現在、ダイエットをしているものです。
食事制限と、週4回~踏み台昇降を1時間やっております。
とあるサイトで有酸素運動(ウォーキングなど)では、
その日に摂取したカロリーは消費されるとのことでしたが、
体内の脂肪はほとんど燃えないと言うことが書いてありました。
有酸素運動では効果的なダイエットを行うことが出来ないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 ruddy1015 さん、こんにちわ。

スポーツトレーナーです。


 有酸素性運動や無酸素性運動にかかわらず、運動中にエネルギーとして燃焼されるものは、筋グリコーゲン、肝臓グリコーゲン、血中脂肪らです。通常は直前に摂った食事がエネルギーになります。エネルギーの補給の為に食事をするのですからこれは当然です。

 皮下脂肪や内臓脂肪は、それを分解する働きのホルモンが出ると分解され、血中脂肪となり、食事で摂った油脂と同じように燃焼できるようになります。

 その分解のホルモンを出すきっかけを作るのに運動が有効です。


 このように、体脂肪は分解されて血中脂肪にならないと燃焼されません。体脂肪の分解プロセスを無視して「運動すれば脂肪は燃える」と言われる場合もありますが、痩身を狙う場合にはあまり正確ではないのできちんと理解してください。


 運動による減量の最大の効果を狙う場合には、有酸素運動だけでなくその人の諸条件でプログラムを組みます。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
体脂肪を分解して血中脂肪にする…知りませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/02 16:22

 「体内の脂肪はほとんど燃えない」ということはありませんが、有酸素運動で消費できるカロリーは思いのほか僅かです。

経験から言えば、有酸素運動で痩せるのは大変でしょうね。
 もっとも簡単に脂肪を減らす方法は、ダイエット(食事療法)ですよ。食べなければ痩せますから、有酸素運動をするよりもはるかに楽で、食事制限をすればするほど効果が出ます(でも成果が見えるのには数ヶ月はかかるでしょうが)。
    • good
    • 0

たびたびすいません、下記、誤記です



>ちなみに、1日あたり500Kカロリー消費カロリーのほうが、取得
>カロリーより少なければ、月に2Kg程度は減少します。

当然、取得カロリーのほうが少なければです
あと、一番下の行は不要です

誤記が多くて申し訳ありません
    • good
    • 0

基本は、1日における摂取カロリーと消費カロリーの差で


消費カロリーのほうが大きければ痩せると思います
それは、有酸素も無酸素でも運動すれば、エネルギーは消費され
ると思いますので、運動したらした分だけ効果はあるはずです。

食前とか、食後とかあまり難しいことを考えずに、あくまで1日での
摂取カロリーと消費カロリーで考えればいいと思います。

40代男ですが、この4月から9月で大体2Kg/月で体重減少しました。
あくまで、体質にもよるので、効果がでる期間は、個人差があるで
しょうが、継続すれば、必ず効果はあると思います。
ちなみに、1日あたり500Kカロリー消費カロリーのほうが、取得
カロリーより少なければ、月に2Kg程度は減少します。ちなみに、
当方は、大体そんな感じでした。

ただ、これを運動だけで消費するのは、かなり困難ですから食事内容
の見直しも、効果的な体重減少には必要です。ただ、体重減少に
伴い、だいたい筋肉も減少してしまうのですが、食事だけで体重減少
をさせると筋肉の減少の割合が大きく、結果、基礎代謝も低くなって
痩せづらい体質になるのと、心肺機能も低下したり健康によくないです。

また、食事は、抜いたりするのも身体によくないので、当然、食べすぎ
はよくありませんが、3食きちんと食べたほうがよく、おかずの内容を
見直すだけでもかなり効果があると思います。具体的には、肉より魚。
油を使った揚げ物、焼き物より、煮物にしたりするだけでも効果がかな
りあります。とんかつと焼き魚のカロリーを比較するだけで、その差分
を運動で消費するのは、かなり大変です。また、当然、間食をしない。
高カロリーな清涼飲料水は飲まない、ちなみにスポーツ飲料の大半は、
かなりのカロリーです。あと、菓子パン、ファーストフードもカロリー
が高いです。
ことと、おかずの内容を
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
食事の点では、自分を甘やかしている部分があったので
takag1965さんの回答を読んで、反省させられました。
今後は食事の内容も意識をもっていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/02 16:19

有酸素運動を継続的に行うことで、効果的なダイエットはできます!



