそれぞれ単独で説明があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.周期表の初めの方の元素は,構造が簡単であるがゆえに,逆に同族元素との類似性が隠されてしまうのですね.にもかかわらず頻出する水素や炭素は,それらのハンディキャップを補って余りある重要性を備えたつわものたち,ということになるのでしょうか.

お礼日時:2001/01/31 21:10

Beに関しては良く分かりませんが、ホウ素(B)に関してはかなり期待されて研究されている化合物があります。

それはBN(窒化ホウ素)やBCNなどの化合物です。これらはダイヤモンドにも匹敵する硬度を有する化合物材料で、工具の皮膜等に用いられる可能性があります。というわけで必ずしも工業的に有用でないとはいえません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.影の薄かった元素たちが身近に感じられるような気がしてまいりました.今後の研究の動向にも注目したいと思います.

お礼日時:2001/01/31 21:09

 ベリリウムは、エメラルドを構成する元素の一つです。

化合物としての毒性が強いのと、単体としての扱いづらさ、一般性の低さから高校教育にはほとんど出てきません。
 硼素は目を洗う硼酸を構成する元素。やはり化学の世界で一般性が低い元素です。

 リチウムやナトリウム、カリウムなどのアルカリ金属は、水に触れると激しく発熱し、発火、アルカリを含む水を周囲にまき散らす危険があるので、化学実験ではほとんど使わないはずです。(化学の世界では、水添、乾燥剤、アルカリの調整などで使っていますが) 

 フッ素…この元素は単体を得るまでに、実験により多くの犠牲を出した元素だったりします。フッ化水素はガラスを溶かす性質なので、扱いに注意が必要。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.なるほど,そういう理由があったのですね.「危険である」という理由が「一般性が低い」という理由と肩を並べて出現頻度に影響しているところが面白いですね.化学において「一般性」というのが何を意味するのか,実のところよく分かっていないので,勉強してみることにします.

お礼日時:2001/01/30 00:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイオン化傾向はK,Ca,NaなのかK,Na,Caですか?

イオン化傾向は高校の化学で習いますが、高校時代はK,Ca,Na,Mg・・・と教わります。ところが大学の無機の先生からは本当はK,Na,Ca,Mg・・なんだよと分厚いデーター集を見せられて、ほらココに書いてあると教わりました。

その時に街の書店で、各社の参考書を読みあさったところ、どの参考書も全てK,Ca,Na,Mg・・・でした。

最近、このサイトで参考にしていたホームページもK,Ca,Na,Mg・・・でしたし、娘が使用した高校の教科書でも同じでした。

昔、先生から、理化学辞典も参考にしなさいとアドバイスを受けていたので、もう一度理化学辞典を調べたところ、私が持っている第3版では、確かに先生がおっしゃったようにK,Na,Ca,Mg・・と記載されていました。

ちなみに化学大辞典を調べたのですが、こちらは高校の教科書通りの順番でした。

化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

私自身は、恩師の教えを今も信じています。
よって、私から見れば、高校の教科書、化学大辞典、その他ホームページの記載も間違いだということになってしまいます。

私が正しければ、イオン化傾向などの基本的な記述が何10年も(今もって)間違って教えられ続けていることになりますし、化学大辞典が正しければ、私が先生にだまされて何10年も間違った思いこみをしてきたということになります。

みなさんはどちらが正解だと思われますか?

イオン化傾向は高校の化学で習いますが、高校時代はK,Ca,Na,Mg・・・と教わります。ところが大学の無機の先生からは本当はK,Na,Ca,Mg・・なんだよと分厚いデーター集を見せられて、ほらココに書いてあると教わりました。

その時に街の書店で、各社の参考書を読みあさったところ、どの参考書も全てK,Ca,Na,Mg・・・でした。

最近、このサイトで参考にしていたホームページもK,Ca,Na,Mg・・・でしたし、娘が使用した高校の教科書でも同じでした。

昔、先生から、...続きを読む

Aベストアンサー

 おもしろそうな質問ですので,チョット失礼いたします。

> 化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

 「理化学辞典 第3版」を御覧になったようですが,手元の「理化学辞典 第5版 CD-ROM 版」(岩波)では,『Li, K, Ca, Na, Mg, Al, Zn, Cr(III), Fe(II), Cd, Co(II), Ni, Sn(II), Pb, Fe(III), (H), Cu(II), Hg(I), Ag, Pd, Pt, Au』とあり,他のものと同じく「K,Ca,Na,Mg,・・・」になっています。

 おそらく,#5 の 38endoh さんがお書きの様に『標準電極電位の測定値が時代を追って変化し』,何処かの時点で逆転したのだと思います。

 この辺りの事は「IUPAC (International Union of Pure and Applied Chemistry)」のサイト(↓)に情報があるかと思いますが,残念ながら私には見付けられませんでした。「Site Index」の「Reports」辺りにあるんじゃないかと思いますが・・・。見付けられたら教えて下さい。

