gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

【1】 「現実」と「仮想空間」

現代は、知らない人と簡単に交信できる、便利なIT時代です。

最近、ネット友達のBさんと、
毎日何通か「元気?」とか「今日は何してるの?」とか、
簡単なメールのやりとりをしています。
今では日常の一部です。

最近、実際にその友達とリアルで会ったことがあります。
でも、メール上から想像していたイメージと、
実際のBさんは少しイメージが違いました。
その為、頭の中で2人のBさんが一つになりません。
どちらも、まるでそれぞれ別個の友人のようです。

あなたには、このような経験はありますか?
あなたにとって、「現実」と「仮想空間」の違いは何ですか?


【2】 「現実」と「夢」

時は大昔に遡りますが、昔の漢文でこういうものがありました。
「ある時は蝶で、別の時は人間。
 蝶になった夢を見ている人間、人間になった夢を見ている蝶、
 どちらが本当の自分かわからない。」

※上記漢文の詳細は、こちらでご教示いただきました。
http://question.excite.co.jp/qa3379685.html

あなたにとって、「現実」と「夢」の違いは何ですか?


【3】 「現実」とは? 

私は、夢を現在進行形で見ている時、現実と区別できない事があります。
また、生まれる前の事や、地球の裏側で起きている事は、情報の信頼に過ぎません。

「自分の脳で知覚する事象が、全てである。」と言われたら、
あなたは、これを覆す反論をすることはできますか?


【4】 「多重人格症」と「無罪判決」

以前、米国で多重人格症であるという理由で、
殺人を犯した男性が無罪になったようです。
殺人を犯した人格以外の人格を、尊重するという考えのようです。
(多重人格者は、他の人格でいる時の記憶がないそうな。)

皆さんはこのような判決について、どう思われますか?


【5】 「自分」と「世界」

あなたにとって「自分」と「世界」の関係はどんなものですか?

A、世界の中に自分が存在する
B、自分の中に世界が存在する
C、自分と世界は対等の関係で、相対的にしか成立し得ない
D、その他

gooドクター

A 回答 (7件)

はじめまして。


ちょっと興味深い質問をされていたので、気になって回答してみました。


【1】 「現実」と「仮想空間」

まず、仮想空間は、バーチャルでの出来事だと思いますが、
例えばゲーム、映画、音楽など、自分が別の空間に入り込めるようなもののことだと思います。
もちろんインターネットでの出会いも、自分が現実とは違う空間を求めてのことならば、仮想空間になると思います。

(例を挙げてみます)
●RPGゲームで主人公になった気分で敵を倒す
●映画の主人公に感情移入して、自分のことのように感動してしまう
●大好きなこの音楽を聴いていると、落ち込んでいたことも忘れられ、元気になれる
●自分にとって理想的な出会いを求め、インターネットでそれに合う条件の人物を捜す

上の二つは、RPG・映画という仮想空間に入り込んで楽しむ娯楽です。

三つ目の例は、その音楽の持つイメージの中に入り込み、その空間を楽しみます。
例えば落ち込んでいるときは、元気になれる曲を聴いたりしますが、その「元気な空間」を表現した曲をきくことで、
その世界に入り込むという意味です。(元気な空間=仮想空間といえます)

四つ目の例は、定義が難しいのですが、たとえばネット上での出会いは、ほとんどの場合、相手に対する理想があります。
「こんな話し方をするこの人は、きっとこんな顔の人だろうな」など。
ですが、例えばパソコンの買い取り手をネットで募集し、直接会って引き取ってもらうことになったとします。
その時、相手に対する理想などありませんよね?どんな顔でも関係ないです。
親切な方だとありがたい。と思うくらいです。
(「実際会うと可愛かったのでとても気になった」は現実での出会いですから含みません。)

前者も後者も、ネットでのつながりですが、意味は全く違うと思います。
つまり、前者のように自分の理想を求めての出会いの場合、もしくは相手にある程度の理想を持って、
ネット上で会話している場合、少なからずそれは仮想空間であると思います。

前に回答された方もおっしゃっていますが、言ってしまえば上の例で挙げた、
ゲーム・映画・音楽のような、楽しませてくれる娯楽と同じで、仮想空間になると思います。
仮想空間と言うとイメージが悪く聞こえますが、そうではなく、「入り込める世界」という意味です。