運動自体で消費されるカロリーは確かに少ないのですが、運動を継続して行っていると
いわゆる基礎代謝量が増え、安静時のカロリー消費が増加します。
(運動自体によるカロリー消費+基礎代謝量の増加がダイエットに効果を示す訳です)

適切な有酸素運動としては、ウォーキングやジョギング等の軽い負荷の運動を一回30分以上、
頻度は週3~4回以上が適当と言われています。

ただし、基礎代謝量が上がってくるのに時間がかかりますから、
体重が減り始めるまでに、2~3ヶ月程度はかかります。
この期間が辛抱できなくて、「運動してるのに痩せない。。」と挫折する人が多いです。
「継続は力なり」を信じて頑張ってください。

ちなみに、踏み台昇降は、ももの筋肉が付くかも知れないですね。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
今のところ、やっと少し成果が出てきたというところですが、
まだまだがんばらなくてはと思ってます。
継続は力なり、信じてがんばりたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/02 16:13

はじめまして。


私が聞いた話では、有酸素運動を20分続けた後に体脂肪が燃焼されるとのことでした。
一度、燃焼を始めた体脂肪は、しばらく燃焼し続けるでそうです。
なので、有酸素運動を最低でも30分続けることが大事かと。

あとNo1さんとちょっと違う話になりますが…。
私の場合、運動は必ず食前にやっています。
なぜなら、食後だと食べたもののカロリーを先に消費するからです。
1~3時間後…というのが、どういうものかはっきり分からないのですが。
私が以前、このようなことを専門にしてる方にうかがった時にはそう言われました。
食前に運動すれば、何も食べていないので、体についてる脂肪が燃焼される、と。

間違ってたらごめんなさい。
ダイエット、成功するといいですね!
私は現状維持のために運動と食事制限をしてますが、今のところ成功してます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
asagi-yuinaさんの意見を参考に、
できるだけ食前に運動するように心がけています。
また、甘いものを食べるときは運動後にしてそのカロリーを
脂肪にしないようになど、気をつけています。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/02 16:11

燃えるはずですよ。

だって私は食事とウォーキングで二ヶ月半で、10キロ落としましたもの!

ウェストも、99センチから、85センチにサイズダウンしましたもの!

20分歩き続けると、先ず、血液中の脂肪が燃え、ついで、その後から内臓脂肪が燃え始めるとのことです。

ですので、ダイエットを始めて9ヶ月になりますが、今でも私は1時間づつ早足で朝晩歩いています。

一日に合計2時間歩きますと、それなりの効果が得られます。

それと、歩く時間帯は、食事後1時間以上経過してからが良いようですね。

脂肪の燃焼効率の最も良い時間帯は、食後、1時間~3時間だそうです。

これを盲目的に守って、今でも実行しています。

なお、摂取カロリーは1日、1800キロカロリーを守っています。

また、甘いもの、油物(天婦羅、唐揚げ、トンカツなどのフライもの)などは、極力摂らないようにしています。

がんばりましょう。必ず結果は出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
一緒にがんばっている人がいると思うと、
すごくやる気が出てくる気がします。
今のところ、まだまだ目標体重には届きませんが、
少しずつ体の変化を感じています。
ありがとうございます。がんばります。

お礼日時:2007/12/02 16:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有酸素運動とは、なんですか?

皮下脂肪を、おとすには
有酸素運動がいいとよくききますが、
結局 有酸素運動ってどういうふうに
するのが、効果的なんですか?