 そう言えば,むか~し(?)「かそかな,まあ当てにすなひどすぎる借金」って習った時に,「なんで,そ=ソーダ=Na じゃないんだ?」って疑問に思いましたね。

参考URL:http://iupac.chemsoc.org/dhtml_home.html

 おもしろそうな質問ですので,チョット失礼いたします。

> 化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

 「理化学辞典 第3版」を御覧になったようですが,手元の「理化学辞典 第5版 CD-ROM 版」(岩波)では,『Li, K, Ca, Na, Mg, Al, Zn, Cr(III), Fe(II), Cd, Co(II), Ni, Sn(II), Pb, Fe(III), (H), Cu(II), Hg(I), Ag, Pd, Pt, Au』とあり,他のものと同じく「K,Ca,Na,Mg,・・・」になっています。

 おそらく,#5 の 38endoh さんがお書きの様に『標準電極電位の測...続きを読む

Q教えて下さい! ホウ素原子 同位体,炭素原子 質量

化学でわからない問題があります


(1)ホウ素には,10Bと11Bの2種類の同位体が存在し,ホウ素の原子量は10.8である。ホウ素原子1000個の中には,11Bが何個存在しているか。


(2)質量数が12の炭素12C 1個の質量は2×10(-23乗)gである。この炭素原子を何個集めると12gになるか。

この2問の答え、よろしければ式も含めてお願いします・・・><

Aベストアンサー

(1) 「原子量」の定義, わかる?

(2) 1個 60 g のりんごは, 何個あったら 3 kg になりますか?

Q12族の元素が典型元素なのはなぜですか?

1、2、13~18族の元素が典型元素なのはわかります。
3~11族の元素が遷移元素なのもわかります。
でも、どうして12族の元素が遷移ではなく典型元素なのか分かりません。

Aベストアンサー

過去には12族の元素を遷移元素として扱ったこともありました。
現在、典型元素として扱うということは、そう考えた方がメリットが大きいということから来ているのでしょう。
つまり、遷移元素というのは、電子の軌道のうちの内部にあるものに空の軌道があることによって、その特有の性質を出していると言えます。12族の元素には、その内部の軌道の空きがありません。そういう意味では遷移元素とは違っており、むしろ典型元素の特徴と一致します。まあ、そうは言っても電子を放出して陽イオンになる時には内部の軌道に空きができるわけですから、CdやHgのように『遷移元素的な』性質が出てくることもあります。

ちなみに、『電子の軌道のうちの内部にあるもの』の意味が取りにくいかもしれませんので補足します。高校ではM殻に最大で18電子収容されることを習うはずです。しかし、周期表の第3周期には8種の元素しかありません。残りの10個はどこに行ったかといえば、第4周期の遷移元素とZnのところに行ったということです。だから第4周期では遷移元素9個とZn1個の合計10個が多くなっています。そして、前に述べた『電子の軌道のうちの内部にあるもの』というのが、このM殻で第3周期までに満たされなかった軌道を意味しています。つまり、N殻に電子が2個入った後に、M殻に残りの電子が入り始め、その入り始めから、入り終わる前までの元素が遷移元素に相当するということです。

過去には12族の元素を遷移元素として扱ったこともありました。
現在、典型元素として扱うということは、そう考えた方がメリットが大きいということから来ているのでしょう。
つまり、遷移元素というのは、電子の軌道のうちの内部にあるものに空の軌道があることによって、その特有の性質を出していると言えます。12族の元素には、その内部の軌道の空きがありません。そういう意味では遷移元素とは違っており、むしろ典型元素の特徴と一致します。まあ、そうは言っても電子を放出して陽イオンになる時には内...続きを読む

Q元素記号や元素名の覚え方

学校で元素名と元素記号を覚える宿題が出てて、私は元素記号=元素名(例えばAL=アルミニウム)って書いたのをノートに繰り返し書いたり、オレンジで書いたのを赤シートで隠して覚えたり、単語を覚えるのは朝がいいと聞いたので朝覚えたりしてるんですが、他に何かいい覚え方無いでしょうか?語呂合わせとか…。

元素名や元素記号だけじゃなく、法則や原子の構造や、その他色々あって、今はまだ元素名と元素記号を少しずつ覚えれてきたくらいなので、まだ沢山あると思うと気が遠くなりそうです…。(-_-;)

何かいい覚え方があれば教えてください!m(_ _)m

Aベストアンサー

 覚えようとするからそれが障害になって覚えられないのです。覚えようとする必要はありません。銅は何だっけと思えば参考書を見ます。するとCuと書いてありますか。そこでそうかと思えばいいのです。それを三回も繰り返せばイヤでも覚えちゃいますよ。私はそれでやって来て殆どの元素を覚えてますよ。これは元素記号だけではありません。すべてのことがそうです。大化の改新は何年だっけ? と思ったら歴史の本を見ます。すると645年と書いてあります。あ、そうかとそこで思えばいいのです。

 ウソだと思ったら今ここで試してごらんなさい。そして1時間後にもう一度試してみて下さい。覚えていなかったらもう一度参考書を見ます。三度目は覚えています!!(^_^)

Q内部遷移元素と外部遷移元素の違い

大学の講義で内部遷移元素と外部遷移元素の違いについてレポートを作るように言われたのですが、
検索ワードで調べてもわかりませんでした。
教えてください。

Aベストアンサー

電子配置に注目することです。
つまり、外部遷移元素では、原子番号の増加に伴って、どの軌道の電子が増加するかを見れば良いですし、内部遷移元素でも同様です。
・・・共通項としてのdとかfとかに注目するということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報