ネット上で出会った人間と実際に会ったとき、理想との違いを感じ、それ以上交際できなくなったりした場合、
この出会いは仮想空間だった、と言えると思います。
逆に、最初は想像していた人と違うと思ったけど、付き合っていくうちに本当に友達になれた、
という場合は、仮想空間の出会いから現実の交際へと発展した、と言えると思います。
(付き合いはあるけど、やっぱりなんか違和感がある・・という場合は、仮想空間から現実へ変化に対しての不満がある状態だと思います。)

今やインターネットを利用する人がほとんどなので、
上記で述べたような「ネット上での、仮想空間の出会い」が頻繁に起こりやすくなり、
現実の出会いと仮想空間の出会いが混乱しているのかもしれませんね。

・・と、まだ【1】でこんなに長くなってしまいましたが、
以上のことからまとめて、「現実」と「仮想空間」の違いは、
私個人の中では「現実」と「理想、娯楽空間」です。

ちなみに、私もネットで知り合った人と実際に会ったことがありますが、
質問者さんと同じように、現実とのギャップを感じあまり長い付き合いはありませんでした。
質問とは離れますが、やはりネットでの出会いは相手の本質を読み取りにくい分、
こちらが勝手に想像し、変な理想をもってしまい、上手く交際できないのかなぁと思いました。
ネットでは簡単に仲良くなれる分、それ以上に仲良くなることに弊害がでてくるような気がします。



【2】 「現実」と「夢」

「夢」は、現実の一部だと思っています。
夜見る夢も、将来の夢も、現実に自分がいるから生まれるもので、その自分の中でイメージ化されるものです。
「夢」は「個人」から作り出されるもの。
また、夜見る夢の方は、人が脳を調整するための作業だと思います。
No.2さんが回答されている、コンピューターのたとえと同じ考えです。
うまく説明できなかったのでそう書かせていただきました(>_<;)

・・と私は思いますが、紹介してくださった漢文や、そんな風に考える人の話を読んだり聞いたりすると、
とてもおもしろい思想だなと感じます。
上のように、定義みたくしてしまうのは誰でもある程度できてしまうと思います。
ですが、人間の体は宇宙と同じように解明されていない未知の部分があり、夢にも未知の部分があります。
専門家じゃないので詳しくは知りませんが、
夢占いなどが気になったり、夢と現実って?・・と、多くの人が考えてしまうのは、
解明されていないものに不安を感じてしまう人間を象徴していると思います。
なので、漢文のように、自分だけのオリジナルの解釈をするのは、すてきな発想のできる人だと思います。
夢の大きな人だからこそ、言えることなのではないかと思います。
普通は漢文のように解釈はせず、学術で解決しようとします。
漢文の人は「夢」という抽象的な存在そのものを認め、それに理想や不安を抱ける人だと思います。

私の考えもうまくまとまっていないため、わかりにくくなってしまいましてすみません。
この質問には一言では答えられそうにないです。
でも、「この一言で答えられない、つい考えが膨らんでしまうもの」が夢そのものなのかな?と思いました。


【3】 「現実」とは?

これもまた、No.2さんの意見と似ているのですが・・(No.2さん沢山出してしまってすみません!)
私も、「個人」の現実は「自分の脳で知覚する事象が、全てである。」と思います。
しかし、その「個人」は、何千何万といます。個々それぞれに体験してきた「現実」があります。
「現実」はたくさんあり、それがすべて現実であると言えます。
自分と関わりのない場所で起こる「現実」を信頼するかどうかは、自分が受け入れるかどうか、
ということだけで、その「現実」は間違いなく存在しています。

また、「個人」を、「人」ではなく「地球」で考えてみるとどうでしょうか?
「地球」にとって、中で起こっていることすべてが現実です。
「火星」にとっても、火星で起こっていることが現実です。
規模は大きいですが、惑星も「個」と言えます。
「現実」は、「個」がそれぞれに体験することだと思います。