Aベストアンサー

筋肉を動かすときに必要なエネルギーは、強烈な力を出す場合(たとえば重量挙げ、あるいは陸上100m競技など)には筋肉の中に含まれているエネルギーが使われます。これを使うと強大な力が瞬発的に出せますが、筋肉内のエネルギーは限られているのですぐに使い果たし、力尽きて長い時間(あるいは多数回)続けられません。
このような強烈な力を短時間で出し尽くす運動は無酸素運動と呼ばれていて、次に書くように肺から取り込んだ酸素は使いません。たぶん陸上100m競技は、呼吸しなくても走り切ることは可能ではないでしょうか(それで勝負するわけにはいきませんが)。
無酸素運動は筋力アップ、筋肉量増大には向いていますが、脂肪燃焼には効果的ではありません。

これに対して、満身の力は出さず(たとえば出せる最大の力の60%くらいで)、その代わりに長時間(あるいは多回数)に亘って行う運動(たとえばジョギング)では、脂肪を燃焼(分解)させ、それによって発生するエネルギーが使われます。
これには肺から取り込んだ酸素を血液に載せて燃焼させる脂肪に届け、発生したエネルギーは血液によって筋肉に送り込み、そこで発生した疲労物質(乳酸)は血液によって肝臓に送られて処理されます。
たとえばジョギングを続けるためには、肺で酸素をたっぷり取り込み、心臓をしっかり動かして血液の循環をよくし、酸素の供給・脂肪燃焼・エネルギーの供給・疲労物質の運搬をしなければならず、これが有酸素運動です。
有酸素運動では肺と心臓の連携が必要で、有酸素運動でもちょっと強めにすると、やがて呼吸は荒くなり、心臓はバクバクし始めます。こうした強めの有酸素運動を繰り返すと、心肺機能が強化され、スタミナ(持久力)がついて長時間運動(作業)をしても疲れにくい体になります。
また有酸素運動では脂肪をエネルギーにしますから、脂肪燃焼に向いた運動は有酸素運動だということになります。

脂肪を燃焼させてエネルギーを得ると、脂肪は水と二酸化炭素(炭酸ガス)に分解されます。水は汗になったり呼吸中の水蒸気として吐き出されたりオシッコなどで体外に排出されますが、二酸化炭素は酸素を取り込んだのと引き替えに肺から外に出ます。なので、肺から出した二酸化炭素の総量が多いほど、脂肪を多く燃焼させたことになるわけです。

脂肪(体脂肪)には内臓脂肪と皮下脂肪があります(心臓の周りにもわずかながら脂肪が付きます)。太り始めは内臓脂肪から付くことが多いのですが、やがて皮下脂肪も付いてきます。これを燃焼させるのには有酸素運動が効果的です。
一口に筋トレとは言っても、たとえば腕立て伏せを満身の力を込めてすればやっと7回できる場合は、それは無酸素運動かも知れませんが、30回も50回も出来るようになると、有酸素運動に近づいて来ます(それも中途半端な)。

できるだけ多く脂肪燃焼をするためには、有酸素運動で肺から出す二酸化炭素の総量を多くすることです(たくさん呼吸すればよいという意味ではなく、それでは二酸化炭素は増えません)。

筋肉を動かすときに必要なエネルギーは、強烈な力を出す場合(たとえば重量挙げ、あるいは陸上100m競技など)には筋肉の中に含まれているエネルギーが使われます。これを使うと強大な力が瞬発的に出せますが、筋肉内のエネルギーは限られているのですぐに使い果たし、力尽きて長い時間(あるいは多数回)続けられません。
このような強烈な力を短時間で出し尽くす運動は無酸素運動と呼ばれていて、次に書くように肺から取り込んだ酸素は使いません。たぶん陸上100m競技は、呼吸しなくても走り切ることは可...続きを読む

Q脂肪燃焼には有酸素運動より無酸素運動の方が効果的?

有酸素運動はホルモンの分泌を抑制し、行なった後の安静時の代謝が上がらず、安静時糖代謝になるのに対し、無酸素運動はホルモン分泌が増え、安静時の代謝が上がり、安静時脂肪代謝になるというのは本当ですか?
本当だとしたらボディビルのような減量を行なう時は、通常通りのウエイトトレーニングを続け、有酸素運動を行なわずカロリー制限のみ行なった方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 まだまだ研究途上のようです。有酸素運動で糖尿病患者の糖代謝の改善が認められたという研究はありますが、追試がまだまだです。無酸素運動においては、脂肪代謝を促すノルアドレナリンの分泌量が増加したという研究もありますが、一方、筋量が増えても代謝は上がらなかったという研究もあります。
 確かなのは、筋トレ生活をしていると、トレ後の余波で一両日くらい安静時にも代謝が上がるということぐらいでしょう。もちろん、脂肪優位という保証はありません。
 有酸素運動が無酸素運動に及ぼす影響としては、ある程度異常の時間の有酸素運動を行うと、その後に無酸素運動を行っても成長ホルモンの分泌が少なくなるというのは確かなようです。逆でなにか弊害があるという事実はないようですが、筋トレしてその後に有酸素できるようじゃ追い込みが足りない、とはよく言われますね。

Q有酸素運動と無酸素運動とは?

ジムに入会したばかりなのですが
有酸素運動と無酸素運動の意味を知りません。
違いが何か知りません。

Aベストアンサー

筋肉には2種類あります

軽い重量で長期間耐える(繰り返す)筋肉と
重いものを一気に持ち上げる筋肉です

有酸素運動では前述の筋肉に効果的です
無酸素運動では後述の筋肉に効果的です

たとえて言えば

1キロの重りを100回持ち上げるのは有酸素運動で
100キロの重りを1回持ち上げるのは無酸素運動です

Q減量していて、食事制限も筋トレ、有酸素運動もしています。減量は順調です。脂肪をもう少し燃焼させたくて

減量していて、食事制限も筋トレ、有酸素運動もしています。減量は順調です。脂肪をもう少し燃焼させたくて、調べたり聞いたりしたら、「筋肉をつけないと脂肪は燃焼しにくい」っと聞いたので、筋トレを増やして、食事制限も有酸素運動も引き続き行って、さらにプロテインも飲むようにしたのですが、筋肉がついたのか分かりませんが体重が増えてしまいました。でも見た目はさほど変わりません。
目標は、体重は目標まできたので、後は、お腹の脂肪をとりたいです。
誰か詳しい方、アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>「筋肉をつけないと脂肪は燃焼しにくい」っと聞いたので、

これは事実ですが、難しいアドバイスですよ。

筋肉をつけることと痩せることは真逆なので、両方一度にはできません。体重が落ちるほど、普通は筋肉は減っていくものです。痩せながら筋肉つけることなんてできません。筋肉をつけるには過剰な栄養が必要なので、まず食事制限をやめて食べる量を増やし、体重を増やさなければなりません。

ですから、脂肪を燃やせる体になるには、「いったんダイエットをやめて我慢して少し太りなさい」ってことになるんです。そして体重を増やしてガッチリしてから、もう一度食事制限を再開してダイエットしてくださいということになる。そうすると、同じ体重まで減らしたときに、以前より体脂肪率の低い、シャープな体型になります。

痩せたいなら筋肉をつけろというアドバイスを実行に移すなら、筋肉つけるためにまず太り、そして後から脂肪を落とすために減量する、そういう過程を経る必要があります。しかし一般にダイエットする人にとって、痩せたいのに我慢して一度太るなんて、なかなかできることではありません。トレーナーはあなたにそういう詳しい説明をするべきだったなと思います。まるで体重を維持したまま脂肪と筋肉を入れ替えられるかのような話だと勘違いしますよね。

筋肉がつくぐらい十分な量のプロテインを飲めば太るし、太れない量のちょっぴりのプロテインを飲むなら筋肉はつきません。現在の質問者さんは、太ろうとしてるのか痩せようとしてるのかどっちなの?ってことになります。