【4】 「多重人格症」と「無罪判決」

この判決について、私は法を改善すべき問題だと感じました。
「殺人を犯していない人格」が殺人者の中に確かに存在しているならば、その人格が有罪になることは確かにおかしいことです。
しかし、その人格以外にも、殺人させた人格を含む多数の他の人格が、同じ体の中に存在しています。
「無罪」というのは、この部分の問題を無視している訳です。
無罪なら、殺された人間は「運が悪かった」と言っているようなもので、
運で殺されてしまうなら、法の裁きが全く意味を成さなくなります。

この事件は、犯人の中の一つの人格に罪があります。しかしその人格を裁こうとすると、他の人格も裁いてしまうことになります。
ですが、それがその犯人の「個」なのであって、
たとえ「精神患者」と判断され私生活で保護されていても、
殺人を犯してしまった場合は切り離して考えられるものではないと思います。
他の「個」の存在を妨害したのですから。


【5】 「自分」と「世界」

答えるのが難しいですが、私はA、B、Cすべての関係が成り立つと思います。
確かにこの世界に自分は存在しています。
でも、最初の方で書いた「現実」と同じように、「世界」もたくさん存在すると思います。

人には、「先」があります。それを作っていくのはその人です。
そして作られたものは一つの「世界」です。これはBに属すると思います。

Cは、説明が難しいのですが、先程述べたように、人それぞれに「世界」が存在します。
また、例えば一枚の紙に絵を書くとします。するとこの一枚の紙には「世界」が生まれます。
そして色んな人が一枚の紙に絵を描いたとすると、「世界」がたくさん生まれます。
これらの「世界」はCであると考えられます。

「現実」や「世界」は個によって形を変えるものなのだと思います。

ところで、これらの質問に対する答えは、当然人それぞれだと思いますが、
その答えは回答者自身の価値観によって決まるので、それも一つの「世界」のように感じました。


とても長い文章になってしまって申し訳ないです!
それにわかりにくい部分もたくさんあると思います・・(>_<)
でもとても考えさせられました。
ありがとうございました(^^)

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
時間のあるときにゆっくり御礼を書かせていただきます。
ちょっと先に締めさせてください。それではまた。

補足日時:2007/10/10 01:21
    • good
    • 1

1】


ないです。

2】
>「現実」と「夢」の違いは何ですか?

現実のようなリアルな夢は見ないからすぐ自分にはばれちゃう。
でもさ、夢のほうが、心の奥深くにコンタクトしてるなって起きる前に思うんだ。
これは事実なのさ。心の階層の重要度としてね。自分を理解するうえでもね。

3】
>夢を現在進行形で見ている時、現実と区別できない事があります

リアルなんですかね?
わたしはそういったことはありません。支離滅裂とまでは行きませんが、出てくる場面が狭すぎたり、意識に介入してくる人が少なすぎたり、やっぱり現実とは、区別できますよ。

>「自分の脳で知覚する事象が、全てである。」と言われたら

まあそうでしょうね。後はそれをどう解釈するか捉えるかだと思います。
現実の中で、何かをするにしても初めての時と、経験を積んだ後では見え方は違いますものね。

4】
>「多重人格症」と「無罪判決」

殺人を犯した人格のみは、罰するべきと思います。

5】
まあおおかたBだとは思うけど。
それは、平常心の場合のみなんじゃないかな。

所詮それ以前に自分と思えるものも観るのも結局からくりだと思うよ。
意識があって自分があると思ったりするのも、本当は、無いものなのかもしれないよね。
人間なんて元々あやふやな存在で意識自体はからくりだと思っています。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
時間のあるときに御礼を書かせていただきます。
ちょっと先にしめさせてください。それではまた。

補足日時:2007/10/10 01:22
    • good
    • 0

>【1】 「現実」と「仮想空間」


以前東海道新幹線でまだ100系があったころです。
東京駅で100系に乗って発車待ち
乗ったのは2階建て1階のホーム方向の窓際
何気にホームを見るとビール片手のオヤジがこちらに向かってくる
オヤジはわたしの席の窓の外です
突然、逸物を取り出して放尿しはじめました
小便は当然窓ガラスに当たるのですが、あたかもオヤジに小便をかけられているような「仮想空間」を体験しました