ただ、確かに筋トレの質を上げれば上げるほど、痩せながらでも体脂肪率は下げやすくなります。だから筋トレを見直すのは正しいです。

短期間でガラッと体型を変えたいなら、食事制限もやめてこのままプロテイン飲みつつ体重を増やして5~6kg太り、そして改めて食事制限をして再度目標体重まで落としてください。

もう体重を増減させたくないなら、地道に今のままコツコツトレーニングを続けてください。時間はかかりますが少しずつ変わっていきます。

>「筋肉をつけないと脂肪は燃焼しにくい」っと聞いたので、

これは事実ですが、難しいアドバイスですよ。

筋肉をつけることと痩せることは真逆なので、両方一度にはできません。体重が落ちるほど、普通は筋肉は減っていくものです。痩せながら筋肉つけることなんてできません。筋肉をつけるには過剰な栄養が必要なので、まず食事制限をやめて食べる量を増やし、体重を増やさなければなりません。

ですから、脂肪を燃やせる体になるには、「いったんダイエットをやめて我慢して少し太りなさい」ってことになるん...続きを読む

Q有酸素運動とは・・・?

有酸素運動とは・・・?

先日、300段ある階段をかけあがったら、
息がきれて「はぁはぁ」して、とてもしんどかったです。

空気をたくさん吸って、吐くのが有酸素運動で間違いないですか?

Aベストアンサー

vivi1017さん。こんにちわ。


>300段ある階段をかけあがったら、
:300段を登るには1分以上かかるはずなので、
有酸素的過程にも無酸素的過程にもなっている
と思いますが、運動強度が高いようなので、
無酸素的過程に依存する割合が大きいと思います。

>息がきれて「はぁはぁ」して
:これは「酸素負債」のためであると思われます。

>空気をたくさん吸って、吐くのが有酸素運動
:半分まちがいです。

____________________

まず有酸素運動と無酸素運動についてです。

☆無酸素エネルギー
 使うもの :ATP、クレアチン燐酸、グリコーゲン
 代謝産物:ADP、乳酸
 (乳酸の体内蓄積量には限界があるため、
  40秒程度しか持続できません。)

★有酸素エネルギー
 使うもの :グリコーゲン、乳酸、脂肪、酸素
 代謝産物:水、二酸化炭素
 

有酸素運動は、
グリコーゲンや脂肪から生まれた
「アセチルコリンA」と酸素が、
盛んに、スムーズに反応している状態です。


ですから
>息がきれて「はぁはぁ」して
:これは、繰り返しになりますが、強度が高いため、
無酸素的過程に依存する割合が大きく、
上記の反応がスムーズに行われず、
不足した酸素を必死で取り込んでいる状態です。
(脂肪よりも糖を多く使っていると思います。)

ちなみに
最も有酸素的過程に依存する率の高い運動は、
「睡眠」です。

_________________________


さて。脂肪を燃焼させる有酸素運動について、ですね。
最大酸素摂取量の6割から8割が適切のようです。

そうですね、友達と話したり笑ったりしながら
運動を継続できる程度の強度、かな。

_____________________


しかしみなさまお忙しいでしょうから
長時間の運動はできれば避けたいですよね、

余計なことまでいろいろ書いてきましたが、
心臓が丈夫であれば、
高速で階段300段ダッシュ!でOKです。
このような強度の高い運動をすると
「あるホルモン」が分泌され、
その後数時間、安静にしていても
勝手に(しかも効率よく)脂肪が燃えます。


それでは怪我に気をつけて頑張って。(^_-)-☆

vivi1017さん。こんにちわ。


>300段ある階段をかけあがったら、
:300段を登るには1分以上かかるはずなので、
有酸素的過程にも無酸素的過程にもなっている
と思いますが、運動強度が高いようなので、
無酸素的過程に依存する割合が大きいと思います。

>息がきれて「はぁはぁ」して
:これは「酸素負債」のためであると思われます。

>空気をたくさん吸って、吐くのが有酸素運動
:半分まちがいです。

____________________

まず有酸素運動と無酸素運動についてです。

☆無酸素エネルギー
...続きを読む

Q脂肪燃焼時間とウエイト⇒有酸素運動後の栄養補給について

明けましておめでとうございます。
30歳・アスリート・ビーチバレー(アマ)です。昨年10月あたりから体脂肪を落としさらなる肉体改造を目標にトレーニングを進めており自分なりに勉強していますがいくつか疑問が出てきましたのでどなたかよろしくお願い致します。(1)効率よく体脂肪を落とすにはウエイト⇒有酸素ですよね!でもどこかの文献でエアロビック運動後は糖質を摂取するまで脂肪燃焼促進状態が継続されると記してありました。だとしたら運動後プロテインや糖質(ご飯?)類の食事はとらない方が早く脂肪を落とせるんでしょうか?
しかし自分は筋肉量は増やしていくつもりなのでプロテインは直後に飲みたいのですが・・・
(2)昨年の12月まで実は無知でして有酸素(60分ジョグ)の後ウエイトをしておりそれが一ヶ月くらい継続していました。文献ではこの順番でトレーニングすると成長ホルモンの分泌が止まる(抑制)と記しています。現在は順序を切替てウエイト⇒有酸素にしていますがこれまでの間違いで成長ホルモンの分泌量はまた戻る(あるいは今以上に大きくなる)のでしょうか?
(3)ウエイトがOFFの日は腹筋・背筋のコア系をしているのですがこのコアトレもウエイト(無酸素運動)に入るのでしょうか?コアトレの内容は腹横筋⇒腹直筋⇒腹斜筋の順で約300回のまあまあハードです。この後40分くらい走っているのですが順番は問題ないでしょうか?
よろしくお願い致します。

明けましておめでとうございます。
30歳・アスリート・ビーチバレー(アマ)です。昨年10月あたりから体脂肪を落としさらなる肉体改造を目標にトレーニングを進めており自分なりに勉強していますがいくつか疑問が出てきましたのでどなたかよろしくお願い致します。(1)効率よく体脂肪を落とすにはウエイト⇒有酸素ですよね!でもどこかの文献でエアロビック運動後は糖質を摂取するまで脂肪燃焼促進状態が継続されると記してありました。だとしたら運動後プロテインや糖質(ご飯?)類の食事はとらない方が早く脂肪...続きを読む

Aベストアンサー

 基本的な誤解があるようです。体脂肪を落としていく体作りでは、筋肉を増やすことはできません。維持することができるだけです。
 ウエイトをすると成長ホルモンの作用により体脂肪が溶け出して遊離脂肪酸として血中に出てきますので、このとき有酸素運動をすると体脂肪燃焼には効率的です。ウエイト後、3時間以内が目安です。
 逆の順序はウエイトの効率を下げますが、後遺症的なことはありません。正しい順序にすれば、その日からちゃんとした効率が得られます。
 栄養補給、特に糖質はトレ後(ウエイト直後)に吸収の早いものを摂ることが望ましいです。そうでないと、筋肉が分解されてしまう恐れがあります。たんぱく質は糖質ほど急ぎません。
 100回、200回と繰り返せるトレは有酸素運動と考えたほうが良いです。
 ちなみに、通常の有酸素運動より、高強度のHIITというトレーニングが心肺機能アップまで考えると有効です。検討されてはいかがでしょうか。

Q有酸素運動として最も効果的な頻度・強度とは? 体の引き締めを目的にエアロバイクを漕いでいるのですが

有酸素運動として最も効果的な頻度・強度とは?

体の引き締めを目的にエアロバイクを漕いでいるのですがどっちが効果的ですか?