>【2】 「現実」と「夢」
子供の頃の夢は電車の運転手とスパイでした。
現実はサラリーマンから自営業です

>【3】 「現実」とは? 
生活そのもので大変苦しいです。

>【4】 「多重人格症」と「無罪判決」
できれば他人になってドンチャン騒ぎをしたいです
でもね騒ぐと逮捕されてしまいます。
無罪になるかどうかわかりませんね。

>【5】 「自分」と「世界」
D、その他
自分にとって「世界」と言えば・・・
「世界の山ちゃん」ですね、
胡椒がたっぷりかかった手羽先唐揚げは最高です。
http://www.yamachan.co.jp/index.html
ビールが何杯も飲めちゃうね。
質問者さんも近所に「世界の山ちゃん」の店舗があったら行って見てください。
きっと「世界」が変わりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ギャハハ。小便おじさんかあ。

確かに。。。おいしそうですな。
名古屋かあ、こないだ行ったなあ。近くにはなさそうで残念。
また名古屋行ったら見てみよ・・どうも!

>>【3】 「現実」とは? 
>生活そのもので大変苦しいです。

確かに・・・。

お礼日時:2007/10/10 01:16

1.


Q.あなたには、このような経験はありますか?
A.ありません。
Q.あなたにとって、「現実」と「仮想空間」の違いは何ですか?
A.違いと言える程仮想空間に重きをおいていません。

2.
Q.あなたにとって、「現実」と「夢」の違いは何ですか?
A.寝てる時に見るのが夢です、それ以上でも以下でもありません。現実と混同しそうな夢なんてみませんから。

3.
Q.「自分の脳で知覚する事象が、全てである。」と言われたら、あなたは、これを覆す反論をすることはできますか?
A.無理矢理にでも、ということでしょうか?頭に「自分にとって」とつけられるのであれば反論すべき事では無いと思うのですが。

4.
Q.皆さんはこのような判決について、どう思われますか?
A.詳細が不明ですけど、書いてある事だけ見ればあほだと思います。

5.
Q.あなたにとって「自分」と「世界」の関係はどんなものですか?
A.現実行きて行く上では「A」です。目を閉じているときは「B」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

まあ、難しい問題ですよね・・私もまだよくわからない。

お礼日時:2007/10/10 01:19

>【1】 「現実」と「仮想空間」


万引きしようと思っただけ

>【2】 「現実」と「夢」
万引きしたらこうなるだろうな

>【3】 「現実」とは? 
万引きしません

>【4】 「多重人格症」と「無罪判決」
万引きした人格は有罪だけど万引きしない人格は無罪です

>【5】 「自分」と「世界」
D、その他
他人に自分のヴァーチャルな世界を見せる趣味は大変興味深い。

この回答への補足

寝屋川の万引き少年、捕まりましたな

補足日時:2007/10/10 01:12
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おもしろい方ですねえ

お礼日時:2007/10/08 12:48

独断と偏見でお答えします。

ネットゲーマーです。

[1]
自分もネットゲームでの仲間と何人かリアルで知ってますよ。
ゲーム中での外見と実際が異なるというだけでなく、体格は同じなのですが性別と種族が違う(そもそも人間以外を操作しているなら種族は違うに決まっていますが……)人もいますね。

ただ、私の場合は別個の友人という感じではないですね。共通?とも違いますが。

「現実」と「仮想空間」の違いは感じないですね、というと語弊がありそうなので言い訳しますと……
メールのやり取りやネットゲームでの付き合いなどは、友人と将棋やカヌーをしているような感じです。
将棋のようにお互い勝負したり、二人乗りカヌーのように協力し合って遊んだり。だた、ネットゲームは顔が見えないこと、数千人が同時に遊んでいるというだけです。


[2]
今一度独断であることを断っておきますが……「夢」は脳のデフラグの副産物だと思っています。
ご存知かどうかわかりませんが、「デフラグ」はコンピューター用語です。
かなり難しくなるので詳細はうまく説明できませんが、上記の理由で「夢」は記憶にはあるけど実在しない幻想だと思っています。また、人間並みの高性能なパソコンが数百年後に生まれた場合、それは夢を見て、そのことを人間に話すのではと思っています。「故障ノ可能性アリ」とか言いながら……