①心拍数が平均150前後の少しきつめな強度で30〜40分漕ぐのを週3

→きつめの強度でやると運動後の脂肪燃焼があがる。週3以上有酸素運動をしてもそれに見合った効果がでない。(体が慣れると脂肪を蓄えやすい体になるらしい)という情報から。

②有酸素運動に一番適しているという心拍数を保ち40分以上毎日漕ぐ

→一般的に言われている有酸素運動のやり方

これらの①か②に加えて筋トレを週3やるつもりです。


また、体は細身で気になる脂肪は特にないのですが(上げるとしたら脚をもっと絞りたい)、体の引き締め方はお肉が気になってダイエットを始めた方と同じやり方でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

米国の研究ですが。
30秒流してから30秒、全力で漕ぐ。
これを5分続ける。

また、NHKでやっていましたが、
30秒全力で漕ぎ、3分流す。
それを20分ほど繰り返す。

そうするとアンチエイジングに効果的なんですと。
ミトコンドリアがどうのこうのと説明して
いました。

知り合いに勧めたら、見違えるようになりました。
医者にも褒められたそうです。

Qダイエットに効果的!有酸素と無酸素運動について

ジムに通っております。
無酸素運動の後に有酸素をするべきだということは分かっているのですが
ダイエットに効果的なのは有酸素(ウォーキング、ジョギング)ですよね?
2時間しかジムにいられないので、2時間ずっとウォーキングなどの
有酸素運動をしたほうが、ダイエットには効果的ではないのか?と思い
投稿させて頂きました。

詳しい方、教えてください。
ダイエット目的の私には、2時間みっちり有酸素のみをした方が
効率的なのでしょうか?

ウォーキング(時速6キロ)30分→自転車こぎ30分→ストレッチ→ウォーキング(時速5.5キロ)30分 でトータル2時間こなしております。
無酸素は一切無しでやっています。

156センチ 56キロ 20歳女です

Aベストアンサー

すいません、補足です。

筋肉が1kgつくと、日常生活における基礎代謝が1日あたり13キロカロリー増えます。脂肪が1kgつくと、日常生活における基礎代謝が1日あたり4.5キロカロリー増えます。先述の1日あたり50キロカロリーというのは、古い研究の数字でした。すいません。

よく「筋トレして筋肉つければ、寝ていたり何もしていない安静時の基礎代謝が上がります」なんて言われていますが、残念ながらその話は情報不足による誤解、もしくは誇大広告なんです。ただし、しっかりした筋トレを行うと、その後の数時間は脂肪が燃えやすくなりますし、筋肉の疲労回復プロセスでもカロリーは消費されますので、筋トレを「続けている」と1日の消費カロリーが高くなります。ダイエットでは、これを意識して筋トレを行えば良いのです。

Qこの有酸素運動の消費カロリーとは

お腹(丹田)を意識しながら 鼻から息を吐き吸う
これを繰り返し素早く行なう 有酸素運動を三分間しています

ヨガの呼吸法で火の呼吸らしいですが
一体どれ位の消費でしょうか 教えて下さい

Aベストアンサー

 カロリーをもっとも多く消費するのは足に負荷をかけて行う運動であり、それは筋肉が圧倒的に多いのは足だからです。呼吸を激しく行っても肺を動かす筋肉の量は知れていますし、負荷としても軽いので、3分間のウォーキングで消費するカロリー(10kcal)よりも圧倒的に少ないと思われます。

Q有酸素運動と無酸素運動

中二で身長158ぐらいで42kgぐらいです
痩せている体型です。でもお腹だけはちょっと出ています。
健康的な誰にも負けないぐらいの締まった体にしたいのですが
有酸素運動と無酸素運動で効率のよい取り組みできると聞いたのですが、どうゆうふうにやればいいか分からなくて困ってます
どうゆうメニューでやればいいでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>でもお腹だけはちょっと出ています。
⇒其のお腹の中身が何なのか、病院で画像診断で診て貰った方が良いでしょう。
脂肪なら運動を考えれば良いのですが、身長などから考えると、そうでない可能性もあります。
其の場合は、運動の前に遣るべきことがあります。

其の体で運動をすると、今は良いのですが、加齢で体重が増えたときなどに、弊害が出てきます。

とりあえず、病院での検査を。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報