「現実」と「夢」の違いは、すべて、でしょうか。共通点がありません。


[3]
「自分の脳で知覚する事象が、全てである」と言われたら、じゃあ後になってわかった隠された事実はどうなる? と首を傾げます。
確かにテレビ報道の真実性はほとんどが自分自身では立証できませんし、親に生まれる前のこと言われてもどうしようもありません。
でも、「個」としては「自分の脳で知覚する事象が、全てである」でもいいとは思いますが人間社会の一員としては他人の意見などといった自分の知覚では理解していない事象も考えに入れなければなりませんし、それが生き物同士の「信頼」ではないでしょうか。

 今の世の中、特に経済社会だという点において「自分の脳で知覚する事象」だけでは生きていけない世界なのだと思います。


[4]
そんな判断する奴は市中引き回しの上打ち首獄門ですね。私的には。
精神異常もそうですが、罪を犯した、ルールを破った奴は無条件で有罪にすべきかと。
これは心理的なものより事件による被害と言う結果の方を重視すべきと言う自分の意見ですが。

これは夢とか人格とかそういう概念を切り離すべきだと思っています。現実に被害があるわけですし。


[5]
A「世界の中に自分が存在する」ですかね。
この世なんてRPGゲームであり財宝眠る宝島であり冒険するフィールドですよ。重厚なストーリーもあるし、法律と言うルールも一応はできあがっているし。唯一違う点は出身地や種族、難易度を選べないところですかね。そこらへんはものすごい不平等だと思いますし、だからこそ輪廻転生という概念が一般に浸透されている所以だとも思いますが。

ただ、自分が死んだら世界が死んだのと同義(B)、である点は認めます。「人間死んだらソンですよ」と言われたときもぞっとしました。

人間死んだら、その後はどうなるのでしょうね……エジソンは晩年、霊界と交信できる装置を開発していましたので、もっと長生きできたらなぁと思うのは私だけでしょうか。霊感ないので。。。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
時間のあるときに御礼を書かせていただきます。
ちょっと先にしめさせてください。それではまた。

補足日時:2007/10/10 01:20
    • good
    • 0

なンかすごぃ質問・・・><;



【1】 
このような経験はなぃケド
大いにありうることだなッて思うなぁ

どちらが「連続的な」時間を流れているかの違ぃですッ!!

【2】
これもどちらが「連続的な」時間を流れているかの違ぃ
例えば、病人が一日中、夢を見てぃるとします!!
そうすると、彼・彼女にとっての「現実」とは夢であるわけですw

【3】 
物理で、超多時間理論というものがあります。
簡単に言えば、あなたとわたしとでゎ別々の時間を持ってぃるというコト
あなたが知覚したと思ってもその瞬間にゎ彼は別の時間にいるのですw
ということが第一点。

次に、
サイエンスが発達して、脳が知覚をつかさどっているらしぃとわかりました。
でゎ、脳で考えたこの発見ゎはたして正しぃのだろうか?
といぅ疑問も多少ゎあります。
つまり、
集合の部分集合が、元の集合を包含することなどできなぃわけなのでそもそも、そういぅ疑問自体ナンセンスかと。
これゎちょっとこじつけかな><;
まぁ、論理構造事態もしばしば誤謬するンだょ??
例えば、「風が吹けば桶屋~」がぁるょね??
それとか,
まだ深く理解してなぃカラ
名前だけ言うケド、ゲーデルの不完全性定理もあるよぉ!!

【4】
多重人格症で責任能力がなぃと判断されているならしょうがなぃぢゃん!!
どこかで基準が必要だもん><;
江戸なんかでゎ、確かあだ討ちゎ認められてぃたょね??
だから、ぁぃゎその時の、時代背景によるものと考えますッ!!

【5】
世界ってなんだ・・・;;
とりあえず、他者といぅことにするね!!
Cですw
物理の人間ゎ、相対論やらされてるからコレを選ぶと思うょ

でゎvvv
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理系の大学院生さんですか。いやぁ、すごいなぁ。

こんな事を教わったのは初めてです。ありがとうございます。

物理学専攻ですか?私はそっちは特別詳しくないもので。
なんだか、難しいです。。(失礼)
相対論って、どんなものでしたっけ?(汗)

でも、

いや、面白くて、素晴らしい回答、どうもありがとう。
ちょっと、いろいろ検索して調べてみます。

>そうすると、彼・彼女にとっての「現実」とは夢であるわけですw

やっぱり、そうですよね・・・。

3番、、、難しい。ちょっとじっくり考えてみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/10/08 04:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング